2010/1/11

1399:STABAT MATER  

 1階のQUAD22が故障したため、2階でCDをここ数日聴いていた。「CDもやはり良いな・・・なんたって針音やざわざわしたノイズがない」と思って過していた。

 しかし、3日経ち4日経ってくるとお腹の下のほうがモワモワしてくる。耳が欲するというよりも、目が欲しているようなのである。

 ターンテーブルが音もなく静かに周り、時折アームがゆったりと揺れたりながらレコードの盤面をカートリッジがなぞっている。その横ではQUADUにささったKT-66がオレンジ色の柔らかな光を放つともなく放っている。その景色が恋しくなってきた。

 そこで2階のQUAD22を取り外し、1階へ移動した。もしこれで左スピーカーからザワザワとノイズが漏れ出てきたら大変である。(結局ノイズはまったくでなかった。)

 軽いのでQUAD22の取替え作業は楽である。接続を終り、レコードをLP-12のターンテーブルにそっと置いた。アームをレコードの外周に持っていき、リフターをそろりと降ろす。

 かけたレコードはG.B.PERGOLESI「STABAT MATER」。ボツと針が降りた音がしてから哀切感がたゆたうような特徴的な伴奏が流れてきた。

 ぎゅっと心を締め付けられるような美しい旋律である。そしてそれに続くソプラノとアルトのからみつくような二重奏・・・一気にどんと心が落ちる。そして深く深く沈殿していくようである。

 母親の胎内にいるときはそうであったかのような淡い水色の羊水のなかに沈んで手足を丸めているような気分にしてくれる。

 A面7曲を我を忘れたように通して聴いた。頬に伝わるものをぬぐう気力もなく聴き終え、「やっはり良いな〜この曲・・・沁みてくる・・・」と心の中でつぶやく。

 Yさんに依頼してあるQUAD22・QUADUの1セットは、まだブラッシュアップ作業から戻ってこない。そこで、不具合の生じたQUAD22は千葉のKさんからご紹介いただいたクラシックガーデンに持ち込むことにした。一日も早くCDもレコードも聴ける環境を整えたいと思ったからである。

2010/1/11

1398:仮想モード  

 昨日のDolon邸でのOFF会の際にpontaさんから「QUADを聴く会って本当に厳しい会なんですか?」と質問された。

 私は「もしかして本気にされているのでは・・・」と思いすぐさま実際のことを報告した。まずは「QUADを聴く会」という名称の会はそもそもないということ。会がないのであるから当然会則も役職もない。

 音楽好き・オーディオ好きの方が不定期に集まり趣向を凝らして音楽を聴くとてもリラックスした会で、メンバーも固定ではない。QUADの機器が使われることが多いので私がこのブログだけでかってに「QUADを聴く会」とつけただけである。

 QUADを全く使わないことも当然あるし、参加される方でQUADを実際に使われているのは半分もいらっしゃらないはずである。

 ついつい面白おかしくするめに秘密結社風の味付けで書いただけで、実際はまったく違う旨を説明すると、pontaさんも「な〜んだ・・・」といった表情をされた。

 pontaさんには以前にも一度「Paoさんって本当にいるんですか?」と質問された。「えっ・・・もちろん実在しません。ブログ上だけの架空のキャラクターです・・・」と説明したことがあった。

 このブログは時々いや頻繁に仮想モードに切り替わる。そのモードに切り替わった時は90%以上は架空の設定での話となってしまう。

 念のために付け加えておくと「竹田響子さんファンクラブ」も存在しませんし、ishiiさんが「そんなこともしんねんかい!」とくだらないおやじギャグを言うこともけっしてない。

 そして、もうひとつ「QUAD ESL63PROってあまり良くなかったんですか?」とも聞かれたので、「そんなことはけっしてないです!」と即答した。

 ESL63PROはPHILIPSレーベルがモニター用に実際に使っていた非常に高性能のスピーカーである。ESLよりも帯域が広いうえ低域の量感も十二分にある。スィートスポットで聴くとまさにピタッとピントが合う。

 問題は聴く人間、つまり私のほうである。ESLを愛用しているのでどうしても贔屓してしまうのである。なので、公平・中立ではない。ないどころかまったく偏った耳で聴いているのである。

 なので、けっしてこのブログでの記事を何らかの参考にしないでください。特に仮想モードに入ったときは、「また馬鹿なこと書いている・・・」と笑って読み飛ばしてください。

2010/1/10

1397:クライテリオン  

クリックすると元のサイズで表示します

 「クライテリオン」と聞くと、どうしても「エバンゲリオン」を連想してしまう。その音の響きが似ているからである。

 そして、どちらもその音の響きからすると近未来的なイメージが醸し出される。「科学が著しく進歩した近未来においては、人間の不完全さをサポートするためにサイボーグが大活躍。しかし、そのサイボーグ社会の矛盾が露呈して・・・」といった近未来型映画の典型的なストーリーなんかがかってに頭のなかに展開するのである。

 さて、そんなかってなイメージとは裏腹に「クライテリオン」は、きわめてクールで凛とした雰囲気を放っていた。横幅はシナジーよりもコンパクトであるが、奥行きはしっかりとある。実に精緻なつくりである。「オーディオ界の宝石」といった輝きを放っている。

 今日は最近「クライテリオン」を導入されたDolonさんのお宅を訪問した。pontaさんとサンフラワーさんがご一緒であった。

 Dolonさんのお宅を訪問するのは1年ぶりぐらいうであろうか。前回とはプリアンプが違う他はセッティングの微妙な変化も散見される。

 まずはグレン・グールドでバッハ:ゴールドベルク変奏曲。美しい響きである。単に美しいだけでなく、現実感のある密度感がその音にはぎゅっと詰まっている。グレン・グールドの研ぎ澄まされた感性が如実に伝わってくる。

 クライテリオンは、飛びぬけたSNの良さだけでなく、高純度で瞬発力に溢れた音楽表現力を持ち合わせているようである。

 その後はクラシックを中心に様々なソフトを聴かせていただいた。印象的であったのはイシュトバン・ケルテス/ウィーンフィルの「新世界より」。同じ曲をラファエル・クーベリック/ウィーンフィルでも聴き比べができたのもとても良かった。どちらもまさに名演である。

 そして、ストラビンスキーの「春の祭典」を聴いたときには、クライテリオンのAC駆動とバッテリー駆動の聴き比べも体験させていただいた。

 明らかにバッテリー駆動のほうが良かった。演奏される場の空気感がバッテリー駆動のほうがしっかりと感じられるうえ、音の自然な佇まいが耳にしっくりくる。AC駆動でもハイレベルであるが、上には上があるといった感じである。

クリックすると元のサイズで表示します

 素晴らしいオーディオ機器で構成されたゴージャスなシステムであるが、部屋との調和も実に良くとれていて、不自然な威圧感がない。そしてその素晴らしいシステムから放たれる音も最高度の純度や瞬発力を有しているが、音ばかりが突出せず音楽を十分に感じさせてくれる懐の深さを持ち合わせていた。

2010/1/9

1396:新年会  

クリックすると元のサイズで表示します

 「QUADを聴く会」の常任幹事のishiiさんから新年会のお誘いを受けたのは年末のことであったであろうか?「毎年恒例のQUADを聴く会の新年会を1月9日にやりますが、参加されますか?」やや事務的な口調である。

 「毎年恒例なのですか・・・ならば参加したいですね・・・」と受け答えをしながら頭の中では「毎年恒例だっけ・・・知らなかったな・・・」と思った。そこで「新年会って毎年やられているですか?」と恐る恐る確認したところ「そんなこともしんねんかい!」と切り返された。やや気まずい沈黙の後、受話器の向こうで押し殺した笑い声が漏れ聞こえてきた。

 この会に入会したのはもう1年以上前のことである。入会金はゼロである。しかし、詳細に規定された会則に即した言動を行わなければ即「退会勧告書」が簡易書留で送られてくるというきわめて厳格な会である。

 その新年会とあらば参加せねばと思った。そして、副会長のKさんの仕事場兼リスニングルームに出かけた。そこには会のメンバー12名が終結していた。入り口でメンバー証を見せると厳重に鍵がかけられた重々しい金属製の門が開いた。

 そして、中に入るとそこにはQUAD63PROの真っ黒な姿が・・・その63PROを駆動するのはQUAD44とQUAD405のペア。そして送り出しはNAGRAのオープンリールデッキである。

クリックすると元のサイズで表示します

 ジャズ・クラシック・ポピュラーと様々なジャンルの名盤がNAGRAから繰り出される。そのスピード溢れる直球はQUAD44・QUAD405でさらに加速され63PROからリスナーめがけて一直線に放たれる。

 しかし、私はいたってへぼな打撃能力しか有していない。その直球のスピードに目がついてゆかないのである。むなしくバットは空を切るばかりである。

 ど真ん中のストライクゾーンを通っているはずであるが、タイミングが合わないのである。そこで少しばかりバットを短くもつことにした。巨人の大道選手さながらである。しかし、当たらない・・・自分の未熟さを痛感する破目に・・・

 「やはりダメである・・・QUAD22・QUADU・ESLのラインが放つナックルボールなら打てるのだが不思議である・・・」

 QUADを聴く会の会則第34条には「ESL、ESL63、ESL63PROの三つのスピーカーの特徴をふまえ、それぞれを完璧に使いこなすことを会員は心がけるべきである」と規定されている。またもや「退会勧告書」の危機が現実味を帯びてきた・・・

(今日pontaさんから「QUADを聴く会ってそんなに厳しい会なのですか?」と真顔で聞かれた。「もしかして本気にされているのでは・・・」と思い、「まったくのでたらめです、実際はオーディオ好きな仲間が気さくに集まるだけで、会の名前も会則も役職も全くありません」と答えた。)

2010/1/8

1395:電源エンハンサー  

 豆電球2個を直列に接続した場合と並列に接続した場合、電源の電圧が同じであればどちらが明るいか?答えは並列に接続した場合である。

 しかも、直列の場合には片一方の豆電球が切れた場合には無事であるもう一方の豆電球も消えてしまう。並列接続であれば片一方の電球が切れてしまってももう一方の豆電球は消えることはない。

 こうみてくると、並列接続の方が良いような気がする。しかし、並列接続も良いことばかりではない。電源が電池の場合当然並列接続の方が減りが早い。直列接続の方が電池は長持ちするのである。

 私は「にわか並列ファン」である。そこで並列接続による電源コンディショナーについて少し調べてみた。すると並列型電源コンディショナーは何種類かあることが分かった。

 ぱっと思いついたPSオーディオのNOISE HARVESTERの他にもオーディオプリズムのクワイエットラインやハーモニックスのACエナコムといった製品があったのである。

 どれも使用方法は同じ。空いているコンセントに差し込むだけといういたって簡単なもの。それだけでクリーンな電源環境を実現する。

 しかし、「どれが良いのであろうか?どれも同じような効果をもたらすのであろうか?あるいは製品ごとにかなりその効果に差があるのであろうか?」といった疑問が頭をもたげる。

 まあ、何はともあれ試行錯誤するしかないのであろう。そしてこういった並列型電源コンディショナーの一つで、非常に興味をそそられる製品を新たに見つけた。

 その製品名はHWTの「FOL 電源エンハンサーU」である。今まで見たことも聞いたこともないないメーカーであり製品である。しかし、その見た目はこの手の製品のなかでは一番良い。使い方も同じ。空いているコンセントに差し込むだけである。

 価格は他の製品よりも高い。1個3万円。しかし、見た目的には一番効果が高そうな気がするのである。とても気になる・・・

 オーディオって何か気になると雑念が頭に渦巻く。「もしかして・・・」といった蜘蛛の巣のような半透明の淡い期待の糸が体にまとわりつくのである。

 耳の穴にコンセントを突っ込むと、頭の中の雑念をすっかり綺麗に吸い取ってくれる「雑念エンハンサー」があれば良いのだが・・・

2010/1/7

1394:間接キス  

 「ぞくぞくと寒気がする・・・」今日の午後からなんとなく嫌な寒気がするようになった。「これはまずい・・・」と、すぐさまドラッグストアに駆け込んで「葛根湯 内服液」を購入した。

 これは良く効く。風邪のひきはじめに飲むと結構症状が治まる。しかし根本的に治癒するわけでなく、風邪の諸症状が緩和されるのである。時間が経過しその効き目が切れると、また症状はでてくる。

 そこで、今日は残業をせずに早く帰った。こういうときは早めに帰ってすぐさま寝るに限る。明日は休むわけにはいかないので、どうにか良くなってほしいものである。まあ、まだひきはじめで「葛根湯 内服液」も飲んだので明日の朝には回復しているはずである。

 年末のダイナミックオーディオのオーデュオイベントで結構印象的だったのは「RGPC 400PRO」であった。以前の記事でも紹介したが、直接給電するのでなく空いコンセントに「RGPC 400PRO」の電源コードを挿し込んだ「間接キス」状態のときの効果が、気に入ったのである。

 しかし、「RGPC 400PRO」は高価であるうえ大きく重い。これを「間接キス」の主役にするには、どうも気が重い。

 もう少し軽めの「役者」がいような気がするのである。そこで思いつくのがPSオーディオのNOISE HARVESTER。かなり以前に流行ったアクセサリーである。

 これを空いた電源コンセントの挿し込むとノイズを除去するという優れもの。価格も1万円前後とそれほど高くはない。

 「RGPC 400PRO」のような効果があるのであろうか?しかしこの両者、図体も値段も相当な開きがある。しかし、原理は同じような気がするのであるが・・・

 NOISE HARVESTERを複数個購入して空いたコンセントに挿しまくるというのはどうであろうか?ノイズを感知するとLEDが光る。目でもその効果の程が確認できるがなんとなく嬉しくもある。今後検討してみたいアイテムである。

 しかし、1個購入して試してみるとどんどん個数が増殖するような気がするオーディオアクセサリーでもある。あちらこちらでLEDがちかちかするのは音楽を聴いていて気が散るかもしれない。

2010/1/6

1393:REGZA 42Z9000  

 あと1年と少しするとアナログ放送のテレビが観れなくなる。我が家にあるテレビは7,8年前に購入したものであり、当然地上波デジタルには対応していない。なのでそのうちに新しいものに買換えようと思っていた。

 しかし、地上波デジタル放送はテレビを買い換えただけでは観れないのである。屋根の上に立っているアンテナがデジタル放送に対応しているものでないといけない。アンテナがアナログ放送にしか対応していないタイプだとアンテナ工事が別途必要になるのである。

 このアンテナ工事にはそれなりに費用がかかる。この家は13年前に建てたものである。その当時に屋根に取り付けられたアンテナは当然アナログ放送用のもの。今となっては旧式のものである。

 年が明けたばかりの3日、立川のビックカメラに家族そろって行ってきた。妻も子供達も随分その気である。「もっと大きなテレビが良い・・・」といい気なものである。

 我が家に今あるテレビは32型。買った当時は結構大きいと思ったが、ビックカメラのテレビコーナーをひととおり見てまわると、32型は小さな方に分類される。

 今は標準が42型で、50型以上が大型といった位置づけであった。そして驚いたことに随分と価格が安くなっている。32型だと一番安いものであれば6万円前後からある。42型であっても10万円台で販売されているのである。

 オーディオ製品の価格を見慣れている私には随分安い価格に感じられた。オーディオ製品の価格の方がおかしいのであろう。

 結局勢いに任せて42型を購入することになった。現在のものよりも一回り大きくなる。SONY、SHARP、HITACHI、PANASONICなど国内の一流メーカーのテレビをしげしげと見てまわった。どうせ買うなら画質が良いものを、ということで家族そろって比較を丹念にした。

 音の良し悪しは結構難しい。好みの問題もあるし、聴く曲のジャンルによっても良し悪しが分かれるケースがあるからである。テレビの画質は結構共通認識に立って比べられる。

 「こっちはぼやっとしているね・・・」「ちょっと赤みが強いんじゃない・・・」「肌色が自然かな・・・」といろいろ好き放題言い合っていたが、結局ほとんど興味を示さなかった下の娘を除き三人が一番画質が良いと判断したのが、TOSHIBA REGZA 42Z9000であった。このREGZA 42Z9000にはAV関連各誌の特選シールが貼り付けてあった。専門誌においても評価は高いようであった。

 価格は189,000円。今ならUSBハードディスクTHD-50A1がオマケでついてくるとのこと。これは普通は別売りで17,000円ほどするとのこと。1時間ほどの比較検討の結果REGZA 42Z9000を選んだ。エコポイントも26,000点ついてくる。このエコポイントは商品券に換えることが可能とのこと。詳細を見てみると25,500円分の商品券と換えられる。

 問題のアンテナはどうするかと思っていたところアンテナ工事をしなくとも地上波デジタル放送が観れる方法があることが判明した。フレッツ光を活用するとアンテナが無くとも受信が可能とのことである。月に600円ほど経費がかかるがアンテナ工事代を考えるとこちらの方が特と判断し、フレッツ光に加入することに。これでインターネットも早くなるとのこと。

 一石二鳥である。しかし、光になるとインターネットの接続の設定を新たにしなければならないはず。そういったことがとても苦手である。まあ、マニュアルどおりにやれば何とかなるかもしれないが、何とかならなければ数日ブログ更新が不能になる可能性もある。

2010/1/5

1392:真犯人  

 4日から仕事始めであった。年末年始は結局6日休めたのであるが、例年よりも日数が少なかった。仕事始めの4日が月曜日ということで、週末までまだ間がある。しかし、連休明けはなかなかエンジンがかからず不完全燃焼気味で、まだ火曜日だというのにお疲れモードに入ってしまった。

 これから仕事はますます忙しくなる。3月15日の確定申告終了をもってその忙しい期間も一区切りがつくのであるが、それまでは気を張っていなければならない。緩んでしまうと風邪をひいたりするからである。

 これからの時期はブログの更新は仕事の合間に行うことが多くなる。ちょうど良い休憩になるからである。ブログの更新作業は、仕事で煮詰まってしまった脳をリフレッシュする効果があるようである。

 なので、できるだけ脳がリラックスできるような馬鹿げた話題で記事を構成したい。まあ、いつも馬鹿げたことしか書いていないので、あまり変わらないのかもしれない。

 さて、1階のQUAD22のノイズであるがやはり出る。しかもLEFTのみ。前回は真空管を取り替えたのであるが症状は改善しなかった。

 しかし、よくよく見てみると真空管は2本でなく4本使用されている。うち2本はカバーが掛けられているのである。そのカバーの取り外し方が分からなかったので見える2本のみを取り替えた。

 もしかしたら、カバーが掛けられている方の真空管が傷んでいるのかもしれないと思いつき、そのカバーのはずし方をとある詳しい方に教わった。

 そのカバーは、上からぐいっと押して少し沈ませて反時計回りに回すことによってスプリングによってすっと外れるとのことであった。

 そのカバーを外し中の真空管をを左右逆にしてみて音を出してみる。RIGHTからノイズが出れば犯人は真空管、相も変わらずLEFTからノイズが出れば、真犯人は別にいることになる。

 「これは何があっても真相を突き止めなければならない・・・」その真摯な思いで残業を早めに切り上げることにした。

クリックすると元のサイズで表示します

 そして、その捜査の結果は「真犯人は別にいるようだ・・・」という結論で終わった。真空管は悪くない・・・ということは修理に出す必要がある、ということである。

2010/1/4

1391:トランスフォーマー  

 「また出ている・・・」と思わず独り言を言ってしまった。出ているといっても腹の話ではない。確かに年末年始はどうしても食べすぎる。臼と杵でついた餅はやはり美味であるうえ、連日の鍋攻勢により少しばかり腹周りが苦しい。

 腹の話ではない。QUAD22の話である。パワーアンプとのセットではなく、単体でヤフオクに出ているのである。

 前回出たものは10万円越えとなったので見送ったが、今回はどうであろうか?しかし若干気になるのが「10年間使っていなかったが、動作は良好」との説明。

 どう考えても10年使っていなければどこかしらに不具合が出ているはず。しかし、見た目は素晴らしくきれいである。安ければGETして、生霊がとりついている1台のQUAD22と合体させるというアイディアも浮かぶ。

 ヤフオクのQUAD22の方が明らかにボディーがきれいである。この綺麗なボディーに、2台のQUAD22から選別したパーツを詰め込んで完璧な1台を形成するなんてことを夢想したりするのである。

 「トランスフォーマー リベンジ」をこの正月休みにDVDで観た。内容はない。しかし、コンピューターグラフィックを駆使した映像は観ている間はそれなりに楽しめる。トランスフォーマーは合体するのである。

 壊れてしまったトランスフォーマーからパーツを取り出し合体することにより、より強力で新たな力を得るのである。

 その様子を観ていて、「こりゃ便利だ・・・わが家のQUAD22にも応用できるかも・・・」と思いついたのである。

 生霊がとりついたQUAD22とヤフオクで手に入れたQUAD22のパーツを吟味し、より状態の良いもの、あるいは耐久性のあるものを選別して新たなQUAD22を組み立てていく。

 そうすれば生霊も逃げ出し、5年10年まったく故障知らずの頑丈なQUAD22の出来上がる。ぱっと見は普通のQUAD22であるが、その裏には2台のQUAD22のエネルギーが宿っている。表の型番は「QUAD22」であるが、裏の型番は「QUAD2222」である。

2010/1/3

1390:NEW Audi A8  

 Audi A8は、Mercedes-BenzのSクラス、BMWの7シリーズと比べて日本ではまったくぱっとしない販売実績しか残していない。ドイツ本国ではライバルに対してかなり善戦しているのであるが、日本ではおおきく水をあけられている。

 そんなAudiのA8がドイツ本国でフルモデルチェンジされた。新型は、おなじみのシングルフレームグリルをさらに強調するようなフロントマスクとなっている。シングルフレームグリルは正直好きではないが、代を経てきて全体の造形との溶け込み具合が熟成してきた感がある。

 全体はきわめて伸びやかなラインで構成されている。サイドのキャラクターラインは高めの位置にくっきりと描かれ、シャキッとした筋肉質イメージを与える。クーペのようななだらかでスポーティーなルーフラインはA8の伸びやかさを声高に主張している。

 フロントヘッドライトはR8にも使われたフルLEDヘッドランプを採用している。このフロントヘッドライトはかなり個性的。リアのコンビランプは、先にデビューしたA4の流れをくむ意匠になっている。

 ボディの寸法は、全長×全幅×全高=5137×1949×1460mm。先代に比べ82mm長く、54mm幅広く10mm高くなっている。日本の道路状況ではやや取り回しに苦労するかもしれない。

 インテリアは相変わらず精度が高い。どのような細部も一切手を抜かない緻密な造形がなされている。BMWはあまり目に付かない細部はがさつなところがあるが、Audiはインテリアに関する力の入れようが半端ではない。

 トランスミッションは、2段増えて8段になり、駆動方式はAudiの代名詞でもあるクワトロシステム。道路状況が悪くても矢のような直進安定性を見せる。

 早く実車を見てみたいAudi A8である。写真でしか見ていないのであるが、全体の伸びやかな造形とインテリアの精度の高さは素晴らしい。唯一気になるのがフロントヘッドライトである。かなり思い切った造形がなされている。フルLEDで、無機質的な構成。かなりやりすぎな感があるのであるが・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ