2009/1/11

1031:BANG & OLUFSEN  

 BANG & OLUFSENの製品はどれもスタイリッシュである。現在我が家では、電話機がこのメーカーである。残念ながら、オーディオ関連機器では、BANG & OLUFSENは所有していない。

 先日OLDさんのお宅で、BANG & OLUFSENのレコードプレーヤーを見かけた。見かけただけで音は聴けなかったが、なかなか魅力的な外観である。みたところリニアトラックング式のトーンアームのようであった。

 音はどうなのであろうか?OLDさんによると「実に綺麗な音がする・・・」とのことであったが、見た目同様美しい音がするのかもしれない。

 UNICORNさんのお宅でもBANG&OLUFSENを見かけた。CDプレーヤーであった。あるいはもともとはCDプレーヤーとアンプの機能を兼ね備えたモデルであったのかもしれないが、CDプレーヤーとして使われていた。

 そのデザインはもはや「オーディオ機器」という枠組みを飛び越えて、「芸術作品」と評すべきかもしれない。

 ときどき、オーディオ製品であっても「芸術作品」と評したくなるような製品を見かける。次々に出てくる現代のオーディオ機器のなかにもそういったものがある。

 オーディオ雑誌での写真で、「RAIDOH」という聞きなれないメーカーの「C2」という型番のスピーカーを見かけたとき、「凄くかっこいい・・・」と感じてしまった。ぱっと見、今流行りのトールボーイ型で側面は流線型のように綺麗なアールを描く。

 それだけであれば、現代のスピーカーにあっては、別にこれといった特徴があるともいえないが、側面の上質な銘木の模様。そしてウーファーの乳白色のコーンの色合い、リボントゥイーターのシャープで繊細な質感などなど、全てのバランスが微妙に「美」を体現している。

 RAIDOHには「C1」「C2」「C3」と現在3つの製品がラインナップされているようであるが、見た目だけで言えば「C2」が一番素晴らしい。

 そして、このメーカーのスピーカーにはグリルクロスが付属していない。音質的な理由から付属しないのかもしれないが、なんとなく私には設計者が、この美しいバランスをユーザーが常に目にしていて欲しいから、という意図からあえて付けていないのではないかと深読みしてしまった。

 この「C2」をじっくり見ていると、何故かしらBANG&OLUFSENの世界と共通する雰囲気を感じたのである。それはひしひしとした静寂感すら感じさせるいでたちである。

2009/1/10

1030:100万円システム  

 よくオーディオ雑誌で「総額100万円で組むシステム」なんていう記事が載っていたりする。オーディオの組み合わせを考えるのは楽しいものである。空想の世界であるので制限がない。

 そして考える際には、予算はどうするのかとか、セッティングする部屋はどんなところかとか、メインで聴くジャンルは・・・などなどある程度条件を設定してシミュレーションする方がより現実味があって楽しい。

 たとえば、「総額100万円で組むシシテム」「リビングで肩肘張らずに音楽を楽しむというシチュエーション」「主に聴くのはクラシック」という条件で組み合わせを考える。

 まず予算配分から、スピーカーには40%〜50%を充てたいところ、残りをCDプレーヤーとアンプに振り分ける、というのが定石であろうか。

 スピーカーはウィーンアコースティック T-3Gなんてどうであろうか?定価は666,900円であるが実買価格は50万円程度のはず。すると残りは50万円・・・PRIMARE CD21とI21のペアなんてデザイン的にもいいかもしれない。定価は383,250円であるので、実買価格は30万円前後のはず。残った予算でラック、ケーブルを購入すると、概ね予算の範囲内に収まる。

 などなど、取り留めないことをオーディオ雑誌片手に考えるのは、実行に移す可能性はまったくないにしても密かな楽しみである。

 我が家のリビングには、図らずも「100万円システム」が鎮座している。QUAD 66CD、QUAD 22、QUAD UそしてTANNOY CHATWORTHという組み合わせである。購入額は総額で860,000円。

 ラックはTARGETAUDIO製で、2台使用しているが、2台で50,000円ほどであった。RCAケーブルはNORDOST製でこちらも確か50,000円ほどであった。電源ケーブルは付属のものなので、0円。スピーカーケーブルはベルデン製のメーター1,000円程度のもの。締めてちょうど100万円ほど。

 もちろん、最新型ではないが、これは良い組み合わせと悦に入っているのである。空想のなかで考えたウィーンアコースッティックとPRIMAREの組み合わせと比べても遜色ないのではないか。

2009/1/9

1029:戦友  

クリックすると元のサイズで表示します

 CHATWORTHは元いた場所に戻した。そしてQUAD 22とUも真っ黒なTARGETAUDIOのラックに収まった。そしてQUAD 66CDとともに仲良く並んで佇んでいる。

 CHATWORTHは、ある局面においてはとても素晴らしい能力を有していることがよく分かった。特にQUAD 22とUのペアで鳴らすとその潜在能力がぐいぐい引き出されることも分かった。

 もちろんオールマイティーな対応能力を有しているわけではないが、クラシックなどのアコースティック楽器の音をオフマイク気味に録音したソフトでは、その能力はとても優れたものがある。

 特に編成の比較的小さいバロック音楽では、その魅力は特別なものがあると感じられた。私が比較的好んでよく聴くジャンルであるので、その魅力には強く惹きつけられるものがあった。

 しかし、1階のメインルームはHRS-120 CARBONとVIOLAの牙城である。特にHRS-120 CARBONは、私にとって「戦友」のようなものである。右も左も分からずよたよたしてきた初心者オーナーの無謀な3年間を、傍らに佇んで、時には諦め顔で、時には笑顔でついてきてくれた。

 子供の「指つん攻撃」で名誉の負傷も負った。PSD T3が乱入してきた時には廊下で寂しい日々を送ったこともあった。しかし、愚痴を言わずついてきてくれた。なので、HRS-120 CARBONはこれからも、あの部屋の主であり続けるであろう。

 ここ最近の「ヴィンテージの嵐」は相変わらず吹き荒れているが、この小さな専用ルームはこのままにしておきたい。ヴィンテージ系の二つのシステムは生活により近い部屋で活躍してもらおう。その方がヴィンテージ系の機器はきっと居心地良く感じてくれるであろうから。

2009/1/8

1028:検査結果  

クリックすると元のサイズで表示します

 崩落現場に今日も足を踏み入れた。前回の崩落は相当大規模なものであったうようである。その詳細を検証して観察してみたいと思ったのである。

 そして、2次崩落が起きないかどうかを検査する必要性も感じていたのである。これ以上の崩落はないものと思われるが、「念には念を」である。

 そのため、電解コンデンサーが取り替えられてオーディオサミット オカヤマから送られてきたQUAD 22とUのペアを持ち込むことにした。

 この検査機器はとてもコンパクトである。なので、持ち運びも楽である。VIOLA CADENZAの本体と電源部をクワドラスパイアのラックから慎重に取り外し床に置く。そして中段にQUAD 22を置き、下段にQUAD Uを設置した。下段の高さはもう少し欲しい感じである。逆に中段の高さはもっと低くていいようである。

 見た目的な美しさで言えば、VIOLAの圧勝である。しかし、QUADのペアも何かしら奥深いものを感じさせる佇まいではある。

 そして、検査を開始した。ルターのオルガン伴奏の合唱曲、ラロのスペイン交響曲そしてヘンデルのメサイアと聴いた。

 1時間ほどが経過した。気になる検査結果であるが、「2次崩落の可能性は極めて大きい」と出た。そして、その崩落の規模は前回を上まわるかもしれないのである。

2009/1/7

1027:かりん  

クリックすると元のサイズで表示します

 スピーカーの周囲の吸音部は次々と狭められた。吸音部にホームセンターで買ってきた板を両面テープで貼り付けただけであるが、その効果は大きい。もともと反射面に使っていたのはスプルースの壁板である。なるべく、同傾向の色合いの板材を使ったので、見た目的な違和感も少なめである。

 反射率が上がるので、響きが豊かになるのである。モニター的な音とは反対方向に向かう。クラシックなどでは響きの豊かなホールでの演奏のように聴こえるので心地よい。

 ポピュラー系のソフトの場合少しピンボケになるかもしれないが、最近とみにクラシック比率が高くなりつつあるので、それはそれでいいと割り切るしかないようである。

 今日は仕事からの帰り道、ホームセンターに寄った。そこで、非常に小さな板材を数枚買ってきた。材質は「かりん」。色合いは濃い茶色。なので周囲の色合いとは馴染まない。

 「かりん」は硬い木である。叩くと甲高い乾いた音がする。これをリスニングルームの反射面として少しばかり使用すると、音に多少スパイス的な効果が得られるような気がしたのである。

 ほぼ予想通りというか、予想以上の効果があるようである。周囲の反射面の木は全て柔らかめのもの。なので比較的柔らかい響きとなる。そこに「かりん」を使うと、音が少しばかり締まるのである。使いすぎると逆効果であるが、ほんの少量たらすと、良い具合の味加減となるようである。

 石井式リスリングルームの場合、このへんの匙加減が結構はっきりと反映されるので楽しいところである。

2009/1/6

1026:365歩のマーチ  

 水前寺清子の「365歩のマーチ」のイントロを聴くと、ドラえもんのオープニングテーマを思い出す。今のドラえもんは声優陣が入れ替わって確かオープニングテーマも変わってしまったはずであるが、大山のぶ代がドラえもんの声をしていた頃のオープニングテーマである。

 365歩のマーチのイントロの後には、「あんなこといいな、できたらいいな・・・」と続くような気がするのである。

 しかし、実際には「しあわせはあるいてこない、だ〜から、あるいていくんだよ〜」と続くのである。

 そんな印象を持っているからか、水前寺清子の歌声がどことなく大山のぶ代に似ているような気もしてくるのである。

 二人の声はどちらもいわゆる「美声」ではない。個性的であると同時に独特の味わいがある声ではあるが、澄んだ響きではない。多少の濁りというか、雑味が入っているのである。その雑味が何かしら心地よい安心感のようなものを与えてくれるような気がするのである。

 オーディオの音にも多少そういった要素があるのではないか、といった気がしている。なぜかしら最近とみに古いオーディオ機器に惹かれる傾向がある。どんどん時代をさかのぼっていくのである。

 ついには私が生まれる前に誕生したスピーカーやアンプにまでさかのぼってしまった。「機械」としての性能は当然劣っているはずである。特にSN比などは現代のスピーカーやアンプに比べると相当な差があるはずである。

 しかし、出てくる音は魅力的である。古いオーディオ機器の音のほうが良いというわけではない。個人的な好みに合っているのである。

 いわゆるビンテージといってもとても幅広い、私が聴いているのはそのうちごく限られたものだけでしかない。我が家には現在QUADとTANNOYの古いオーディオ機器が幅を利かせている。

 これらの音を聴いていると、ついつい「ワンツー、ワンツー、腕を振って歩け〜」という気分になってくるのである。

2009/1/5

1025:崩落  

クリックすると元のサイズで表示します

 何かしら予感のようなものがあった。でも先延ばしにしていた。現状を変えることになるような気がしたのかもしれない。しかし、いつか試してみたかったのである。

 つい先日、2階に設置したばかりのQUAD 22の電解コンデンサーが異常をきたした。緊急入院した2階のQUAD 22に換わって、1階のリビングでCHATWORTHを鳴らしていたQUAD 22とUのペアが急遽2階に移動した。

 CHATWORTHはリビングで手持ち無沙汰気味に佇んでいたのであるが、「これは良い機会かも・・・」と思いつき、メインルームに持ち込んでみたのである。HRS-120 CARBONを部屋の外に一旦出し、そしてCHATWORTHを持ち込んで両コーナーに設置した。

 スピーカー以外の機器は従前のままである。CDプレーヤーはLINN CD-12、プリアンプはVIOLA CADENZA、パワーアンプはVIOLA SYMPHONY。少しばかりミスマッチな気がする。しかし、部屋との相性というか馴染み具合は良いように感じられた。

クリックすると元のサイズで表示します

 ヘンデルのメサイアをかけたのであるが、その最初の音を聴いて、何かしらが崩れ落ちたような気がした。2階でESLをQUAD22とUで聴いた時も何かしらが崩れ落ちたような気がしたが、今回も同様である。何かしらが崩落したのである。

 QUAD ESLとTANNOY CHATWORTH、この二つのスピーカーがあれば十二分である。心の隅々まで満たされるような気がするのである。納戸にしまわれた他のスピーカーやオーディオ機器は、非常に優れたものばかりであるが、もう私にとっては必要のないもののようである。

2009/1/4

1024:結論  

クリックすると元のサイズで表示します

 CONSEQUENCEは、辞書を引くと「結果、結末、成り行き、結論」とある。この何かしら象徴的ともいえる名前の付けられた巨大なスピーカーは、長年の間ディナウディオのフラッグシップとして君臨し続けている。

 その実物を間近に見ると、その巨大さとともに、その構造の複雑さに驚かされる。キャビネットは三つに区分されている。上部にウーファー部、そして下部前面には中高域を担う四つのユニットが綺麗に並んだパネルとなっており、可動式である。そしてユニットは見えないが第2のウーファー部が下部後方にあるという相当に凝った構造である。

 渾身の作品といった印象を受けるCONSEQUENCEであるが、その音を聴いて、その外見とは全く異なった質感にまたまた驚かされたのであった。

 今日はGRFの部屋さんのお宅を訪問した。今までに、TANNOY GRF、GERMAN PHISIKS UNICORN、PSD T4の三つのスピーカーをこの部屋で聴かせていただいたが、そのいずれもが驚きの連続であった。

 CONSEQUENCEは、この部屋で聴く四つ目のスピーカーである。その最初の音を聴いて思わず口にした言葉は「音の出方がESLと同じだ・・・」というものである。もちろん帯域の広さ、音の質感の精緻さは、CONSEQUENCEの方があるのであるが、その音の出方が同質なのである。

 音が沸きあがるような、静かな湖面から水蒸気の微粒子がたなびきあがってくるような音の出方である。これみよがしな押しの強さや、輪郭の強調のない自然な質感がとても心地よい。

 この音の出方は大好きである。そしてこの音の質感がこの巨大で複雑な構造を持つスピーカーから聴けることが意外である。

 帯域は広大である。しかしそれが無理をして広げた感じがしない。懐が広いので、無理なく出ているのである。そして、定位の良さも非常に優れた点である。

 しかし、このスピーカーを鳴らしきるには、一定以上のエアボリュームのある部屋が必要であろう。そしてその部屋は床の強度などある一定要件をクリアしているものが不可欠である。またセッテュイングにも極めて神経質な面も有しているようで、これは手強いスピーカーである。

 CONSEQUENCEの音を聴いて得た「結論」は、「GRFの部屋さんはESLの音が好きである」ということである。今思うと、今までこの部屋で聞くことのできた三つのスピーカーの音からもESLの雰囲気が垣間見えたのであった。

 実はGRFの部屋さんは、QUAD ESL63のオーナーでもあったのである。これだけ個性的な形態の四つのスピーカーが、現在この広大なリスニングルームに集結しているのであるが、それらは全て一本の共通の織り糸でつながっているのであった。

2009/1/3

1023:ルネッサンス  

 ルネッサンス・・・直訳すると「再生」である。一般的には「14世紀のイタリアを中心に起こった文芸復興」をさす。

 最近では髭男爵の「ルネッサ〜ンス!」で有名であるが、とにかく「再生」あるいは「復興」である。

 では何を「再生」あるいは「復興」するのか、というと・・・オーディオではない。オーディオのほうは今年は「おとなしの構え」で行く予定である。機器の入れ替えの予定はない。あるとすれば、2階にアナログを新規に導入することくらいで、他の大きな動きはない予定である。

 予定は未定ではあるが、そう願っている。あるいは「そうすべきである」と理性では認識している、というべきか・・・ときどき理性ではなく、本能のままに行動することがあるので要注意ではある。

 ゴルフである。「復興」すべきはゴルフである。ゴルフははじめて10年が経過した。最初の5年くらいは右肩上がりであったゴルフのスコアもここ数年は低迷している。この状況を敢然と打破すべく今年2009年を「ゴルフ・ルネッサンス」の年とすることを年頭にあたり心に決めたのである。

 毎日練習する・・・といっても毎日練習場に通えるわけではない。練習場に行かなくても、自宅で素振りはできる。あるいはパッティング・マットでパッティングの練習はできる。

 「毎日する」ということが重要なのである。今こうしているように毎日ブログの記事を更新するために約30分パソコンに向かう。これができるのであれば、素振り練習を30分することなんてわけないはず・・・

 といいつつ、「三日坊主」にならないか心配ではあるが、年頭に当たって心に誓った一つのテーマである。一時は70台もたまにでたスコアが、今では90をときどき切るのがやっとといったていたらくである。これではいけない・・・やはり再興すべきである。まだ40代・・・ゴルフであればまだまだ伸びる可能性がある。

 今年は、「OBや、ないか〜い!」「ざっくりや、ないか〜い!」「トップや、ないか〜い!」といったギャグをゴルフ場で言わないですむようになりたいものである。

2009/1/2

1022:最右翼  

 今日は賑やかであった。我が家に総勢14名の親類が集まったのである。特に小学生が3名、高校生が2名、大学生が1名、合計6名の従姉妹達が集まり、まさに騒乱の数時間であった。

 ESLがひっくり返されたり、DDDユニットが指ツンされたりするのではないか、といささか気が気でなかったが、どうにか無事であった。

 しかし、リビングにおいてあったチャトワースは、当初設置していた場所から数十センチ移動してしまっていた。一応目印をつけていたので、皆が帰った後その位置に合わせた。

 やはりリビングオーディオというのはなかなか大変な点もあるようである。リビングでのアナログはやはり難しいようである。

 となると、2階でのアナログということなるのであろう。2階はESLをQUAD 22とUで駆動している。CDプレーヤーはemm Labsのペアである。なかなか良い質感でまとまっている。できれば2階でもアナログを聴いてみたいところである。

 SOLIDSTEELのラックの右サイドは上からQUAD 22、中段と下段はQUAD Uが収まっている。左サイドは中段にemm LabsのCDトランスポート、下段はemm LabsのDAコンバーターが収まる。

 なので、左サイドの上段は空いている。ここにレコードプレーヤーをセッチすることは可能である。アンプやスピーカーとの時代的なバランスからすると、やはり古めのレコードプレーヤーが似合いそうである。

 トーレンスTD124が候補の最右翼ともいえる。見た目的にもコンパクトで何かしら上品な気品のようなものを感じるのである。

 古いレコードプレーヤはTD124以外にも魅力的なモデルは数多い。逆に最新モデルに目を向けてみると、最も気になる存在は、Well Tempered Lab.のamadeus。オーディオ雑誌の写真で見ただけで、実物は見たことがないのであるが、とても惹きつけられるものがある。

 なんといっても、トーンアームが個性的である。見ているだけでも飽きないような特徴的な構造である。

 ビンテージでいくのか、最新式の個性派でいくのか・・・まあ、1階にアナログシステムがあるので、あせる必要性は全くないのである。じっくり吟味することにしよう。

 明後日は久し振りにGRFの部屋さんの御宅にお邪魔する予定である。修理が完了したディナウディオのCONSEQUENCEを聴かせてもらう予定である。そしてそのついでに候補の最右翼であるトーレンスのTD124もしっかり聴かせて貰う予定である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ