2009/12/11

1367:ケロッグえびせん  

 この時期事務所には沢山のお歳暮が届く。そのなかに必ずあるのが「えびせん」である。「えびせん」といっても立派な箱に入っている。

 坂角総本舖の「ゆかり」は高級なえびせん。その味わいも上品で奥深さを感じさせるもの。ついつい2枚3枚と手が伸びてしまう。

 庶民的な「えびせん」といえば、昔からあるカルビーの「かっぱえびせん」であろう。「やめられない、とまらない」のキャッチフレーズが有名である。

 この「かっぱえびせん」の誕生は昭和39年にさかのぼる。40年以上の歴史があるのである。一番よく食べたのはやはり小学生の頃。キャッチフレーズどおりやめられない、とまらない状態に陥ることが多かったのが印象的であった。

 この「かっぱえびせん」には、一つ思い出がある。ちょうど小学生の頃、「かっぱえびせん」とはまったく異なったお菓子が人気を博していた。

 それは「ケロッグ コーンフレーク」。子供向けの朝食というふれこみであったが、そのころの小学生にとってはお洒落なお菓子というイメージであった。

 お皿にケロッグ コーンフレークをいれ、牛乳をかける。スプーンで颯爽と食べる。その様子が子供の目にはお洒落に映ったのである。袋に手を入れて、口に運びぼりぼりとむさぼり食べる「かっぱえびせん」よりもなんだかハイソな感じだった。

 ある日、小学生低学年だった私はとある行動に出た。「かっぱえびせん」を皿に盛り、そのうえにおもむろに牛乳をかけたのである。

 そして、やおらスプーンを突っ込みひとすくい。少しそのスプーンのうえにあるものの様子を好奇の目で眺めながら口の中へ・・・

 ぼりぼりと噛み砕き、ごくっと喉に流し込んだ。そして一言「おいしい・・・」かっぱえびせんの塩味と牛乳のまったりした喉越しが妙に合う。

 「これってなかなかいけるかも・・・」と内心ほくそ笑んだ。「ケロッグえびせん」と命名されたその「銘菓」はしばらくマイブームとなった。

 そして仲のよかったA君にその秘密をばらすと「それはありえへん・・・絶対にへんや!!」と言下に却下されてしまった。

 「いや、結構いけるんだよ・・・」といくら説明しても、A君は頑として受け付けない。「気色わる〜」と言うばかりである。

 「自分の味覚が変なのかも・・・」と不安になった。小学生であった私としては、和洋折衷というか異質なものを組み合わせた異文化交流的な素晴らしさがあると自負していたのであるが、友人にはまったく理解してもらえなかったようである。

 しかし、その後1週間ほどしてその友人A君がこっそりと私にささやいた。「ケロッグえびせん、食べれないことないね・・・」私はくすっと笑った。

2009/12/10

1366:リズム  

 ゴルフはリズムが大切である。そのため、実際にボールを打つまでのルーティンワークは極力一定の動作を一定の間隔で行うことが大切とされる。

 これも、自分の体に合ったリズムを保つために必要な努力である。特にパッティングの前に行うルーティンワークはそれが大切とされる。

 ラインを読んで、後方からしっかりと描いたラインをイメージする。素振りを2回した後カップに目をやる、顔をボールにもどしたら、すぐさまテイクバック。ボールを打った後はボールがあったところに目をのこし、2秒後に転がるボールに目を移す。

クリックすると元のサイズで表示します

 12月としては今日はとても暖かく穏やかであった。前回のゴルフのときもとても暖かく穏やかであったが、今日もこれ以上ないというゴルフ日和。

 前回は「85」であたので、当然今日も90切りが目標。そのためにもリズム良くラウンドしたいところであった。

 しかし、ルーティンワークを一定にしてもドライバーショットが左右にぶれると、そんなささやかな努力も吹っ飛んでしまう。

 午前中はティーショットで苦労して、リズムがなかなか良くならなかった。結局「46」であった。「くそう・・・これでは90切りが難しい・・・」と内心あせった。

 そこで、思い切って午後はドライバーを封印。フェアウェアウッドで全てのティーショットを打つ作戦に切り替えた。

 これが効をそうした。左右のブレは範囲がグッと狭まり、多少距離はロスするがドライバーでティーショットするよりもはっきりとリズムが良くなった。

 セカンドでグリーンにオンする確率も増え、バーディー逃しのパーで上がれるホールが出てきた。午後のスコアは「42」。トータルで「88」。どうにかこうにか2回連続の80台でまわることができた。

 フェアウェイウッドでの飛距離はナイスショットすれば210〜230といったところ。ドライバーが真芯をくえば250ヤードは飛ぶが、その確率は今のところ低い。左右にぶれると全体のショットの流れのリズムがぐっと悪くなる。

 ここは飛距離を犠牲にしてもよいリズムの確保に努めるべき・・・と判断したのが正解であった。

 今後もこの作戦で行くべきか・・・多少悩むが、苦手意識が強きため時間を割きがちなドライバショットーからショートアイアンの練習に重点を移した方がスコアップにはつながるであろう。

 ティーショットは220ヤードの距離をかせぎ、ラフであっても普通にセカンドショットができるところに飛べばいい、と割り切れば随分とゴルフは楽になり、全体の流れを遮るようなブレショットも減るはずである。

 来週にもう1回ラウンドの予定が入っている。その時はこの考えでプレーしてみようと思っている。3回連続の90切りに向けて、今日は良い教訓を得た。

2009/12/9

1365:讃岐うどん  

クリックすると元のサイズで表示します

 北多摩エリアには「武蔵野うどん」と呼ばれる地粉を使ったうどんがある。一般的なうどんよりも太く、こしが強い。色は真っ白ではなくやや茶色がかっている。

 一般的な食べ方は、ゆでたうどんを冷水でしめてざるに盛り、つけ汁につけて食べる。つけ汁は鰹節でダシをとって豚肉やねぎ・しいたけなどを具として混ぜたものが多い。温かいつけ汁は、やや大きい器によそう。

 この「武蔵野うどん」は、農作業の合間に食べられていたのであろうか、と思ってしまうほど、野趣溢れている。けっして洗練されていないのである。

 多摩エリアでは、こういった「武蔵野うどん」を出す店は大概掘っ立て小屋に近いいでたちの店が多い。そして、いかにも農家のおばさんという風情の女性が切り盛りしているのである。

 そういった店に行くことが多い私にとってうどんといえば「武蔵野うどん」であったのであるが、最近「丸亀製麺」という屋号で讃岐うどんの大きな専門店が自宅の比較的近い場所にできた。

 「打ちたて、ゆでたて、本物にこだわった本格讃岐釜揚げうどん」と銘打ったのぼりが立ち並んでいて、妙にそそるものがある。

 というわけで行ってみた。この店はセルフ形式。まずはうどんを頼む。「釜揚げうどん」「釜たまうどん」「かけうどん」「ざるうどん」など数種あるうちから一つ選び、さらに「並」か「大盛り」かを選び、ずらっと並んだてんぷらから好きなものをチョイスして会計という学食形式である。

 「釜たまうどん」の「並」を選んで「かしら」と呼ばれる鳥のから揚げを追加。しめて440円。「安い・・・」しかも「美味い・・・」

 こちらも、洗練されている感じはないが、シンプルにして練られている。武蔵野うどんの食感とはまったく異なったもちもちとしてつるっとした喉越し。「これはこれで良い味出しているな〜、しかもとても安い・・・」と好印象であった。

 「武蔵野うどん」も「讃岐うどん」も個性的でそれぞれ良さがあるが、両者に共通しているのは、とても生活感があるというか、地に足の着いた実直さに溢れていることかもしれない。

2009/12/8

1364:トランス  

 Paoさんからまたメールが来た。内心「またか・・・」と思った。最近批判めいたメールが多くなってきたからである。Paoさんは結構は歯に衣着せない傾向があり、結構ストレートである。

 「昨日の記事でCDの電源ケーブルをはずした方がアナログの音がよくなる、と書かれていましたがそれは本当です。またラインケーブルも同様と書かれていましたが、CDプレーヤーの電源ケーブルをはずせば、ラインケーブルははずす必要はないですよ。それにしてもそんな骨董品みたいなプリアンプを使っているから苦労するので、新しいものに変えたらどうですか?」

 PaoさんのプリだってAurexの結構古いもの、人のこと言えたほど新しいものではない・・・しかし、指摘は正しかった。CDプレーヤーの電源ケーブルをはずせば、もうデジタルノイズは生じないので、ラインケーブルをプリアンプからはずさなくても大丈夫なはず。Paoさんのメールを読んで「それはそうだよな・・・」と思ったのである。

 先日我が家を訪れてくれたチューバホーンさんからもメールが来た。「昇圧トランスは容量の大きいしっかりしたものを使われたほうがいいと思います・・・」とそのなかに書いてあった。

 QUAD22とQUADUはイギリス仕様。なので電圧は240V。100Vを240Vに昇圧して給電している。その昇圧トランスはビンテージ・ショプでQUADを買った際にオマケで付いてきたもの。とても小さく値段は7,000円程度。容量は300VA。

 チューバホーンさんはそんなオマケではなく、もっとしっかりしたものの方がいいですよ、と忠告してくれたのである。

 考えてみればもっともである。電源は基本中の基本。昇圧トランスを換えるときっと音も良くなるはず・・・昇圧トランスはよっぽどのものでない限りそれほど高価ではないはず。

 別の方にお聞きしたら「調所電器トランスが良いですよ・・・」と答えてくれた。そこで早速HPを見てみた。すると私が使っている300VAといった小さな容量ではなく最低でも1000VAからの製品であった。その方は1500VAのものを使われているという話であった。

 100Vから240Vへの昇圧トランスを調所電器に依頼しようかと思っている。製品例の写真を見ると我が家のオマケの昇圧トランスの5倍以上はあるかという大きさ。とてもしっかりしている。なんだかそれを見ていると、きっとこれに換えると音もしっかりする気がしてくる。

2009/12/7

1363:ノイズカット  

 オーディオ雑誌で「オーディオセッティングの基礎」といったタイトルの特集記事があったりすると、よくアナログとデジタルは電源を別にした方が良いといったことが書いてある。

 壁コンセントを共有せず、別々の壁コンセントから給電し、配電盤から近い壁コンセントからはアナログ機器を給電し、デジタル機器はより遠い壁コンセントから給電する・・・といったことが書いてある。

 きっとデジタル機器から生じる高周波ノイズが電源を経由してアナログ機器に悪い影響を与えるからなのであろう。

 我が家のアンプは50年以上前の製品である。なので、高周波ノイズに対する防御がきわめて手薄である。実はレコードを聴くときには、CDプレヤーからのRCAケーブルをプリアンプの入力端子からはずすのが習慣となっている。

 繋いだままでとはずした場合では、明らかに違いがあったからである。そして、最近ふと思った・・・「RCAケーブルからのデジタルノイズだけでなく、電源経由でもデジタルノイズが来ているかもしれない・・・」

 そこで、試しにCDプレーヤの電源を切ってそのACケーブルを壁コンセントからはずしてみた。そして、その直前まで聴いていたレコードをかけてみたのであるが、「やはり、こちらも違いが出るようである・・・」という感想を持った。

 CDプレーヤーのACケーブルをはずしたほうが、音の鮮度感がアップして音が立つのである。決定的というほどの差はないのであるが、慎重に聴き比べるとやはり差がある。

 レコードをかけるときには、CDプレーヤからのラインケーブルをはずし、電源ケーブルを壁コンセントからはずす・・・これは少々面倒ではあるが、やった方が良いようである。

 QUAD22は当然のことながらデジタル機器が誕生するはるか前に設計・製造された。なので、かなり無防備なはず。

 アナログ:デジタル比率は7:3ぐらい。レコードを聴く機会のほうが多いのであるがCDも聴く。高周波ノイズをカットするトランスを経由すれば、そういった面倒さから開放されるかもしれない。しかし、トランスは当然音に対する影響度もあるはず。単にノイズカット機能のみではないはずである。なので、何でも良いというわけにはいかない・・・

 CDプレーヤーは1階のCD-12だけに限定して、2階のESLシステムはアナログ専用にしようかと思っている。CD-12は一体型なのでライケーブルやACケーブルをはずす作業も比較的簡易であり、1階はラック周りに十分な空間があるのでその作業も楽で苦にならないはずである。

2009/12/6

1362:イカのキンタマ  

 ブログ「AcousticPao」を運営されているPaoさんとは一度相互訪問させていただてから、懇意にしていただいている。時々私のブログの記事に対する感想などをメールで送ってくれたりする。

 昨日の記事に対して今日Paoさんからメールが送られてきた。そのメールには「昨日の記事でオーディオシステムが二つあることは良いこともある、と書かれていましたが、私に言わせればオーディオシステムが二つあることはイカのキンタマです。」と書かれていた。

 「イカのキンタマ」・・・一瞬目が点になった。残念ながらイカのキンタマは見たことがない。また私の生物学に関する浅い知識ではオスのイカにキンタマがあるのかどうかよく知らない。

 文面の流れからすると「イカのキンタマ」はけっして褒め文句ではないようである。イカは10本の足がある。その足を真っ直ぐに伸ばしすいっと泳ぐとイカは体全体が一つの矢印のようである。その矢印は隆起した男根を連想させる。

 つまりイカはその体全体で男性のシンボルをあらわしており、そこには睾丸は付随していない。なので「イカのキンタマ」とは「余計なもの」「なくてもいいもの」という意味なのかもしれない。

 確かにどっちつかず的な曖昧さが付きまとう。曖昧なことの嫌いなPaoさんにとってまさに「イカのキンタマ」なのかもしれない。

 さて、今日はそんな「イカのキンタマ」状態の我が家に客人が訪れた。チューバホーンさんである。客人が来られた時にはやはり持ち合わせの食材でもてなさなければならない。

 残念ながら、我が家には「イカのキンタマ」しか食材がない。そこで、これで料理をつくることにした。まずはESLルームにお通しして、イカのキンタマを薄くスライスしてわさび醤油でいただく「お刺身」をお出しした。

 イカのキンタマは生で食すると睡眠誘導効果があるのか口にされて数分すると爆睡状態に陥られた。時折意識を回復されるのであるが数分するとまた無意識状態に陥るという繰り返しであった。

 そこでコーヒーブレイクをいれて、次はCHATSWORTHルームにお通しした。生の「イカのキンタマ」は睡眠誘導効果があるようなので、今度は厚めにスライスしてバターでソテーした。そのうえにイカのはらわたを使った濃厚な特製ソースをかけてお出しした。

 こちらは意外とお口に合われたのか完食された。普段は杉並区でA級グルメを堪能されているチュ−バホーンさんであるので、我が家の超B級グルメはいまひとつであった可能性は高いのであるが、とりあえず「珍味」を味わっていただいた。

 近いうちにPaoさんが我が家に来られた時には、「イカのキンタマの塩辛」をご馳走する予定である。Paoさんの好きな辛口の日本酒のお供にちょうどいいのではと、思っているのである。

2009/12/5

1361:QUAD ESL  

 LINN LP-12をバージョンアップしてから1階のリスニングルームで音楽を聴く時間が長くなり、2階のQUAD ESLはしばらく開店休業状態であった。

 車と一緒でエンジンをかけないとそのポテンシャルが下がってしまうので、今日は久し振りに2階のリスニングルームで音楽を聴いた。

 まずはemm LabsのCDプレーヤーでCDを聴いた。マーラーの交響曲第2番第1楽章。第1楽章だけで20分を超える大曲である。全ての楽章を通しで聴くことはめったにない。一番好きな第1楽章のみを聴くことが多い。今日も第1楽章のみを聴いた。

 冒頭の低弦の峻厳な響きが心地よい。QUAD ESLは力強い低音は出ないというのが定説である。確かに迫力ある重低音という程に低い帯域までは出ない。しかし、アコースティック楽器が普通に出すくらいの帯域までは自然な感じで出るようである。

 大きな構成のマーラー交響曲第2番もコンサートホールのやや後ろ側で聴く位の感じであれば再現できるようである。がぶりつきの大迫力ではないのであるが、ちょうど良く全体を俯瞰できる。

 続いてアナログ。ブルッフのバイオリン協奏曲をかける。IMMEDIA RPM Revolutionはしっかりした構成力を有している。見た目的には確かに無骨である。LINN LP-12やROKSAN XERXES20と比べてしまうと美しいプレーヤーとはいえない。

 しかし、このメカニカルで硬質な構成は目が慣れてくると、これはこれでなかなか独自の魅力がある。そしてその音はゆるぎない。冷徹ですらある。LINN LP-12とは見た目同様対照的な存在である。

 2階のQUAD ESLを中心としたシステムは1階と比べると、音が飛んでくることはない。コンサートホールの後方の席で聴くときの音の質感を思わせる。

 1階のリスニングルールは8畳と狭い。狭いだけに音に近い。1階席のやや前方で聴くときの音の質感に似ている。

 二つのシステムを持つ必然性というものはあまり存在しない。しかし、二つあると良いこともあるような気がするのである。家族からの風当たりは強い2階のESLシステムであるが、どうにか維持したいものである。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/12/4

1360:NEW 5シリーズ  

 BMW5シリーズのNEW MODELのオフィシャルフォトが先日発表された。その写真を見ての第一印象はとても良かった。

 「まとまっている・・・凄くこなれている・・・」というのがその華麗な容姿を見てのとりあえずの感想である。一歩先に発表された7シリーズで取り入れられたテイストがNEW 5シリーズにも当然反映されているのであるが、その取り込み方がずっと洗練されている。

 NEW7シリーズから採用された立ち気味の大型キドニーグリルも7シリーズでは、ちょっとやりすぎ感があったが、5シリーズではそこだけ突出することなく全体の造形との関連のなかで違和感なく納まっている。

 またL型のリアコンビネーションランプも、有機的で流動的な造形が7シリーズから取り入れられたが、これも7シリーズではこの新意匠がちょっと浮いている感じがあったが、5シリーズでは上手くリファインされている。現行3シリーズのリアコンビネーションランプの要素も取り入れることにより、現実的な構成感となった。

 全体のフォルムも、ローアンドワイドでスポーティー。しかも5シリーズのサイズの車が身につけるべきフォーマルさも備えているのは見事である。

 このセグメントではMercedes-BenzがEクラスをフルモデルチェンジしたばかり。こちらもここ数年のクオリティーダウンで評判が落ちてきたブランドイメージを押し上げるべくかなり気合が入ったモデルである。

 NEW Eクラスのデザインについては個人的にはそれほど良い印象は持たなかったが、その車としてのクオリティーの高さには、心惹かれるものがあるのは事実である。車を実用的な道具として捉えた場合、もうすぐ日本でも発売されるであろうEクラスのステーションワゴンなどもっとも優れた車の一つかもしれない。

 BMWはこのNEW5シリーズでEクラスと真っ向から勝負するわけであるが、ぱっと見の印象からするとその戦闘能力は十二分にEクラスを撃破する力があるように感じられた。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/12/3

1359:45分  

 LPはA面とB面とがある。片面の時間は平均すると20〜25分ぐらいであろうか。両面かけると大体45分。

 中学生のころはレコードを買うお金がなかったので、友人が持っているレコードをカセットデッキで録音してもらい、家でラジカセで聴いていた。

 そのころ買ったカセットテープは45分のものが多かった。45分のカセットテープであれば、ちょうどLP1枚が納まったのである。

 CDになってからは録音できる時間が長くなったのか、1枚のCDが45分で納まることはなくなったようであるが、LPの時代には45分が一つのスタンダードであった。

 そのころのカセットテープはTDKが圧倒的なシェアを持っていたような気がする。同じTDKのカセットテープでも何種類か商品があり、金額にも結構差があった。

 当然高いほうが音質が良いのであるが、お金がもったいないし、ラジカセではその差もほとんで感じられないので、当然一番安いタイプを購入。そして決まって45分のものを選んでいた。LPとカセットテープが1:1の関係になるからである。

 先日オーディオのOFF会の休憩時間にとある話題で盛り上がった。キスから始まり、「じゃっ、シャワー浴びようか・・・」までの時間はどれくらいが適切か?というテーマである。

 私はすぐさま「45分!!」と主張した。しかし、その主張は斥けられた。「長すぎる・・・」といわれるのかと思ったら、「短すぎる・・・」との反論であった。

 「えっ、みんなそんなに長いの・・・」と内心疑問に思った。30分では短いであろうが、60分ではだれてしまう・・・やはり45分が適切と思われるのであるが・・・

 もしかしたら、多感な中学生のころ、45分もののカセットテープを愛用していたことがその根源であろうか?45分という長さが私の中ではれっきとしたスタンダードとして確立しているようなのである。

2009/12/2

1358:久々の80台  

 今日は快晴。風もほどんどなく穏やかな12月の一日であった。今日の天候は絶好のゴルフ日和。文句のつけようのないコンディションであった。

 事務所主宰のゴルフコンペを年に3回行っている。顧問先の会社の社長でゴルフをする方に声をかけて、毎回20名前後が参加する。

 今日は21名の参加で、6組のコンペとなった。場所は西武園ゴルフ場。ここはとても近い。やはり、近いことはいいことである。早起きする必要はなく、普段通りの時間に起きだしても十分に間に合った。

 西武園ゴルフ場は距離が短い。一般的なゴルフ場に比べて20%は短いのではないであろうか。グリーンが結構速いのとOBゾーンが近いのを気をつければ、良いスコアがでるゴルフコースである。

 しかも、絶好のコンディション。12月のゴルフとしてはこれ以上ないという良い天候であった。

 「今日はさすがにいいスコアが出るだろう・・・」と内心思っていたのである。主催者であるので気を使わなければいけないことを差し引いても、「これはいける・・・」と思っていた。

 朝一番のティーショット。やや左に引っ掛けてしまったが、左斜面が受けていたので大きなトラブルにならず、ボギーで収めた。その後はドライバーショットが良かったり悪かったりと多少落ち着かなかったが、アイアンが切れていて午前中は「40」であった。

 これは私としては上出来のスコアである。午前中を終わって「80代は確実・・・うまくいけば80代前半も可能性がある・・・」と、今日の天気のように晴れやかな気分で昼食に「チンジャオロースー」をほおばった。

 しかし、午後は午前中のアイアンの切れがなぜか鈍り始め、スコアは伸びなかった。ボギーペースの「45」であった。

 トータルで「85」。距離の短い西武園ゴルフ場であったが、なにはともあれ久々の80台である。これはこれで素直に喜びたい。

 ゴルフ再生は来年が本場。オーディオのほうが随分と落ち着いてきたので来年はゴルフに大きくシフトする予定である。毎回のように今日のようなスコアを出すことを目指して練習に励もう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ