2009/3/11

1090:3年前  

 昨日は愛犬メリーの7回目の誕生日であったが、今日は「AcousticTao」の3回目の誕生日である。2006年3月11日に初めての記事を更新してちょうど3年が経過した。

 「趣味」としてのオーディオ歴もブログと同じ3年である。オーディオ機器自体はその数年前から所有はしていたが、持っているだけで特にはまるわけでもなく、大きなラジカセ的な存在でしかなかった。

 CDプレーヤー、プリメインアンプ、2ウェイスピーカーの3点セットが壁にピタッと張り付く形で置かれていた。現在のリスニングルームはその当時は普通の応接間であり、主役は妻のピアノとアンティークの北欧家具であった。

 私にとってはオーディオよりも流麗な意匠のソファーセットの方が重要であった。音楽との接点は主にコンサートであり、その休み時間に購入したCDをたまに聴くために、できるだけコンパクトでデザインの良いものを置いていたに過ぎない。

 それがガード下の「魔窟」にひょんなことから出入りするようになり、いつしか主従の関係は逆転し、アンティークの北欧家具は応接間から姿を消し、オーディオ機器が我が物顔にのさばるようになってしまったのである。

 時は流れた。3年は短いようで長い。この間紆余曲折があり、今は当初想定していた方向とは随分違った方向に向いているような気がする。スピーカーも最新鋭のGerman Phisiksを導入したのであるが、現在はとても古いTANNOYやQUADを愛好している。

 そして、当然CDも聴くのであるが、レコードがメインソースの座を占めるにいたっている。3年前には予想だにしなかった光景である。

 これからはどうなるのであろうか?TANNOYがメインルームに移りそこの「主」になるのはほぼ確実であろう。German Phisiksはきっと我が家を去ることになるであろう。TANNOYとQUADの古い二つのスピーカーが我が家のシステムの核となり、それぞれの持ち味を活かした、クラシック音楽中心のオーディオライフになるであろう。

 しかし、これは現時点での予想に過ぎない。3年前に現在の状況を想像することができなかったように、全く異なった風景が3年後には見られるのかもしれない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ