2009/1/3

1023:ルネッサンス  

 ルネッサンス・・・直訳すると「再生」である。一般的には「14世紀のイタリアを中心に起こった文芸復興」をさす。

 最近では髭男爵の「ルネッサ〜ンス!」で有名であるが、とにかく「再生」あるいは「復興」である。

 では何を「再生」あるいは「復興」するのか、というと・・・オーディオではない。オーディオのほうは今年は「おとなしの構え」で行く予定である。機器の入れ替えの予定はない。あるとすれば、2階にアナログを新規に導入することくらいで、他の大きな動きはない予定である。

 予定は未定ではあるが、そう願っている。あるいは「そうすべきである」と理性では認識している、というべきか・・・ときどき理性ではなく、本能のままに行動することがあるので要注意ではある。

 ゴルフである。「復興」すべきはゴルフである。ゴルフははじめて10年が経過した。最初の5年くらいは右肩上がりであったゴルフのスコアもここ数年は低迷している。この状況を敢然と打破すべく今年2009年を「ゴルフ・ルネッサンス」の年とすることを年頭にあたり心に決めたのである。

 毎日練習する・・・といっても毎日練習場に通えるわけではない。練習場に行かなくても、自宅で素振りはできる。あるいはパッティング・マットでパッティングの練習はできる。

 「毎日する」ということが重要なのである。今こうしているように毎日ブログの記事を更新するために約30分パソコンに向かう。これができるのであれば、素振り練習を30分することなんてわけないはず・・・

 といいつつ、「三日坊主」にならないか心配ではあるが、年頭に当たって心に誓った一つのテーマである。一時は70台もたまにでたスコアが、今では90をときどき切るのがやっとといったていたらくである。これではいけない・・・やはり再興すべきである。まだ40代・・・ゴルフであればまだまだ伸びる可能性がある。

 今年は、「OBや、ないか〜い!」「ざっくりや、ないか〜い!」「トップや、ないか〜い!」といったギャグをゴルフ場で言わないですむようになりたいものである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ