2010/1/11

1399:STABAT MATER  

 1階のQUAD22が故障したため、2階でCDをここ数日聴いていた。「CDもやはり良いな・・・なんたって針音やざわざわしたノイズがない」と思って過していた。

 しかし、3日経ち4日経ってくるとお腹の下のほうがモワモワしてくる。耳が欲するというよりも、目が欲しているようなのである。

 ターンテーブルが音もなく静かに周り、時折アームがゆったりと揺れたりながらレコードの盤面をカートリッジがなぞっている。その横ではQUADUにささったKT-66がオレンジ色の柔らかな光を放つともなく放っている。その景色が恋しくなってきた。

 そこで2階のQUAD22を取り外し、1階へ移動した。もしこれで左スピーカーからザワザワとノイズが漏れ出てきたら大変である。(結局ノイズはまったくでなかった。)

 軽いのでQUAD22の取替え作業は楽である。接続を終り、レコードをLP-12のターンテーブルにそっと置いた。アームをレコードの外周に持っていき、リフターをそろりと降ろす。

 かけたレコードはG.B.PERGOLESI「STABAT MATER」。ボツと針が降りた音がしてから哀切感がたゆたうような特徴的な伴奏が流れてきた。

 ぎゅっと心を締め付けられるような美しい旋律である。そしてそれに続くソプラノとアルトのからみつくような二重奏・・・一気にどんと心が落ちる。そして深く深く沈殿していくようである。

 母親の胎内にいるときはそうであったかのような淡い水色の羊水のなかに沈んで手足を丸めているような気分にしてくれる。

 A面7曲を我を忘れたように通して聴いた。頬に伝わるものをぬぐう気力もなく聴き終え、「やっはり良いな〜この曲・・・沁みてくる・・・」と心の中でつぶやく。

 Yさんに依頼してあるQUAD22・QUADUの1セットは、まだブラッシュアップ作業から戻ってこない。そこで、不具合の生じたQUAD22は千葉のKさんからご紹介いただいたクラシックガーデンに持ち込むことにした。一日も早くCDもレコードも聴ける環境を整えたいと思ったからである。

2010/1/11

1398:仮想モード  

 昨日のDolon邸でのOFF会の際にpontaさんから「QUADを聴く会って本当に厳しい会なんですか?」と質問された。

 私は「もしかして本気にされているのでは・・・」と思いすぐさま実際のことを報告した。まずは「QUADを聴く会」という名称の会はそもそもないということ。会がないのであるから当然会則も役職もない。

 音楽好き・オーディオ好きの方が不定期に集まり趣向を凝らして音楽を聴くとてもリラックスした会で、メンバーも固定ではない。QUADの機器が使われることが多いので私がこのブログだけでかってに「QUADを聴く会」とつけただけである。

 QUADを全く使わないことも当然あるし、参加される方でQUADを実際に使われているのは半分もいらっしゃらないはずである。

 ついつい面白おかしくするめに秘密結社風の味付けで書いただけで、実際はまったく違う旨を説明すると、pontaさんも「な〜んだ・・・」といった表情をされた。

 pontaさんには以前にも一度「Paoさんって本当にいるんですか?」と質問された。「えっ・・・もちろん実在しません。ブログ上だけの架空のキャラクターです・・・」と説明したことがあった。

 このブログは時々いや頻繁に仮想モードに切り替わる。そのモードに切り替わった時は90%以上は架空の設定での話となってしまう。

 念のために付け加えておくと「竹田響子さんファンクラブ」も存在しませんし、ishiiさんが「そんなこともしんねんかい!」とくだらないおやじギャグを言うこともけっしてない。

 そして、もうひとつ「QUAD ESL63PROってあまり良くなかったんですか?」とも聞かれたので、「そんなことはけっしてないです!」と即答した。

 ESL63PROはPHILIPSレーベルがモニター用に実際に使っていた非常に高性能のスピーカーである。ESLよりも帯域が広いうえ低域の量感も十二分にある。スィートスポットで聴くとまさにピタッとピントが合う。

 問題は聴く人間、つまり私のほうである。ESLを愛用しているのでどうしても贔屓してしまうのである。なので、公平・中立ではない。ないどころかまったく偏った耳で聴いているのである。

 なので、けっしてこのブログでの記事を何らかの参考にしないでください。特に仮想モードに入ったときは、「また馬鹿なこと書いている・・・」と笑って読み飛ばしてください。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ