2009/1/31

1051:チーム・チューバホーン  

 昨年は「ビンテージの嵐」が吹き荒れた。QUADやTANNOYの古いオーディオ機器が大挙して我が家に押しかけてきたのである。さらに今年になってTHORENS TD-124も追い風に乗って駆けつけてきた。ただし、追い風が強すぎたのか、勢い余って船底を傷つけてしまった。

 この「ビンテージの嵐」によって、我が家のオーディオ事情は一変した。システムが三つに増えたうえ、従来のセカンドシステムが納戸に追いやられたのである。オーディオ機器としての性能は、ビンテージよりもはるかに優れている従来のセカンドシステムであるが、この強風の前には立ち向かうことが難しいようである。

 そこで、新たな活躍の場を求めてPSD T3はチームを移籍することとなった。移籍先は「チーム・チュ−バホーン」である。「チーム・チューバホーン」は主力選手であるランカスターが足の怪我で長期療養中であり、両チームの思惑が一致したのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 慎重に運搬されたT3はグランドのやや後方のポジションに着いた。グランドの広さは12畳ほどで縦長。後方の壁からの距離は約1mほど。このポジションで聴くPSD T3は、澄んだ空気感が凛としている。音が正確無比にスムースに繰り出される。

 温度感は低め。オーディオ的な快楽度は高い。オーディオ優先であれば、非常に高得点。いわゆる「高解像度・高情報量」タイプの秀才。

 しかし、もう少し暖かみが欲しい。音の輪郭を緩めて自然な質感がでればより良くなるような気がする。「もう少し前に出してみましょうか・・・」チューバホーン監督の指示が出た。

クリックすると元のサイズで表示します

 その結果、T3は縦長の部屋の中央付近へ移動した。そして、その音を聴いて「変わるものですね・・・広がり感も出て、音に暖かみが加味された」先ほどの「締まった高解像度」の音も魅力的ではあるが、音楽としてのまとまり感はこちらの方が断然である。

 このポジションでは背後からの距離は2m近くになっているであろうか。グランドにある程度の広さがないと難しいポジションである。どうやら、PSD T3は背後の壁から離すことが一つの「キモ」のようだ。

 移籍先での活躍はほぼ間違いないようである。このポジションでクラシックや女性ボーカルを聴いたが、どれもナイスプレーであった。怪我でプレーできないランカスター選手も後方から声援を送っているようであった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ