2010/4/20

1498:日産 マイクラ  

クリックすると元のサイズで表示します

 日産はジュネーブモーターショーで新型のマイクラを発表した。マイクラは日本国内ではマーチという名前で販売されている。この新型マーチは恐らく年内には日本にも導入されるはずである。

 日本国内では、このコンパクトカーのセグメントには多くの競合が覇を競っている。トヨタ ヴィッツ、ホンダ フィット、マツダ デミオなどが直接のライバルとなる。いずれも強豪である。

 現行型のマーチは、とてもユニークなデザインをしている。販売されてからそれなりの年数が経過しているのであるが、全く古さを感じさせないデザインである。私は個人的には日産のなかで、もっとも優れたデザインの車であると、思っている。

 さて、新型のデザインであるが、よりオーソドックスな造形で、現行型が多少かわいらしさを強調したような印象なのに対して、新型はよりスポーティーなイメージである。

 なかなか、優れた造形である。国内のコンパクトカー・セグメントにおいても十二分にその価値が認められるであろう。そして、日産の数多いモデルの中で間違いなくもっとも美しい車である。

 事務所の2台の営業車は現行型マーチである。購入してからすでに6年が経過している。1年以内に3回目の車検がくる。厳しい経済環境のなか予定では9年使用する予定でいるが、新型マーチの魅力的な容姿は、その予定使用年数を短くするかもしれない。

 リアのデザインもグローバルでの販売に十分に耐えうる造形である。360度好きのないまとまりをしている。マーチはモデルサイクルが国産車としては長い。この新型モデルも現行型同様、年数を経過しても古びない良い造形をしていると感じられた。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ