2009/8/19

1254:Wii vs PS3  

 Wii Sportsの種目はテニス・ゴルフ・ボクシング・ボーリング・ベースボールの4種目である。最初にやったのはテニス。

 テニスは大学生の頃サークルで少しかじった。週に1.2回の練習なので本格的ではないのであるが、社会人になってからも月に1回程度の割合でテニスコートに足を運んでいた。

 今でもたまにする。サークルに入っているので月に2,3回はテニスできるのであるが、実際に練習に参加するのは1回ぐらい。それでもほどほどにはできる。

 Wiiは実際にリモコンを握りラケットを振るように振る。なのでなんとなく実際にストロークしているような感覚がある。そして必要でもないのに思わずフットワークまでしているのである。

 これは良い運動になる。思った以上に体を動かすのである。画面を見ながらサーブ、ボレー、ストロークをするわけであるが、立ってフットワークもそれなりになりきってやると消費カロリーはぐっと上がる。

 ゲーム性があるので退屈しない。消費カロリーはビリーズブートキャンプの方が桁外れに多いはずであるが、あれは苦痛になってくる。とても続かない。1ケ月ももたなかった。しかし、このWii Sportsはなかなか良いのである。

 ゴルフはいまひとつ実際の感覚との差異が大きく、実際にゴルフをやっているような錯覚感は少ないが、テレビゲームとしてとらえれば良くできている。

 さらにボーリングも楽しめる。実際には出ないような高得点がでるので結構楽しめる。今日は225点をたたき出した。

 テニスを2試合、ゴルフを1試合、ボーリングを2試合・・・合計5試合上の娘と対戦した。結果は3勝2敗であった。どうにか親の体面を保ったのであるが、ゴルフでは苦杯を舐めたのがショックであった。

 WiiがPS3に対して優位に立っている理由がよく分かった。明らかにこちらの方が健全である。指先と目だけを酷使するテレビゲームはやはり不健全である。PS3はマイナーチェンジとともに価格も下げ、シェア挽回を図る予定であるが、どこまで復活できるかは疑問である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ