2009/9/30

1295:都民の日  

 明日は午前中に2件、その後夜の7時に1件クライアントを訪問する。明後日も午前中2件、その後夜の7時に1件クライアントを訪問する。

 どちらも昼食を済ませてから午後7時までの時間は仕事の予定を入れていない。その空いた時間は有効に活用する予定である。仕事のために使わずオーディオ関係で使う予定なのである。

 明後日10月2日はインターナショナル・オーディオ・ショウの初日。平日であるのでそれほど込んでいないはず。なので2日の午後に行く予定でいる。昨年一昨年ともに仕事が休みの土曜日か日曜日に行ったのであるが、その混み具合は尋常でなかった。ゆっくり座って試聴することすらできないのである。

 ただえさえ、最新鋭のオーディオ機器に対する興味は半減してしまっている。恐ろしく込んでいるとさっさと切り上げたくなってしまう。

 しかし、平日であればそこそこ充実した時間になるよう気がするのであるがどうであろうか・・・聴いてみたいのは、ここ最近矢継ぎ早に発表されたハイエンドスピーカー。

 FOCAL、WILSON AUDIO、AVALONなどから新しい主力商品が発表された。その真の実力が展示ブースで聴けるわけではないであろうが、やはり真新しいものは一度見て、ちょい聴きしたいものである。

 アナログ関連では新たに日本に輸入が開始されたブリンクマンのアナログプレーヤー「OASIS」を見てみたい。デザインが素晴らし。ドイツのごつい感じのプレーヤーではなく、繊細な美しさが溢れている。こういった造形には心惹かれるものがある。

 我が家には3台もアナログプレーヤーがあるので、これ以上増やす可能性は全くない。アナログプレーヤーには見るものを心癒す何かがある。ついつい目が釘付になってしまう。「これ・・・欲しいよね・・・」とうっとりしてしまうのである。

 美しいアナログプレーヤーは、まさに美しい女性のようである。うっとりさせられる。では、美しくないレコードプレーヤは・・・やはり美しくない女性のようである。

 明日10月1日は「都民の日」である。「都民の日」とは全く関係ないのであるが、レコードを3枚持っていく。我が家のLP12のターンテーブルに毎日のように乗っているSCHUTZ、VIVALDI、HAYDNのレコードをもって、3種類のターンテーブルに乗せる予定である。

 「3種類のターンテーブルのうち最もお気に入りはどれか?」というお題での試聴なのであるが、結果はどうなるか・・・

2009/9/29

1294:70年代の息吹  

クリックすると元のサイズで表示します

 ノーマルバージョンのLP12のアームボードに印刷されたロゴマークである。比較的目立つようにデザインされている。LINNのロゴマークのなかに「LP12」という商品名がはいっていて、その横にLINN SONDEKという文字が比較的大きく表示されている。

 これを見ていると何故だか70年代の雰囲気を感じる。その全体の造形や書体から受けるイメージがそう感じさせるのであろうか。流動的で熱く、不安定要因が多いけれど何かしら新鮮な息吹を感じる70年代の空気が詰まっているような感じである。

 一方KEELには、全く印象の異なるロゴマークが印刷されている。まず一番上にLINNのロゴマークが細いラインで描かれる。そしてそのロゴマークの下にはLINNと社名がはいり、さらにその下にはSONDEK LP12と商品名が、相当小さな書体で控えめに印字されている。

 このロゴマークは冷めている。「クール」である。「KEEL」と書いて「クール」と読むのであろうかと勘違いするほどである。ここには70年代の熱い息吹は生息していない。理知的で冷静な動じない心が表示されているような気がする。

 我が家のノーマルバージョンのLP12は独特な響き感がある。特にクラシックに関してはその響き感が心地よく響く。リアルというのとは違うが、音楽を聴くうえで心地よいスパイス的な響きが乗り、木質系の色合いが音から感じられるのである。

 KEELに変えてその心地よい響き感が消えなければいいのであるが、どうであろうか・・・これは一度確かめる必要があるかもしれない。SOUND CREATEにはノーマルバージョン、SEバージョン、究極最新バージョンの3つのLP12があるはず。

 花木さんから何度も携帯に連絡が入った。「せび聴き比べてください・・・」「近いうちにお邪魔します・・・」といったやりとりが数回あったが、まだ行っていない。ここは、花木さんではなく、竹田さんにメールしたうえでこっそり行ってみようか・・・

2009/9/28

1293:KEEL  

 LINNのLP-12は本体のみで399,000円である。それほど高価ではないような気がする。しかし、LP-12をSEバージョンにするためには、KEELと呼ばれるプラットフォームが必要になる。

 このKEELが472,500円。本体よりも高い。そこが多少引っ掛かる。これが262,500円なら納得するのであるが、明らかに本末転倒のような・・・

 KEEL は航空機アルミニウムの塊から削り出し加工により作られるため高価になるのは仕方ないのかもしれないが、どうも気になるところではある。

 さらにSEバージョンの場合にはトーンアームがEKOS SEとなる。これまたKEELに輪をかけて高価なのである。定価で840,000円。ぐっとみぞおちにくる価格設定である。

 ノーマルバージョンのEKOSも販売終了時には472,500円と高価であったが、それを大きく超える。素材がチタンであることが高価になる大きな要因となると思われるが、少し息苦く感じる価格設定である。

 さらに最近SEバージョン以外に、RADIKALと呼ばれる高性能モーターとURIKAと呼ばれる内蔵型フォノイコライザーがオプションとして発売された。

 RADIKALは945,000円、URIKAは472,500円。SEバージョン同様、なかなか唸ってしまう価格である。この4つのバージョンアップを順次行い、全て完成させるためには合計2,730,000円のコストが必要になる計算である。

 LP-12が相当に高性能になり別次元のプレーヤーに移行するのかもしれないが、そのために必要なコストを考慮すると二の足を踏まざる得ない状況である。

 この4つのバージョンアップの中で、もし一つだけ行うとしたら、それは迷わず「KEEL」であろう。四つのいずれもが性能アップを実現してくれるはずであるが、LP-12は素の状態でもそれなりのレベルに達しているはずである。そのなか、最も本質的な部分でのレベルアップを図ってくれそうなのが「KEEL」のような気がしてる。

 確かめようがないのであくまで「気がしている」程度でしかないのであるが、LP-12をわが家に迎えて1年が経過したのを記念して、「KEEL」導入を前向きに検討中である。こういったことは前向きに検討すると、まず止まることはない。

 価格的には多少不納得な点がないわけではないが、銘機LP-12の持てるポテンシャルをアップするにはかなり有効な手段のような気がする。

2009/9/27

1292:コーヒー小僧  

 「小僧」は広く浅くが身上である。「オーディオ」に限らず「クラシック」も「ゴルフ」も「テニス」も「ロードバイク」も「コーヒー」も「小僧」どまりであるのが悲しいところ。

 クラシックは、月に2度ほどコンサートに行く。レコードやCDも月に数枚購入するが、一貫性はなく、行き当たりばったりである。系統だったものはなく、そのときの気分に相当左右される。

 ゴルフはたまに80台がでるが、なかなかそこから上達しない。週に3回以上練習場に通おうと一旦は決心したが、続かずまたもとの週1,2回ペースに戻った。ラウンドも月に2,3回。年間で30回程度。この程度では「上級」への移行は難しい。

 テニスは月に1回程度。テニスをした翌日は筋肉痛で苦しむというていたらくである。ロードバイクは週に1回、しかも1時間のみという軽い付き合いである。家のすぐ側にちょうど良いサイクリングロードがあるので続いているが、そういった恵まれた条件がなければ、きっと続いていないはず。

 コーヒーは近所の珈琲豆屋さんに2週間に1回ぐらい豆を買いにいく。それを手回しのミルで挽いて、ネルで入れる。このみせの店主はきっと定年退職後、珈琲好きが高じて店を始めたのでないだろうか?

 年のころ60台半ば。店は自宅の一階を改装した極少スペース。どう見てもこれだけでは生活できないはず。おそらく主たる生活資金は年金であろう。大好きな珈琲を仕事にしたくて、奥さんをどうにか説得して店を始めたような気がする。

 さて、今日はマンデリン、モカ、コロンビア、ブラジルの四つを購入。そしてマンデリン50%、モカ25%、コロンビア15%、ブラジル10%の割合でブレンドして入れてみた。割合は厳密ではなく、大まかである。

 hadesさんはマンデリンベースでモカやブラジル、コロンビアをブレンドされているとおっしゃられていたような記憶がかすかに頭の片隅に残っていたので、試してみたのであるが、「なかなか良いのでは・・・」という第一印象である。

 あくまで「小僧」なので、究極的な突き詰めをすることはないのであるが、その4種の比率を変えて試してみる、といったことは案外と楽しい。しばらく飽きるまでは楽しめそうである。しかし、「小僧」は飽きが早いのも特徴である。

2009/9/26

1291:「3」  

クリックすると元のサイズで表示します

 数字は具体的な数を意味する以外に何かしら別の顔を持っているような気がする。また、その形から受ける印象も異なるものがある。

 日本の場合、一番人気は「7」であろう。「ラッキーセブン」といわれるように縁起の良い数字の代表格である。
 
 一方「4」は「し」とも読み、「死」を連想させるためか、日本では人気薄のようである。では、「3」はどうであろうか?

 どうといわれてと、どうということのない数字なのかもしれない。しかし、一般的には好意を持って迎えられていう数字かもしれない。

 「三日坊主」「石の上にも三年」「三度目の正直」「仏の顔も三度まで」などなど、意外と「3」は日本語の世界では活躍しているのである。

 私の場合、「三回連続80台」が大きな目標であった。今日はそのチェレンジの日である。上手くいくと今後の大きな自信につながるような気がしていたのである。

 寄居カントリークラブは比較的距離のあるコースである。また、起伏が結構あり、延々打上のホールがあったりと手ごわい相手である。

 INスタートであったので、最終ホールはOUTの9番。514ヤードのPAR 5である。午前中はティーショットでのOBが響き「48」と散々であった。

 午前中が終わった段階で、3回連続80台は風前の灯火状態であった。しかし、午後は持ち直し、最終ホール前まででPARが三つ、残りは全てBOGY。最終ホールのロングをPARであがればOUTは「41」となり、TOTALで「89」となる。

 結構痺れる状況である。ここは堅実な戦術に徹することにして、3打目でのパーオンを狙った。しかし、3打目はわずかにグリーンの右側に外した。

 ピンまで12ヤード。アプローチが上手くいけば充分PARをとれる距離である。慎重にアプローチショットを放つとカップから1.5Mほど手前にボールは止まった。

 まずまずである。1.5Mであれば普通は入る距離。目を凝らしてグリーンの傾斜を読んだが、ほぼストレートのラインと思われた。

 そして、意を決してパーターで打ったボールは、カップに吸い寄せられるように見えたが、ピンの直前20cmくらいで左に切れ始めた。結局ボールはカップの淵を舐めて外れた。

 私以外の人間にとっては全くどうでもいいことであるが、私の心には重くのしかかる一打であった。「一打しか違わないのであるが、大きな差である・・・」

2009/9/25

1290:イメージトレーニング  

 プロスポーツの世界では「イメージトレーニング」は必須項目となっているようである。トッププロになるとフィジカルなトレーニングのコーチとは別にイメージトレーニング専用のコーチを雇っているほどである。

 プロスポーツの世界はどのスポーツであってもそのスピードとパワーは常軌を逸したほど凄まじい。その凄まじい世界ではほんのちょっとの動きの狂いが命取りとなってしまう。

 特にゴルフはイメージトレーニングが重要なようである。野球やテニスなどと違い相手が投げたり打ったりしたボールを打つわけではない。

 止まったボールを打つのである。なので、自分が主体であり自分の動きのみに精神を集中すればいいのである。自分の体の動きをしっかりとコントロールできれば必ず良いスコアがでるのであるが、それが結構難しい。

 自分の体であるのに、思うとおりに動いてくれないのである。左脳でこういうふうにバックスィングしてトップはこんな感じ、そこから脱力してスィングアークを崩さないようにダウンスィング・・・そう思っていても、実際には似ても似つかないバラバラスウィングになったりするのである。

 それはひとえに潜在意識のさせるわざなのである。人間の行動の大半は潜在意識によってなされている。ほとんどの行動が無意識状態でなされるのである。そうしたほうがスムーズにいくからである。

 しかし、その支配力が強いので逆にこうすべきと左脳で考えてもそのとおり行動できないという弊害が生じるのである。

 結局長時間の練習により体と潜在意識に叩き込む以外上達の道はないのであるが、「イメージトレーニング」を併用するとその上達がより効率的になされるようである。

 「イメージトレーニング」は理想とするフォームでスィングしている状態を脳の中で映像として繰り返しイメージすると、そのイメージが潜在意識に蓄積され、再現可能性が高まるというもの。

 理論だけ聞くと「イメージトレーニングする時間があったら、実際にクラブを握って素振りした方が上達するのでは・・・」と思ってしまうが、その効果の程は多くのプロが認めるところのようである。

 明日はゴルフの予定である。天気も良さそうである。残念ながら今日はハードスケジュールであったので練習場に行く時間はなかった。フィジカルトレーニングは全くできなかったので、せめて寝る前にナイスショットのイメージトレーニングでもして明日に備えよう。

2009/9/24

1289:ステディー・ゴルフ  

 パナソニックオープンの初日、石川遼は2オーバーと出遅れてしまったようである。男子プロゴルフにとって、石川遼はまさに救世主。宮里藍や横峰さくらなど若いスター選手が次々に出てきた女子プロゴルフに視聴率の点でも負かされていた男子プロゴルフであったが、石川遼が出てきたおかげで、急速に視聴率が回復したからである。

 その石川遼が予選を通過するか否かは、大会関連者やスポンサーにとって大きな関心事である。通過するか否かで土日のテレビ放送の視聴率に大きな差が出る。明日の2日目、石川遼がさらに大きく崩れてしまうと、予選通過があやうい。

 しかし、それにしてもこのトーナメントのコースセッティングは難しそうである。砲台グリーンの周囲はきっちり刈り込んであり、ちょっとしたミスですぐさまグリーンから転がり落ちてしまう。

 フェアウェイは狭く、ラフは深い。こんなコースセッティングでプレーしたら私などほとんどゴルフにはならないはず。

 今週の土曜日はラウンドの予定が入っている。場所は寄居カントリークラブ。比較的距離のあるタフなコースである。ここ最近の2回のラウンドは80台でラウンドできている。

 しかし、直近2回のコースは比較的やさしめであった。次回の寄居カントリークラブはそうそう簡単には90切りできるコースではない。そしてここ数年、3回連続80台という経験は残念ながらない。

 ということは、今までの経験則からすると次回のラウンドで90切りを達成する可能性はかなり低い、ということになる。

 であるが、もしも達成できれば、ステップアップの確かな一歩になるような気がするのである。そこで、今晩は練習場で少しばかり打ってきた。

 「いまひとつである・・・」前回良かったアイアンの方向性もいまひとつ。ドライバーをはじめとするウッドのできももう一歩、といった感じであった。唯一前回のラウンドから即戦力となっているユーティリティーのみが良い感じである。

 次回のポイントはやはりティーショット。距離がなく狭いホールではユーティリティーを多用し、よりスティディーなゴルフを心がけることにしよう。

2009/9/23

1288:テニススクール  

 すっかり疲れた・・・連休最後の今日、テニスサークルのメンバーと3時間テニスをした。そして、グッタリと疲労困憊した。やはり、かなり体力が落ちているようである。

 所属しているテニスサークルは月に2回休日にコートをとって練習している。毎回参加しているわけではなく、月に1回参加するか否かである。なので、趣味といえるほどの頻度ではないのであるが、時々テニスコートで汗を流すのである。

 テニスはゴルフと違い「スポーツ」である。というとゴルフもれっきとした「スポーツ」である、と反論されそうであるが、ゴルフは確かにスポーツではあるが、少しばかり趣が異なる。

 その点テニスは結構まっとうに「スポーツ」なのである。30分もテニスでラリーをすると汗があごをつたって滴り落ちる。息が乱れ、休憩をとらないと倒れこみそうですらある。10年前なら結構平気であったが・・・

 週に1,2回のゴルフ練習場通いと、月に2,3回のゴルフラウンド、月に1回程度のテニスさらに週に1回のロードバイク・・・中年オヤジとしてはそれなりに運動はしているほうであるかもしれないが、加齢による体力低下を抑え込むほどには体を動かしているとはいえない。

 テニスをした後はいつも思うが、もう少し体を鍛えた方がいいようだ。スポーツジムに通う。家でビリーズブートキャンプで汗を流す。ロードバイクを毎朝乗る。などなどいろんな案があるがどれも続く可能性が低い。

 週に1回、夜テニススクールに通うという案はどうであろうか・・・と今日思いついた。週に1回であれば無理ではない。1時間半ほどの時間で結構な運動量もある。室内コートであれば天気も気にならない。冷暖房完備のスクールを選べば夏の暑さや冬の寒さも防げる。

 なかなか良い案に思える。スポーツジムで1時間半というのはどちらかというと苦手なタイプである。テニスであれば1時間半という時間もそれほど長く感じないような気がする。

 平日のナイターであれば生徒はOL、サラリーマンが多いであろう。「中級クラス」ぐらいから始めればちょうどいいかもしれない。

 もしかしたら、そのスクールのメンバーの中に「竹田響子さん級」の美人がいないとも限らない・・・まあ、可能性はほとんどないか・・・

2009/9/22

1287:オーディオ小僧  

 先週「AUDIO BASIC」というオーディオ誌を購入した。季刊で1,500円。表紙はFOCALの新製品、DIABLO UTOPIAの精悍な写真である。

 表紙をめくり、数枚のカラーのコマーシャル写真を飛ばすと、「今秋の注目モデル緊急レポート!」が始まる。その最初を飾るのが、Auraの「neo」と「groove」である。「これは、かっこ良い・・・実に良い・・・」というのが、その写真を眺めての素直な感想である。

 好評であったAura noteに横からナイフを入れて上下に二分割したようなサイズである。このペアに細身のトールボーイのスピーカーを選んでさりげなくリビングの片隅に置いて音楽を楽しむ。そんなスマートでコンサバなオーディオライフに憧れたりもする。
 
 そう思っていたら数ページ後ろに「ミドルクラススピーカー28機種ライバル対決!」という記事があった。値段や色合いなどを考慮すると、QUAD 22L2やMONITOR AUDIOのSilver Rx8なんかがマッチするような気がする。どちらもできればピアノフィニッシュ仕様を選びたい。するとAuraのクロームメッキとマッチする。

 そういったオーディ機器関連の記事以外で、楽しみにしているのは「オーディオ小僧の食いのこし」である。これは版画家兼イラストレーターの牧野良幸さんの連載エッセイ。独特な味わいのある文章にその文章に負けないというか上手く文章を引き立てるイラストが添えられている。

 そのイラストと文章の絡み具合いが絶妙。読んでいるとクスッとしたり、ニヤニヤしたり、懐かしくなったする。文章もイラストも素晴らしいが、最も唸るのがタイトルである。

 「オーディオ小僧の食いのこし」・・・秀逸である。実に素晴らしい。実は私は「オーディオマニア」ではない。「オーディオマニア」よりもなんだか高尚な香りのする「オーディオファイル」でもないことは論を待たない。

 私は「オーディオ小僧」なのである。肉体的年齢は「小僧」ではなく「オヤジ」なのであるが、精神的に「小僧」なのである。

 「小僧」であるから、造詣は浅い。「ひざ下」どころが、「くるぶし程度」の深さである。さらに「小僧」であるから、よく驚く。右往左往する。そして感動したりする。

 「小僧」なのでまずは真似から入る。隣の芝生が青く見えるのも「小僧」の特徴である。そんな「小僧」であるが心の中では「小僧であることは悪いことではない・・・一生小僧でもいいかもしれない・・・」と思っていたりするのである。きっと牧野良幸さんも「小僧ライフ」を楽しまれているような気がするのである。

2009/9/21

1286:会員ナンバー49番  

 「これは、もう私は欲しくて欲しくて。PURIFIで頭がいっぱいです。アンプもアップグレードした今最も私に必要なのはPURIFI・・・」SOUND CREATEのブログというものがあると知り、もしやあの竹田響子さんも記事を書いていたりするのかな・・・と覗いてみれば、竹田さんが書いたLINN PURIFIに関する記事が目に入ってきた。

 「いかん、これはまずい・・・」少しばかり血の気が引いた。「一昨日書いてしまった記事をどうにか消去しなければ・・・」と心のなかで思った。

 私は、「竹田響子さんファンクラブ」に入会してもうすぐ1年になろうとしている。会員ナンバーは49番である。もちろん、わが家にあるLINN LP-12もCD-12も竹田響子さんから購入。その美しすぎる笑顔を見ていると、否応なく「買います・・・買います・・・」となってしまうのである。

 店頭での接客は竹田響子さんであったが、残念ながら自宅へのセッティングは、むくつけき中年男性である花木さんが来た。期待はずれで2回転半のもんどり返りを披瀝してしまった。

 そんな、私が一昨日「LINN PURIFIがいまひとつ・・・」といった内容の記事を書いてしまった。これはまずいのである。このブログを竹田響子さんが読んでいる可能性はほとんどないはずであるが、もしものことがあれば大変である。ファンクラブを除名される可能性が高い。

 LINN PURIFIが我が家でその本来の実力を発揮できなかったのは、ひとえに我が家のシステム構成機器の年代の古さ所以である。CD-12は良いのであるが受けるのがQUAD 22なのである。その間に数十年の隔たりが横たわっている。PURIFIは、その深き溝を現代側に引き寄せようと頑張ってくれたのであるが、QUAD22は頑としてそのポジションを譲らないといったいった感じなのである。

 なので、現代のハイエンド機器でシステムを構成されている方にとっては、PURIFIが力強い味方となることは必至である・・・これは断言できる。なんせ、あの竹田響子さんの頭を一杯にしてしまうPURIFIである・・・これはどう転んでも間違いない!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ