2009/5/11

1152:縦長配置  

 何らかのメッセージが送られているような気がすることがある。それは気がするというレベルであり、なんら確証はない。全く偶然目にした数字や景色に何かしら意図のようなものが感じられるときがある。

 それが具体的に指し示すメッセージを解読することはできないのであるが、映像として一つのイーメージが浮かんでくることもある。そういったものが役立つ確率はそれほど高くないのであるが、日常生活のなかでの何気ない「思いつき」には時として示唆に富んだものが含まれていることもあるはずである。それは川底の砂をすくって砂金を目を凝らして見つけるような作業なのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

 事務所でパソコンに向かって意味のないように見える数字の羅列を盛んにテンキーで入力していた時、1階のリスニングルームの新しいイメージが浮かんだ。

 まず横長配置をやめて、縦長配置にする。スピーカーは背面の壁から相当離し、部屋の縦方向3分の1あたりに設置し45度ほどの強い内振りを付ける。三つ並んだクワドロスパイアのラックはスピーカーの後方にシンメトリックに配置する。

 そして唯一この部屋に残された外界との接点である東側の窓はラックの後方、リスニングポイントから見て真正面に位置する。その窓は左右の両側を5cmほどスリット上に開放する。機密性の高いこの部屋の逃げ場の無い空気はその窓の両サイドのスリットから外界へと開放される。

 空気と一緒に音も漏れるが、近隣との距離と普段聴く音量を考えると問題はほとんどなさそうである。

 さて、そのイメージどおりに配置を変えてみた。まだ試作品といった段階ではあるが可能性の片鱗を感じさせてくれた。

 ふと浮かぶイメージが何らかの意図を持っているのか、あるいは何かしらのメッセージを含んでいるのかは不明である。全く意味のない歯車のかみ合いかもしれない。しかし、出来れば丹念に拾ってみたい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ