2009/11/10

1336:まくり  

 「まくり」にはいろいろな「まくり」がある。「食べまくり」「遊びまくり」「褒めまくり」「ビビリまくり」「やりまくり」などなど・・・数え上げたらきりがない。

 小学2年生のころ夢中になった遊びは「スーカートまくり」であった。これは別名「スカートめくり」ともいう。「スカートめくり」というとどことなく卑猥で卑怯な印象を受けるが、「スカートまくり」というと豪快で痛快な響きが宿る。ぞぞぞっと女子の背後に回ってがばっと一気に「まくる」、その後は疾風のように駆けてゆく。そのスピード感が「まくり」の方がでると思うのである。

 いずれにしても「まくり」には、破目を外したときに感じられる勢いというものがその語感に含まれているのである。

 しかし、一般的には「まくり」の後にはあまり良い結果は出ないものである。「食べまくった」後には腹痛に襲われる危険性が高いうえ、健康にも良くない。メタボの体質形成すら誘発する。

 「遊びまくった」後には金欠病にかかる可能性がグッと高まり、体力の消耗も激しいはずである。「まくった」後には、何事も節度を持ってことにあたるべきである、という反省を伴うのが通例である。

 確かにその通りなのである。何事も節度を持って、良識を持って慎重に判断すべきであり、軽率な行動は慎まなければならない。

 しかし、私は「まくり」好きである。一旦気に入ると「これは良いのでは・・・」とついつい深入りしがちな傾向がある。

 2階のリスニングルームは普通の寝室である。6畳の和室に隣接していてその間仕切り用に引き違い戸が4枚ある。これがリスニングポジションから見て右側にあるのであるが、手でたたくと盛大に鳴る。音には良くなさそうである。

 そこでこの4枚の間仕切り戸に「レゾナンスチップ・スノウ」を貼り付けたところ音の濁りが減少、クリアになった。これに気をよくして1階のリスニングルームにも使ってみた。2階ほどではないが多少の改善効果はあった。

 そして、2階のリスニングルームを見ながら「右側だけに貼っているのはどうなんだろう、右側を攻めたら次は左側というのが定石である・・・バランスよく攻めないと・・・」という気になった。
 
 そこでもう1セットレゾナンスチップ・スノウを購入。2階のリスニングルームの壁に貼りまくった。その結果合計8個のレゾナンスチップ・スノウがESLの背後の空間に存在することとなった。貼り「まくり」である。

 この「まくり」の顛末はどうなのであろうか?やはり、他の「まくり」同様に節度を持った行動をとるべきであったという反省を伴うこととなるのであろうか?

 それともスカートまくり(別名:スカートめくり)のように「おっ、木綿の白!!」といった爽快感をもたらしてくれるのであろうか?
 
 「まくりも悪くないんでないの・・・結構良い線行ってるんでねえの・・・」という気になった。しかし、まくっている最中は冷静な判断ができないもの。「マクリナリン」という脳内麻薬が分泌されているからである。しばらく時間をかけて判断すべきであろう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ