2009/10/31

1326:もらい泣き  

 久し振りに結婚式に出席した。顧問先の会社の社長から「10月に娘が結婚することになってね。よかったら出席して欲しいのだけど・・・」といわれたのは2ケ月ほど前。「もちろんいいですよ・・・」と答えたのであるが、その社長とは開業したての頃からの付き合いであるから15年ほどになる。

 2年ほど前から娘さんがその会社で働き始めたことは知っていて、訪問時に何度か挨拶を交わした。まだ20代前半であるがしっかりした印象を受けた。

 その社長は典型的なワンマン。社員にも結構厳しくあたる。なので、社員の定着率はあまり高くない。そういった厳しい印象を与える社長であったが、娘さんには優しい視線を送っていたのが印象的であった。

 式はキリスト教式であったので、親族以外の出席者も全員式から参列。私もホテルのなかにある結婚式用の教会の椅子に座った。

 バージンロードを新婦とその父親が腕を組みながら神妙な面持ちで歩く。一歩一歩歩調を合わせ、多少ぎこちない感じで歩くのであるが、いつもは厳しい表情が多いその社長の目には大粒の涙が・・・

 その姿を見て思わず「もらい泣き」。二人の娘の父である私には、将来自分の娘が旅立っていく日のことを思わず重ねて見てしまったのであろうか?

 人の結婚式で「もらい泣き」しているようでは、自分の娘の結婚式ではどうなるのやら、と今から心配である。

 さらに披露宴の最後に、今の披露宴では定例となっているのか「新婦から両親への感謝の手紙」が朗読された。

 当然のことながら、新婦は泣きながらの朗読となる。それを聞く両親はハンカチを目から離すことができない。周りからも鼻をすする音が・・・

 ここでまたまた「もらい泣き」・・・年をとったのであろうか。何故かしら私の目からも大坪の涙が・・・自分の娘はまだまだ子供とは思ってはいるが、時が立つのは早いもの。いつかは私にもこんな日がくるのであろう。久し振りに参加した結婚式であったが、何かしら心洗われた気分になった。

2009/10/30

1325:Anne Briggs  

 Anne Briggsの歌声は独特である。その声は空に向かって突き抜けていくような印象を受ける。地面に這いつくばるようなことはけしてなく、上に上に抜けていく。

 自ら弾くギターの伴奏かまたはアカペラで歌われるのはイギリスの伝統的なメロディ。その独特な節回しと、情感を抑えたような淡々とした語り口には、心の垢を落としてくれるような、爽やかな浄化作用があるようである。

 乾ききった瘡蓋がきれいに取れるように、心の垢もぽろぽろと落ちていく。その後には既に新鮮な皮膚が再生の道筋をつけている。

 「Blackwater Side」を聴きながら、空に向かって昇ってゆく風船を想った。昔小学生だった頃、何かのイベントでメッセージを書いた紙切れを付けた風船をいっせいに空に放ったことがあった。

 黄色やブルー、赤などの原色系の色の風船が軽々と空に向かって昇ってゆく。もちろん一定の高度以上は進まないはずなのであるが、どこまでも上ってゆくように見えた。

 その色合いが判別できなるくらいまで遠くへ風船は昇っていった。それを飽きずに上を向いて眺めていたことが思い出される。

 その風船とメッセージは、どこかにたどり着いたのであろうか?風船の中には比重の軽い気体が入れられていたはずであるが、それが抜けていき小さくしぼんだ風船はどこか人気のないところに不時着したのであろうか?

 何を書いたかも忘れてしまったメッセージは誰にも読まれることなく、土くれに帰っていったのかもしれない。

 それは特別な感情を伴わない思い出である。楽しくも悲しくもない。甘い思い出でもない。Anne Briggsの歌声には、そんな純粋な時間の経過と大きな感情のうねりのない透明な思い出が含まれている。

 Anne BriggsのLPを聴いていると、心が軽くなる。心まで遠い昔の思い出の風船のように空に向かって昇り始めようとするかのようである。

2009/10/29

1324:三日坊主  

 3日連続・・・ゴルフの練習場に3日連続で行った。これは、私としては結構凄いことである。大概週に1回程度しかゴルフの練習場にはいかない。一旦は週に3回練習場に行こうと心に誓ったのであるが、まさに「三日坊主」に終わってしまった。

 しかし、ここ3回のラウンドのスコアが全て90台という不甲斐ない成績に終わってしまったので、さすがに「これはいけない・・・やはり立て直しには練習しかない・・・」と今更ながらの結論に至ったのである。まあ、これは分かりきったことではあるのであるが・・・

 仕事を終えてから、夜の9時に練習場に着いて1時間ほど打ち込む。まだ3日ではあるが、なんとなく球筋が少し安定してきたような気がしないでもない。そして、これまたまだ3日であるが、少しばかり体が締まったような気がしないでもない。いずれも希望的観測に過ぎないのではあるが、そんな気がするのである。

 中年になると、髪の悩み、腹回りの悩み、精力の悩み・・・といろいろな悩みが出てくるもの。髪は今のところ問題はなさそうである。腹回りは油断するとやはり危険を感じる。ぱっと見はまだまだ大丈夫なのであるが、時々「まずいかな・・・」という気にもなる。精力の悩みは・・・これははじに置いておこう。

 練習場で1時間ほど打ち込むと、それなりの運動量はあるはずである。これを相当頻度高く行えば、相当な引締め効果があるはずである。腹回りのだぶつきは精神的にやはりダメージとなる。どうにか今の体形を維持したいものである。ゴルフのスコアも上がり、体の引締め効果もあるとなると、これはどうにか続けたいものである。

 10月、11月はいいのである。結構快適である。問題は12月以降である。冬の寒さが本格的になってくると、夜の9時にゴルフの練習場に行くにはそれなりの腹の括りが必要となってくる。猫でなくても寒い冬にはコタツでまるくなりたくなるものである。

 次のラウンドは来週の木曜日である。4回連続90台となると結構ショックが大きい。ぜひとも久々の80台でまわりたいものである。それには、しっかりと練習場で球を打ち込むしかないであろう。今度こそ三日坊主では終わらせないようにしないと・・・

2009/10/28

1323:ルッコラ  

 「しりとり」において、有効な攻撃手段は「る攻め」である。「る」から始まる言葉は比較的少ない。なので、「る」で終わる言葉を返すことによって相手を苦しめるのである。

 「る」とくると定番は「ルビー」「瑠璃」・・・何故か宝石がらみ。だんだん詰まってくると「ルクセンブルグ」なんてかなりきわどい切りかえしで応酬する。「それどこだよ・・・」という突っ込みも入るが、「ルクセンブルグだよ、ヨーロッパにある小さな国だよ、習っただろ・・・」とやり返す。

 とある昔の日、「る攻め」で相手をやり込めたと思ったところ、「ルッコラ!!」と切りかえされた。「なんだよ、ルッコラって・・・ラッコの親戚か?」と突っ込んだところ「ルッコラって野菜だよ・・・」というので「そんなの聞いたことも食ったこともないぞ!!」と問い詰めた。

 今ではルッコラは比較的有名な野菜であるが数十年前には全くの無名。そんな名前の野菜など存在すら知らなかった。

 ルッコラは、肉料理の付け合せやイタリア料理に使われることが多く、その見た目はとても素直な野菜である。特にこれっと言った特徴がなく自然な佇まい。少し小ぶりなほうれん草といった風情。

 生で食べると少しゴマに似た味わいがあり、多少の辛味成分が含まれている。が、強いくせのある香りはなく比較的食べやすい。

 ルッコラには、ほうれん草の4倍のビタミンC、ピーマンの30倍のカルシウム、モロヘイヤと同等の鉄分が含まれているとのことで、栄養的にはなかなかの優れもの。

 我が家のオーディオ・システムのメインディッシュはやはりスピーカー。1階はTANNOY CHATSWORTH、2階はQUAD ESL。では付け合せはというと、QUAD 22であろう。

 とても小ぶりなQUAD 22はルッコラ的な存在である。ビタミンC、カルシウム、鉄分が豊富に含まれているようである。くせの強い香りはないが、どことなく人懐こい感じの味わいがある。

 その朴訥とした表情は、気持ちを穏やかなものにしてくれる。けっして主役ではなのであるが、システム全体の調和を図る貴重な存在である。

 「ルパシカ!」とある昔の日、友人が切りかえした。「何だよそれ!突然変異した鹿か何かか?」「ルパシカだよ・・・ナウシカが着ているやつ」「ほう・・じゃあ・・・カバーガール・・・」「何それ・・・」

2009/10/27

1322:GZ32  

クリックすると元のサイズで表示します

 整流管は「流れを整える」と書くので、きっと何かしら重要な働きをしているのであろう。1階のQUAD Uは、その整流管を取り換えたところ大きな変化があった。

 QUAD Uの整流管はGZ32という型番のものがついている。それをSTCのもの昨日取り換えたのであるが、音がリフレッシュされた。

 もともとついていたGZ32を眺めながらふと思った。「同じGZ32でもメーカーが違うと音も結構違うのではないか・・」

 そこで2階のQUAD Uの整流管を抜いてみた。1階のものとはメーカーが違う。姿形は同じであるが印字されているメーカーが違うのである。どちらも「MADE IN ENGLAND」ではあるが、メーカーが違えば同じ形式の真空管であっても音は違うはず。

 そこで2階のQUAD Uの整流管を取り換えてみた。そして、最近よく聴く何枚かのCDをかけてみた。交響曲、女性ボーカル、バロックと何曲か聴いてみたが、何かしら音の佇まいに熱気がこもるようになった。

 従来のものの場合、「結構冷静に対処します」的な冷たさが若干あったのであるが、音の温度感が高めに感じられる。色合いの濃さが増したということであろう。

 こちらの方が好みである。なので、従来2階のQUAD Uにささっていた整流管が余ってしまった。これは大事に箱に入れてストックしておこう。真空管はいつダメになるか分からない。もしもの時のストックはしっかりしておく必要がある。

 しかし、改めて真空管の奥深さを感じた。これからは折を見て他の真空管も手に入れて、チェックしてみたくなる。貴重なビンテージ管は高騰していると聞く。確かに一種消耗品であるので、数は減っていくはずである。日頃から情報収集に努めておく必要がありそうである。

2009/10/26

1321:新車の香り  

クリックすると元のサイズで表示します

 QUAD Uの出力管はKT66。少しぽっちゃりした真空管が2本仲良く並んでいる。1台に2本づつなので合計4本。そしてそのKT66の後方に佇んでいるのが整流管である。

 整流管のGZ32はKT66よりも一回りスリム。主役であるKT66を立てながら影でしっかり音の流れを形作っている。出力管よりも音に与える影響は大きいとも言われる整流管であるが、実は昨日STCというメーカーの整流管をGETした。

 オルフィさんから譲っていただいたのである。オルフィさんは真空管パワーアンプにとても詳しい。代々真空管式のパワーアンプを使ってこられたからである。

 最初にお邪魔した時はLUXの真空管式パワーアンプを合計4台使われていた。その後お邪魔した時にはOCTAVEに変わっていた。(OCTAVEのモノラルのパワーアンプに刺さっていた真空管は全て別なものに取り替えられていた。)

 そして、今はMARANTZのPROJECT T-1。究極の真空管式パワーアンプである。当然真空管にも造詣が深くなる。

 そのオルフィさんがGZ32との互換性のあるSTC製の真空管が手元にあるというので譲っていただいたのである。未使用の新品である。

 その整流管を早速試してみたのである。STC製の整流管はGZ32よりも若干大きい。体つきのメリハリ感もボンキュッボンである。

 さて肝心なその音であるが、「新車の香りがする・・・」と思ってしまった。新車には「新車の香り」がある。それはダッシュボードなどの樹脂製品が放つものなのか、3ケ月程は確かに車に充満している。しかしある一定期間が経過すると薄らいでゆき、やがてなくなってしまう。

 「新車の香り」は大好きである。この香りがある間は丁寧な運転を心がける。何かしら心に満足感や充足感を与えてくれる香りなのである。

 その「新車の香り」がこの整流管を使うと音から感じられるのである。「いや〜ずいぶんと印象が違うものである・・・GZ32がアラサーのおっぱいだとするとSTCは二十歳前後の張りのあるおっぱいか・・・」とPaoさん張りの論評もしたくなる気分である。

2009/10/25

1320:主役の座  

クリックすると元のサイズで表示します

 音は耳で聴くものではあるが、同時に体全体でも感じるもののような気がする。自分の好みにしっくりくると、なんとなく「腑に落ちる」とでも表現すべきなのか、耳にも体にもすっきり収まる。

 オルフィ邸で最初に聴かせていただいたのはバッハの無伴奏バイオリン・ソナタ。その音を一聴して、すぐさま腑に落ちた。バイオリンの音に生気がみなぎっている。豊かな響きが上に向かって飛散し天井に当たった音の微粒子が心に降り注いでくるようである。その音は確かな温度感と凝縮感に溢れ、強奏時にもけっして突き刺さるような不快な音にならない。

 今年の1月にお邪魔したときには、アバロンのダイヤモンドが鎮座していたのであるが、今日は従来から使われていたガルネリ・オマージュが主役の座を射止めていた。そして、リスニングポイントの後方にはダイヤモンドの後しばらく主役の候補としてリハーサルを繰り返していたガルネリ・パラディオが佇んでいた。

 ダイヤモンドもガルネリ・パラディオも残念ながらこの静謐なリスニングルームの主役には結局なれなかった。年の功というわけでもないのであろうが年長者であるガルネリ・オマージュは経験の差を見せつけてくれたようである。

 このスピーカー。フランコ・セルブリン氏の気合の入れ方が半端ではなかったようである。コストも手間も惜しまずその持てる全力を注入した渾身の製品なのであろう。後発のパラディオを完全に凌駕する勢いがある。

 送り出しはワイスのペア。ワイスのDAコンバーターのボリューム機能を使ってパワーアンプにダイレクト接続。パワーアンプはマランツ Project T-1。こちらも渾身の一作といえる。見るからに素晴らしい音がしそうである。

クリックすると元のサイズで表示します

 そしてオーディオ機器以上に大きな存在感があるのが、スピーカー背後の両コーナーに聳え立つアコースティック・パネル、Flexum。メーカーはLABORATORIUM。

 美しいデザインである。きっと音に対する影響度も相当大きいはず。豊かで精緻な響き感は、このFlexumが相当貢献しているはず。

 弦楽器のみならずボーカルも、自然なリアルさに溢れている。こもった感じや人為的な作為感がなく、すっと立ち上がる。

 3時間ほどいろいろなソフトを聴かせていただいたのであるが、聴き終えた後の体の具合がコンサートに行った後のような感じであったのは、きっと偶然ではないはずである。

2009/10/24

1319:emm Labs  

 ゴルフのラウンドの予定が入っている日は朝が早い。今日も6時に起き出し、6時半には車に乗った。ゴルフをして体がすっかり疲れているので夕食後には既にかなり眠たい状態に陥っていた。

 こういう日はオーディオで音楽を聴こうとしても長続きしない。しばらくすると熟睡モードに入ってしまうのである。特にアナログは要注意である。気をつけないと針を傷める結果となってしまう。

 熟睡モードに陥ってしまう危険性のあるときは、やはりCDに限る。2階のシステムのCDプレーヤーはemm Labsのセパレート。少し大仰なシステムである。けっしてコンパクトでもないし、デザインも「?」マークがつく。

 しかし、音は優れもの。内心はもっとコンパクトな一体型のCDプレーヤに変更したいと思っているのであるが、その音を聴くと換えようとする気がうせる。

 一時、LINNのIKEMIかMERIDIANの588に換えようかと本気で考えていた。どちらも現行品で無いので中古での取得ということになるのであるが、相場は25万円前後。emm Labsのセパレートの買取価格は50〜60万円程度。買換えにより手元にお金が残る。見た目的にもすっきりとしコンパクトにまとまる。いろいろ良い点があるのであるが、結局そのプランは実行に移されることはなかった。

 音が有機的で肌理が細かい・・・温度感もCDプレーやのなかでは高いほう。少しアナログライクなのである。そこがどうしても魅力的に感じる。読み取りに時間がかかり、CDによっては演奏時の回転音が結構気になる。リモコンの操作性も優れているとはいえない。機械的な信頼感もあまり高くない。(実際今まで2回ほど修理が必要な状態に陥った。)しかも大仰なセパレート構成・・・欠点もある。が、美点もある。今のところ欠点<美点であるので、SOLIDSTEELのなかにしっかり納まっている。

 今日聴いたのは、マーラーの交響曲第2番の第5楽章。この楽章だけで30分を超える。ゴルフで心身ともに疲れ切っていたので、15分ぐらいから意識がすっかり酩酊状態に・・・今日のゴルフでへまをしたことも徐々に忘れ、首は45度に斜めに傾いていった。

2009/10/23

1318:直線基調  

 Paoさんはブログをほぼ毎日更新されている。よくネタが続くもんだと感心するが、その文章はPaoさんの性格を反映してか、直線基調である。

 なのでのたりくたりしない。スパッと書くのである。切れが良い。「〜したいものだ」とか「〜することを願っている」などと生半可な表現は一切使わない。常に直球勝負の姿勢が心地よい。

 そういったパーソナリティーは当然のこととして文章だけでなく、オーディオシステムにも反映される。

 CDプレーヤはMARANTZ CD34。精悍なブラックでとてもコンパクト。しかし、その造形は一切無駄がなくきりリと男前である。内部は相当手を入れたとのことであるが、外観は全くのノーマル状態。改造したことが全く分からないようにするのもPaoさんの心意気か・・・

 プリアンプはAurex SY-88。こちらもブラック。比較的コンパクトなプリアンプである。セレクターやボリュームなどはシンプルな造形ながら整いよく並んでいる。

 パワーアンプはLo-D HMA-9500 MKU。こちらはかなりでかい。持ったことはないが重量も相当ありそうである。何だがその容姿を見ていると、ハマーを連想する。どんな悪路もその猛烈なパワーと頑強な躯体で走破してしまいそうな印象である。

 上からこの順序に自作ラックに収まっているのであるが、そのラックがまた頑丈そうである。化粧っけの全くないすっきりとしたラックである。

 そこにメーカーもサイズも違う真っ黒なオーディオ機器が納められているのであるが、妙な統一感がある。色が黒という共通項以外にこの三つの機器には何かしら「男の道具」的な風貌が感じられるのである。

 そしてスピーカーはフォステクスのユニットを使用した自作。バックロードホーン形式のきりりとした縦長のスピーカーである。

 「これって型番あるのですか?」とお聞きしたら「D-55。長岡先生の設計・・・」との返答。「D-55・・・なんだか機関車のような型番だな・・・」と内心思ったが口には出さなかった。

 Paoさんはかなりのベテランマニア、当初はメインソースはアナログであったはず。「Paoさん、アナログはどうされたんですか?」と聞いたところ「スパッとやめた。デジタルは0と1のみ。曖昧さがないだろう・・・それが性にあって、アナログはやめた・・・」との回答。さすがスパッとしている。明快である。切れが良い。

 そんな直線基調大好きのPaoさんも何故かおっぱいの話になると目じりが下がる。丸いものよりも真っ直ぐが好きなPaoさんのはずであるが、そのへんの真意を尋ねると「スピーカーのユニットは丸いだろう。まん丸で真ん中にまた小さい丸がある。そして左右に一個づつ必要。何に見える・・・えっ!決まってるじゃないか・・・」とまたまた明快な回答が即座にかえってきた。豪快である。

2009/10/22

1317:夜の練習場  

 ゴルフの練習場へはなるべく夜に行くようにしている。夜だと照明に照らされて打ったボールがはっきりと見えるからである。

 昼間で少し曇っていたりすると、打ったボールの行方を見失ってしまうことがある。するとナイスショットなのかミスショットなのか判別できなくなってしまう。そうするとボールの行方が気になってしまって、ついつい目がボールから離れてしまってヘッドアップの原因となってしまう。

 この季節は夜だと多少肌寒いが、しばらく打っているうちに体が温まってくるのでちょうど良い感じになる。100球ほど打っても汗ばむことなく、爽やかである。

 今晩も100球ほど打ち込んだ。先週一度マット・クーチャー・スィングにチャレンジしたが、今晩も再チェレンジ。

 アドレス時に右ひじから力をすっかり抜いて右わき腹に近い位置に固定。腕は使わずに上体の回転でテイクバックし、右ひじを支点に右腕は折りたたむ。右ひじをリラックスさせたままダウンスィング。一気にフィニッシュに持ち込む。

 そのマット・クーチャー・スウィングであるが、前回に引き続きなかなか良い感じである。「これは使える・・・これなら実際のゴルフ場でもいける・・・」とほくそ笑んだ。

 今週の土曜日はラウンドの予定が入っている。マット・クーチャー・スウィングの成果が試される。練習場で2回試しただけであるが、かなりの好印象のこのスウィング。実際のゴルフ場でも通用するのであろうか?

 このところ2回続けて90台とスコアは振るわない。この新たなスウィングが90切りに貢献してくれることを願いたい。シングルになろうとは思わないが、できれば常に90を切りたいところ。

 気になる天気も土曜日までは持ちそうである。さわやかな秋の晴れわたった空に向かってナイスショット連発となるか否か・・・期待だけは持っていよう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ