2009/11/20

1346:ENGLISH MUFFINS  

 PHILIPSのトレードマークはまるのなかに天の川を模したような波状の3本線が流れその上下に2個づつの星がきらめいている。少しばかりスバルのトレードマークに似ていなくもない。

 最近よく聴くレコードが何故かPHILIPSレベールのものが多かったので、そのトレードマークが目に付いたのである。PHILIPSレーベルのレコードの音はどことなく艶っぽい。トレードマークのなかに輝く4個の星がその音の特徴を象徴しているようでもある。

クリックすると元のサイズで表示します

 最近良く聴くPHILIPSレーベルのレコードの一枚がこれ。CHRISTINE WALEVSKAのチェロ、EDO DE WAART指揮English Chamber Orchestraの演奏でHAYDNのチェロ協奏曲第1番、第2番。

 クラシックのレコードでもいわゆる「ジャケ買い」というものがある。これはその代表的なもの。CHRISTINE WALEVSKAは実際にはそれほどの美人ではない。しかし、この写真ではきわめて美しく写っている。妖艶な雰囲気さえ漂わせている。

 そして全体の構成や配色、背景の美しさなどが渾然一体となって、このジャケットからは不思議な魅力が発散されている。ショップでレコードをあさるすばやい手の動きが瞬間冷却されたようにこのレコードで止まった。

 我が家に帰ってレコードに針を降ろし、その出てきた音を耳にしたとき、このジャケットを目にしたときと同じ印象を持った。「美しい・・・妖艶ですらある・・・」

 その音を聴いていると、無関連ではあるが溶けたバターの輝かしい黄色とその滑らかな匂いを連想してしまった。何故かしらそれは単純に溶けたバターではなく、カリカリに焼いたENGLISH MUFFINSの上で溶けているバターなのである。

 ENGLISH MUFFINSの表面はカリッとしている。バターが溶けた内側はもっちりしている。そういった食感がこのレコードの音からは連想されたのである。

 「ENGLISH MUFFINSはPascoからしかでていないのであろうか?他のメーカーのものを見たことがないのであるが、山崎パンからもでているのであろうか?」

 そんなどうでもいいことを頭にぼんやり浮かべながら聴くHAYDNのチェロ協奏曲第1番は、やはり香ばしい良い味を出していた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ