2010/5/31

1539:天使の誘惑  

 今日で5月も終わる。3月決算法人の確定申告もどうにか無事完了し、夜はスタッフと一緒に打ち上げ会であった。

 私はもともとアルコールは強いほうではない。ビールであれば中ジョッキ2杯程度で十二分に酔えるのである。日本酒やワインなどの醸造酒には体質的に特に弱いようで、少しの量でも気分が悪くなったりする。

 なので普通はビールから入り焼酎を少し、あとはウーロン茶でお茶を濁すというパターンが多い。今日は、ビールをジョッキで2杯、焼酎のロックを2杯と私としては多めにアルコールを摂取した。

 その効果はてきめんで、飲み会の後半は頭がくらくらしてきた。タクシーで帰宅すると、お風呂にも入らずベッドへ急行した。

 焼酎のロックがきいたのであろうか、ベッドに入るなり熟睡したようである。「天使の誘惑」という名の焼酎であった。その魅惑的なネーミングが目に付いたので頼んだのであった。味も変な癖がなくとても飲みやすかった。

 真夜中に目が覚めて今これを書いているのであるが、どうにか二日酔いにはならなくて済みそうである。火曜日は私にとって大切な日である。体調管理に気をつけなければいけない。

 ゴルフスクールは夜の7時からなのでまずは大丈夫であろう。都合が悪かったり、体調が思わしくなかったりすると、8回のコースのうち2回までは振替がきく。

 しかしながら振替えて他の時間に参加しても、私にとっては全く意味がないのである。火曜日でなければいけない訳があるからである。

 朝になったらシャワーを浴びてすっきりしてから出かけよう。火曜の夜は、今晩飲んだ焼酎とは別の「天使の誘惑」が待っているからである。

2010/5/30

1538:44マグナム  

クリックすると元のサイズで表示します

 昨年のサウンドデザインファンクラブの集いでは、NAGRAのコンパクトなオープンリールデッキに出会った。その音には鮮烈な印象を受けた。

 そのNAGRAを称して、PSDの大山さんは「飛び道具」と表現されていた。言い得て妙なる表現である。「こちらは槍や刀で勝負しようとしているのに、あんな飛び道具を持ってこられたひにゃあ、勝負にならん・・・」というのが正直な感想であった。

 そして今年の「集い」では、同じNAGRAでももっといかつくでかいNAGRAが登場した。「飛び道具」であることは同様であるが、昨年のコンパクトなNAGRAが「ワルサーP38」であるのであれば、今年のNAGRAは「44マグナム」といったところか・・・

 その見た目は威圧感に溢れている。見るからに「プロユースなので、素人お断り・・・」といった面構えである。

 そしてそこから放たれる音もその見た目同様豪快である。音全体がオーラのように抱えているエネルギー感が桁外れに高い。フルオーケストラの低域の下支えが実にがっしりしていて、腰の据わった安定感がある。

 ダーティー・ハリーの「44マグナム」の弾を食らった悪者は白目をむいて吹っ飛ぶ。この巨大なNAGRAの音を食らったオーディオ・マニアも白目をむいて吹っ飛ぶ。サウンド・デザインの試聴室の中にはその音を食らったためでなく、アルコールを飲みすぎて白目をむいている方もいらっしゃったが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 試聴室に装備されているスピーカーはPSDのT3とT4・・・どちらも実に優れたスピーカーであるが、T4はシャープでスピーディー、T3が優雅でエネルギッシュである。

 どちらのスピーカも「44マグナム」の巨大なエネルギーをしっかりと受け止め狙いを正確に定めて放つ。その破壊力は「ホーム・オーディオ」の枠を超えているようである。

2010/5/29

1537:高原の風  

クリックすると元のサイズで表示します

 阿佐ヶ谷駅でSHUKSさんとSEIBOさんをピックアップして、チューバホーンさんのお宅に車で向かった。今日はこの時期としては涼しい気候であった。

 空には灰色の空が垂れ込めていたが、天気予想では夕方までは雨は降らないであろうということであった。

 チューバホーンさんのお宅に着くとすでに家の前でこちらの到着を待ち構えていらした。これで私を含めて4名がそろった。土曜日の朝に中年男性が4名そろって車に乗車していると、普通はゴルフである。

 しかし、車のトランクには四つのゴルフバッグが収まっていたわけではない。実はこれから片道約2時間をかけて那須まで出かけるところなのである。サウンドデザインファンクラブ主催のパーティー兼オーディオ・イベントに参加するのである。

 那須に向かう高速道路は、車が連なっていたが渋滞するほどではなくスムースに流れていた。予定通り昼前に着いた。ちょうど石田さんがバーベキュー用の炭に火を入れているところであった。

 例年炭火でバーベキューをしながらオーディオマニアたちが旧交を暖める。そしてその合間にサウンドデザイン試聴室でオーディオを楽しむのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 炭火で焼かれた肉も野菜も美味であった。さらに海老やイカも加わりとても贅沢なバーベキューである。那須の別荘地はちょうど今新緑の季節。目にも美味しい風景が眼前に広がる。

 20名以上のオーディオマニアが一同に集まった。そこで交わされる会話は結構暑くディープである。職業も年齢も様々であるが、オーディオに対するあくなき熱意と探究心はみな一様にハイレベルであった。

 野鳥のさえずりが美しく響く那須の静かな別荘地の一角に、今日一日のみであるが奇妙な空間が出現した。ウッドデッキのあちらこちらではオーディオ談義の花が咲いている。心配された雨も降らず、例年よりも涼しげな気候であったが、皆さんの熱気のせいかあまり肌寒さを感じなかった。

 パーティーの合間に行われたオーディオ・イベントについては明日にでも・・・

2010/5/28

1536:ポジショニングランプ  

クリックすると元のサイズで表示します

 奇数は2では割り切れない。偶数は2で割り切れる。そのせいか否かは判然としないが、偶数の方が奇数よりもものが分かった雰囲気がある。

 強引な自己主張が控えめに感じられるのである。逆に奇数は多少つっぱった感じがする。素数はそのほとんどが当然奇数である。協調性がいまひとつないというか、マイペースな印象を受ける。

 BMWの主要なラインナップは「3・5・7」と奇数をそのモデル名に使っている。一方AUDIは「4・6・8」と偶数を主要なラインナップのモデル名として使用している。

 その使っている数字のみを見ると、BMWはシャープで自己主張が強く、AUDIはやや控えめなアピールにあえて抑えている、といったイメージを受ける。

 両社ともラインナップを急速に増やした結果、奇数のみ、あるいは偶数のみといったモデル名での商品構成はできなくなっているが、両社の目指している方向性の違いが奇数・偶数のモデル名の違いとなっているような気がしていた。

 ここ最近急速に変わったのはAUDIであろう。従来の自己主張を控えめにしたスムースなバランス感覚のデザインから、明確な個性を前面に打ち出したデザインへと大きく方向転換を遂げた。

 その牽引役的な役割を果たしたのが、特徴的な「シングルフレームグリル」である。最初は、その大胆な造形には目がなじまなかった。しかし、そのデザインにより遠目にもAUDIであることが分かる強い個性を手に入れた。そのおかげか日本でのシェアも徐々に伸ばしてきている。

 そして最近では「シングルフレームグリル」とともにAUDIを象徴するのが、そのヘッドライトにおけるポジショニングランプの独得の形状である。LEDライトを多数並べてカモメの翼を思わせるような独得のラインを描いている。

 つい最近本国で発売となったNEW A8もかなり凝ったヘッドライトを持つ。特に全てをLEDで構成したヘッドライトにすると、従来のヘッドライトとはずいぶん雰囲気の違うフロントとなる。恐らくこのフルLEDライトはオプション扱いとなるはずである。

 NEW A8の特徴的なフロントデザインには好き嫌いがはっきり分かれそうである。私はまだ目に馴染まない感じがする。落ち着き感がなさ過ぎるような気がしてしまうのである。A4のヘッドライトに近いノーマルのヘッドライトの方が落ち着き感があって好感が持てる。しかし、最近勢いに乗って突き進んでいるAUDIのこと、このオプションでのフルLEDライトを前面に打ち出してくる戦略なのかもしれない。

2010/5/27

1535:対策本  

 「漢字脳」が衰えている。これは結構前から感じていた。手で漢字を書くことは、仕事でもプライベートでもほとんどなくなった。パソコンのキーを叩くだけなので、漢字を記憶していた脳の機能は急速に衰えていったようである。

 そういった状況に危機感を抱いて、「漢検を受けよう・・・」と思い立ったのは、妻と一緒にとあるテレビを観ていたときであった。

 その番組の中では、数名の芸能人が漢検にチャレンジしていた。「1級」や「準1級」にチャレンジしていたのであるが、そのレベルは恐ろしく高い。

 日常生活ではほとんどお目にかかることがないような難解な漢字が登場するのである。「1級」や「準1級」のレベルは必要ないが、「2級」レベルであれば日常的に目にするものが多く含まれている。

 それでいて、衰えた漢字脳ではすぐさま思い出せないような漢字が多いのである。「漢検2級を受けない・・・」と妻に持ちかけたところ、妻も乗り気であった。

 そこで本屋で漢検2級対策の本をそれぞれ1冊づつ購入した。それが3ケ月ほど前であったろうか・・・時間の合間にちらちら見ていたのであるが、仕事の忙しさにかまけてあまり進んでいない。

 試験日は6月20日である。もう1ケ月もない。このままでは、合格は難しい・・・そろそろしっかりと取り組まなければ。

 今日は顧問先への訪問を車でなく電車に切り替えた。電車であれば移動時間中は本が読めるからである。その時間を利用して漢検2級の対策本をチェックした。結構手ごわい。練習問題をしてみても、うっすらと漢字のイメージが浮かぶのであるが、しっかりと像を結ぶことはない。

 80%以上正解しないと合格しない。対策本の練習問題を解いてみてもなかなか80%を超えない。「いかん・・・このままでは不合格になる可能性が高い・・・」というのが正直な感想である。妻のほうは順調に進んでいるのであろうか・・・

 妻は合格し、私は不合格であると、少しばかり立場がない。「お父さん、落ちたのよ・・・」と子供達にも告げ口されそうである。ここは一踏ん張りしなければ・・・そうは思ったのであるが、事務所への帰りの電車では、疲れからかぐっすりと熟睡してしまった。

 「気炎ばんじょう」・・・何かをやり遂げようとする心が強いこと。練習問題の一部である。ひらがな部分を漢字に直すのであるが、正解にはいたらなかった・・・

2010/5/26

1534:足を洗う  

クリックすると元のサイズで表示します

 最近足を洗おうかと考えていた。何から足を洗おうかと考えていたかというと・・・オーディオから足を洗う・・・いや、これはもう少しばかり続けてみたいと思っている。

 大半がフィクションで攻勢されているこのくだらないブログから足を洗う・・・これもまた、もう少し悪ふざけを続けたい気持ちがないわけではない。

 なかなか上達しないゴルフから足を洗う・・・最近「寧々ちゃん」にどうにかして良いところ見せたい一心で練習しているので、これまたもう少しがんばりたいと思っている。

 では何から足を洗うのか・・・実はデジタルからである。2階にもアナログを導入してデジタル機器とCDを全て売却するという計画を最近考慮していたのである。

 その計画を検討する第一段階として、1階に常設されているLINN LP-12を2階に移動してみた。そして、レコードを聴いたのである。アンプはQUAD22・U、スピーカーはQUAD ESLである。

 Antonio VivaldiとClaudio Monteverdiのレコードを聴いた。1階で聴くときと当然質感が違う。部屋がこちらの方が広いので空間的な広がり感はある。音像は1階と比較すると自然でふくよかな感じ。鮮明さにはかけるが肩の力が抜けた伸びやかさがある。

 レコードプレーヤーをSOLIDSTEELの最上段に据えた時の見た目的な落ち着き具合も悪くはない。「計画を推進すべきか否か・・・」と思案したが、「では2階に持ってくるアナログ機器は何が良い・・・」という疑問には「・・・」全く無回答であった。

 実は私は以前アナログ機器を3セットも持っていたのである。LINN、ROKSAN 、IMMEDIAという三つのメーカーのアナログ機器を物欲の赴くまま購入してしまったのである。それではあまりにもどっちつかずであろうということでLP12一つに絞った。

 ようやく一つに絞ったのに、また増やすというのもなんだか気が進まない。それに傍らのテーブルに置かれたLINN CD12の美しいデザインにも後ろ髪が抜けるのではないかと思われるほど引っ張られるであろうから、「やはり、このままの構成がベストのようだ・・・」と思い直した。

2010/5/25

1533:赤外線通信  

 携帯電話には、「赤外線通信」という機能が付いている。これはこちらのメールアドレスなどを瞬時に相手の携帯に送ることができる便利な機能である。

 キャバクラなどで結構活躍する。「メルアド交換しましょう・・・」キャピキャピした女の子に頼まれると嫌とはいえない。

 携帯と携帯と近くへ寄せて「送ったけど、入った・・・?」「あっ・・・入った、入った・・・」と、たわいなくやりとりをする。

 翌日からは営業攻勢のメールが連日入る。少々うっとうしくもなる。相手にしないと1週間ほどで「脈無し」と判断されて、メール攻勢からは開放される。

 そういったすれた赤外線通信はもう飽きた。もっピュアな赤外線通信を体験したいものだと思っていたが、今日それがかなった。

 相手はもちろん「寧々ちゃん」である。ゴルフスクールが終わった後のささやかな懇談会で、「6月7日、予約しましたよ。東松山カントリークラブ・・・8時14分スタートです。車は私が出しましょう。キャディーバッグが4つつめますから・・・」と切り出した。

 「寧々ちゃん」とその友人お二人、YさんとSさん、そして私の4名でラウンドすることになった。日程は前回調整した結果6月7日に決まった。そして私は予約係をまかされていたのである。

 「当日は携帯で連絡を取り合いましょう・・・」「赤外線通信でメルアド交換しておきましょう・・・」という展開となった。

 携帯を取り出して頭の部分をお互いに近づけて送受信・・・何となく秘密めいた儀式を執り行っているような気がした。少しばかりドキッとしたのである。
 
 「入った・・・?」「ええ・・・大丈夫・・・」いつものように「寧々ちゃん」はさわやかな笑顔で答えてくれた。そのやさしげに曲線を描く細めた眼は、心を癒す効果があるようである。

 今日の日中は暑かった。スーツを着ていると汗が出た。しかし、夜になると湿度が低いせいか、さわやかな風が吹いた。ライトに照らされ白く光りながら飛んでいくゴルフボールは、気持ちよく小さくなっていく。練習にも自然と熱が入るというものだ・・・

2010/5/24

1532:空気の流れ  

 「窓か・・・」と微かにつぶやいた。スピーカーの背後にある窓を開けると当然部屋の音響環境が変わる。すると音にも大きな影響がある。

 スピーカーの背後の窓が大きな掃き出し窓であれば、その面積は大きくなるのでその影響も大きい。昨日はpontaさんのお宅で、図らずも窓の影響力を感じる体験をした。

 マンションによくある構造であるが、縦長のダイニング・リビングの向こう側はベランダで、そこには大きな掃き出し窓が付いている。

 当初は同然のことながら窓を締め切って聴いていた。ふとしたきっかけで右側の窓を全開の状態で音を聴いてみたところ、とても自然なバランスと響きで音楽が鳴り出した。

 それは、目を見張るような変化であった。これは好みの問題でもあるので一概に良い・悪いは言えないのであるが、私自身の個人的な好みからするととても良くなったように感じられた。

 「でも、どういう理屈なのであろうか・・・」「窓の反射によって強められていた高域が窓の外に逃げていくことによって、マスキング作用が解消されたのであろうか?」「窓を開けることによって、外の暗騒音が室内に入ってくることによって、音の純度が中和されたのであろうか?」「風水的にみて、右の窓を開けることによって気の流れがよくなり音楽が軽やかに鳴り出したのであろうか?」

 しかし、実際問題として窓を大きく開け放ってオーディオを聴くということは難しい。まずは近隣に音が漏れる。マンションの場合は特に物理的に隣と近いため、苦情の原因となってしまう。

 また、春や秋のように季節の良い時はいいが、夏や冬は少々困り物である。特に寒い冬は窓全開では風邪を引いてしまう。

 わが家の1階のオーディオルームも実は窓を開けている。開けているといってもさすがに全開ではない。また、窓といっても掃き出し窓ではなく、普通の窓である。その窓の両サイドをほんの1cm程度、よく見れば分かる程度の開きである。

 この程度であれば音漏れもほとんど気にならない。ほんの隙間程度の開きであっても音にとってはしっかりとした逃げ道になるのか、音が柔らかく感じられる。

 部屋の空気は動いていないといけないのであろうか・・・ある一定の流れに沿ってゆったりと流れていると人にも音にも良い影響があるのかもしれない。

2010/5/23

1531:円香  

 「円香」という名前の女性がいた。穏やかで優しい性格で、こせこせしたところがなかった。体型は少しふっくらしていた。

 最後に会ったのは、東北道の岩槻インターのすぐそばのホテルであった。「わたし、結婚することになった・・・」と別れ際につぶやいたのが、最後の会話となった。

 今日Naruさんと一緒にpontaさんのお宅を訪問する際、岩槻インターで東北道を降りた。インターから一般道に出るカーブを曲がりながら、ふと外を見やるとそのホテルが目に入った。彼女に最後に会ったのはもう10年以上も前のことであるが、何故かつい最近のことのように思えた。

クリックすると元のサイズで表示します

 pontaさんのお宅には少し前にも訪問した。その時の記事のタイトルは「9Nの音」であった。99.9999999%の純度を感じさせる清澄な音であった。その音を聴きながら頭に「9Nの音」というイメージが浮かんだのである。

 Naruさんは「吟醸酒のような音・・・」と形容されていた。「吟醸酒か・・・」言い得て妙なり、という感じである。吟醸酒を造るには、米を削る。雑味をもたらす要素を削っていき、米の純粋な要素のみを残す。とても贅沢な日本酒である。澄んでさわやかな味わいが特徴である。

 わが家では50年以上前のスピーカーやアンプが活躍している。相当な雑味成分が乗った音を日頃聴いている。そういう音に慣れた耳には、ponta邸の音は「吟醸酒」の中でも最高級な「大吟醸」といった印象を受ける。

 pontaさんは厳格にOFF会のプログラムを組まれていた。休憩を入れるタイミングも決められていたようであるが、私は「休憩しましょう・・・窓を開けましょう・・・」とその予定されていたタイミングよりも早く休憩を申し出た。

 何故か窓を開けたくてしようがなかったのである。窓を開けて新鮮な空気を入れると気分がすっと穏やかになった。

 その後も数曲聴くと「窓を開けて休憩しましょう・・・」とついつい言葉が出た。きちんとプログラムを決められていたpontaさんには申し訳なったのであるが、自然と窓に手が向かうのである。

 そして、たまたま窓を開けたままの状態で何気に音を聴いて少しばかり驚いた。音楽がより穏やかでゆったりとした流れになったのである。個人的な好みからすると、この状態での音の方が好きである。

 窓が開かれると低音の存在感が増し、音楽の躍動感や幸福感がよりスムースに表出される。高音の鮮度感が勝っていたバランスも自然な感じに・・・

 「こちらの方が良いですね・・・」と思わずもらしてしまった。pontaさんは、やや複雑な表情をされていた。

 窓を開ければ当然部屋の音響環境は大きく変わる。オーディオは半分以上部屋の音を聴いているもの、とはよく言われるが、その言葉が心底納得される経験であった。

 その後スピーカー背後の厚手のカーテンを閉め切ってみたり、窓の開け具合を左右対称にしてみたりしたが、向かって右側の窓を全開にしたときが一番印象が良かった。どういう理屈なのかはよく分からない。

 「右側の窓を全開にすると部屋の気の流れが良くなるのでは・・・」「外の雨の音や自動車の音が室内に侵入することにより音の純度の高さが中和されて程よくなるのであろうか・・・」といろいろ推測するが、定かではない。

 「まどか・・・」思わず何度かつぶやいた。そういえば、彼女の魅力の一つはその声であった。心くすぐる美声の持ち主であったのである。

2010/5/22

1530:ウォーターハザード  

クリックすると元のサイズで表示します

 富貴ゴルフ倶楽部は、ホール間が樹木でセパレートされており、アップダウンはほとんどなくフラットなコースである。しかし、ほぼすべてのホールに池や川が絡み、狙いどころは絞られる。さらにウォーターハザードだけでなく多数のバンカーも配置されていて、ホールがより狭く見える。

 それ故、コース攻略には相当に頭脳的なプレーが要求されるうえ、方向性や飛距離などのボールコントロール能力が必要である。

 残念ながらそういった項目は得意ではない。ウォーターハザードに結局3回もつかまった。さらにOBも2発と、結構満身創痍なゴルフであった。ショートアイアンとアプローチがまずますであったので、どうにかこうにか90代で回れた。

 取り組み始めたばかりの「一軸スウィング」を実際のラウンドで試すのは初めてである。アイアンはまずまずであった。特にアプローチは効果的であった。2度ほど「よせワン」のパーも獲得した。

 しかし、ドライバーは不発であった。練習場ではまずまずな結果が出ていたのであるが、本番では、方向性の安定を図らんがための「一軸スウィング」であったにもかかわらず、その効果のほどはいまひとつであった。

 まだ取り組み始めたばかりであるので、すぐには効果が出なくてもしょうがないであろう。しかし、きたる6月7日にはそうは言ってはいられない。

 「寧々ちゃん」にどうにか良いところを見せなければいけない。どうにか80台でまわって、「Taoさん、お上手じゃないですか・・・」の一言を引き出さなければ・・・そして、その返答は当然「同伴競技者に恵まれたから・・・」ということになる・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ