2009/12/31

1387:コラーゲン鍋  

 寒い冬は鍋である。特に年末年始は親類が集まることが多いので、鍋の機会が増える。定番は「水炊き」「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」など。しかし、最近はバリエーションが増えて、「キムチ鍋」や「豆乳鍋」なんていうひとひねり加わったものも多い。

 少し前、とある忘年会で「トマト鍋」を初体験した。一瞬耳を疑ったが、最近人気があるとのこと。食してみたらまずまずであった。

 我が家で最近人気があるのが「コラーゲン鍋」。スーパーでコラーゲン鍋の素を買ってきて、それを土鍋に空けて、ポータブルガスコンロで沸騰させる。その後鶏肉、豆腐、ねぎ、油揚げ、キャベツ、しめじ、水菜をいれるだけという簡単さ。

 スープは白くクリーミー。子供達にも大人気である。特に油揚げとキャベツがとても美味しく食べられる。油揚げもキャベツも鍋の具としてはいたってマイナーな存在であるが、「コラーゲン鍋」では鳥肉をも凌駕する魅力を発散するのである。鍋の後残ったスープにご飯を入れて雑炊にするとこれがまた美味である。

 大晦日の今日は、この「コラーゲン鍋」を家族と親類で食しながら、紅白歌合戦をテレビで観た。あのイギリスのオーディション番組で全世界的に有名になったスーザン・ボイルが出ていたのが印象的であった。

 ここ数年視聴率が低迷している紅白歌合戦であるが、スーザン・ボイルが歌っている時間帯はかなり視聴率を取り戻したのではないかと思えるような盛り上りであった。

 あと2時間ほどで今年も終わる。来年は2010年。切りの良い数字である。2000年から2009年までの10年間のことは何と呼ぶのであろうか。20世紀の間は「70年代」「80年代」「90年代」と10年ごとに一区切りしてきた。では2000年から2009年までの10年間は「ゼロ年代」であろうか。

 明日からは2010年になるので「10年代」の始まりである。「90年代」と「ゼロ年代」の20年間は、日本の経済にとっては「失われた20年」であった。「10年代」になって日本経済に明るい兆しが訪れるかどうかはかなり疑わしいが、少しでも良い方向に向かってくれることを願わざる得ない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ