2010/4/30

1508:枝垂れ椛  

 4月30日は、「お風呂の栓」である。これが過ぎ去ることにより1月から4月までの「お風呂のお湯」はずずずっと流れ出してしまう。そのお湯は多くの人が入った後なので汚れていいる。お湯を換えるべき時期に来ていたのである。

 この4ケ月、振り返ってみるといろんなことがあった。良いことも悪いことも全て流れ出してしまえば、それほどたいしたことではないと思えてくる。ただし、過ぎ去っていくスピードの速さだけはいつものことながら印象的である。

 1年を区切る方法は幾つかある。四季にあわせて四つに区切る方法もあれば、一月ごとに12に区切る方法もある。あるいは上期・下期と大きく二つに分けることもある。それは各個人でしっくりする方法があるので、どれがベストということはない。

 私の場合どういうわけかは分からないいが、三つに分けるのが精神的に良いリズムのようである。1月から4月が上期、5月から8月が中期、そして9月から12月が下期、という具合である。

 そして、この3分割法で1年を区分し総括しながら次の期に思いをはせるのである。今日は4月30日であるので、私にとっての上期の締め日となる。

クリックすると元のサイズで表示します

 庭の枝垂れ椛は、この時期新緑の時期を迎える。新緑は一般的には緑であるが、枝垂れ椛は、新芽が赤い。葉がしっかりしてくるとこの色が緑に変わる。そして晩秋にはまた赤くなり。冬に向かって葉が落ちてゆく。

 枝垂れ椛も私と同様1年を3分割しているようである。枝垂れ椛にとってこれからは伸びやかな時期である。徐々に葉が緑色に変わり、太陽の光を吸収し養分を蓄え、子孫を残す準備を始めるのである。

 私もこれからの時期は少しばかり伸びやかな時期である。もちろんフレッシュな新芽が生えてくるわけでも、光合成をし養分を蓄え子孫を残す準備を始めるわけでもないが、気分的には伸びやかである。

 明日からは5月、そしてゴールデンウィークである。日頃家族サービスが不足がちになっているので、挽回する良いチャンスでもある。5月3日はオーディオ関連の予定が入っているがそれ以外はゴルフの予定も入っていない。きっちり挽回しよう・・・

2010/4/29

1507:綱渡りOFF会  

 GRFの部屋さんのお宅に着いたのは2時を少し回っていたであろうか、呼び鈴を押すと奥様が出られた。「○○です。ご主人いらっしゃいますか?」と普通に切り出した。

 「今仕事で出ています・・・」とのそっけない返答であった。「あれ・・・一昨日メールしたはずであるが・・・」と側にいたpontaさんと顔を見合わせた。

 一昨日のメールにはたしか「29日の2時ごろお伺いします。」と打電したはず。その返信も「どうぞ、どうぞ・・・」といった肯定的なものであった。

 あわてて携帯に連絡してみると、私がメールした「29日」のことを「5月29日」に行われる那須でのオーディオ・イベントのことと勘違いされていたことが判明した。
 
 「しまった空振りか・・・」とあきらめかけたが、1時間ほどで戻れ、3時から2時間ほどなら空き時間が作れるとのことであったので、急遽時間を変更・短縮しての「綱渡りOFF会」となった。

 勘違いから空振りになりそうであったが、どうにかこうにか体勢を立て直し開催にこぎつけた。いつものように広いリスニングルームに案内されるとその両コーナーには、明るめの色合いのTANNOY GRFが佇み、そのずっと前、リスニングポイントに近い床にはインシュレーターの一点支持によりやや仰角を付けられて床に設置されたPSD T4がその端正な姿を見せていた。

 pontaさんはGRFの部屋さんのお宅を訪問するのは初めてである。私も1年ぶりくらいであろうか・・・「まずは定番から・・・」とGRFさんは何曲か交響曲をかけてくれた。

 「雄大で、ストレスフリー・・・広大な音場が実際のホールで聴く感じにきわめて近似している。久し振りに聴いたGRF・・・やはり伸びやかである・・・」という感想を持った。pontaさんもその表情からすると同様な感想を持たれているようであった。

 何曲か聴いてから「この小ささで良く鳴るでしょう・・・」とGRFの部屋さんが一言。私とpontaさんはほぼ同時に「え〜、こっちですか・・・」とPSD T4を指差しながら声を上げた。

 pontaさんが勘違いするのは当然である。初めてであるから・・・、しかし私はこのマジックは以前経験している。久し振りとはいえまたまた見事に引っ掛かってしまった。

 PSD T4の背後に広がるサウンドステージは広大である。駆動するアンプは当然SD05。そしてそのサウンドステージは見事にGRFの置いてある場所と一致する。視覚と聴覚の二重の錯覚からどう聴いても後ろのGRFが鳴っているとしか思えないのである。

 そして、その音の質感からは2ウェイのコンパクト・スピーカーが鳴っているという感覚が全くないのである。ここにも視覚の固定観念を打破するマジックが隠されている。

 後半は真打登場という感じでGRFが登場。「やはり、味わい深さという点ではGRFならではのものがある・・・」「T4も真に優れたスピーカーであるが、この滋味深い味わいはGRFにしか感じられない・・・」そんな感慨を抱きながら、心の中で3年前に初めてこの部屋を訪れた時のことを思い出した。

 3年前私は初めてこの部屋を訪れた。「何でこんな古いスピーカーからこんなに生々しい音がするのであろう・・・しかも50万円のプリメインアンプで駆動している・・・」と「オーディオ超初心者」でありかつ「急性ハイエンド病」であった私は、その歪んだ固定観念が木っ端微塵に壊れる音を聴いたのであった。

2010/4/28

1506:BRITISH MADE  

クリックすると元のサイズで表示します

 QUAD22にはEF86が2個使われている。EF86はとても小さな真空管である。パワーアンプであるQUADUにもそれぞれ2個づつ使われているので、QUAD22とQUADUでセットを組んだ場合、合計6個のEF86が必要になるのである。

 さて、今日はそのEF86について多少の試みをしてみた。現在1階で使っているQUAD22の2個のEF86にはMullard BRITISH MADEとMullard FOREIGN MADEが混在していた。

 これを予備のQAD22に備えられていたMarconi EF86に切り替えたのである。このMarconi EF86はBRITISH MADEである。

 これでQUAD22に使用されているEF86は全てBRITISH MADEになった。音のほうには影響はあるのかというと、「やはりある・・・」というのが正直な感想である。

 なんというのか音のあたりが柔らかいというか物腰に奥ゆかしさが出る感じである。包み紙なく品物を差し出す感じがなくなった。しっかり包んで両手で支え、そっと差し出す。受け取る側の心持も穏やかになる。

 Mullard FOREIGN MADEがどこの国で作られているのかはわからないが、こちらは音がストレートである。これはこれで良い面もあるのであるが、個人的には好みの音色ではない。

 やはり「BRITISH MADE」に魅力を感じるようである。何かの記事でMarconiは結局Mullardが作っている、というようなことを読んだことがある。それが事実であれば結局BRITISH MADEのMullardがQUAD22を専有したことになる。これが本来のQUAD22の音のような気が勝手にしている。

2010/4/27

1505:MONTEVERDI  

クリックすると元のサイズで表示します

 新宿に行くと大概立ち寄るところが一つある。それはDISKUNIONである。クラシック専門の店舗が紀伊国屋の近くのビルの8階に入っているのである。

 ここでクラシックの中古レコードを少しばかり見る。見ると欲しくなる。なんといっても価格が安い。ひところよりも中古レコードの価格は高くなっている。しかし、探せば安くて良いレコードがまだまだある。

 今日はMONTEVERDIのレコードを2枚GET。1枚は630円、もう一枚は1,260円であった。「安いよな・・・2枚で1,890円か・・・」と思いながら大事に抱えて帰宅した。

 新しいレコードはクリーニングマシーンで綺麗にされて、静電気除去装置からイオンの風を吹きかけられる。1975年と1980年の録音である。アナログ完熟期の録音なのでこなれている。

 MONTEVERDIはルネッサンス期からバロック初期の過渡期に活躍した作曲家である。そういった時代の移り変わりに当たり音楽の様式を積極的に開拓していった。

 こういった古い時代の音楽は心身ともにゆとりがあるときに聴かないといけない。音楽が向こうからがばっと覆いかぶさってくれないので、こちらから藪を切り分けるように進んで入っていかないといけないからである。

 体が疲れているときには、格好の催眠剤になってしまうのである。「やばい・・・目が開いていられない・・・」と思って、レコードプレーヤからトーンアームを上げた。そしてそのままソファに横になった。

 気づくとリスニングルームで1時間以上寝てしまったようであった。MONTEVERDIのレコードは休日の朝に聴くのががちょうどいいのかもしれない。仕事で疲れた平日の夜は避けたほうがいいようである。

2010/4/26

1504:物欲  

 4月も残り少なくなってきた。天候不順が続いた今年の4月であるが、例年と違うことは天候ばかりではない。我が家のオーディオ事情において例年4月は結構買い物シーズンなのである。しかし、今年は買い物らしい買い物はしていないのである。

 例年確定申告が終わると臨時収入が入る。この時期通帳の残高を見ていると、結構気が大きくなってしまうのである。忙しい時期が続いたのでフラストレーションも溜まっている。

 すると、ついつい物欲の充足を優先してしまいがちになるのである。オーディオ機器はそれ自体が強烈な引力を有している。その引力に対する免疫力が一番弱まっているのが4月なのである。

 今年の4月は春らしい暖かな天候の次の日には10度を下回るような寒い日が続いたりしたのが影響したのか、私の物欲も高まることはなく、超低空飛行を続けた。

 その結果、この4月に新たに我が家のオーディオルームに加わった仲間はほとんどなく、2階のLINN CD12の下にぴったりサイズで特注した楓ボードが加わったぐらいである。

 オーディオにはまって4年が経過したが、こんなに静かな4月は始めてである。これはいいことなのであろうか?それとも性欲の減退同様、物欲の減退は老化現象であろうか?

 そんな折、Coreさんからのメールを見て何かしらうらやましく思ったのである。Coreさんのメールには「Taoさんが強力に勧めるから、とうとういっちゃいました。ORACLE DELPHI買いました。最新式のYではなくXのほうです。現品処分でとても安く出ていたのでその魅力に抗し切れませんでした。実はデザインはYよりもXのほうが好きなのです。」と記されていたのである。

 「そうですか、Xのほうですか・・・確かに回転数を選択するバーなんかは断然XのほうがORACLEらしいですよね・・・近いうちにぜひ聴かせて下さい。」と返信した。

2010/4/25

1503:キタキツネ  

 キタキツネは冬毛のままであった。ティーグランドにたってティーショットを打とうとした瞬間、キタキツネが何ごともないような顔をしてゆっくりとフェアウェイを横切っていった。人間を警戒する風もなく穏やかな表情であった。

 ニドム・クラシック・コースは男子のトーナメントが行われる。54ホールある大規模なコースである。いかにも北海道らしく広くて長い。ほとんどのミドルが400ヤード超。なかには465ヤード・パー4というホールもあった。

クリックすると元のサイズで表示します

 ニドム・クラシック・コースにはホテルが隣接されていて、コテージも設置されている。そのコテージに1泊したのであるが、このコテージがなかなか優れものであった。

 本格的なログハウスでできていて室内は広く木の香りがする落ち着いた空間であった。バルコニーからは川と湿原が眺めることができる。今度は家族旅行で来てみたい、と思った。新千歳空港からは送迎バスで30分ほど、交通の便も良い。

 ゴルフのほうはそこそこのできであったが、距離が長いためパー連発とは行かずどちらも90台前半の平均的なスコアであった。

 幸い天気もまずまずで雨に降られることもなく、極端に寒いということもなかった。関東地方のゴルフ場と違いフェアウェイの芝は洋芝であった。高麗に比べ粘っこく柔らかい。そのせいかターフが綺麗に取れる。

 そのターフを見ていると自分が上手くなったかのような錯覚を覚えるが、しっかり上からボールを捕らえないと良いショットが出ない。高麗よりも難しい面もある芝である。

 ドライバーショットはひところに比べると良くなってきた。ただしショートゲームでのミスが時々出てしまい、スコアを崩すことがあった。これからはドライバーショットの安定とともにアプローチショットの練習にも時間を割く必要があるようである。

 一旦フェアウェイを横切っていったキタキツネは林のなかでこちらを振り向いた。その大きな目には、小さなボールを打って一喜一憂している人間を少しばかりさげすむような色合いが含まれていた。

2010/4/24

1502:天気予報  

 天気予報を観る時は自分が住んでいる地域の天気がどうなりそうかということが当然気になるもの。東京の天気予報が表示されれば、それ以外の地域に関してはそれほど注目することはない。

 しかし、ゴルフの予定が入っている時には行く予定のゴルフ場のある地域の天気がどうなるのかがとても気になる。その地域の天気予報が良いと気分が落ち着く。しかし、傘マークが付いていたりするとげんなりする。

 今日と明日は1泊2日でのゴルフ旅行である。ゴルフに行く日の朝は早いのが通例であるが、今日は遠いエリアに行くため特に早い。それに備えて昨晩は早めにベッドに入った。

 体が疲れていたのか、普段より早い時間であったがすんなり寝入った。しかし、目覚まし時計が鳴る時間よりも早い時間に目が覚めた。普段であればまた寝入るのであるが、ゴルフに行く朝は多少気分が高ぶっているのか、眠れそうになかったので起きだしてきた。

 そして、テレビで天気予報を観た。九州・沖縄地方から始まり、四国地方、近畿地方、中部地方、関東地方、東北地方、最後は北海道という具合に天気予報は南から北へ流れていく。

 私が今日注目したのは「北海道」「札幌」である。「曇りのち晴れ。最低気温3度、最高気温9度」との表示であった。昨日の東京と同じような気温である。降水確率は10%であり雨の可能性はないようである。少し安心した。

 東京でも寒い日が続いているのに、この時期に北海道でゴルフってどうなんだろうと思っていたが、季節はずれの寒さに体も多少慣れてきたので、昨日の東京並みの気温ならばどうにか後悔することはなさそうである。

 ゴルフ仲間8名が集まって1泊2日でゴルフに行く。航空機代、宿泊費、2ラウンドのゴルフ費用をあわせて36,000円という価格である。正直安いツアーだと思う。

 一昨年は宮崎県に行った。その時も同じような価格であった。お土産代や夕食代などを含めると4万円を超えることになる可能性は高いが、2ラウンドのゴルフ費用だけで36,000円ほどはするはずである。航空機代と宿泊費はただのような価格設定である。

 まあ、何はともあれ不安であった現地での天気は大崩れすることはなさそうである。最高気温が9度ということであれば、ヒートテック下着で完全武装すれば寒さに震えることもないであろう。あとはしっかりとしたスコアを出すだけである。

2010/4/23

1501:3D  

 確かに異常気象である。昨日ほどではないが今日も寒かった。最高気温が10度を超えないうえ、雨が降り続いたのである。もうすぐ4月が終わるというのに冬用のコートはクリーニングに出されることなく、今日も活躍した。

 数日前に気温が20度を越す初夏らしい陽気があったことが信じられない。こういった異常気象を目の当たりにすると、地球が悲鳴を上げているような気がしてくるものである。もしかして映画「2012年」も荒唐無稽なストーリーではないのかもしれないと思えてくる。

 映画といえば先週の土曜日に話題の「ALICE IN WONDERLAND」を下の娘と一緒に観にいってきた。ちょうどロードショウ初日の土曜日であり、映画館は満席であった。前日にインターネットで予約しておいたのでよかったが、当日のチケット売り場は長蛇の列であった。

 今話題の3D映画であった。サングラスのようなメガネをかけて観ると映像が立体的に観える仕掛けである。子供は大喜びである。「わ〜」とところどころで歓声を上げていた。私もどれどれとそのメガネをかけてみた。

 確かに立体的に観える。自分のすぐ側まで飛び出してくる感じがするのである。しかし、面白がっていたのは最初のうちだけであった。自然な感じとは程遠い不自然感がだんだん鼻についてくるのである。

 3D用のメガネをかけるとサングラスをかけた時のように色彩感が暗くなる。色彩的な華やかさが素で観るときよりも阻害される感じがある。

 普段メガネをかけていない私にとっては、長時間メガネをかけていること自体がつらい。顔に異物が混入してきた感じで、落ち着かないのである。

 そして、決定的に不愉快だったのは目がとても疲れるということである。目にもそして視覚をつかさどっている脳の部位にも負担が相当かかるのである。

 だんだん嫌気がさしてきて時々3Dメガネをはずした。すると二重にぼやけた映像になってしまうので、またメガネをかける。しばらくすると目が疲れていらいらするのでまたはずす・・・そういったことの繰り返しとなってしまった。

 映画のほうは、ティム・バートンらしいユーモアとファンタジーに溢れた世界が展開するが、「まあ、こんなものでしょう・・・子供連れにはちょうど良い映画・・・」というのが正直な感想であった。

 3Dは家庭用のテレビも発売され、こんごますます注目されるはずである。しかし、私の個人的な感想からすると、3D映画はもう観たくない。3D対応のテレビも買いたくはない。進歩から取り残されようとも・・・


(明日と明後日の記事の更新はお休みします・・・次回は月曜日の予定です・・・)

2010/4/22

1500:オイル漏れ  

 雨が降ると水が流れる。コンクリートの上にうっすらと水溜りができていた。そしてその水の表面には油膜がめらめらと鈍い光を放っていた。

 その油膜を眺めながら、少しばかり嫌な予感がした。その油膜はわが家の駐車場のコンクリートの表面を水に流されながら低いほうへゆっくりと流れていたのである。

 「もしかして、オイル漏れか・・・車検の時に直したはずであるが・・・」車検は今年の2月であった。その時の点検でエンジンからのオイル漏れが見つかり、修理したばかりである。修理に要した金額は部品代を含めて10万円ほどであった。

 取り急ぎディーラーに車を持ち込んで再チェックしてもらった。そして、夜にディーラーに寄ってその報告を聞いた。

 「VANOSソレノイドバブルよりオイル漏れの可能性あり」との診断であった。ひととおり説明を受けたが、正直よく分からなかった。

 しかし、根本的に修理するには相当な手間と費用を要することだけは分かった。「応急処置はしておきましたので、当分は大丈夫だと思いますが・・・」とのサービス担当者の言葉であったので、とりあえずしばらく様子をみることにした。

 走行距離は92,000kmを超えた。それなりに車体にほころびが出てきてもおかしくはない。多少の出費は止むを得ないかもしれない。

 修理にある程度の金額をかけて100,000km突破を目指すか、そろそろ買い替えを行うか・・・思案のしどころである。

 新しい7シリーズはデザインがあまり好きになれない。しかもゴルフバッグの収納能力が先代よりも大きく下がってしまった。5シリーズは結構好きなデザインである。乗り味も従来のようにスポーティー一辺倒ではなく、よりラグジュアリーな味わいも楽しめる。しかし、こちらもゴルフバッグは2セットどまり。私にとってはそこがネックとなる。ついこの間も3バッグ・3名乗車でゴルフ場に行ったばかりである。

 となるとMercedes-Benz EクラスあるいはSクラス、そしてAUDI A6、A8あたりも候補に上がってくる。Mercedes-Benzは癒し系の車である。日本ではどう見ても癒し系ではない柄の悪い人が乗っていることがあるので誤解されることが多いが、「Mercedes」という女の子の名前が示すとおり心が落ち着く穏やかさが身上である。

 AUDIはアスリート系である。しかも直線的アスリートで、冷血系でもある。青白い炎を体内に宿しあくまでもクールに徹するが、結構気合が入っている。

 最近はデザイン的にも斬新なモチーフを取り込み都会的なセンスをアピールしている。多少爬虫類的な冷たさを感じさせるその意匠は日本でも浸透しつつある。

 残念ながら自宅の駐車場には1台の車しか止められないので、セカンドカーという選択肢はない。1台で仕事もゴルフもプライベートも家族サービスもこなさないといけないのである。となるとある程度範囲は限定されてくる。今のところは決定打がない状態である。もうしばらくいろんな可能性を探ってみよう。

2010/4/21

1499:BDR  

クリックすると元のサイズで表示します

 今週の週末は1泊2日でゴルフ2ランドの予定が入っている。それに備えてというわけではないのであるが、チューバホーンさんが経営されている杉並区の整体院「Pro・Fit」で体の歪みを修正してもらった。

 私は左足で体重を支える癖があるようで、そのため体が少しばかり歪む。まあ、痛みが出るわけではないのであるが、定期的にケアしてもらうと良いようである。

 ひととおり整えてもらうと腰のすわりが良くなり、背筋が伸びる。ゴルフスウィングにもプラス効果があるような気がするのである。土日はゴルフ連荘である。これで万全の準備が整った、といきたいところであるが、練習不足が心配である。

 今日はちょうど近くの顧問先に行く予定が入っていたので、仕事が終わってから「Pro・Fit」にお伺いした。じっくりと施術してもらってすっきりとしたところで、30分ほど2階のオーディオルームでROKSAN XREXES20を聴かせてもらった。

 デュプレのエルガー、ペーター・シュライヤーのシューベルト、クレンペラーのマーラーのレコードを聴いたのであるが、以前よりも音の陰影感が深く、厚みが感じられる。音の重みが手にずしっと感じられ、軽々しくない。

 特に最後に聴いたマーラーは曲調と音の質感とが見事にマッチしていた。針圧やシンサイドフォースなどの調整やスピーカーの位置が以前とは違っているようである。

 さらに良く観るとXERXES20の下に敷いてあるボードがBDRの相当高価なものに変わっていた。これは効いているようである。このボードは先進的な素材でできているが、先走ったところがなく、音が自然な落ち着き加減に収束している。なかなか優れものである。

 我が家のLINN LP-12はクワドラスパイアのラックに直置きである。何か手立てを考えるべきか・・・という思いを持ちながら、帰路についた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ