2009/12/8

1364:トランス  

 Paoさんからまたメールが来た。内心「またか・・・」と思った。最近批判めいたメールが多くなってきたからである。Paoさんは結構は歯に衣着せない傾向があり、結構ストレートである。

 「昨日の記事でCDの電源ケーブルをはずした方がアナログの音がよくなる、と書かれていましたがそれは本当です。またラインケーブルも同様と書かれていましたが、CDプレーヤーの電源ケーブルをはずせば、ラインケーブルははずす必要はないですよ。それにしてもそんな骨董品みたいなプリアンプを使っているから苦労するので、新しいものに変えたらどうですか?」

 PaoさんのプリだってAurexの結構古いもの、人のこと言えたほど新しいものではない・・・しかし、指摘は正しかった。CDプレーヤーの電源ケーブルをはずせば、もうデジタルノイズは生じないので、ラインケーブルをプリアンプからはずさなくても大丈夫なはず。Paoさんのメールを読んで「それはそうだよな・・・」と思ったのである。

 先日我が家を訪れてくれたチューバホーンさんからもメールが来た。「昇圧トランスは容量の大きいしっかりしたものを使われたほうがいいと思います・・・」とそのなかに書いてあった。

 QUAD22とQUADUはイギリス仕様。なので電圧は240V。100Vを240Vに昇圧して給電している。その昇圧トランスはビンテージ・ショプでQUADを買った際にオマケで付いてきたもの。とても小さく値段は7,000円程度。容量は300VA。

 チューバホーンさんはそんなオマケではなく、もっとしっかりしたものの方がいいですよ、と忠告してくれたのである。

 考えてみればもっともである。電源は基本中の基本。昇圧トランスを換えるときっと音も良くなるはず・・・昇圧トランスはよっぽどのものでない限りそれほど高価ではないはず。

 別の方にお聞きしたら「調所電器トランスが良いですよ・・・」と答えてくれた。そこで早速HPを見てみた。すると私が使っている300VAといった小さな容量ではなく最低でも1000VAからの製品であった。その方は1500VAのものを使われているという話であった。

 100Vから240Vへの昇圧トランスを調所電器に依頼しようかと思っている。製品例の写真を見ると我が家のオマケの昇圧トランスの5倍以上はあるかという大きさ。とてもしっかりしている。なんだかそれを見ていると、きっとこれに換えると音もしっかりする気がしてくる。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ