2010/4/19

1497:レコードジャケット  

クリックすると元のサイズで表示します

 インターネットで購入したレコードが届いた。新たにレコードが届くと、まずはクリーニング。Hannle Meraですっきりと洗浄する。

 まずはレコードをHannle Meraにセットして、順回転で30秒ほど洗浄して逆回転させる。その後同様に順回転と逆回転で吸引する。1枚のレコードのクリーニングにかかる時間は3分ほど。お手軽である。

 レコードが綺麗になると次は静電気対策。静電気除去装置をレコードの真上に持ってきてスイッチを押して10秒ほど。静電気もすっかり除去される。この静電気除去装置はハンディータイプで効果は高いようである。価格は2万円ほど。

 製品名はORB destat SN-03。取り扱い説明書には「高電圧放電により生成されたイオンをファンで送り出し、帯電した静電気を中和除去」と書いてある。技術的なことはよく分からないが、お手軽で確実な静電気対策である。

 今日届いたレコードはargoレーベルの2枚である。「SCHUTZ ST.MATTHEW PASSION」と「MAGNIFICAT J.S.BACH & VIVALDI」

 argoレーベルは素晴らしく高音質というわけではないが、自然な質感で広がり感もある。情報量が多いという感じはしないが、バランスが良くどちらかというと「木綿感覚」である。

 最近聴くレコードの多くはバロック時代の作品が多い。今回の2枚はどちらも宗教曲であるので、ジャケットデザインは宗教画である。カット割が実に巧みにデザインされているので、重々しくならない。

 レコードのよさの一つはジャケットである。CDではどうしても小さすぎる。レコード・ジャケットの大きさだとちょうどいいのである。その音を聴きながらジャケットを手に取りじっくり眺める。これがなかなか癒し効果が高いのである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ