2009/11/4

1330:腰痛  

 右腰に違和感を覚えたのは一昨日11月2日のことである。激しい痛みというほどではなのであるが、張りがあり少し痛む。骨が原因というのではなく、腰の筋が傷み軽い炎症を起こしているような感じである。

 この軽い腰痛は2日経過した今日も残っている。一昨日よりは少しばかり軽減されたような気がするが、違和感ははっきりと残っている。

 「まずいな・・・明日はゴルフの予定が入っている」「これでは90切りどころか100叩きの刑になりそうな予感が・・・」

 ゴルフにとって腰痛は天敵である。コブラにとってマングースが天敵であるのと同様に腰痛はゴルフにとっては全く性質の悪い存在である。

 ゴルフは上体を傾けてスウィングする。しかも腰の回転が良くないとボールも飛ばない。なので、腰に負担がかかるスポーツである。特にドライバーショットなど飛距離が必要となるショットの場合、それがより顕著である。

 「これではゴルフにならない・・・幹事には悪いがキャンセルするか・・・」とも思ったが、「少しばかり練習場で打ってみよう。傷みがひどいようならキャンセルしよう・・・」と思いなおし夕方少し時間をつくって練習場で1コイン分だけ打った。

 腰の違和感はあるが、スウィングできないほどの痛みはないようである。フルスウィングはできないが、どうにかこうにかボールを打つことはできそうである。

 これであれば、どうにかラウンドできそうである。飛距離はやはり落ちるが、力を抜いて打つ分ボールの方向性は良いようである。明日は5組のコンペである。やはり幹事には迷惑をかけたくはない。予定通りラウンドすることにした。

 今日は念入りにお風呂に入り、体を暖めたうえで、腰にホッカイロをあてて寝ることにしよう。そうすれば血行が良くなり、腰の違和感も多少軽減できるかもしれない。

 残念ながら明日は良いスコアは期待できない。人間傷みには弱いものである。それほど激しい傷みではなくとも、やはり恐る恐るのスウィングとなってしまう。明日はどうにか無事にラウンドできればよしとするしかないようである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ