2010/1/31

1419:ヴォイス2001  

 ゴルフはOUTコースまたはINコースからスタートする。ハーフを終えたら昼食休憩をして残りのハーフをまわる。

 これが日本では当たり前であるが、このようにハーフで昼食休憩をとる習慣があるのは日本だけで、外国では18ホールをスルーで周るのが当たり前のようである。

 ハーフを終えてからとる休憩のせいかどうかは不明であるが、前半のハーフと後半のハーフとではその出来具合に相当な差が出ることがある。

 前半で良いスコアが出たので欲が出て失敗するケースもあるし、前半叩いたので開き直ったら後半持ち直したというケースもある。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はpontaさんと一緒にコンサートに出かけた。「ヴォイス2001 女性合唱VOL.5」指揮:福島章恭 ピアノ:櫃田亜希子 オルガン:柳澤文子。会場は厚木市文化会館 小ホール。

 そのプログラムは前半がベンジャミン・ブリテン「ミサ・ブレヴィス」ロベルト・シューマン「女の愛と生涯」高田三郎「典礼聖歌」。休憩を挟んで後半はディヴィッド・サンガー「ミサ・プレヴィス」信長貴富「空の名前」。ヴォイス2001は17名の女性合唱団。曲により伴奏がピアノになったりオルガンになったりする。

 クラシックのコンサートの時間は概ね2時間の場合が多い。途中で15分ほどの休憩が入り前半と後半に分かれている。

 聴く方のコンディションも当然のこととしてその日の演奏の印象に大きな影響を与える。私の場合後半の方が音楽を享受する体勢が整いやすいようである。さらにコンサートホールのフィールド・エネルギーも後半の方がより強くなっているような気がするのである。

 そして、演奏される方のテンションも後半のほうが高くなるのではないか。もちろんケースバイケースであり、必ずしもそうならないこともあるはずであるが・・・

 今日のコンサートは、後半になってぐっと音楽の濃度と純度が高くなったような気がした。それは私の音楽を享受する能力が後半から上がったのか、コンサートホールの場のエネルギーレベルが後半一段上にシフトしたからなのか、あるいは演奏者のテンションの振幅が広がったからなのかは不明であるが、音楽の到達速度が上がったかのような錯覚を覚えたのである。

 福島さんの指揮は、聴く者を音楽へ引き込む腕力がもともととてもしっかりとしているが、後半の演奏は特にそういった握力をしっかりと感じることができた。

 OUTコースはワンバディー・ワンボギーのイーブンパーでこなし、休憩後の後半はスリバーディー・ノーボギーの3アンダーといった感じのコンサートであった。私にはこんな素晴らしいスコアでまわることは夢のまた夢であるが・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ