2009/4/8

1118:希望  

 春は眠い。気候がとても快適であるからなのか、それとも春の柔らかな空気が体から緊張感を取り除くからなのか、ふと気付くと寝ている。

 今日は仕事からの帰り道ゴルフの練習場に寄った。そこで2コインほど打ったのである。その疲れもあったのかもしれない。夕食後ソファに横になってテレビを観ていたところ、そのうちに熟睡してしまっていた。

 目覚めたら既に日付が変わっていた。3時間以上寝ていたことになる。ソファで寝入ってしまうといつものことであるが、のどがいがらっぽい。

 今日の練習では、前回のラウンドで行った素振りをしてからアドレスをしてすぐさま打つというリズムでボールを打ってみた。

 2回ほど素振りする。素振りは腕の力を完全に抜いて、体の回転だけでクラブを振る。この感覚が体に残っているうちに、実際にボールを打つのである。

 そして、頭の中では「もう一回素振りをする」と自分に言い聞かせながら、打つ。ボールを打つのではなく、あくまで素振りするという感覚で行うと、腕に力が入りにくい。これがよかったのか、練習場では上手くいった。

 ゴルフ雑誌を読むと、いろいろなチェックポイントが列記されている。確かにそれらは重要なポイントなのかもしれないが、実際にボールを打つときに数多くのチェックポイントを頭に入れながらスウィングすることは不可能である。

 特にラウンド中に頭でチェックポントを考えながらスウィングすると大概上手くいかない。左脳で打つと上手くいかないのである。それよりもリズムのみに注意を払い、腕に力みが生じないようなリズム感を維持できれば、結果はより良いようである。

 「今度のラウンドではもしかしたら良い結果が出るかもしれない・・・」練習場を後にしたとき大概そう思う。その思いは裏切られることが多いのであるが、やはり「希望」をもつことは重要である。それがなくなれば、練習場に通うこともなくなってしまうからである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ