2009/2/18

1069:BMW116i  

クリックすると元のサイズで表示します

 BMW1シリーズのデザインは、正直に言うとあまり好きではない。とても若々しい躍動感にみなぎった造形で統一されているのであるが、私のような年齢の目から見ると、落ち着き感がないという印象を受けるのである。

 目つきは結構パッチリ系。多少驚いたような表情に見えなくもない。できればもう少し伏し目がちな方が好みではある。サイドにはかなり個性的なキャラクターラインがはしり、面の構成を有機的にしている。

 BMW735iは1年ごとの法定点検に出した。早いものでまる4年が経過し、走行距離も7万キロを超えた。細かなマイナートラブルはあったが、今のところ大きなトラブルはなくこの分であれば10万キロ突破も可能なような気がしている。

 点検整備の間の代車としてBMW116iをお借りしたのである。まず乗り込んでの第一印象は、着座位置が想像よりも低いということ。そしてステアリングを握って、その重さに少なからず驚いた。

 もちろんこれは確信犯的な味付けである。重くシャープな味付けは、スポーティーさを前面に出したいBMWの意図を如実に表している。

 走ってみて、足回りはそこそこ固くしっかり感がある。しかし、ガチガチといった硬さではなく、しなやかさも供えていてよくしつけられている。多少ゆすられ感はあるが不快感はそれほどでもない。

 リアの居住性やトランクの積載能力は、同じセグメントを代表するVW GOLFに比べると明らかにおちる。そういった実用性に関してはある程度の割り切りを感じさせるパッケージングである。

 実用面ではなく、スポーティーな味わいの爽快感で勝負したいという主張がとてもはっきりしているモデルである

 インテリアは一世代前のBMWの面影を残している。センターコンソールはドライバー側に向けられているし、メーターやスイッチも一世代前の造形である。これはこれでなかなか統一感があって良いのではと思える。しかし、AUDIやVWのクオリティと比べると相当差をつけられているようである。

 今日一日このBMW116iに乗ったが、乗りなれてくると重めのステアリングフィールが頼もしく感じられる。スポーティーな乗り味や、パワーはないがスムーズに噴け上がるエンジンなど、この車に乗っていると自分が少しばかり若くなったような気にさせてくれるのである。「自分もまだまだ老け込むような年ではない・・・」という気にさせてくれる車である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ