2009/3/28

1107:NEW BWM 7シリーズ  

クリックすると元のサイズで表示します

 NEW BMW 7シリーズが日本でも発売が開始された。ディーラーから案内が来ていたので、実車を見に行ってきた。BMWのデザインアイデンティティーであるキドニーグリルは、大型化され低い位置に配置された。さらに縦方向のバーを強調することによりその存在感を強調している。

 これはグリル部分を強調する昨今の傾向にあわせたものであるが、多少下世話な印象もある。フロントのヘッドライトの形状は、マイナーチェンジ後の先代の造形に近く、マイナーチェンジ前の先代のような冒険はあえて避けたようである。

 サイドビューは伸びやかな造形でスポーティーさと室内空間の確保との両立が確実になされている。ドアノブはサイドのキャラクターライン上に重ねられスムースさを強調している。

クリックすると元のサイズで表示します

 リアビューは結構変わった。先代の直線基調のデザインから曲線を多用した有機的な造形である。基本はL型であるが受ける印象はかなり異なる。個人的には好きではないが、今後これがBMWのリアビューの基本形になるのであろう。


 インテリア・デザインはかなり高級感が高まった。使っている素材も先代よりも格段に向上。囲まれ感が高まりより快適な室内空間がもたらされた。インテリアの質感に関してはAUDIに水をあけられていたが、多少追いついたようである。

クリックすると元のサイズで表示します

 先代のフルモデルチェンジのときは正直に言って、怒りを通り越してあきれた。強烈な拒絶反応が生じて体がかゆくなったものであったが、今回は多少ひっかかる点はあるものの無難な印象である。しかし、逆にそれが何かしら物足りないような気がしないでもない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ