2010/3/31

1478:国境線  

クリックすると元のサイズで表示します

 我が家の1階のリスニングルームはオーディオ部門とピアノ部門に2分割された。オーディオ部分は6畳、ピアノ部分は2畳ほどの広さの「領地」を有することとなった。

 その間には目には見えないが、きっちりとした国境線が引かれたのである。これで平和が保たれるはずであった。

 しかし、妻から「ピアノの音がぼんつく・・・ピアノの隣に置いた家具をどけてほしいんだけど・・・」とクレームがついたのである。

 ピアノ左隣には北欧ビンテージ家具ショップで思わす購入してしまったライティンングビューローが置かれていた。これがピアノのそばにあるとその音がぼんつくようなのである。

 「音を気にするほどの腕前ではないはずであるが・・・」と内心は思った。しかし、クレームには迅速に対処するに限る。クレームに誠実に対応することにより、その後の展開がスムースにいくことは仕事柄よく分かっているのである。

 「どこにおけば・・・」としばらく、この広くもない部屋を見渡した。「当然オーディオ・エリアに移動するしかないであろう・・・」

 あちこちを候補を検討したが、「やはりここしかないであろう・・・」ということで落ち着いたのが右スピーカーの手前である。

 見た目的ななじみは悪くない印象である。「しかし、ピアノのそばにあるとピアノの音がぼんつく・・・ということは、スピーカーのそばに置いたらスピーカーの音がぼんつくかも・・・」という気がしなくもない。

 音を最優先するなら、この位置に家具を置くのはどうかといったところであるが、我が家では音最優先ではないので、やはりここが落ち着きどころのようである。 

2010/3/30

1477:名作  

 私は映画マニアではない。映画館で年に数回映画を観るが、大概は子供たちにねだられて、家族サービスの一環として映画館に足を運ぶ。

 なので、映画館で観る映画は「ハリーポッター」であったり、「カールじいさんの空飛ぶ家」であったりするのである。これらの映画も観ている間はそこそこ楽しめるので、決して嫌ではないが、観終った後に心に染み込むような後味を感じることは稀である。

 そんな映画マニアではない私がもっとも好きな映画は「木靴の木」である。1978年のイタリア映画で、監督はエルマンノ・オルミ。約3時間の長編であるが、全く中だるみがない。ないばかりか、一気に観せてしまう。

 DVDで年に1回は観る。もう相当な回数観ているはずであるが、いつも新鮮な感動を覚える。観るたびに、煤にすっかりくすんでしまった私の心が生き返るのである。この映画は第31回カンヌ映画祭のパルム・ドールを受賞した。その価値は十二分にある素晴らしい映画である。

 そして、「木靴の木」の次に好きな映画は「バグダッド・カフェ」である。こちらは1987年のドイツ映画。監督はパーシー・アドロン。ドイツ映画であるが舞台はアメリカ。ラスベガス近郊の砂漠にたたずむモーテルが舞台。

 この映画はシュールである。サルバドール・ダリの絵に代表されるシュール・リアリズムは神秘的でありながらどことなくユーモラスである。そんなシュールな雰囲気がこの映画の全編を覆っている。

 荒涼とした砂漠の景色、個性的で摩訶不思議な存在感を有する登場人物、ファンタジーといえるような物語の展開・・・その全ての融合が心に不思議な化学反応を起こさせるのか、心の奥底にじんわりと感動が広がる。

 「バグダッド・カフェ」も1年に1回はDVDで観る。この映画も観るたびに何かしら心に新鮮な風が吹き込んでくる。

 どちらの映画もハリウッド映画とは対極に位置する映画であり、多くの人にとっては刺激の少ない退屈な映画である可能性が高いが、私にとってはかけがえのない「名作」である。

2010/3/29

1476:バナナ端子  

 今日は一日携帯が気になった。仕事で急用の電話が携帯に入ることは珍しくないが、仕事の件で気になっている案件があるわけではない。

 「今日くらいのはずであるが・・・」と思っていたのである。しかし、結局仕事の案件での連絡は数件携帯に入ったが、気になっていた事柄に関する連絡は入らなかった。

 その気になっていた連絡とは、オーディオラボ・オガワからのものであった。「もうそろそろのはずだが・・・」と頭の片隅にあったのである。

 先日CHATSWORTHのメンテナンスに関する費用の見積もりと一緒に送られてきたメールに、「メンテナンス作業が完了するのは3月末頃になる予定です。完了したら携帯に連絡を入れます」と書かれていたのである。

 今日は29日、厳密には3月末ではないが「3月末頃」の範疇には入るはずである。明日は30日、こちらも厳密には3月末ではないが「3月末頃」の範疇には入る。明日には連絡が入るかもしれない。

 CHATSWORTHのメンテナンス費用は14万円ほどかかる。ユニットの分解清掃・不具合の補修、キャビネットの補修と再塗装、スピーカー端子の新設の3つの作業を依頼したのでそれなりの金額になった。

 3番目のスピーカー端子の新設については依頼しようか多少迷った。CHATSWORTHはキャビネットの背面下部からスピーカーコードが尻尾のようにひょろっと出ていた。

 その尻尾にアンプから伸びてきたスピーカーコードをより合わせそのうえから絶縁テープを巻いていたのである。これで音的には恐らく問題はないはずであるが、なんとなく原始的な感じがして落ちつかなたっかのである。

 そこでスピーカー端子を新設し、アンプから伸びてくるスピーカーコードの末端にはバナナ端子を取り付けて、そのバナナ端子をにゅるっとスピーカー端子に挿入する。こちらのほうが文化的という気がするのであるが、音的にはもしかしたら劣化の要因になるかもしれない。しかし、気がするだけであっても「文化的」な方が好みなのである。

2010/3/28

1475:ハイブリッド  

クリックすると元のサイズで表示します

 時代はハイブリッドである。ドイツのプレミアムブランドも各社ハイブリッド車を順次販売していき、その数も増えていくようである。

 Mercedes-BenzはSクラスにハイブリッドモデルをいち早く用意し、日本でもその販売が開始された。少し遅れたがBMWも7シリーズにハイブリッドモデルを用意し、つい最近日本市場に投入された。しかし、いずれもモデルも非常に高価でありそれほどのインパクトは市場に与えてはいないようである。

 そして御三家のひとつAUDIもモデルチェンジされたばかりのA8にハイブリッドモデルを設定し、先ほど行われたジュネーブ・モーター・ショウで発表した。

 注目すべき点はなんと排気量2Lのエンジンをハイブリッド化したことにある。AUDIはVOLKSWAGENグループに属している。なので、必然的にダウンサイジング戦略を強力に推し進めている。

 その象徴的な存在である2.0TFSIをハイブリッド化の対象エンジンとしたのである。さすがAUDI、切り口が鋭い。2.0TFSIエンジンと8速ATとの間に電気モーターを置くパラレル・ハイブリッド・システムを採用している。

 2.OTFSIエンジンはもともと燃費が良いエンジンであるが、ハイブリッド化により燃費は16.1km/Lを誇る。A8が属するセグメントにおいては桁外れに高燃費といえる。

 Mercedes-Benzが先行している環境対応型モデルは日本市場でも受け入れられてういるようである。ハイブリッドではないが、Eクラスに用意されたE250CGIブルーエフィシェンシーはエコカー減税の対象となったのが効を奏したのか、Eクラスでの販売比率は40%にも達しているのである。

 Eクラスに4気筒の1.8Lでどうなのかな・・・という気にはなったのであるが、市場はとても合理的な判断をしているようである。

 となれば、AUDIのA8のハイブリッドモデルもこの流れに乗るべく日本市場に参入される可能性は高い。しかも、搭載エンジンが2.0TFSIであればその価格も比較的低く設定されるはず。日本市場ではSクラス、7シリーズの牙城を全く崩せないでいるAUDI A8にとって、この2.0TFSIハイブリドモデルは大きな武器になるかもしれない。

2010/3/27

1474:熟成の音  

クリックすると元のサイズで表示します

 Avalon Acoustics Acent mk2は見るからに手ごわそうなスピーカーである。これでもかと物量が投入されたフラッグシップ機である。このスピーカーの実力を引き出すには相当な豪腕が必要になってくる。

 その役を担っているのがVIOLAのSPIRITとBRAVOである。その腕力は桁外れ。きかんぼうのAcent mk2 をしっかりコントロールしている。

 量感と締まり具合が絶妙な低域は、音楽の土台を磐石に築き、鮮明で爽快な中高音が色取り鮮やかに、その表情をしっかり伝えてくる。

 CDトランスポートはGOLDMUND。DAコンバーターはMark Levinson。いづれも作りこみの凄さに目を見張る高級機である。

 今日はhadesさんのお宅にお邪魔した。ハンコックさんと一緒である。ちょうど1年ぶりの訪問となる。1年という時間の経過はそれほど短いものではない。それなりの時間なのであるが、この年になると短くも感じられる。

 その1年間、hadesさんの機器構成は全く変わっていない。セッティングに関してもスピーカーの間隔がほんの少しばかり広げられたのとその内振りがほとんどなくなったのが唯一の変更点。

 機器構成もセッティングもほぼ変更ないが、その音は確実に熟成しているように感じられた。これだけ凄いオーディオ機器がそろっているが、こけおどし的な音の出方は全くしない。

 実に懐の深いゆとり感というか、「重厚なしなやかさ」とでも表現したくなる音の質感が滲み出てくるのである。

 最高級の素材を用いてじっくりと熟成させたウィスキーのように、その味わいは体のすみずみにまで染み渡るようである。

 hades邸の音はフラッグシップらしいゆとりある存在感を感じさせる「熟成の音」であった。過ぎてしまうと短く感じられる1年間であるが、365日、8,760時間という時の積み重ねは、やはり貴重なものであると改めて感じた。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/3/26

1473:BMW 535i  

 今月号のカー雑誌には、個人的にとても興味を持っているモデルに関する記事が載っていた。それは、BMWのNEW5シリーズである。

 BMW 535iの国際試乗会でのインプレッションと、Mercedes-BenzのEクラスとの比較試乗記事を興味深く読んだ。

 NEW5シリーズは先代と違い、そのエクステリア・デザインはすっきりとしている。キドニーグリル、ホフマイスター・キンク、L型リアコンビランプなど、BMWのデザイン・アイデンティティーはしっかり踏襲されている。そのうえで全体的な統一感は高度に達成されている。

 先代のデザインのほうがよりアグレッシブで躍動的ではある。先代が「動的」だとすると新型5シリーズは「静的」なデザインである。

 人によっては新型のデザインについて「まとまりすぎていて、つまらない・・・」という感想を持つ方もいるかもしれない。しかし、私はこれが本来のBMWデザインという気がする。初めてNEW5シリーズのオフィシャル・フォトを目にしたとき「本流に戻った・・・」と感じたのである。

 5シリーズは、パーソナルでスポーティーな3シリーズの上位に位置し、ラグジュアリーな7シリーズの下に位置する。BMWのラインナップの主翼を担っているのが5シリーズだと言える。

 そして、5シリーズの直接的なライバルがMercesdes-BenzのEクラスである。この両者は目指している方向性が異なってはいるが、同じセグメントにおいてはお互い最大の競合車であり、常に意識し合っている関係である。

 「駆け抜ける喜び」を標榜するBMWは、エンジンのレスポンスの良さや小気味良い加速感、そしてシャープなハンドリング性能において、Eクラスの後塵を拝することはまずない。ドライビングの楽しさや爽快感では常にEクラスを一歩も二歩もリードしていた。記事を読むかぎりその関係は変わっていないようである。

 しかし、Mercedes-Benz Eクラスの真の価値は「癒し」にある。心から安心して身を任すことができる磐石なフラットライド感、長時間ドライブしても体が疲れない上質なシートとサスペンション。そこには「駆け抜けなくてもいい喜び」が溢れている。

 ドイツではMercedes-Benz Eクラスのオーナーの平均年齢は、BMW 5シリーズのオーナーの平均年齢よりも相当高い。それはEクラスの「癒し」の効用に価値を見出すには、ある一定以上の年齢の「大人」であることが必要となるからなのであろうか?

 個人的に乗ってみたいのは、やはりBMW 5シリーズであるが、40代も後半にさしかかった年齢を考えると、Mercedes-Benz Eクラスが発する「道具としての車はどうあるべきか?」という真摯な問いかけを受け止めるべき時期なのかもしれない。

2010/3/25

1472:けふ  

 KEF MODEL104aBとはあと数日の付き合いとなる。今月末には本来の住人であるCHATSWORTHがメンテナンスの旅から戻ってくる予定であるからである。

 CHATSWORTHが戻ってくると、当然KEF MODEL104aBはその座を明け渡さなければならない。お借りしているものであり、もう少しお借りできるとしても実質6畳間オーディオを実践中の我が家のリスニングルームでは二つのスピーカーの並存は難しい。

 時間が経過するに従いKEF MODEL104aBは、わが家のリスニングルームでもその整いの良い音を奏でてくれるようになってきた。

 最初は紳士然とした雰囲気に終始していたが、徐々に闊達さが加味されるようになり、より心地よく音楽を伝えてくれるようになった。

 もちろん大きく相好を崩すことはないのであるが、親しげな語らいを投げかけてくれるようになってきたのである。

 2ウェイ+パッシブラジエーターという多少変則的な構成である。トゥイーターとウーファーは近接設置され、スピーカーの下部に楕円形のパッシブラジエーターがすえられている。そのユニット配置はどことなくユーモラスである。

 その前面は本来サランネットで覆われているはずである。その状態であれば、普段そのユニットを目にすることはないはずであるが、この時代のイギリス製のスピーカーのサランネットは素材に問題があったのか、経年変化によりボロボロになってしまい残っていない。なのでリスニングポイントからはそのユニットがしっかりと目に入ってくる。

 最初のうちはその独特の顔つきが気になったが、すぐに慣れた。その自然で誇張感のない音楽表現に好感を持ったこともあり、その個性的な表情は徐々に好ましく思えるようになってきた。

 KEF MODEL104aBのプロポーションは中型のブックシェルフ。最近のスピーカーでは少なくなってきたプロポーションである。

 特に横幅に比べ奥行きが浅いバランスは現在のスピーカにはほとんど見かけることがなくなった。現在のスピーカは横幅よりも奥行方向に十分な容量をとる傾向があるからである。

 そのプロポーションやキャビネットの構成等には30年以上前の製品であることを感じさせる要素が点在しているが、その音は十二分に現代に通じる能力を有しているスピーカーである。KEF MODEL104aBは十分に「今日」である・・・そういった印象を日々強くしている。KEF MODEL104aBとともにすごせるのは残り数日となったが、その少ない時間を大事にしたい。

2010/3/24

1471:開幕戦  

 「よりによって・・・」というのが正直な感想である。しかし、まあこれがゴルフでもある。自然が相手であるので、こちらの思惑通りにはいかないものである。

 今日は、確定申告終了後久々のゴルフ。今シーズンの「開幕戦」である。しかし、朝から雨が降っていた。本降りというほどではないが、断続的に降り続き、結局ラウンド中止むことはなかった。

 さらに、今日はここ数日の暖かかった気候と打って変わって真冬並みの寒さにみまわれた。朝は8度ほどあった気温が、どんどん下がってきて午後には4度ほどまでに下がったのであるからたまらない。雨で濡れた体にこの寒さはこたえる。

 プライベートであれば絶対にキャンセルするのであるが、今日は顧問先の会社のコンペである。コンペの場合よほどのことがないかぎりキャンセルはしない。今日も当然雨の中をスタートした。

 2ケ月ぶりのゴルフである。もっと良いコンディションで回りたかったというのが本音であるが、「今シーズンを占う開幕戦であるから少しでも良いスコアで・・・」と思い直し、1番ホールのティーグランドに立った。

 寒さに凍えながら数回素振りをしてドライバーを振り切った。すると極度のひっかけボールがでた。ボールは隣のホールに達した。ノーペナであったから隣のホールから打ち戻す必要がある。

 7番アイアンで打ったボールは少しばかり飛びすぎてラフの奥へ転がった。次はグリーンを狙うにはやや厳しいポジションであったが、3オンすればボギーであがれる可能性が高くなる。

 多少無理な体勢から放ったボールはグリーン手前のバンカーに入った。バンカーからは1発で出たが、グリーン上で痛恨の3パット。トリプルボギーのスタートとなった。

 出鼻を思いっきりくじかれ、寒さに震え、雨にうんざりし、その後緊張感を保ってプレーを継続することはとても困難であった。

 せっかくの「開幕戦」であったが、散々な結果となった。今シーズンもパッとしないシーズンになりそうな予感が・・・

 来週に開幕第2戦が控えている。「次はもっと良い結果が出せるよう精進しなければ ・・・練習場通いも再開しよう・・・」と決意を新たにした一日となった。「あ〜寒かった・・・」

2010/3/23

1470:裏通り  

 裏通りは、表通りとはその様相を異にしている。車や人の往来の賑やかな表通りに比べて、裏通りは人通りがまばらで閑散としている。

 しかし、裏通りにはどこかしら心の濃度が薄くなるようなふやけた雰囲気が漂っていて、私は好きである。特に平日の昼間などの時間帯に、こういった裏通りを少しばかり散策するのは、心の健康に良いことのような気がする。

 四谷三丁目駅で降りて賑やかな表通りから少し脇へ入ると、人々の往来は途絶え、時間が急にゆっくりと流れる。小さな飲食店が点在しているが、昼間から営業している店は少ない。

 仕事でその裏通りの奥にある美容室を訪れて書類を渡し、少しばかり話をした。このエリアの飲食店は不況の影響でどこも業績は芳しくない。そういった飲食店で働く女性が顧客であるその美容室も当然業績が思わしくない。あきらめムードであるが、なるようにしかならないといった店主のさばさばした言動が救いである。

 その店を後にして表通りに出るまで歩いて数分であるが、複雑に交差した裏通りを通り過ぎた。点在する飲食店の趣向を凝らした看板や店の名前が自然と目に入る。夜になればもっと賑やかになるのであろうが、日中は猫がゆっくりとその歩を進めるように、時間がたゆたう。

 寒さは少しづつその陣地を失い、春のほわっとした空気があたりに漂っている。少し風があるが、空気の肌触りがとてもやさしく、この路地に独特の倦怠感をもたらしているようであった。

 夜になって我が家で少しばかりレコードを聴いた。テレマンのオーボエ協奏曲である。短い四つの楽章から成っている。

 KEF104は、やや朴訥ながら誠実に音を流しだす。その音を聴きながら我が家のオーディオはまさに「裏通りオーディオ」だと思ってしまった。

 にぎやかなメインストリームではない。車の往来も人の往来もまばらで、時間がゆっくり流れる。点在する店舗は隠れ家的な良さはあるが繁盛している風ではない。何かしら取り残された時間と空間が、多少ゆがんだ非現実的な3次元を醸成している、そういう趣である。

 そんなリスニングルームで流される音楽としては、テレマンなんかはもっともふさわしいと言えるであろう。

2010/3/22

1469:Especk  

クリックすると元のサイズで表示します

 LINN Especkである。「このスピーカー、背面にもユニットがある・・・相当に凝った構成のスピーカーである。」前から見ると2ウェイのトールボーイタイプのスピーカーであるが、後ろに回ると背面にもユニットがある。

 「これはパッシブラジエーターですか?」と聞いたところ「普通のウーファーです」とのことであった。したがって変則的な配置の3ウェイスピーカーである。スピーカー端子はトライワイアリング可能なものとなっていて、3台のステレオパワーアンプで駆動されている。

 送り出しは、アナログはLP12、デジタルはIKEMI。プリアンプやフォノイコライザーもLINNで統一。入り口から出口まですべてLINNである。その色調を含め、システム全体の統一感は当然のことながら素晴らしい。

 今日はサンフラワーさんと一緒にishiiさんのお宅を訪問した。ishiiさんのお宅を訪れるのは1年ぶりぐらいのはず。前回と機器構成は一緒であるが、パワーアンプの電源がニューバージョンになったとのこと。

 従前の電源は「ブリリアント・パワーサプライ」。今回のニューバージョンは「ダイナミック・パワーサプライ」とのことである。

 「さて、その違いは・・・」と思いながら最初の一音を待った。そして、その音に耳を傾けていると「鮮度感が確実にアップしている・・・音の立ち上がり・立ち下がりが俊敏である。低音の締まり具合も良くなった・・・」

 最初はCDで女性ボーカルを聴かせていただいたのであるが、生気に溢れたボーカルとキリッとした質感でしっかり感のあるバックの演奏が上手くバランスして音楽を陰影深く描いてくれる。

 これみよがしのハイファイ調とは無縁の落ち着いた音調である。リクライニングシートに深く腰掛け、その音楽的な味わいをじっくり堪能できる。

 1時間ほどCDを聴かせていただき、アナログにチェンジ。「アナログのほうが音の表面がやわらかい。感情移入しやすくなる・・・」と思わずにはいられなかった。

 何枚目かに聴かせていただいたOSCAR SHUMSKYのVIOLINのレコードがかかったとき「これはアナログでしか出ない音の質感だ・・・」と思わず口をついて出た。

クリックすると元のサイズで表示します

 後半はアナログ三昧である。数千枚のコレクションから選ばれたレコードをいろいろ聴かせていただいた。やはり、じっくりと腰を落ち着けて聴ける、というのは良いことである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ