2009/12/31

1387:コラーゲン鍋  

 寒い冬は鍋である。特に年末年始は親類が集まることが多いので、鍋の機会が増える。定番は「水炊き」「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」など。しかし、最近はバリエーションが増えて、「キムチ鍋」や「豆乳鍋」なんていうひとひねり加わったものも多い。

 少し前、とある忘年会で「トマト鍋」を初体験した。一瞬耳を疑ったが、最近人気があるとのこと。食してみたらまずまずであった。

 我が家で最近人気があるのが「コラーゲン鍋」。スーパーでコラーゲン鍋の素を買ってきて、それを土鍋に空けて、ポータブルガスコンロで沸騰させる。その後鶏肉、豆腐、ねぎ、油揚げ、キャベツ、しめじ、水菜をいれるだけという簡単さ。

 スープは白くクリーミー。子供達にも大人気である。特に油揚げとキャベツがとても美味しく食べられる。油揚げもキャベツも鍋の具としてはいたってマイナーな存在であるが、「コラーゲン鍋」では鳥肉をも凌駕する魅力を発散するのである。鍋の後残ったスープにご飯を入れて雑炊にするとこれがまた美味である。

 大晦日の今日は、この「コラーゲン鍋」を家族と親類で食しながら、紅白歌合戦をテレビで観た。あのイギリスのオーディション番組で全世界的に有名になったスーザン・ボイルが出ていたのが印象的であった。

 ここ数年視聴率が低迷している紅白歌合戦であるが、スーザン・ボイルが歌っている時間帯はかなり視聴率を取り戻したのではないかと思えるような盛り上りであった。

 あと2時間ほどで今年も終わる。来年は2010年。切りの良い数字である。2000年から2009年までの10年間のことは何と呼ぶのであろうか。20世紀の間は「70年代」「80年代」「90年代」と10年ごとに一区切りしてきた。では2000年から2009年までの10年間は「ゼロ年代」であろうか。

 明日からは2010年になるので「10年代」の始まりである。「90年代」と「ゼロ年代」の20年間は、日本の経済にとっては「失われた20年」であった。「10年代」になって日本経済に明るい兆しが訪れるかどうかはかなり疑わしいが、少しでも良い方向に向かってくれることを願わざる得ない。

2009/12/30

1386:濡れ衣  

 今は2009年12月30日23時53分である。12月30日という一日は終わろうとしている。そして2009年に残された日はほとんどきっかり1日という状況となった。

 この時期になるとこの1年を総括するようなテレビ番組をやっていいる。私自身も仕事納めを終え、自宅の大掃除もどうにか一段楽したこの時期には、過ぎ去ろうとしているこの1年を少しばかり振り返る。

 昨年の年末にQUAD22とQUADUが我が家にやってきたので、それからほぼ1年が経過した。QUADに嵌るきっかけはQUAD44とQUAD405のペアであった。ペアで12万で取得してしばらくセカンドシステムとして活用していた。それからQUAD33とQUAD303のペアをhiroさんからお借りしてこちらもしばらく使ってみた。

 そして、鮭が川をさかのぼるかのようにQUAD22とQUADUのペアにまでたどりついた。そしてこの1年でQUAD22とQUADUのペアはメインシステムもサブシステムも駆動することとなり、まさに中枢の位置を確保することとなった。

 そして従来より使用していたより高価で大型のセパレートアンプは我が家を去ることとなったのである。

 そう振り返ってみると2009年という年は、我が家のオーディオにとってQUAD22とQUADUのペアが完全に浸透した1年であったともいえる。

 結局我が家にあるアンプはQUAD22とQUADUのみになった。しかも、QUAD22が頻繁に故障するので結局3セットを購入した。

 五味康祐氏も一時期QUADのアンプを3セット所有されたことがある。氏の書かれた文章で知ったのであるが、外形だけは我が家も似たような状況となったのである。

 このQUAD22、音は素晴らしいのであるが、少々厄介な代物である。よく故障するのである。3台のQUAD22は申し合わせたかのように不調を次々に訴えてくる。その都度修理に出していたのであるが、3台がそろって万全な状態で可動可能であったことがないくらいであった。

 そして、昨日も1階においてあったQUADが不調を訴えた。QUAD22の真空管が原因ではと思って、交換したところ治まったかに見えた。

 しかし、今朝おもむろにレコードをかけたら、症状がでた。左チャンネルからだけ「ズズズッ〜」とノイズがもれ始めたのである。

 「EF86ではなかったのか・・・濡れ衣を着せてしまった・・・」と思った。また修理の旅に出すことになりそうである。3セットのうち1セットはYさんのところでブラッシュアップ作業を受けている。このセットが年明けには戻ってくるはずである。そうしたら1階のセットを修理に出すことにしよう。

 2009年はQUADが隅々まで浸透した1年であった。2010年もQUAD支配の状況は変わらないはずであるが、どうにかもう少し安定した動作を願いたいものである。

2009/12/29

1385:EF86  

クリックすると元のサイズで表示します

 目を凝らしてよく見ると「Marconi EF86 Z729 BRITISH MADE」と印字されている。「Marconi」って聞くとなんとなくイタリアンな感じであるが英国製のようである。このEF86という型番の真空管はQUAD22にもQUADUにも使われている。

 この頃1階のリスニングルームでは左側のスピーカーから時々「ズズズッ〜」と蕎麦をすすりこむときのような音のノイズが出るようになった。一旦電源を切りしばらくしてからそっと電源をONにすると治まるので、そのままにしていたのであるが、その頻度がだんだん頻繁になってきた。

 「これはきっと真空管だな・・・」と思った。「それもQUAD22の真空管が怪しい・・・」と狙いをつけて、QUAD22のなかに接続されているEF86を取り出し、2階のQUAD22に取り付けてあるEF86と交換した。

 すると蕎麦をすする音は収まった。「やはりQUAD22の真空管か・・・」とあてずっぽうに取り換えたのに一発で治まったので、「俺って意外と直感力が優れているのかも・・・」と悦に入った。

 しかし、悦に入ってばかりもいられない。もし本当にQUAD22のEF86がダメになったのであれば、新たに調達する必要があるのである。

 しかも、現在は程度の良い真空管は高価なうえ、在庫そのものが少ないといわれている。とりあえずUNICORNさんに紹介していただいたアンディックス・オーディオにメールを入れた。在庫があればいいのであるが・・・

 このEF86はとても小さな真空管である。しげしげと眺めてみると、美しいものである。「なんだかコンドームに似ていなくもないな・・・」などと不謹慎なことを思ったりもするが、この小さな真空管が別のメーカーのものにかわるときっと音も変わってしまうのであろう。

 QUAD22とQUADUのペアは3セットあるので、今すぐにEF86をゲットしなければならないわけではないが、良いものがあったら手に入れてた方がよさそうである。でも良いものはきっと高いのであろう。

2009/12/28

1384:完全分離  

 「イカのキンタマは左右で大きさも色も違う作戦」を現在展開中である。無秩序に増殖した我が家のオーディオ事情に関しては、先日Paoさんからは「イカのキンタマ」と評されてしまった。その言葉に反発した訳ではないのであるが、大規模なリストラによるスリム化を実行した。

 その結果、1階はアナログ専用構成となった。その送り手はグレードアップされたLINN LP12である。QUAD22とQUADUを経てTANNOY CHATWORTHにつながるそのラインはシンプルにしてコンパクト。8畳の狭いリスニングルームであってもすっきりと納まる。その様子はいささか物足りないくらいであるが、「Simple is best.」と勝手に思っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 逆に2階はデジタル専用構成となったのである。送り出しは一体型でいたってコンパクトなLINN CD12である。ここから送り出された音楽信号はQUAD22とQUADUを経由してQUAD ESLから室内に放出される。

 2階は1階よりも広い。その広さは15畳程度であろうか。しかし、専用ルームではない。主寝室が本来の用途である。そこに無理やりにオーディオセットを押し込んだのである。なので電源対策も音響対策も無いに等しい。1階に比べると広さ以外はまったく不利な環境である。
 
 とりあえずそれぞれの部屋が単機能となった。そしてデジタルとアナログは完全分離された。デジタル完全撤退も考えたのであるが、CDもそれなりの枚数があるので結局踏み切れずに、分離する方を選んだのである。

 これで「イカのキンタマは左右で大きさも色も違う」とPaoさんに反論する予定でいる。しかし、その構成を落ち着いてじっくり眺めると、「アナログとデジタルというソースの違いがあるが、機器構成がとても似かよっている・・・」と思ってしまった。しかも全て英国製。さらに全てコンパクト・・・

 「ほとんど同じようなものですね・・・50歩100歩といったところでしょうか・・・二つに分ける意味がまったく分かりません」とPaoさんに言われそうであるのが、少々気になる今回の作戦である。

2009/12/27

1383:洗浄力  

クリックすると元のサイズで表示します

 Hannl Mera ELが我が家にやってきた。大幅なオーディオ縮小により多くのオーディオ機器が我が家から去っていった。そんなリストラ吹き荒れる我が家にあって唯一グレードアップされたのが、レコードクリーナーである。

 従来から使っていたのがVPI HW-17であった。これは現在国内で販売されているHW-16.5の上級機。洗浄液がボタン一つで洗浄ブラシから出るうえ、反転機能もある。

 しかも最近はHannl製の洗浄液を取得してそれをVPI HW-17で使用していた。それなりに効果があるのであるが、やはり本物を使ってみたという欲望は抑え切れなかった。

 先日Wさんのお宅でHannl Mera ELの実物を見てその効果の程を確かめたことも大きなきっかけとなった。実物は予想以上にコンパクトであった。しかも、その造り込みの精度の高さは最近のフォルクスワーゲンも真っ青といったレベルであった。

 我が家でのMera ELでの洗浄対象第1号は、「ITZHAK PERLMAN/BEETHOVEN VIOLIN SONATAS NO.1 NO.10 」(DECCA SXL6790)。オリジナル盤であるが結構針音が気になるうえ最内周では音が若干割れる。

 マニュアルを見ながら所定のクリーニングをしてみる。そして、しばらく乾燥を待って音だししてみてた。口がとんがった。「ふ〜ん・・・」とつぶやいた。そして無意識ににんまりした。

 確かに高価である。我が家のプリアンプとパワーアンプの合計額よりも高い。いやそれだけでない我が家のスピーカーの価格より高いのである。本末転倒度合いは相当高いものがあるが、「これにはそれだけの価値がある・・・」とうなずかせる。なんせ我が家ではレコードが完全にメインソース。オーディオで聴くのは9割以上がレコードという状況である。そういう状況ではHannl Mera ELは心強い味方である。

2009/12/26

1382:4時間  

 4時間を2でわると2時間である。あるいは2時間を2回繰り返せば4時間である。これを算式で表すと、4÷2=2あるいは2+2=4ということになる。この数式は見ているととてもスッキリしていて、バランスが良い。

 今日は体がとてもスッキリとして、バランスが良くなった。杉並区の「PRO・FIT」で治療してもらったのである。「PRO・FIT」は時としてサッカー場になったり、野球場になったりする多目的空間であるが、本来の用途は整体院である。その多目的空間を管理されているのはチューバホーンさんである。

 思いのほか体は歪んでいたようである。体の各部と全体のバランスをチェックして要修正箇所を割り出し、少しづつ調整していく。すると徐々に体が本来のバランスを取り戻し軽くなっていくのである。まさに職人芸・・・素晴らし体験であった。

 治療に要した時間は2時間である。整体というと「かなり痛いのかな・・・」という心配をしていたのであるが、まったくの杞憂であった。治療中はとても心地よく、2時間という時間がとても短く感じた。

クリックすると元のサイズで表示します

 「PRO・FIT」はサッカー場、野球場、整体院の他にもう一つの顔を持っている。それは、XERXES20レコードコンサート会場である。

 まずは持参した「CARL SCHRICHT:WIENER PHILHARMONIKER/BRUCKNER 9.SINFONIE」を聴いた。イギリスの石畳を思わせる趣のある音である。このレコードはドイツ盤なのであるが、ドイツ盤らしい足周り固めのしっかり感がでている。その後何枚かのレコードを聴いたが、良い意味でイギリス的な落ち着き感や渋みが感じられた。

 その後合流されたAさんと3人で、幾つかの聴き比べも行った。まずは我が家から持参したROKSNAのフォノイコを試してみた。現用のLINN LINTOからROKSANに換えたところ、少しばかり化粧気が乗った。LINTOは素の良さがあり、より自然な感じである。

 XERXES20の下に2重に敷いてあった黒いボードとコリアンボードの有り無しも実験してみたが、黒いボードは断然有りが良く、コリアンボードは断然無い方が良かった。しかし、この黒い謎のボードは結構凄い効果がある。かなり前に相当高価な価格で販売されていたもののようであるが、XERXES20との相性は抜群であった。LP-12にも効果がありそうであったが、残念ながら入手の可能性はほとんどないとのことであった。

 XERXES20のレコードコンサートは2時間経過した時点で会場を後にした。体の治療に2時間、レコードコンサートに2時間、合計で4時間の時間を過ごした。なんだかとてもバランスの良い時間の過ごし方をしたような気がする。それは体が本来のバランスを取り戻したからであろうか・・・

2009/12/25

1381:RGPC  

 今日はクリスマス。イエス・キリストの誕生日である。聖なる日である。我が家はクリスチャンではないが、家族そろってささやかにお祝いした。

 少しばかりアルコールもたしなんだ。ほんの少量ではあったが、アルコールに弱い私には十分な量であった。食事を終え、ケーキを食べ終わるころには睡魔が襲ってきた。そして、その後ベッドへ急行、数時間心地よい眠りに陥った。

 昨日届いた昇圧トランスはなかなか優れものであった。調所電器のトランスは1500VAの容量で73,500円・・・この価格が安いのか高いのかは不明であるが、もたらしてくれた効果を考えると安いような気がしている。

 この黒く大きな図体を見ていると、先日のオーディオイベントで出会ったあるものを思い出す。それは、RGPCというメーカーの「400Pro」である。

 「パラレル・パワー・デリバリー・ACエンハンサー」という機能を有している。チョークコイルをAC電源に並列に挿入することにより機器へのAC電源供給を改善し、音質を飛躍的に向上するもの。価格は166,000円・・・調所電器のトランスの倍以上の価格である。

 しかし、この種の製品としては平均的な価格ではないのであろうか。大きさは結構あり、かなり重そうである。輸入元の予想に反して好評をはくし、相当数が売れたようである。
 
 黒川さんもお持ちとのことであった。そういえば、オルフィさんのお宅を訪問したときにも目にしたような記憶がある。かなり優れもののようである。

 イベントでは「有る無し実験」も行われた。その際に面白かったのは、単なる「有る無し実験」だけでなく、機器に電源を供給している電源タップの空いたコンセントにこの400Proの電源コードを挿した状態での音も確かめたことである。

 つまり400Proには機器の電源コードは繋がれていない状態である。電源タップを400Proが機器と共有しているだけなのであるが、結構劇的に音に変化がある。しかもこれがなかなか良い感じの変化なのである。

 昔、空いたコンセントに差し込むだけでノイズを除去する小さなアクセサリー製品があったが、それと同じ原理なのかもしれない。

 その時の実験では機器の電源ケーブルを400Proに直接挿し込んだときよりも、電源タップを共有しただけのときのほうが印象が良かったのである。

 400Proと電源タップを買って機器の電源コードはタップに挿入し、電源タップの空いたコンセントに400Proの電源コードを挿し込む・・・400Proとオーディオ機器は直接は接しない。こういった贅沢な使い方をしてみたくなった。でもこういう使い方だとなんだかもったいないような気がするのは、持って生まれた貧乏性のためであろうか・・・

2009/12/24

1380:昇圧トランス  

クリックすると元のサイズで表示します

 調所電器の昇圧トランスが届いた。私にとってはちょっとしたクリスマスプレゼントといったところ。(残念ながらお金は自分で払ったが・・・)

 「でかい・・・重い・・・黒い・・・」というのが第一印象。とてもしっかり造られている。なんだか無条件に頼りがいがあるのである。

 従来使っていたものとはまったく違う。やはり「オマケ」で付いてきた昇圧トランスとはものが違う。小学生の頃散髪屋さんにいくと帰り際に決まって「グリコ」をくれた。そしてその箱の上部には小さな箱がついていて、そのなかにはかわいらしい「オマケ」がついていた。

 大概がプラスチックでできたトラックやヘリコプターなどが入っていた。それが結構楽しみであった。くすぐったくて嫌であった顔そりもそのオマケがあったから耐えられたのである。

 しかし、「オマケ」はやはり「オマケ」に過ぎない。1週間も子供の興味をひきつけ続けることはできなかった。

 ビンテージオーディオ・ショップで買ったQUAD22 QUADUには昇圧トランスが「オマケ」で付いてきた。確か7,000円程度の価格と聞いた。

 しかし、やはり「オマケ」にすぎなかった。立派な昇圧トランスを新調して、その音を聴いたら、その思いは強くなった。

 音に随分と余裕がでたのである。電源はやはり大切である。そんな「基本中の基本」をおろそかにしていた私は「オーディオ・マニア失格」である。そんな心に重くのしかかるレッテルを貼られてしまうようなことを平気でしていたとは、反省しきりである。

 黒くて大きい。まさに頼もしいかぎりの巨体である。オーディオ機器はコンパクトで軽量なものが好きで、今やほとんど全てそういった機器でしめられている我が家のオーディオ事情であるが、昇圧トランスだけは重く大きいものが良いようである。

 「おおきい・・・」と女性にささやかれると、悪い気はしないものであるが、調所トランスを眺めながら「おおきい・・・」と中年オヤジがつぶやきながら微笑んでも、まったく絵にはならない・・・

2009/12/23

1379:フレンチレストラン  

 普段、外食する時は「秋刀魚の塩焼き定食」や「木須肉定食」などを選択することが多い。価格は600円〜800円といったところ。

 私はけっして美食家ではないが、ごく稀に高級なフレンチレストランでフルコースを食したりする。そういう時は結構感動する。「やはり、違うもんだ・・・」と心の底から思うのである。

 今日はオーディオでそういった体験をした。ダイナミックオーディオ 5555 H.A.L.3での「STELLAVOX クリスマス イブ・イブ試聴会」に参加したのである。pontaさんと一緒に行ったのであるが、会場で黒川さんにもお会いした。

 STELLAVOXはまさに高級レストランのようなもの。今日のメインディッシュはVIVID AUDIO G1GIYA。前菜はEINSTEIN、魚料理はGOLDMUND。そしてデザートはbrinkmann。といったコースメニューであった。

 まずはENISTEIN。ドイツ製の高級オーディオ機器で、真空管の良さが凄く活きている。かなり個性的なデザインであるが、その音はじっくりと聴かせる。当初想像していた以上に素晴らしかった。ステファニー、ジェニファー・ウォーンズと女性ボーカルを最初に聴いたのであるが、初っ端からそのレベルの高さに驚愕した。

 次はGOLDMUNDである。幾つかのパターンで聴いたが、最後はMIMESIS 22 SignatureとTELOS 1000という超高級ラインナップで聴いた。「さすがである・・・しかし、その非現実的な価格を考えたら、さすがなのは当然かもしれない・・・」

 そしてbrinkmann。実は今回のイベントに参加した真の目的はこれである。ドイツ製のレコードプレーヤーで、デザインはとても精悍。きわめて精度が高い工業製品といった雰囲気をその全身から醸し出している。

クリックすると元のサイズで表示します

 ENSTEINのときには生憎かかったレコードが過去の名盤をESOTERICが再発したものであったが、ソフトが悪すぎてbrinkmannの良さがまったく分からなかった。

 しかし、GOLDMUNDのMIMESIS 22 SignatureとTELOS 1000の組合せのときにbrinkmannで聴いたリンダ・ロンシュタットは良かった。使用機器の定価を全て足した金額も凄いが、出てきた音も凄かった。

 「お腹いっぱいである・・・」高級フレンチレストランでのフルコースはやはり凄かった。ごくたまにはこういった体験も良いものである。日常的には体験したいとは思わないが、年に数回程度であれば良いと思った。 

2009/12/22

1378:Hannl Mera  

 Hannlのレコードクリーナーには現在2種類がある。一つは「Mera」という商品名がついた高級タイプ。回転のスピードやバキュームの吸引力を調整できる機能が付いている高機能タイプである。

 もう一つは、そういった調整機能を省いてコストパフォーマンスを高めた「Limited」である。しかし、「Limited」であっても基本的な性能は変わらない。さらに「Limited」も全世界的に大人気で商品不足が続いている回転式洗浄ブラシを装着することができる。両者の価格差は約15万円。

 それであれば、「Limited」を選択し、回転洗浄ブラシをオプションで選ぶことが賢明ではないかと思った。これが「賢者の選択」であろう。

 一昨日Wさんがおもむろに「最近これ買ったんですよ・・・」と言って出されたのが、Hannl Meraであった。「これ、欲しいやつだ・・・」と内心でつぶやく。

 思ったよりもコンパクトである。我が家では現在VPI製のレコードクリーナーを愛用しているが、Hannlと比べるとその造り込みの精度には相当な差がある。アメリカ車とドイツ車を比べたときのような差が歴然とある。

 そして、Wさんのお宅でHannl Meraでの洗浄前と洗浄後聴き比べ実験も行った。その聴き比べをして、「これ、やっぱり欲しい・・・本当に優れものである・・・」と心にじわじわと購入欲が迫ってくる。

 「Mera」の高機能も魅力であるが、価格を考えると「Limited」か・・・と思っていたが、今日新たな情報が入ってきた。

 「Mera」は回転スピードを調整できる。この機能を活用して、洗浄時の回転スピードを上げて強力な洗浄を行い、吸引時にはゆっくり回転させることにより、汚れを洗浄液とともにしっかり吸い上げる。このことにより「Mera」の洗浄能力をフル活用できるというものである。

 「Limited」には、この調整機能がないので真のHannlの凄さがでない・・・それがこの価格差に反映されているようである。

 レコードは貴重な財産である。私はいわゆる「レコード・コレクター」ではないが、購入したレコードはできれば良いコンディションで保管したいものである。

 オーディオは今後大きく縮小させる予定である。アナログもCDも一系統に絞る予定である。スピーカーとアンプは2系統存続させるが、無秩序に増殖したオーディオはぐっとシンプルになる。

 縮小ばかりでは意気消沈してしまうので、レコードクリーナーはVPIからHannlに大幅にグレードアップしたい・・・Hannl Meraに対する購入欲はめらめらと燃え上がるのであった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ