2010/4/15

1493:ウェッジ  

 「SPIN IS FOURTEEN」・・・CSでゴルフ専用チャンネルを観ているとCMで時々見かけるFOURTEENのコマーシャルのコピーである。グリーンでワンバンド、ツーバンドしたボールがきゅきゅっとスピンが利いて止まり、スーとバックする。その映像が繰り返し流された後このコピーが出てくる。

 それを観ていると、ついつい欲しくなってくる。先日思わずテレビショッピングで購入しそうになった「LYNKS BOMBA」は、SEIBOさんからのメールに「コントロールできないので結局使わなくなった」とあったので結局思いとどまった。

 最近家にいる時はついついゴルフ専用チャンネルを観る。すると試合中継の合間に必ずゴルフ用品のCMが流される。CMに弱い私はついつい見入ってしまう。

 「LINKS BOMBA」をどうにかこうにかやりすごしたのであるが、今とても気になっているのが「FOURTEEN MT-28 V5」である。FOURTEENのウェッジはスピンが良くかかるということは何度かゴルフ仲間から聞いたことがある。溝が深く鋭い、そのためスピンが良くかかりボールにも傷がつくということである。

 プロのようにグリーンで落ちてバックスピンで戻るボールというのは、やはりあこがれである。ウェッジを換えただけでそういうボールが打てるわけではないが、心惹かれるものがある。

 グリーン周りのアプローチはウェッジを使う。普通は54度のウェッジで、少しボールを上げて寄せる場合には58度のウェッジを使う。今はSrixonのウェッジを使っているが、もう4年ほど使っている。

 4年も使うと傷だらけである。バンカーでも使うので相当傷がついている。そろそろウェッジを買い換えたいな、と思っていたところに、最近FOURTEEN MT-28 V5のCMをたびたび目にするようになって、次はこれかなという気になってきたのである。

 「これを使ったなら、いまいち寄らないアプローチがぴたぴたと寄るかも・・・」そういう風に思ってしまうのがアマチュアゴルファーの悲しい性なのである。

 「SAGA・・・サガ!!SAGA・・・サガ!!」と鼻歌交じりに、FOPURTEEN MT-28 V5を手にしながら、練習するとぐんぐん上手くなりそうな気がしてくるのである。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ