2009/5/31

1172:湿気  

 「しまった、路面が濡れている・・・今日はスローペースでいこう・・・」ここ数日は梅雨のような空模様。昨日も降ったり止んだりであった。

 週末土曜日か日曜日かどちらか朝1時間ほど自転車で走る。昨日が雨であったので、降ってなかったら今朝自転車に乗ろうと思っていた。

 朝起きてみると雨は降ってなかった。家の前の道路のアスファルトはほぼ乾いていた。「これなら大丈夫そうだ・・・」とCOLNAGO CLXを1週間ぶりに持ち出した。

 しかし、サイクルロードに入ると結構路面が濡れているのである。その上を木が覆っているので、雨が止んでもなかなか路面が乾かない。ところどころには小さな水溜りもある。

 「これはまずい・・・」と恐怖心が頭をもたげた。実は半年ほど前路面が濡れているのにカーブで充分に減速しなかったため派手に転倒したことがあるのである。

 ロードバイクのタイヤはやけに細い。細く溝がないため路面が濡れていると極めて滑りやすいのである。それは体験として嫌というほど感じたので、今日の路面状況をみて、慎重のうえに慎重に乗ろうと肝に銘じた。

 カーブの前ではこれでもかというほど減速しそろっとやり過ごす。その甲斐あって転倒はせずに完了した。

 既に梅雨入りしたのではと思ってしまうようなここ数日であるが、湿気が凄い。QUAD ESLにとって湿気は大敵である。なので、除湿機は欠かせない。

 ESLの故障の多くは湿気が原因による電極の接触不良と噂には聞く。実は昨日K氏のお宅にお邪魔したさい、最初のうちはESLから「ザザザ・・・ズズズ・・・」といったノイズが片チャンネルから出ていた。

 「これはもしかしたら噂に聞く電極の接触不良によるノイズであろうか・・・」と思った。しかし、電源コードをいじるとそのノイズはすっと治まった。どうやら電源コードが何らかのノイズを拾っていただけであった。私もK氏もほっと胸をなでおろした。

 明日から6月。6月中には梅雨入りするはず。湿気はこれからが本番。とにかくこまめに除湿機を使ってESLを守ろう。濡れたサイクルロードをロードバイクで走るときのように慎重な対応が必要なようである。

2009/5/30

1171:ティム デ パラビッチーニ  

クリックすると元のサイズで表示します

 CEC TL-3・・・ベルトドライブ駆動という独自の方式を採用するCDトランスポート。そのデザインも異次元的。

 MUSICAL FIDELITY TUBAROG・・・真空管式のDAコンバーター。ティム デ パラビッチーニの設計である。

 EAR 859・・・鬼才ティム デ パラビッチーニの設計で、EARを代表するプリメインアンプ。クロームと金メッキを使い独自の質感表現がなされている。

 QUAD ESL・・・コンデンサー式のスピーカー。ピーター・ウォーカーの設計による孤高の存在である。

 これらはK氏のお宅のオーディオ・ラインナップ。その顔ぶれを一瞥しただけで何かしら一筋縄ではいかない「こだわり」を感じさせてくれる。構成メンバーの全てが一癖あるのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 K氏のお宅に着いたのは夕方の5時を少しばかりまわっていた。まずはESLが目に入る。なんとパネルの色はブラック。一般的なブロンズとは違い、この色はかなりめずらしいのでは・・・受ける印象も結構違う。

 そして駆動系は上記のような独自のラインナップ。この駆動系でESLがどのように鳴るのか、興味深々である。

 さて、その音の印象は・・・自然な質感の音像であるが、我が家のESLと比べるとより鮮明でその実体感が高い。

 真空管アンプらしい音の表面の滑らかさや艶やかさはあるが、音の土台が実にしっかりしている。「やわ」な感じはない。その土台の堅牢さは「ソリッドステート」をも感じさせる。何かしら両者の良いとこ取りをしたような音の質感である。EARは当然ティム デ パラビッチーニの設計。ティム デ パラビッチーニの指向する音がこのEAR859には端的に表れているような気がした。

 ティム デ パラビッチーニは自宅ではQUAD ESLを使っているという。そして、雑誌のインタビューでもEARの製品と組み合わせる推奨スピーカーとしてQUAD ESLをあげている。EARとQUADはなかなか良い組合せのようである。

 この組合せによると、中高域の鮮度感は損なわれることなくクリアで透明度も充分。それでいて音像に不自然な隈取がない。

 EAR & QUADのコンビ・・・真空管アンプとコンデンサー型スピーカーとの組合せからイメージする幽玄な雰囲気よりもより地に足の着いた正確さが印象的な組合せであった。

2009/5/29

1170:ニイニイ蝉  

 ニイニイ蝉は、他の蝉よりも早い時期に地上に現れるようである。なので、油蝉が夏の盛りに大活躍するのに比べ、初夏の頃から活躍する。

 その姿はとても地味である。全体に灰色がかっていて派手さは全くない。しかも、全長は5センチ程度と小型である。

 鳴き声は、その名のとおり「ニイ!ニイ!」と聞こえる。小柄な体のせいか、油蝉などと比べるとその音量もやや控えめである。

 同じ小柄な蝉であっても「ヒグラシ」や「ツクツクホウシ」はその鳴き声に変化があり独特の情緒があるが、ニイニイ蝉は鳴き声が単調で華やかさにかける。

 しかし、夏の早い時期にあらわれるので、ニイニイ蝉は季節の変わり目を感じさせる存在である。梅雨明け間近、梅雨の中休みに現れて、いっせいに鳴きはじめたりすると、夏の到来を実感として感じさせてくれる。

 わが家にも「ニイニイ」は存在する。なんと3つもの「ニイニイ」の所有権を有しているのである。しかし今、我が家にある「ニイニイ」をカウントしてみると、一つしかない。

 残りの二つは修理に出ているのである。先日SOUND BOXで新たに購入した「ニイニイ」もコンデンサーの不良が原因と思われる発振性のノイズを撒き散らすようになり、緊急入院した。

 長期入院中の「ニイニイ」は、依然体調不良を訴え続けているようである。先日見舞った際に先生に経過を確認したら、「左右のバランス調整が上手くいきません。特に音量が小さい時にはギャングエラーがどうしても出るのです。もう少し調整してみます。」という返答であった。退院時期は未定ということであろう。

 「ニイニイ」は「ニイニイ蝉」同様体が小さい。見た目的な派手さもなく、質素にして朴訥とした姿形をしている。

 そしてどうやら体力もないようである。ひとしきり夏を告げるその鳴き声を打ち鳴らしていたかと思うと、知らないうちに土の上でその生涯を閉じていたりする。

 その姿を見て、私は「にい・・・にい・・・」とつぶやきながら、泣きたい気持ちになるのであった。

2009/5/28

1169:リクライニングチェア  

 リビングルームが広く感じる。10年ほど使用してきたソファセットを張替えのため工房に出したからである。3人掛けのものと1人掛けのもののセットである。メーカーはカリモク。

 この10年間、子供たちの簡易トランポリンとして、そして愛犬メリーの遊び場として散々な目にあってきたソファセットである。さすがに張り生地は薄汚れ、クッションもへたってきた。

 買い換えようかとも思ったのであるが、ソファテーブル及びサイドボードとも木部が同一のシリーズなので、張替えて対応した方がお徳と判断したのである。

 そして、ものはついでとばかりに、1階のリスニングルームと2階の寝室兼リスニングルームで活躍しているアンティークのソファとアームチェアも工房に出すことにした。

 こちらは張り生地はまだまだ現役でいけるが、その木部が傷がついたりオイル塗装が薄くなったりしているところがある。木部のサンドペーパーがけとオイル塗装をやり直してもらうことにしたのである。

 10日ほどで戻ってくるはずであるが、真新しく生まれ変わってくるであろう。その間はどの部屋もソファなしである。

 なのでリスニングルームでは臨時に折りたたみ式のリクライニングチェアが活躍することとなった。これは確か日本人の有名なデザイナーがデザインしたもので、値段も安く使わない時には折りたたんで収納できるすぐれものである。

 座り心地も凄く良い。普段使っているアームチェアよりも低い着座姿勢となるので音の聴こえ方も違ってくる。これはこれで良いのではと思わせるものがあるが、少しばかりステージを仰ぎ見るような感じがある。それとリクライニングチェア全般に言えることかもしれないが、音楽を聴いているといつのまにか眠ってしまう。体がすっかりリラックスしてしまうと、脳の機能低下をもたらすのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/5/27

1168:下から上  

クリックすると元のサイズで表示します

 女性がうつぶせにベッドに横たわっている姿を横から眺めると、肩から腰にかけてなだらかにラインが下降していく。そして、腰を最下点としてお尻に向かって多少急な坂を上り、丸い丘陵地帯を過ぎると膝の裏側に向かって滑っていく。ふくらはぎでほんの少しのアップダウンを経過して、車止めのようになっているかかとで止まる。

 このラインを右手の人差し指と中指の2本の指で触れるともなく密やかに流していく。その際普通は上から下に向かう。つまり肩から始まってかかとで終わる。

 しかし、考えてみれば上から下に流れることは必然的ではなく、逆にかかとから始めって肩で止まってもいいはずである。

 性的な快感はもしかしたら、下から上に流れた方が得られる可能性もある。特にお尻の丘陵地帯から腰の最下点まで一気に滑り降りるさいにはぞくぞくするような快感を女性は感じるかもしれない。

 一般的なオーディオのセッティングでは、オーディオ機器はラックに納められる。ラック否定派の方の場合、ラックは使わずに床にオーディオボードを置きその上にオーディオ機器を並べる手法をとられる。私はラック肯定派なのでラックにオーディオ機器を並べる。

 ラックに並べるさい、たとえばCDプレーヤー、プリアンプ、パワーアンプといった3点構成であれば、3段ラックの最上段には普通CDプレーヤーを持ってくる。CDの出しれやCDプレーヤーの操作が楽だからである。

 そして中段にはプリアンプを置く。ボリュームやセレクタースイッチの操作を考えてのことである。最下段は電源スイッチ以外さわることのないパワーアンプの定位置となることが多い。

 しかし、我が家の1階のリスニングルームでは、下からCDプレーヤー、プリアンプ、パワーアンプの順に並んでいる。音楽信号も下から上への流れとなっているのである。

 これは、実際のところやむを得ない事情によるものである。パワーアンプは真空管式であるので相当な熱を発する。クワドラスパイアのラックのポールの高さは標準の19cmしかない。するとすぐ上の棚板がもの凄く暑くなるのである。火災の危険性も感じさせるほどであるので、最上段にもってきている。

 ポールを長いものに換えるといいのであるが、全て換えるとなると結構な金額となる。最初は違和感があったこの「下から上」セッティングも見練れてくるとそう変ではない。CDプレーヤの操作は全てリモコンでやるので、実際上思ったほど不都合でもない。

 ということで、このセッティングのままにしている。そういえばカイザーサウンドでは「下から上」セッティングを推奨していたような気がする。カイザーサウンドは方向性をもの凄く重視するようで、そこが推奨しているなら、良いことなのかもしれない。

 「下から上」の方向性が女性にもオーディオにも良い方向性なのか否かは、今後の研究課題として、積極的に取り組みたいと思っている今日この頃である。

2009/5/26

1167:つなぎ換え  

 「確かにあれはスピード違反である。追い越し車線を前後の車と同じ流れで120kmほどで流していたら、いきなりその左側を160kmぐらいで乱暴に駆け抜けていく車のようなものだ・・・」

 先日那須のSOUND DESIGNの試聴室で、NAGRA W-Sでオープンリールテープのソフトを聴いたが、改めて振り返るとそんな印象である。PSDの大山さんが「こんな飛び道具、持ってきちゃダメですよ・・・」とGRFの部屋さんに話されていたが、まさに「飛び道具」である。

 こっちは槍や刀で勝負しようとしているのに、いきなり機関銃をぶっ放されたら、そりゃびっくりしますよ。

 しかし、オープンリールテープのソフトにも欠点がないわけではない。確かに音質は驚くほどのクオリティの高さであるが、ソフトの数の絶対数はCDやLPに比べるとはるかに少ない。そして、原則として最初から順に曲を聴かなければならず、3曲目と5曲目だけちょこっと聴きたい、といった場合結構厄介である。

 今はとりあえず頭を冷やそう。なんせ我が家にはレコードプレーヤーが3台あり、CDプレーヤーが2台あるのである。送り出しの機械をこれ以上増やすのは得策ではない。

 しかも、QUAD22にはステレオのライン入力が二つしかない。さらに、そのRCAのインレットは非常に古い型のもので、通常のプラグでは固定されず抜けてしまうのである。なので特定のプラグを装着したケーブルしか使用不可である。

 1階は既にその許容範囲を超えてしまっている。二つのフォノイコライザーと一つのCDプレーヤ、合計3系統のソースがあるのに、入力は2系統のみ。1系統余ってしまうのである。

 そこで、最も原始的な「つなぎ換え」で対応している。これが結構厄介である。ラックの後ろに回ってRCAケーブルを抜いたり挿したりしなければならない。

 そこで、ヤフオクでラインセレクターというものを落札した。値段は7,000円ほど。メーカーはLUX。接点が増えると音質は劣化するはず・・・しかし、いちいちつなぎ換えるのは面倒・・・音質を取るか手軽さをとるか、といった判断を迫られそうである。

 とりあえず、値段が安かったので一度試してみることにした。やはり音質的にもう一つということであれば、原始的な方法に逆戻りすることになる。

2009/5/25

1166:38cm/sec  

 妄想のメリーゴーランドは回り続けている。回り続けていると行動が起きる。行動が起きると結果が生じる。その連鎖を実効性のあるものにするのか否かは現状では不明であるが、サイドブレーキを引きながらアクセルを吹かしているような状態である。

 こういうときに限って見つかるのである。NAGRAではないが、同様にプロ用の録音機器として一世を風靡したStellavox SP8が中古で出ているのである。値段は32万円。

 しかし、当然2トラック専用機である。4トラックのソフトはかからない。4トラック用のヘッドを搭載すれば、4トラックのソフトがかかるかもしれないが、純正部品である可能性は極めて低い。

 そのデザインはNAGRA同様精緻の極みのようなデザインをしている。もはや芸術作品とでも呼びたくなるほどである。

 なので「オブジェ」として飾っておいてもその存在意義は極めて高いともいえる。SOLIDSTEELLのラックの上段にIMMEDIAのレコードプレーヤーとStellavox SP8が並んだ姿を想像すると、目じりが1.9cmほど下がる。

 実にメカニカルビューティーである。実に冷徹なまでの構成美である。そこから繰り出された音がQUAD22とQUADUを通るさいに充分に暖められてESLから空中に放たれる。そう妄想するだけで、精神的マスターベーションが完結する。

 2トラックのソフトはないわけではない。ごく少数は存在する。それをコツコツと買い求めて、密やかに楽しむ。高価であるといっても希少価値のあるオリジナルレコードほどではない。レコードやCDはそれなりにあるので、オープンリールのソフトを数多く所有する必要性もあまりない。

 その回転スピードは増してくるようである。昨日まで19cm/secであったスピードは現在は38cm/secまで上がってきている。メリゴーランドはのんびり楽しむものであるが、乗っているものを振り落とさんばかりに勢いを増してきている。

2009/5/24

1165:メリーゴーランド  

クリックすると元のサイズで表示します

 那須街道は数珠繋ぎであった。一本道であるので車が分散しないためであろう。地元の方であれば、込み入った迂回路を熟知しているのかもしれないが、そういった知識は持ち合わせていないので、そのままセオリーどおりの道を辿るしかなかった。

 そのため3時に着くことを予定していたのであるが、やや遅れてSOUND DESIGNの那須試聴室に到着した。SOUND DESIGN FAN CLUBの懇親会は既に始まっていたというか、もう既に佳境を迎えていた。着いた時には赤ら顔の方が数名いらして、みなさんご機嫌状態であった。

 そして、ログハウスの中へ入るとアルコールの臭いが部屋の中に充満していた。そしてソファの一隅には爆睡状態の安西さんが真っ赤な顔を斜め45度に傾けていらした。

 そのとなりにそっと座ったが、目を覚まされる気配は全くなかった。SD05の左隣にはCDP-MS1ではなく、見慣れないオーディオ機器がただならぬ気迫を発散していた。それはNAGRAであった。

 はじめて見るオーディオ機器である。硬質な構成力のなかに、極めて精密で知的な造形美に溢れた機器である。メーターや操作ノブの一つ一つが意味深いものに感じられるほど練られている。触れて操作する喜びに満ちた稀有な存在である。

 そして、その音を聴いて少なからず驚かざる得なかった。何かしら、桁が違うのである。「12と14では14の方が2多い」あるいは「35と39では39の方が4多い」・・・そういった次元からいきなり100の位にワープしたような感じである。

 NAGRAはプロ用の機器であるので2トラック専用である。しかし、このNAGRAは4トラック用のヘッドを特別に搭載している。極めてめずらしい存在である。4トラックのソフトはアメリカのオークションで比較的安価で入手可能とのこと。

 「ハードは比較的安価で入手できるが、普通のNAGRAでは4トラックがかからない」・・・「生録をする気はないので、再生装置として入手したいが、ソフトがかからないのではどうしょうもない」・・・「普通のNAGRAでは2トラックしかかからないが、2トラックのソフトは数が極めて少ないうえ値段がぐんと上がる」・・・「日本製のものは二束三文で売られているが、NAGRAのような音質は望めない」

 極めてスムースに回転するオープンリールテープのように、私の頭の中の「妄想のメリーゴーランド」もぐるぐる回り始めたようである。そして、その回転スピードはいつしか定速に達した。そのスピードはきっかり19cm/secであった。

2009/5/23

1164:主役  

クリックすると元のサイズで表示します

 この部屋では全てが等価である。独創的な発想とシンプルな構成のUNICORNも、踊り子のブロンズ像も、ぜんまい式のアンティーク時計も等価である。

 そこに存在することの必然性、そこに存在することの実効性という点において全て等価である。この部屋に入ると、そんなことを強く意識する。どんなこともないがしろにされことのけっしてない帰着点の集合体がこの6畳の空間を占拠しているようである。

 今日の午前中、UNICORNさんの部屋を訪れた。UNICORNさんは少し前にLINN LP-12を導入された。そして、導入直後は不具合が多かったLP-12も、UNICORNさんの聞くも涙語るも涙の苦闘の末、見事に調整されそのポテンシャルの全てを出し切っているとの情報をキャッチしたので、早速自分の耳で確かめることと相成った。

 真新しいLP-12は美しく潔いその肢体を明るめの色合いのサイドボードの上に横たえていた。そのプラッターが回転するさまをしげしげと眺めたが、微動だにブレのないスムースな回転がなされていることがこちら側にしっかりと伝わってくる。

 そして、その音を聴かせていただいて、見るからに正確無比な回転が音にそのまま反映されていることを感じた。音の背景がとても澄んで静かである。音と音の空間の白が洗いたてである。その結果色合い鮮やかに音がつかめる。

 さらにスピーカーセッティングも微妙に変化していた。スピーカー間の距離が若干広げられ、後ろの壁からも少し離された。さらにごくわずかであるが「逆ハの字」になるようスピーカーの角度が調整されている。

 これにより後ろの壁が消えるような空間表現が可能となり、クラシックのホール感や音場の深さ広さが拡大した。

 これらの相乗効果により、クラシックがとてもリアリティをもって心地よく鳴る。ジャズは以前より素晴らしい再現性であったが、クラシックもやや前よりのS席で聴く感じで、今日はチケット代を得した気分であった。

 この部屋で一つだけ等価でないものがあるとすれば、それはこの部屋で奏でられる音楽であろうか・・・この部屋の中の音楽は、その存在の必然性という点において間違いなく主役である。このときばかりは、美しい造形のアンティーク・スタンドも、神秘的な色合いを放つ是枝氏製作のパワーアンプも脇役にまわらざるを得ない。そして聴いている人間も同様である。

 心に心地よい余韻を残しつつUNICORNさんのお宅をあとにした。その後、車に飛び乗り一路那須高原を目指した。そこでは銀色に鈍く光るNAGRAが手ぐすねを引いて待ち構えていた・・・その様子は明日にでも。

2009/5/22

1163:テニス  

 テニスは大学生のころからやっている。大学生のころは、テニスサークルに入って週に1,2回はテニスで汗を流していた。テニスボールを追うよりも周囲の女子大からサークルに加入する女の子のお尻のほうを熱心に追いかけていたので、それほど上手くはならなかった。

 それでも、大学を卒業して社会人になってからも月に1,2回程度はテニスコートに出かけた。なので最も長く続いている趣味はテニスである。テニス歴は20年以上になる。

 しかし、最近は年に5,6回と回数が極端に減っていた。ゴルフやオーディオに時間を割くことが増えたことと、テニスは結構ハードなスポーツなので体がきついことがその要因であろう。

 今日は、有明テニスクラブで東京税理士会のテニス大会があった。今年2回目のテニスである。3試合をこなしたが、やはり足にくる。テニスは瞬発力が結構要求される。ゴルフとはかなり違った部分に負担がかかるのである。

 きっと明日は筋肉痛であろう。もう少し頻繁にテニスでもしないと、体力や脚力が落ちる一方である。テニスをするといつもそう思うのであるが、数日するとそんなことすっかり忘れてしまい、次回のテニスはまたまた数ケ月ぶりになってしまう。

 ここ数日と同じく今日も結構暑かった。風があったので多少救われたが、相当汗をかいた。スポーツで汗をかくことは良いことである。ストレスが汗と一緒にすっかり発散されたようである。体は疲れたが、心は思いっきりリフレッシュされたようである。

 ここ3年ほどオーディオにはまっているが、体にとってはオーディオという趣味はあまり良い趣味ではない。部屋にこもりがちになる。スポーツで汗をかくような爽快感はない。筋力は特別重いスピーカーやアンプを動かしたりしないかぎり低下する。

 特に我が家からは重いオーディオ機器は全て一掃されてしまったので、いくらセッティングをいじっても体は鍛えられない。やはり、オーディオはほどほどにしてテニスやゴルフで汗をながす時間を増やしたほうがいいのかもしれない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ