2010/2/28

1447:三つの検証  

クリックすると元のサイズで表示します

 美しい京壁である。京壁は今ではコストの関係で一般家庭で使われることは少ない。大壁でクロス貼りの方が安くつくうえ、メンテナンスコストの点でも有利である。

 しかし、今日は京壁の方が音には有利なのでないかという気がした。自然素材である土を主原料としているのであるから、きっと音にもそして住んでいる人間にも優しいはずである。

 マルガリータさんの部屋は純和風。天然土そのままの雅趣を活かした京壁が美しい色合いを放っていた。その優しい色合いの京壁に見守られているように佇んでいるスピーカーは、ユニットはTANNOY モニターゴールド(12インチ)で、それをAXIOM80用のキャビネットに納めたものである。

 京壁の色合いと溶け込むような良い色合いのスピーカーである。それを駆動するアンプはQUAD22・QUADU。送り出しはCDはPHILIPS、LPはKENWOODである。マルガリータさんはこれらの機器以外にも多数のオーディオ機器をお持ちであるが、今回はこのメインシステムのみでのOFF会となった。

 今日は普通のOFF会ではなく、この素晴らしいシステムを使って、三つの検証を行った。その三つとは「全ての接点を磨くことによる効果」「青黒檀のインシュレーターと楓ボードの効果」「電源トランスの効果」の検証である。

 参加メンバーは、マルガリータさんと私の他に「QUADを聴く会」特別顧問のI氏と先輩会員Iさんの4名である。まずは素の状態で聴かせていただいた。

 安らぎ感のある良い音である。自然素材の土壁を思わせる質感で、凝り固まったところがない。しかし、その後三つの検証をしていくなかで一歩一歩その表情が変わっていったのであるが、それはまさに「驚きの三段跳び」であった。

 まずは「全ての接点を磨くことによる効果」の検証から・・・4名であらゆる接点を磨いた。使うのはスクアラン・オイル、ベービー綿棒とティッシュである。作業時間は1時間。少しばかりくたびれたところでその効果の程を検証・・・「おっと・・・」と一同顔を見合わせるほどの効果があったのである。やはりきれい好きは美徳であると身に沁みて思った。

 次は青黒檀のインシュレーターをスピーカーの下に敷き、さらに楓のボードをCDプレーヤーの下に敷いた。そしてその効果を検証・・・これまた「ありゃりゃ・・・・」と一同顔を見合わせることに・・・

 最後は壁コンセントとCDプレーヤーとの間に電源トランスをかませた。3回目になるとさすがに驚きの幅は小さくなるはずであるが、これまた同様の大きさで「おりょっ!!」と一同顔を見合わせることとなった。

 この三つの検証を経過した時点でじっくりその音に耳を傾けると、その質感は京壁の色合いとスピーカーの色合いのコンビネーションのように、心の襞に滑らかに絡みつく美しさに溢れていた。

 「これを聴いてしまうと素には戻れない・・・」「我が家でも早速この三つの検証を行わなければ・・・」と強く心に刻んでマルガリータさんのお宅を後にした。

2010/2/27

1446:双頭の鷲  

 「双頭の鷲」は英語では「Double Eagle」というらしい。まあ、考えればそうだよな、と思うが日本語の「双頭の鷲」の方が威厳に満ちているような気がする。
 
 「双頭の鷲」は神聖ローマ皇帝の紋章として有名である。鷲は勇猛で威厳があり、見た目的にも絵になる。なので、獅子と同様中世の王家や騎士の紋章に好まれて使用されたモチーフである。

 「双頭」は何かを具体的に表しているのかと調べてみたところ、「東洋と西洋の双方に対する支配権」を表しているということであった。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はpontaさんと一緒にUNICORNさんのお宅を訪問した。UNICORNさんのお宅を訪問していつも感じるのは「バランスがとれている・・・」ということである。そしてそのバランスの取れ方が実に高度で、巧みである。

 では何のバランスか・・・それは「オーディオ」と「音楽」である。どちらか一方に重きが置かれるわけではなく、実に巧みにバランスが保たれている。そして神聖ローマ帝国の「双頭の鷲」のようにそのいずれをも見事に支配下に置いていらっしゃるのである。

 今日はCDから聴かせていただいたのであるが、「音の表面が柔らかい・・・それでいて密度感や瞬発力が損なわれていない・・・」「アナログの質感にかなり近いものを感じる・・・」と、のっけから驚いた。

 響きが自然でホール感が出るからであろうか、なんだか部屋が前回来た時よりも広く感じるのである。もちろん部屋の広さは変わらない。7畳ほどの広さの部屋を横長配置で使用されている。オーディオのリスニングルームとしてはそれほど広い部屋ではない。しかし、その音からは窮屈さが微塵も感じられないのである。

 後半はアナログ・・・こちらも前回よりも印象が良かった。躍動感がさらにアップ・・・うねりの大きさも深さも一回り進化したような気がする。

 もともと高度なレベルであったアナログもさらに進化しているのである。ここまでくると。まさに「匠」の領域である。

 UNICORNさんには「双頭の鷲」の称号を付与したいと感じた一日であった。UNICORNさんは「双頭の鷲」の見事な使い手であると同時に「相当の話士」でもあった。

 音楽の合間に熱く話されるオーディオや音楽に対する思い出やエピソード、音をまとめていくための創意工夫の数々・・・それは実に説得力のある話であった。

2010/2/26

1445:ウィルス  

 私からの意味不明なメールが送られてきた、と何名の方から連絡があった。メールを送った記憶は全くないので、最初は何のことかわからなかった。

 「ウィルスに感染したのでは・・・」という思いが脳裏をよぎった。なるべく海外から無作為に送られてくるメールは削除して開けないようにしていたのであるが、間違ってクリックしてしまうこともある。その際に感染したのかもしれない。

 インターネットは確かに便利である。様々な情報を瞬時に取り出せるうえ、買い物も手軽に楽しめる。メールでの連絡は仕事でもプライベートでも欠かせない存在となっている。

 しかし、便利さの裏側には影の部分もあるようである。いつ感染したのかも全く不明であるが、どうやらウィルスのようである。ウィルスに感染したのは初めてなのでどう対応したらいいのかもよくわからない。

 パソコンにはウィルス対策ソフトが入っているはずであるが、新種のウィルスなのであろうか?不安は募る。

 今のところパソコン内のデータが消えてしまうということはないのであるが、自分の与り知れないところで、私のアドレスでメールが勝手に送られるというのは、恐ろしい限りである。

 さらにその勝手に送られたメールからウィルスが広がる可能性もあるかもしれない。従来のメールアドレスを解約・削除し、新たなメールアドレスに変更すればいいのであろうか?

 もしも、ウィルスというものがパソコンに感染するものであれば、パソコンを変更すれば対応できるのであろうか?

 ウィルスに関するニュースはテレビなどで観たことはあるが、実際に感染したのは初めてである。「これはこまったことになった・・・」というのが本音である。

2010/2/25

1444:金喰い虫  

 1週間前に送り出したCHATSWORTHがオーディオラボオガワについた旨の連絡はもらった。しかし、CHATSWORTHの具合がどうなのか?メンテナンスにはどのくらいの費用がかかるのか?いつごろにはメンテナンスが終わるのか?といった点に関してはまったく連絡がないので今のところ不明である。

 オーディオラボオガワには日本各地からTANNOYやJBLなどのユニットやスピーカーが数多くメンテナンスを受けに来る。私のCHATSWORTHもその長い列に並んだだけといったところで、順番待ちのために時間は結構かかるのかもしれない。まあ、気長に待つことにしよう。

 一足先にオーディオラボオガワでメンテナンスを受けたチューバホーンさんの話によるとユニットだけのメンテナンスの場合、ペアで3〜4万円ほどの費用とのことであった。比較的リーズナブルな価格である。

 しかし、私の場合ネジを全てはずしても裏板が取れなかったためキャビネットごと送った。そして、キャビネットの補修も合わせてお願いしたのである。

 さらに我が家のCHATSWORTHはスピーカーコードが直出しである。スピーカー側にスピーカー端子が付いていたほうが私は落ち着くため、スピーカー端子をスピーカー背面に取り付けるオプションも依頼した。

 ユニットのメンテナンス、キャビネットのメンテナンス、スピーカー端子の新設という三つのメニューを頼んだので、金額的にもそれなりの額までいく可能性が高い。おそらく10万円を超えてくるであろう。

 まあ、車に比べればメンテナンス費用はそれほどかからない。BMW 735iは2回目の車検を受けたが、エンジンオイルやエレメントの交換、ワイパーブレードの交換、エアコンフィルターの交換、エンジンオイルの漏れが見つかったための補修などなど純粋な車検以外の費用がかさみ40万円近い出費となった。

 走行距離も相当いっているので止むを得ないところかもしれないが、みぞおちにぐっとくる価格である。車もオーディオも「金喰い虫」である点は共通しているようである。

 快適なカーライフにこまめなメンテナンスが必要なように、快適なオーディオライフにも適切なメンテナンスは必要なのであろう。特に我が家のように半世紀前に造られたオーディオ機器が幅をきかせているとようなところにあっては、良質なメンテナンスは必須である。

2010/2/25

1443:ジェントルマン  

 本格的に確定申告業務が始まり、さらに12月決算法人の申告書提出期限が迫ってくるこの時期は、心も体もゆとりが全くない。

 昨晩も夜遅く帰ってきてから、疲れた心を少しばかり癒そうと1階のリスニングルームに置かれたソファに腰掛けた。

 ビバルディのフルート協奏曲を聴こうとレコードをLP12のターンテーブルに乗せた。ゆっくりとアームを運び、針を降ろす。

 メンテナンスの旅に出たCHATSWORTHの代役として我が家のリスニングルームにやってきたKEF 104aBは緩やかにビバルディの妙なる調べを奏で始めた。

 第1楽章まではよかったのであるが、第2楽あたりから意識が朦朧としてきた。その後、首がすっかり斜め45度の角度に折れ曲がるまでには、それほどの時間は必要としなかった。

 ふっと我に返ると「ブツ・・・ブツ・・・ブツ・・・」と音がしていた。あわててアームをあげて元の位置に戻す。

 「いかん、いかん、疲れているときにアナログを聴くのは危ない・・・特にバロック音楽を聴いてしまっては、正常な意識状態は10分ともたない・・・」と思って、すぐさまベッドへ直行した。

 今週中に12月決算の法人の申告書作成を終わらせてしまえば、後は数が多いがそれほど複雑ではない個人の確定申告を3月15日までに完了すればいいので、少しは気が楽である。今日と明日どうにかもう一踏ん張りしよう。

 さて、KEF 104 aBは我が家にやってきて約1週間が経とうとしている。その間仕事の忙しさもあり、あまり時間をかけて聴く機会が少ないのであるが、相変わらずの紳士然としたたたずまいで、音楽を奏でてくれる。

 その居ずまいはしゃんとしている。甘きに流れることもなく、理知に走るすぎることもない。まさに「ジェントルマン」なのである。疲れた心の肩に手をかけて「もうと年なんだから無理するな・・・」とでも語りかけてくれているようである。 

2010/2/23

1442:グレーテ・ヤルク  

クリックすると元のサイズで表示します

 2階に置いてあったカイ・クリスチャンセンのペーパーナイフソファは1階に降ろされた。そしてそれとともに納戸にしまわれていたソファテーブルも1階のリスニングルームで新たな活躍の場を得た。

 それはそれで良いのである。1階のリスニングルームは応接間としての機能を取り戻し、その部屋の雰囲気や居心地の良さは格段に向上したからである。

 では、2階はどうなったのか?リスニング用の椅子がなくなったかたちとなった。そこでそれ用の椅子を新たに調達することにしたのである。

 アームチェアかイージーチェアをひとつ用意すればいいのであるが、インターネットで様々なビンテージ家具をつぶさに見たが、どうしてもソファのほうが印象がいいのである。

 できれば、サイズ的にちょうどあうソファテーブルも一緒に欲しくなる。音的にはもしかしたらマイナスになるかもしれないが、くつろぎ感のある空間造りにはソファとソファテーブルのセットは効果抜群なはずである。

 皮製の大振りなソファは好みではない。やはり木を多用した比較的コンパクトなものが欲しい。インターネットで散々調べた結果、グレーテ・ヤルクのデザインしたソファが見つかった。

 グレーテ・ヤルクらしい優雅な肘掛の造形である。カイ・クリスチャンセンのペーパーナイフソファの肘掛部分の造形はまさに絶妙であるが。グレーテ・ヤルクも負けてはいない。

 1960年代にデザイン・製造されたものである。素材はチーク。木部には目立たない程度の傷はあるが、使用されてきた年数を考えると程度はかなり良い。

 グレーテ・ヤルクはめずらしい女性のデザイナー。女性らしい繊細で優美な曲線が特徴である。さらに座り心地にも相当に配慮した設計で背もたれはややたった造形で背筋を伸ばし気味に座るソファである。

 クッションはウレタンはしっかりしているが、カバーの方は少し古いようである。しかも色合いがそれほど好みではなかったので、もう少し渋い色合いのものに張替えることにしてもらった。
 
 そのため納品はもうしばらく後になりそうであるが、2階の寝室兼リスニングルームもこのソファとそれに合ったソファテーブルのセットが導入されると、ぐっとシックな雰囲気になるはずである。

2010/2/22

1441:222・222・222  

 今日は平成22年2月22日である。同じ数字が五つ連なる。これは平成11年11月1日以来11年ぶりの快挙である。何か特別なことがあるのかと期待したが、特にこれということなく今日という一日は終わろうとしている。

 「2」がいっぱいということに関しては、我が家のオーディオも負けてはいない。QUAD22・QUADUのペアが3セットもあるからである。Uを数字の2で表したなら、「222・222・222」ということになる。

 さらにレコードプレーヤはLP12、CDプレーヤーはCD12である。どちらにも2がひとつづつ入っている。ということは「222・222・222・2・2」ということになるのである。

 「2」が11個連なるという異常な事態である。2×11=22であるのでさらに2が連綿と続くことになる。改めて考えてみると我が家のオーディオルームは「2」で埋め尽くされているのである。

 そんな「2」だらけの1階のリスニングルームに荷が届いた。届いた荷を開けてみたが、それはオーディオ機器ではなかったし、型番に「2」が付くものでもなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 それは「ライティングビューロ」であった。吉祥寺のビンテージ北欧家具専門店で見かけ、ついついその誘惑に抗しきれずに購入したものである。

 材質は現在では伐採が制限されているため貴重となったチーク材。赤みのある美しい色合いで、やや小ぶりなつくりである。

 スライドデスク・可動式のミラー・小さな引き出しなどが機能的に配置されている。デスク部をスライドさせると机に早変わりする。

 ここにアナログ関連の小物などをしまっておけば、部屋全体がすっきりとするうえ、この暖かみのある色合いが部屋の雰囲気を柔らかくしてくれる・・・なかなかの優れものである。

 1階のリスニングルームは現在「応接間兼ピアノ練習室兼オーディオルーム」である。その応接間としての機能強化にもこのライティングビューロは一役買ってくれるであろう。

2010/2/21

1440:五つのスピーカー  

クリックすると元のサイズで表示します

 今日は五つのスピーカーを聴いた。その内訳はウェスタン・エレクトリックが二つ、タンノイが二つ、そしてアルテックが一つである。それぞれが味わい深く、その持ち味を見事に発揮していた。

 hiroさんのお宅を訪問するのは1年ぶりぐらいであろうか。それにしても、数多く置かれているビンテージ・オーディオ機器はどれもお宝級ばかり。ビンテージ・オーディオが好きな方にとって、ここはまさに「大人の遊園地」といったところであろうか。

 まず聴いたのがウェスタン・エレクトリックのラジオ用のスピーカー。アンプ内蔵のかわいらしいスピーカーである。その音は懐かしさがこみ上げてくるような優しい音色で脳波がゆったりとする効果が高い。「なかなか聴かせる・・・小さいけれどけっして侮れない・・・」

 次はアルテックの大型スピーカー。ジャズがはまる。こちらはマッキントシュの22と275のペアで駆動。その熱くぶっとい鳴り方は熱血系。50年代〜60年代のジャズを聴くならこれだ!といった印象である。

 TANNOY VLZ・・・こちらはAoutographの上に乗っかっている。Autographが大きいので父親に肩車された小さな女の子といった風情であるが、これが素晴らしく開放的に鳴っている。駆動するのはQUAD22とUのペア。

 10インチのモニターレッドが入っているのであるが、10インチと思わせない朗々とした鳴りっぷりに「10インチで十分ではないか・・・、まったく不足感がない・・・」と少々驚いた。

 アルテックの上に乗っているパラボラアンテナのような丸い物体・・・これもれっきとしたスピーカーである。ウェスタンエレクトリック製で家庭用というよりは業務用に使われていたものである。これまたセピア色の古き懐かしいふくよかな時代へ一気にワープさせてくれる独特の魅力に溢れている。

 とりを務めるのは当然TANNOY Autograph。その巨体にとってこの空間ではいささか窮屈ではと思えたのであるが、予想に反し見事にバランスよくバロック音楽を鳴らした。VLZの10インチで十分であると思ったばかりであるが、Autographの懐深いゆとり感に触れると、やはり大きなスピーカーでないと提示できない世界があることが自然と納得される。

 こちらはマッキントシュの20と240で駆動している。このペア、Autographから繊細で格調高い音を見事に紡ぎだしている。

 濃密な空間と濃密な時間であった。五つスピーカーを今日は聴かせていただいたのであるが、隣接する和室にはまだまだお宝が眠っていた。ちょっとしたビンテージショップよりも在庫量があるのでは、と思わせる夢の館であった。

2010/2/20

1439:KEF Model 104aB  

クリックすると元のサイズで表示します

 KEFは「ケフ」と読むのであろうか、それとも「ケイ・イー・エフ」と読むのであろうか。その姿かたちは色濃くイギリスを感じさせてくれる。このユニットの変則的な配置は結構好みのツボをつく。

 CHATSWORTHをメンテナンスに出している間の「代車」として、一時的にKEF Model 104を借りているのである。今日届いたそのスピーカーを開梱してよく見てみるとModel 104 aBと印されているので、マイナーチェンジ後のモデルのようである。

 Model 104aBはいわゆるブックシェルフ・タイプである。床に直置きでは高さが低い。そこでまったくオーディオ用ではないのであるが、少しばかり高さのある台の上に乗せてみた。これで高さ的には違和感がなくなった。

 そして部屋の両サイドのコーナー付近に設置。そのキャビネットの色合いは周囲の北欧家具の色合いとも良くあっている。サランネットは無い。きっとこの時代のイギリス製のスピーカーのサランネットは素材に問題があったのであろう。綺麗に保存されているものはほとんどない。サランネットがあるとまた雰囲気が変わって落ち着いた感じがするのかもしれないが、ユニットむき出しであっても、なかなか味わい深い印象をもたらす。

 概ねの位置を概算で決めて、早速音を聴いてみた。まずはPERGOLEGI 「STABAT MATER」から・・・「いきなり良い感じですね・・・初っ端から十八番という感じである・・・」

 音の抜け・量感・切れ、どれも秀逸で自然。どこかに重点を置きすぎている感じがなく整いの良い表情が魅力的である。大人な感じである・・・

 続いてBRUCKNER 交響曲第8番 第2楽章を聴いた。オーケストラは得意分野ではないかもしれないが、きっちり聴かせる。特に不足感を感じさせることはない。

 しっかりと距離感を保ちながら柔らかめの空間が表示されている。その色彩感は鮮やかさよりも調和を重んじている色合いである。派手さはないがしみじみ良いスピーカーだと感じさせてくる。 

2010/2/19

1438:入れ替わり  

 オーディオラボオガワからスピーカー搬送用の箱が送られてきた。この箱に入れられてTANNOY CHATSWORTHはしばらく旅に出る。

 当初はユニットを取り外しユニットのみ送ってメンテナンスしてもらう予定であった。しかし、ネジを全てはずしたが裏板が外れないのである。長い年月の間に塗料かなにかが固まってしまったのであろう。無理にはずそうとすると傷がついてしまう可能性もあるので、結局キャビネットごと送り、キャビネットの傷などの補修もあわせて行ってもらうことにしたのである。

 メンテナンスにかかる期間は約1ケ月ほど。その間1階のリスニングルームは開店休業状態となる予定であったが、どうにか「代車」の手配がついた。

 「QUADを聴く会」の会長MさんのKEF Model 104が副会長のKさんのところに置いてあるのであるが、これをしばらくお借りるすることができることになったのである。

 このKEF Model 104は1973年の発売。30年以上前の製品である。見るからに凝った構成である。2ウェイ + パッシブラジエーター。当時の製品としてはかなり先進的な製品であったようである。

 瀬川冬樹さんはその著書の中でKEF Model 104について「このスピーカーに対する評価は、最初のうちは必ずしも全体的に良いものだったとはいえない。が、たまたま筆者は、その初期の製品を試聴する機会を得て、これは全く新しい時代を作り出す音に間違いないと確信を持った。実際、いまになって振り返ってみると、KEF#104は、ブックシェルフ型スピーカーの記念碑的、あるいは、里程標的(マイルストーン)な作品とさえいってよいように思う。」と高く評価されている。

 瀬川さんのKEF Model 104に関する記述を読んでみると、ますますこのスピーカーに対する興味が湧いてくる。

 我が家のアンプは現在QUAD22 QUADUのペアのみしかない。時代的にはアンプのほうがかなり古いが、同じイギリス製同士なので相性はきっと悪くないような気がしている。

 そのKEF Model 104は明日到着する予定である。ちょうどCHATSWORTHと入れ替わりとなる。我が家でもModel 104がその本来の性能の片鱗を見せてくれると良いのであるが・・・ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ