2010/4/30

1508:枝垂れ椛  

 4月30日は、「お風呂の栓」である。これが過ぎ去ることにより1月から4月までの「お風呂のお湯」はずずずっと流れ出してしまう。そのお湯は多くの人が入った後なので汚れていいる。お湯を換えるべき時期に来ていたのである。

 この4ケ月、振り返ってみるといろんなことがあった。良いことも悪いことも全て流れ出してしまえば、それほどたいしたことではないと思えてくる。ただし、過ぎ去っていくスピードの速さだけはいつものことながら印象的である。

 1年を区切る方法は幾つかある。四季にあわせて四つに区切る方法もあれば、一月ごとに12に区切る方法もある。あるいは上期・下期と大きく二つに分けることもある。それは各個人でしっくりする方法があるので、どれがベストということはない。

 私の場合どういうわけかは分からないいが、三つに分けるのが精神的に良いリズムのようである。1月から4月が上期、5月から8月が中期、そして9月から12月が下期、という具合である。

 そして、この3分割法で1年を区分し総括しながら次の期に思いをはせるのである。今日は4月30日であるので、私にとっての上期の締め日となる。

クリックすると元のサイズで表示します

 庭の枝垂れ椛は、この時期新緑の時期を迎える。新緑は一般的には緑であるが、枝垂れ椛は、新芽が赤い。葉がしっかりしてくるとこの色が緑に変わる。そして晩秋にはまた赤くなり。冬に向かって葉が落ちてゆく。

 枝垂れ椛も私と同様1年を3分割しているようである。枝垂れ椛にとってこれからは伸びやかな時期である。徐々に葉が緑色に変わり、太陽の光を吸収し養分を蓄え、子孫を残す準備を始めるのである。

 私もこれからの時期は少しばかり伸びやかな時期である。もちろんフレッシュな新芽が生えてくるわけでも、光合成をし養分を蓄え子孫を残す準備を始めるわけでもないが、気分的には伸びやかである。

 明日からは5月、そしてゴールデンウィークである。日頃家族サービスが不足がちになっているので、挽回する良いチャンスでもある。5月3日はオーディオ関連の予定が入っているがそれ以外はゴルフの予定も入っていない。きっちり挽回しよう・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ