2009/12/21

1377:イカ墨パエリア  

 昨日はNaruさんとご一緒にWさんのお宅を訪問した。Wさんのお宅には現在3台のレコードプレーヤーが稼動している。LINN、SPIRAL GROOVE、Michell Engineeringという著名なメーカーの素晴らしい製品が3台並んでいる様は壮観であった。そのうち2台のレコードプレーヤを聴いた。

クリックすると元のサイズで表示します

 LINN LP-12である。スリットの入った古いデザインであるが新品である。限定復刻版として最近販売されたものである。電源はMAJIK。アームはEKOS。このEKOSはつい最近まで我が家で活躍していた初期型である。

クリックすると元のサイズで表示します

 SPIRAL GROOVE System SG2 Phantomである。見るからに高性能な精緻さが溢れている。SG1はシルバーであるが、SG2はブラック。精悍さではSG2のほうが上かも。SPIRAL GROOVEの前身はIMMEDIAである。我が家のIMMEDIA RPM Revolutionと相通じる意匠がところどころに散見される。

 LP-12にはHYPER EMINENTが、SG2にはP-1Gが装着されていた。LP-12とSG2は、ある意味対照的なレコードプレーヤーである。そして、その音も・・・

 LP-12は情感豊かで流麗である。情報量や空間表現において多少の限定はあったにせよその豊かな情感表現はとても説得力がある。

 SG-2はSN比や情報量においてLP-12をはるかに凌駕する。しかし、LP-12よりも良いのかというとそうでもないところがオーディオの奥深いところというか、良く分からないところ。

クリックすると元のサイズで表示します

 BARBARAの声が一番心にぐっとくるのは明らかにLP-12であった。この美しくも物憂げな視線が音からはっきりと感じ取れるのである。

 KEELも付いていない、EKOSはSEバージョンではない。電源はMAJIK、LINGOでもない。素のLP-12であるが、その良さはしっかりとある。逆にSEバージョンにより失われたものもあるのではないかと、欲をかいて一気呵成にSEバージョンに移行してしまった私は心の奥底で感じてしまった。

 SG-2も素晴らしい。PLAYBACK DESIGNも素晴らしい。しかし、LP-12でBARBARAを聴いてしまうと、それらの影はすっかり薄くなってしまった。

 その後、Wさんに連れられてスペインレストランへ行った。とても美味な料理が次から次でてきたが、とりを務めた「イカ墨パエリア」は素晴らしかった。BARBARAのレコードジャケットのように黒く、味わい深かった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ