2009/1/21

1041:ちょこちょこ  

 「ち」と「ょ」で「ちょ」である。「ちょ」はなんとなくささやかである。あるいは「すこい」感じもする。「ちょ」で始まる形容詞は「ちょこっと」「ちょこまか」「ちょこちょこ」といったふうである。

 「ちょこちょこ」やっている。最近継続的に「ちょここまか」やっているのである。何をかというと、ゴルフの練習である。「ガツン!!」とはやらない。あくまで「ちょこちょこ」である。

 なので、練習場へ行ってもコイン1個で帰ってきたりする。家で素振りの練習をする場合も10分程度で完了する。以前はたまに練習場に行くと3〜4コイン打ち込んで疲労困憊したりしたが、今はなるべく短時間で済ませる。そのかわり、なるべく頻繁に行くのである。

 あるいは練習場に行けない時は、家で少しばかり素振りする。なるべく途絶えることなく「ちょびちょび」やるのである。

 「ちょびっと」であれば、意外と続くのである。無理のない範囲でなるべく短時間で済ませるのがコツである。

 この「ちょこまか作戦」が効を奏するか否かはまだ分からない。1月はゴルフの予定が1回しか入っていない。しかも月末である。そこまでこの作戦を継続してみたい。

 オーディオも「ちょこちょこ」やっている。しかし、最近何故か具合が悪い。具合が悪いのは、抽象的な意味ではなく具体的な意味である。ハードの具合が悪いのである。

 まずはQUAD 66CDのリモコンが効かなくなった。本体に操作ボタンがあればいいのであるが、本体には電源ボタンとトレイの開閉ボタンしか付いていないのである。なのでこれは修理に出した。

 すると続いてLP-12でレコードで聴こうとしたら、右チャンネルから音が出なくなった。「あれ・・・?」といった感じで頭をひねるがらちがあかない。フォノイコかなと思い、ROKSANのフォノイコに繋ぎ換えても同じ症状がでる。

 これはLP-12のフォノケーブルであろうか?とりあえず購入先であるSOUND CREATEに連絡して、見てもらうしかないようである。フォノケーブルが取り外せればいいのであるが、アース線がハンダで固定されているのではずせない。

 原因が特定できないが、ハードのトラブルはやはり落胆する。ビンテージであれば「こんなものであろうか・・・」という諦観ももてるが、最新のオーディオ機器の場合には、なんとなく腑に落ちないところがあるのである。              



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ