2010/1/31

1419:ヴォイス2001  

 ゴルフはOUTコースまたはINコースからスタートする。ハーフを終えたら昼食休憩をして残りのハーフをまわる。

 これが日本では当たり前であるが、このようにハーフで昼食休憩をとる習慣があるのは日本だけで、外国では18ホールをスルーで周るのが当たり前のようである。

 ハーフを終えてからとる休憩のせいかどうかは不明であるが、前半のハーフと後半のハーフとではその出来具合に相当な差が出ることがある。

 前半で良いスコアが出たので欲が出て失敗するケースもあるし、前半叩いたので開き直ったら後半持ち直したというケースもある。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はpontaさんと一緒にコンサートに出かけた。「ヴォイス2001 女性合唱VOL.5」指揮:福島章恭 ピアノ:櫃田亜希子 オルガン:柳澤文子。会場は厚木市文化会館 小ホール。

 そのプログラムは前半がベンジャミン・ブリテン「ミサ・ブレヴィス」ロベルト・シューマン「女の愛と生涯」高田三郎「典礼聖歌」。休憩を挟んで後半はディヴィッド・サンガー「ミサ・プレヴィス」信長貴富「空の名前」。ヴォイス2001は17名の女性合唱団。曲により伴奏がピアノになったりオルガンになったりする。

 クラシックのコンサートの時間は概ね2時間の場合が多い。途中で15分ほどの休憩が入り前半と後半に分かれている。

 聴く方のコンディションも当然のこととしてその日の演奏の印象に大きな影響を与える。私の場合後半の方が音楽を享受する体勢が整いやすいようである。さらにコンサートホールのフィールド・エネルギーも後半の方がより強くなっているような気がするのである。

 そして、演奏される方のテンションも後半のほうが高くなるのではないか。もちろんケースバイケースであり、必ずしもそうならないこともあるはずであるが・・・

 今日のコンサートは、後半になってぐっと音楽の濃度と純度が高くなったような気がした。それは私の音楽を享受する能力が後半から上がったのか、コンサートホールの場のエネルギーレベルが後半一段上にシフトしたからなのか、あるいは演奏者のテンションの振幅が広がったからなのかは不明であるが、音楽の到達速度が上がったかのような錯覚を覚えたのである。

 福島さんの指揮は、聴く者を音楽へ引き込む腕力がもともととてもしっかりとしているが、後半の演奏は特にそういった握力をしっかりと感じることができた。

 OUTコースはワンバディー・ワンボギーのイーブンパーでこなし、休憩後の後半はスリバーディー・ノーボギーの3アンダーといった感じのコンサートであった。私にはこんな素晴らしいスコアでまわることは夢のまた夢であるが・・・

2010/1/30

1418:つむじ風  

 今日はPaoさんが我が家を訪問してくれた。今回で2回目である。前回はいつ頃であったであろうか?1年近く前だったような気がするが定かではない。

 Paoさんは結構歯に衣着せぬ物言いをする方である。「QUADかTANNOYどちらを先に聴きますか?」と聞いたところ、「TANNOYにしよう・・・ちっちゃいTANNOYね」と返事が返ってきた。内心「ちっちゃいがよけいだよ、ちっちゃいが・・・」と思ったが、愛想笑いでごまかした。

 1階のリスニングルームにお通ししたところ「ちっちゃいね〜このTANNOY!!もっとでかいのにすればいいのに・・・外に止めてあるでかいBMWを売って、AUTOGRAPHでも買えば・・・車はでかいのに何でオーディオはちっちゃいのかね〜、ホビット・オーディオっていうのかなこういうの・・・」と相変わらず一言ならず二言以上多い。

 「なんすか、ホビット・オーディオって?」と質問したら「ロード・オブ・ザ・リングだよ・・・ロード・オブ・ザ・リング・・・」

 「小人のホビットのことか・・・これは無視しよう・・・」とさらっと流し「この小さな部屋に大きなTANNOYでは不釣合いでしょう・・・Paoさんのところぐらい広ければいいですけれど・・・」と切り替えした。

 Paoさんのリスニングルームも我が家と同じぐらいに狭い。8畳ほどしかなかったはず。多少皮肉っぽく言ったのである。

 すると「おれんとこも狭いよ・・・皮肉かそれは!」と、どうにかボディーブローが決まった。

 とりあえず、気を取り直してレコードを数枚かけた。ブツブツいいながら熱心に聴いていたPaoさんは、私に向かって「あそこに毛の生えかけた中学生が頑張って歌っているといったところかな・・・」と言い放った。

 「もっとましなたとえはできないものか・・・」「本当にこの人は褒めない人だな〜」と思ったが、Paoさんはその性格がサッパリとしていて、毒舌であっても人を貶めて自分が優位に立とうとするような底浅い悪意が微塵も感じられないので、それほど嫌な印象は持たないのである。そういう点では不思議な人である。

 つづいて2階へ移動。QUAD ESLを聴いていただいた。Paoさんが好きなマーラーの交響曲を幾つかかけた。そして続いてブルックナーの第7番をかけたところ「ブルックナーは苦手なんだよ、どこが良いのかさっぱり分からない・・・マーラーは好きなんだけど・・・」

 と言われたので、第1楽章の数分で切り上げることに。ブルックナーってその良さが多少分かりづらいところがあるのかもしれない。

 Paoさんは「面白いよねESLって・・・不思議なスピーカーだ・・・俺のタイプではないが、まあ美形だな」と言いながら。ESLを不思議そうな眼差しで見つめていた。

 約2時間ほど経過して「俺今日夕方に新宿で用事があるから・・・これで失礼するよ・・・」とPaoさんは我が家を去っていった。まさに風のような人である。単なる風ではなくつむじ風といったところか・・・

2010/1/29

1417:共振現象  

 TANNOY CHATSWORTHのプロポーションはすらりと縦長。今流行りのトールボーイタイプとまではいかないが、細身のシルエットである。その存在感はそれほど大きくない。とても控えめである。

 我が家のCHATSWORTHは12インチのモニターゴールドが組み込まれている。製造されたのは1960年代と思われる。なので50年近くが経過しているはずである。

 その経過年数を考慮するとキャビネットのコンディションは美しい方である。もちろんところどころに約半世紀の時の流れを感じさせ箇所があるが、その静かに光る美しい茶色は心を落ち着かせてくれる。

 アンティーク家具が持つ深みと同種の魅力があるのである。しかし、昨日は心が少しばかり痛む経験をした。

 急に左のスピーカーが強めの低音部分で共振による雑音を出し始めたのである。「ユニットかも・・・」と最初は思った。

 50年も経過すればユニットがいかれるのは当然といえば当然、「これはユニットだけを取り外し、修理に出す必要があるかも・・・」と思いながら、そのCHATSWORTHのキャビネットの前面を医者が触診するように手であちらこちら叩いてみた。

 するととある箇所を軽く叩くと共振することが分かった。そしてその共振はユニットがしているのではなく、キャビネットがしているようなのである。

 そこで、昨日は背面のネジを取ることによりその共振モードをどうにかかわせないかと試行錯誤してみたら、どうにか収まった。

 「ユニットではなかったか・・・」ととりあえず一安心。しかし、いずれはユニットの補修は必要になってくるであろう。一旦補修に出すと1ケ月以上は戻ってこないはず。さらにキャビネットの補修も必要になってくると2ケ月は戻ってこないのではないか・・・

 そう思うと「もう1台CHATSWORTHを仕入れるか・・・」という妄想も湧いてくる。インターネットで調べてみるとイギリスのビンテージショップに20万円で同じCHATSWORTHが出ていた。

 しかし、「イギリスからの送料はどれくらいかかるのだろう?軽いスピーカーなので数万円ですむかな・・・」「イギリスのショップってしっかりしているのだろうか?小さな写真で見るかぎり綺麗であるが・・・着いてみたら、こんなはずではということになるかもしれない・・・」「しかし、同じものを日本のショップで買うと倍以上の値札がつくはずである・・・」と思いは乱れる。

 とりあえずの応急措置で共振現象は収まった。いずれは補修に出す必要が散見されるが、もうしばらくは様子見をすることにしよう。

2010/1/28

1416:ネジ穴  

 ネジは全部で14個あった。TANNOY CHATSWORTH1台の背面についているネジの話である。スピーカーは2台あるので、全てのネジを取り外すと28個となる。

 最近のドライバーは先端部分がマグネットになっている。ネジ穴にドライバーの先端部分を差し込むと、かっちと固定される。

 そして、そのドライバにおもむろに力をこめてまわす。ここ10年いやもしかして20年以上の間まわされたことがないかのようにさび付いているネジはゆっくりと動いた。

 全てのネジを取り外した状態で音を出してみる。当然ボンツキ気味の音となる。そして14個のうち幾つかづつ取り付けてみる。ネジの数が増えてくると音に締まり感が出てくる。

 左右のスピーカーのキャビネットの状態は結構差があるようである。リスニングポイントからみて左側においてあるほうの個体は結構痛んでいるようである。そちらのキャビネットは弱っているのか全てのネジを留めると、体力的にきついようである。

 試行錯誤の結果、左側は3個のみ、右側は6個のネジを留めた。それ以外のネジ穴は空洞があいたままとなっている。この状態がベストかどうかはまったく不明であるが、音のエネルギー感があまり損なわれることなく上手く放出されるような気がした。

 何が何でもきちっと締め付けるのが良いのではないようである。特に50年近くも経過している木製キャビネットに関しては多少手綱を緩めたほうが伸び伸び鳴るということもあるようだ。

 CHATSWORTHの木製キャビネットは盛大に鳴る。もともと使われている木は頼りなげな薄手のものである。中指の背でコツコツ叩くと甲高い音で響く。この響きがだぶつかず良い具合に歌うポイントというものがあるような気がする。

 背面のネジを何個留めるか。どの位置のネジを留めるか。ネジを留める強さはどのくらいが良いのか・・・それはまったく謎のままである。精神衛生上は、全てのネジをきっちりともうこれ以上周らないくらいに強く留めるのが良いのかもしれないが、音的には必ずしもそれが正解ではないようである。

2010/1/27

1415:隙間商品  

 AUDIのA5 SPORTSBACKが発売となった。そしてほぼ同じ時期にBMW 5SERIES GRAN TURISMOも発売された。

 この二つのニューモデルはいずれも「隙間商品」である。メーカーの主要ラインナップの間を埋める新機軸なのである。

 AUDI A5 SPORTSBACKはA4をベースとしながら、よりエレガントでスポーティーな装いをまとったモデル。エンジンは2.OTFSIのみ、駆動方式はもちろんクワトロ。

 もともとA5はAUDIの屋台骨を支えるA4のクーペモデルという位置づけであった。そのA5に4ドアバージョンがSPORTSBACKである。しかし、単純な4ドアクーペではなく流麗なハッチバックとして一ひねりしている。

 BMW 5SERIES GRAN TURISMOは、かなり特異なパッケージングである。こちらも表向きはハッチバックであるが、いささかその立ち位置はA5 SPORTSBACKと異なる。

 SUV的な要素がかなり強く、車高が高い。サルーンとしての性格とSUVとしての性格をあわせ持たせているのである。単純なサルーンではない。かといって単純なSUVではない。ちょうどその中間を狙ったようなモデルである。

 5SERIES STATION WAGONとは明らかに異なった雰囲気を醸し出している。遠目に見るとスタイリッシュであるが、近くで見るとかなり大柄で迫力がある。

 この両者、私の個人的な印象は明暗を分けた。AUDI A5 SPORTSBACKはとても良い印象を持った。A5のクーペモデルよりもしっくりくるデザインで、こっちが本命なのではないかという気がするほどである。

 A5 SPORTSBACKは個人的にはAUDIの全ラインナップ中もっともAUDI的なモデルのような気もするのである。エレガントとスポーティーが高度に融合された象徴的な存在である。強烈すぎる存在感や威圧感は皆無であるが、分かっている人が乗っている感が満載なのである。

 一方BMW 5SERIES GRAN TURISMOに関しては、良い印象を持たなかった。その立ち位置がどうにもよく分からない。その製品開発の意図は分からなくないが、その存在意義がそれほど高くないような気がするのである。

 デザイン的にもあまり良いとは思えない。車高が高くなるとどうしてもずんぐりとしてしまう。SUVならSUVとしての割り切ったほうが潔い。SUV的な要素を盛り込むとどうしても野暮ったくなってしまう。

 きわめて美しいデザインが先日公表されたBMWのNEW 5SIRIESにも当然STATIONWAGONが投入されるはずであるが、それで十二分という気がする。十二分というか5SIRIES STATIONWAGONのほうがはるかにかっこよく実用的なような気がするのである。

 AUDIとBMWからほぼ同時期に日本発売となった「隙間商品」であるが、A5 SPORTSBACKはモデルレンジの隙間を埋めるモデルでありながらAUDIの本質を一番よくあらわしている。そして、BMW 5SIRIES GRAN TURISMOは同様に複数の要素を融合させたモデルであるが、企画倒れのような気がするのである。

2010/1/26

1414:ふざけポンチ  

 「このふざけポンチが!!」時々妻に怒られる。「ふざけポンチ」・・・この言葉って標準語ではないはずである。

 「ポンチ」の語列が多少入れ替わると「ふざけポンチ」という言葉がとんでもなく卑猥な言葉になってしまうリスクを背負っているが、この言葉はなんとなくほのぼの感がある。

 この言葉が妻から発せられるのは大概、下の娘とばかばかしいじゃれあいをしている時に発せられるのである。そういうシチュエーションもあるためにほのぼの感が醸し出されるのかもしれない。

 GONGの「Radio Grome Invisible PartT」を初めて聴いた時、「このふざけポンチが!!」と内心でつぶやいた。

 そうつぶやきはするのであるが、表情は笑っている。楽しげである。GONGの音楽を聴いているとどういうわけか開放感がある。閉塞感がないのである。

 「デヴィッド・アレンが在籍していたころのGONG、特にRadio Grome Invisible3部作を聴いていると、柔和な穴に落ち込んだような感覚にとらわれる。その穴は暗くない。ほのかな陽光がふりそそぐ。体を囲い込む穴の胃壁は柔らかい。独特な弾力があり、心地よい遊動を体にもたらす」

 Coreさんが運営されている「AcousticCore」の最新記事は「GONG」であった。GONGは私にとっては「ふざけポンチ」であったが、Coreさんにとっては「柔和な穴」であった。

 それにしてもCoreさんの文章は独特である。「柔和な穴」や「穴の胃壁」など独特な比喩が満載である。分かったようでよく分からない表現であるが、意味もなく納得してしまうようなところがある。

 そこで「ふざけポンチ」が正しいのか「柔和な穴」が正しいのか検証すべく「Radio Grome Invisible PartT」を改めて聴いてみた。

 最初の1曲目を聴きながら「やっぱりふざけポンチだ!デヴィッド・アレンはフリー・セックスにいそしみながらこの曲を書いたに違いない・・・」と思った。

 しかし、アルバム全体を聴き終えてみると。「柔和な穴」というCoreさんの言葉が結構説得力を持ってくるのである。

 「柔和な穴か・・・」「どっぷりと入ってみたい・・・」そしてその「穴の胃壁」に体を思いっきりぶつけて左右に揺れてみたい。GONGの独特なリズムに乗って、腰まで届くかのような長髪を揺らしてみたい・・・

2010/1/25

1413:AuraとRedeemer  

 昨日お邪魔したサンフラワーさんが使用されていたプリメインアンプはAura VA-50である。Auraはもともとイギリスの会社であったが、現在は日本の会社になっている。

 クロームを使用した実にシンプルで斬新なデザインが素晴らしい。ケネス・グランジがデザインを担当したのであるが、このデザイン感覚には唸らされる。

 最近Auraはケネス・グランジに再度デザインを依頼し、「neo」と「groove」という商品名でCDプレーヤーとプリメインアンプを販売した。

 これは往年のAuraを髣髴とさせるクロームメッキを活用したいかしたデザインである。このペアと洒落たトールボーイがさりげなくリビングにおいてありボサノバなんかがかかっていたりすると「う〜ん・・・」と唸ってしまいそうである。

 Aura VA-5Oとほぼ同じ時代だと思われるが、往年のAuraもCDプレーヤーを出していた。型番は「CD-50」こちらもVA-50同様クロームメッキを活用した洒落たデザインである。

 このAuraのCD-50とVA-50を組み合わせて、オーディオ用のいかついラックではなくアンティークのサイドボードの上などにさりげなく置く。そして昨日聴かせていただいたRedeemerと組み合わせる。それをリビングのような広い空間に設置して、ソファに腰掛けてゆったりと音楽を楽しむ・・・なんてオーディオライフも良いなと思わず空想してしまった。

 私は空想好きである。空想だけならタダである。そんな空想を頭に浮かべながら我が家のリビングを眺めてみる。残念ながら我が家のリビングにはRedeemerを設置するスペースはないようである。

 Redeemerはスリーピース構成である。部屋の広さに応じて厳密に設置する場所が指定されるとのことで、生活空間と兼ね合いには多少苦労するかもしれない。またスピーカ−とリスニングポイントは離れていたほうが望ましいとされるので、ある程度広い空間が必要となるようである。

 AuraとRedeemer、なんとなくその提示する世界は一種の桃源郷のような気がするのである・・・と空想はふわふわと広がるのであった。

2010/1/24

1412:救世主  

クリックすると元のサイズで表示します

 Redeemerの和訳は、「 贖(あがな)い主,救い主,キリスト」である。初めて見るRedeemerは、その名に恥じないようないでたちをしていた。

 何かしら宗教的なシンボルを思わせる造形である。マヤの古代遺跡を思わず連想してしまった。その造形は音響的な必然性からもたらされたものであると思われるが、とても神秘的なオーラを発散している。

 CDプレーヤーはCECの5連奏式のもの。そして駆動するアンプはAura VA-50。シンプルな構成である。アンプは指定のものとのことである。

 何かしら意表をつく構成である。Redeemerそのものが何かしら只者ではないオーラを発散しているが、CDプレーヤーとプリメインアンプとの組合せも一癖も二癖もある感じで一筋縄ではいかない感が満載であった。

 今日はサンフラワーさんのお宅にお邪魔した。pontaさんと一緒である。サンフラワーさんは「うちはぜんぜんハイエンドじゃないので・・・」とおっしゃられていたが、Redeemerの置かれている部屋の側面には、もの凄い機器が並んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

 巨大なレコードプレーヤーとMBLのこれまた巨大なプリアンプが鎮座していたのである。(このMBLのプリンアンプは現在フォノイコライザーとして使われている。)

 その威容は凄まじい。CECのCDプレーヤーとAuraのプリメインアンプとは好対照である。さらにそのシステムを検証するとMagnatのプラズマイオンスーパーツィーターが追加されていたりするのである。

 「これはなんだか相当にディープな香りが・・・」と思いながらソファーに腰掛けたが、スピーカーから相当離れた位置にソファーが置かれていた。後でメジャーで測ると5mほどあった。「遠い・・・こんなに遠くて大丈夫なのだろうか・・・」と思わずにはいられなかった。

 固唾を呑んでその音を待った。出てきた音はまったくスピーカーの存在が感じられない独特の空間性に溢れた素晴らしいものであった。

 今までに聴いたことのない音の出方である。自然で広大な空間表現は本当に素晴らしい。最初のうちはその音の出方に耳が順応しないようなところがあったが、慣れてくると肩を張らずに音楽に包まれる心地よさに満たされる。

 オーディオ的な不自然さがない。それでいて低域から高域までまったく過不足がない。「う〜ん、今日は新たな体験をした・・・」と心から思えるRedeemerの自然な音楽表現であった。

 Redeemerは見るのも聴くのももちろん初めてである。その奏でる音楽を聴いていると、「救世主」というネーミングが心から納得される。

2010/1/23

1411:すっきり系  

 月に1回「PRO・FIT」に通うことになった。「PRO・FIT」はチューバホーンさんが経営されている整体院である。初回は昨年の年末であった。その時は約2時間の施術で、体の右サイドの歪みが、ニュートラルに戻った。

 しかし、日常生活における行動パターンは体に染み付いているもの。なので、一定の時間が経過すると、体もまた同じ方向に歪みはじめるもののようである。そこで、定期的に通うことにより長期的に体をケアすることにしたのである。

 今回の施術は約1時間半で完了。今回も前回同様体全体のバランスが回復したため姿勢が良くなると同時に両肩が楽に真上に上がる。右サイドの歪みはどうやら上体から起こるようである。

 右サイドが歪むと、ゴルフのテイクバックがスムースに上がらない。トップでどうしても左側に体が傾いてしまうのである。そのトップからダウンスウィングに入るとあおり打ちになりやすい。その結果が右にプッシュアウトしたうえでのスライスである。これは厄介である。まずまともな状態でセカンドショットを打てることはない。

 1時間半の施術を終えた後は、ミニミニOFF会。チューバホーンさんのアナログシステムに一時的にではあるが、新たな兵器が導入されたのである。それがこれ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 「工藤アンプ」のヘッドアンプとフォノイコライザーである。ご友人から一時的に借りていらっしゃるのである。LINN LINTOはその間ベンチをあたためている。

 その新たな兵器の効果か、でてきた音は実に癖がなくストレートな感じ。北欧系の澄んだ空気感が特徴である。音に対する色づけはほとんどなく、音に不必要な膨らみを持たせることもない。

 「ニュートラル」と表現すべきなのであろうか・・・「すっきり系」と表現すべきなのであろうか・・・私の体もニュートラルな状態となったので、その音の質感は思いのほか心地よいすがすがしさに溢れていた。

2010/1/22

1410:ISLANDS  

 Coreさんのブログ「AcousticCore」の最新記事はThe Moody Blues。「LONG DISTANCE VOYAGER」のA面を通して聴くと、何故だかKING CRIMSONの「ISLANDS」のA面を聴きたくなる・・・と書かれていた。

 Moody BlucesとKING CRIMSON・・・私の中ではまったく結びつかないのであるがCoreさんの頭の中では緊密に連結しているのであろうか?

 Moody Blucesはプログレッシブロックに分類されるが結構明るい。ポップなメロディラインが心地よく流れていく。

 一方KING CRIMSONは黒い情念が渦巻くような独特の緊迫感がみなぎっている。特に後期3部作はその緊迫感が最高潮に達している。

 「ISLANDS」は前期3部作のなかのひとつ。セカンドアルバムである。あまりに巨大な傑作「21st Century Schizoid Man」の影に隠れてひっそりと咲いている。

 Coreさんのブログに触発されて「ISLANDS」を改めてじっくり聴き直してみた。そして、聴きながらThe Moody Bluesの「LONG DISTANCE VOYAGER」のジャケットを眺めていた。

 すると、そのジャケットと「ISLANDS」の音楽から受けるイメージが見事に一致するのである。この両者の音楽の関連性については、同じような土壌の匂いが感じられなくもないが、正直に言うとそれほど同類という感じはしなかった。

 それにしてもCoreさんのブログは面白い。更新は週に1回あるかないかであるが、切り口が斬新で新鮮である。

 そこで、Coreさんのブログにコメントをいれてみた。「Ayra C2で聴くSAILOR'S TALEってどんなの感じなのか興味深々です。The Moody BluesとKING CRIMSON、ちょい聴きだと水と油のような気がするのですが、深い根っこの部分では共通の土壌から養分を吸いあげているのでしょう・・・」と書いて送信ボタンを押した。

 まだこのコメントに対するCoreさんからの反応はないが、他の方のブログにコメントを入れるのは、結構ドキドキ体験である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ