2009/4/20

1130:男のティラミス・春  

クリックすると元のサイズで表示します

 UENOさんからのお薦めコメントをいただいたファミリーマートのティラミスである。商品名は「男のティラミス・春」。これを1個購入した。

 商品名からして男性をメインターゲットにしているのであろう。コンビニスウィーツが男性に広く受け入れられはじめている証拠のような商品である。

 「男のティラミス・春」はでかい。これを一人で食べるとなると、完全にカロリーオーバーとなるはず。途端に腹周りにくるであろう。これは一人で食べるわけにはいかないと判断して、家に持って帰った。

 そして、妻と下の娘とで三等分して、三名で食べた。深煎りのマンデリンで濃い目のコーヒーをいれ、それをお供にしたが、これがあう。「男の・・・」と付いているだけに甘さは控えめでちょうどいい。フォークで一口分をとって口に入れるとすっと解ける。滑らかで軽やかな舌触りである。

 くどくない上品な甘さと爽やかで滑らかな口解け・・・これは良いのでは・・・1個丸々はボリュームがありすぎるが、3分の1であればちょうど良い。さらに濃い目で苦いコーヒーがあればなお良い。

 この「男のティラミス・春」の味わいは、ROKSAN XERXES 20の音の質感と似ている。我が家のメインルームにはレコードプレーヤーが2台ある。LINN LP-12とROKSAN XERXES 20である。LP-12は華やかで明るい。クラシック、しかもバロックなどはとてもはまる。華麗な響きが心地よいのである。

 XERXES 20は地に足着いた地道な音である。甘さは抑えめ、重くはなく軽やかではあるが華麗というのとは違う。繊細な粒立ち感があり、音場空間も広め。

 「このティラミスの味わいはXERXES 20の質感だ・・・」などと寓にもつかぬ事を頭に浮かべながら1個360円のコンビニスウィーツを家族3人でほおばる・・・穏やかな春の夕べである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ