2009/1/31

1051:チーム・チューバホーン  

 昨年は「ビンテージの嵐」が吹き荒れた。QUADやTANNOYの古いオーディオ機器が大挙して我が家に押しかけてきたのである。さらに今年になってTHORENS TD-124も追い風に乗って駆けつけてきた。ただし、追い風が強すぎたのか、勢い余って船底を傷つけてしまった。

 この「ビンテージの嵐」によって、我が家のオーディオ事情は一変した。システムが三つに増えたうえ、従来のセカンドシステムが納戸に追いやられたのである。オーディオ機器としての性能は、ビンテージよりもはるかに優れている従来のセカンドシステムであるが、この強風の前には立ち向かうことが難しいようである。

 そこで、新たな活躍の場を求めてPSD T3はチームを移籍することとなった。移籍先は「チーム・チュ−バホーン」である。「チーム・チューバホーン」は主力選手であるランカスターが足の怪我で長期療養中であり、両チームの思惑が一致したのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 慎重に運搬されたT3はグランドのやや後方のポジションに着いた。グランドの広さは12畳ほどで縦長。後方の壁からの距離は約1mほど。このポジションで聴くPSD T3は、澄んだ空気感が凛としている。音が正確無比にスムースに繰り出される。

 温度感は低め。オーディオ的な快楽度は高い。オーディオ優先であれば、非常に高得点。いわゆる「高解像度・高情報量」タイプの秀才。

 しかし、もう少し暖かみが欲しい。音の輪郭を緩めて自然な質感がでればより良くなるような気がする。「もう少し前に出してみましょうか・・・」チューバホーン監督の指示が出た。

クリックすると元のサイズで表示します

 その結果、T3は縦長の部屋の中央付近へ移動した。そして、その音を聴いて「変わるものですね・・・広がり感も出て、音に暖かみが加味された」先ほどの「締まった高解像度」の音も魅力的ではあるが、音楽としてのまとまり感はこちらの方が断然である。

 このポジションでは背後からの距離は2m近くになっているであろうか。グランドにある程度の広さがないと難しいポジションである。どうやら、PSD T3は背後の壁から離すことが一つの「キモ」のようだ。

 移籍先での活躍はほぼ間違いないようである。このポジションでクラシックや女性ボーカルを聴いたが、どれもナイスプレーであった。怪我でプレーできないランカスター選手も後方から声援を送っているようであった。

2009/1/30

1050:復元  

クリックすると元のサイズで表示します

 アクリルカバーの破損状況である。このキャビネットはとてもお洒落なものであるが、その素晴らしいセンスのエッセンスがこの引き出し式のアクリルカバーであろう。手前に引出し、取り外したカバーは、くるっと上下を逆にしてこのキャビネットに収納できる構造となっている。

 破損したものは接着剤でくっつけて、傷跡は見ないようにするか、全く同じものを新調するしかないであろう。このアクリルカバーはこのキャビネットの要なのでなくてはならないものなので、どうにかしたいところである。

クリックすると元のサイズで表示します

 キャビネットの方は左前面の組み合わせのところが強い圧力により外れてしまっている。また組み合わせてみたが、残念ながら元通りには組み合わない。ターンテーブルの重みを支えることができず下がってしまっている。

 これでは水平が確保できない。どうにかこのキャビネットの組み合わせ部分を補修しなければ、実用には耐えない。

 hiroさん経由で紹介いただいた方があさって来てくれることとなった。とても腕の良い木工の修理をされる方で、どうにかこの方の力により、この素晴らしいキャビネットをよみがえらせたいものである。

 幸いこの組み合わせ部分が破損した以外には、キャビネットの表面に大きな傷等はないようである。ということは、補修が完了し、アクリルカバーを新調すれば、素晴らしいダブルフロウのキャビネットが復元されることになるはずである。

2009/1/29

1049:前途多難  

 家に着くと玄関にやや大きめの段ボール箱が置いてあった。THORENS TD-124である。開封してからのセッティングは慎重に行う必要があるので、時間のあるときゆっくりとしようと思うが、やはり気になるもの。

 そこで、とりあえず段ボール箱を開けて中身の確認をすることとした。厳重にクッション等で守られている。それらのクッションをいくつか取り除いて中身を見て見てみたのであるが、少しばかり残念なことがあった。

 輸送の途中でかなり乱雑に扱われたようで、アクリルカバーの一部が破損していたのである。「あちゃ〜」といった言葉が漏れてしまった。このアクリルカバーは上から被せるものでなく、引き出しのように前後にスライドさせるお洒落なものと聞いている。

 なので、この破損は痛い。きっとダンボールのどこかに破損した欠片は転がっているはず。アロンアルファでくっつけるしかないであろう。もちろんくっついたとしても、そこには傷というか線が残ってしまう。少しばかり出鼻をくじかれた。

 さらに、クッションをいくつか取り除いてキャビネットを眺めてみた。明るい茶色の年代を感じさせるものである。結構木の厚さは薄く多少華奢な印象。

 キャビネットの左前面から木の小さな破片が見えている。「もしや・・・」と詳しく見てみると左前面の角、フロントと左サイドの繋ぎ目が破損していたのである。繋ぎ目に隙間ができているのである。組み木の部分が破損して組み合わなくなってしまっているようである。

 アクリルカバーの破損とキャビネットの繋ぎ目の破損、二つの破損を目にして、かなり落胆してしまった。輸送する人にとっては、ただの荷物である。相当デリケートな製品が入っているなんて事は眼中にないのであろう。

 かなり厳重に梱包してあったのであるが、残念な結果となってしまった。すっかり心がなえてしまったのでとりあえずダンボールを元通りにして玄関の隅に押しやった。「前途多難である・・・」心の中でそうつぶやかずにいられなかった。

2009/1/28

1048:E-CLASS  

 MERCEDES-BENZの次期E-CLASSが、報道陣向けのプレス・プレビューとして、その姿が公開された。正式なデビューではなく、あくまでプレス・プレビューなのであるが、経済状況の悪化による新車販売低迷を受けての特別措置のようである。

 さて、気になるそのスタイリングであるが、まず目に付くのがフロントの4灯ヘッドライトの形状である。現行のE-CLASSは丸型4灯ヘッドライトであるが、新型は角型。しかし、角型といっても単純な造形ではなく、見る角度によって菱形や三角形にも見える複雑な形状をしている。

 その複雑な形状を見て、「何かしらどっち付かずのような・・・」という気がしないでもなかった。丸型に比べて、直前基調となっているので、よりシャープで押し出しが強くなっているのは確かである。

 しかし、安定感がないというか、見ていてしっくりこない感じがするのである。「確かトヨタにもこんなフロントヘッドライトを採用したモデルがあったような気がするな・・・」とも思えた。

 サイドから見たデザインはC-CLASSの質感に似た、シャープでスポーティーなもの。フロントのホイールアーチから伸びる2本のキャラクターラインが引き締まった印象を与える。

 そして、最も変わったと思わせるのがリアである。リアのコンビネーションランプが横長に変更されたのである。現行E-CLASSは三角形のものであるが、がらっと印象が変わった。

 それ単独で見れば、よりスマートで癖がないとも言える。しかし、引っ掛かりがないというか、さらっとし過ぎているような気がしたのである。特にフロントの多少癖のある押しの強さとのバランスが取れないと思えるのである。

 雑誌に載っていた写真で見る限り、新しいE-CLASの造形は「悪くはないけど、いまひとつ感心もしない・・・」といった第一印象であった。まあ、第一印象は悪くても目が慣れてくると、「これはこれで良いか・・・」と思えてくるもの。

 1995年にW210型が丸型4灯ヘッドライトを採用して衝撃的に登場した時、「げげっ!何じゃこりゃ・・・」と思ったが、目が慣れてくると抵抗感はなくなった。そして現行E-CLASSが丸型4灯ヘッドライトをより洗練させた形で踏襲した時「これは絶対売れるな・・・」と思ったものである。

 今度のE-CLASSもそこそこ成功するであろう。MERCEDES-BENZ E-CLASSのユーザーは保守的であるがゆえ、買い換える場合もE-CLASSというケースが圧倒的に多いであろうから、この経済情勢でもある程度の台数は出るはずである。

2009/1/27

1047:ライト  

 野球の外野は、レフト、センターそしてライトである。センターは守備範囲が広い。レフトやライトのカバーにも入らなければならないからだ。なので、足の速さが要求される。外野の中では花形的存在である。

 レフトとセンターではどちらが多くボールが飛んでくるのか?どうやらレフトのようである。右利きの打者の方が一般的には数が多い。右利きのバッターの打球は左方向に飛ぶことが多いのである。

 となると、どちらかというとレフトの方が守備の上手い選手を起用するはず。ライトは日陰的な存在なのかもしれない。

 しかしここ数日私は、「ライト」を応援している。声援を「ライト」に送っているのであるが、なかなか精彩を欠いた活躍しかしてくれないのである。

 その結果、QUAD 22のLRのバランス調整ボタンはかなりライト側に寄ってしまっているのである。下の写真がその証拠である。

クリックすると元のサイズで表示します

 「どうも全体に左に寄ってるな〜」と思い始めたのが数日前、だんだんその傾向は顕著になってきた。そこでLRのバランス調整ボタンを少しづつ右側にスライドさせてきた。

 すると、センター定位が正常化する。しかし、またしばらくすると左によっているのである。なので、また右へ若干スライドさせる。そういったことがここ数日続いているのである。

 この22は1階でチャトワースを鳴らしているもの。2階の22は全く問題ないのである。この22は、先日電解コンデンサーが不良状態になったもの。今度はLRのバランスが崩れてしまっているようである。

 その都度バランスさせてから聴けば問題ないといえば、問題ない。音が出ないとか、ノイズが出るとかいうことではないので、至急修理する必要はないのであるが、精神衛生上スッキリしない。

 オーディオサミット オカヤマに、THORENS TD-124の件で電話したときについでに、このLRバランスの件を聞いてみた。すると「すぐ直りますよ・・・」とあっさりとした返答。ほっとした。まあ、もう少ししたら修理に出すことにしよう。

2009/1/26

1046:シャンプー  

 シャンプーの後にするのは、昔はリンスであった。今はコンディショナーとかトリートメントとか表示されていたりする。これがリンスとどう違うのかは定かではない。表記が違うのは、きっと含まれている成分やその効果のほどが違うからであろう。

 我が家のバスルームにもそういった類のものが置いてある、しかも数本。我が家は私以外は女性である。それぞれ専用のものがあるようである。もちろん私専用のものはない。私はリンスを使わないのである。

 何かの雑誌で「リンスは使わない方が良い。シャンプーだけの方が良い。シャンプー後はドライヤーで乾かさず、自然乾燥が良い。」と読んだ記憶が強烈に残っているからである。

 何に良いかとというと、髪の毛を存続させるために良いとのことなのである。この歳になると気になるのは、「腹回り」と「頭髪」である。今のところ、この「中年2大テーマ」に関してはまだどうにか持ち堪えている。

 この「頭髪」問題に関してどうにか持ち堪えているのは、20年以上シャンプーオンリーでかつ自然乾燥派と通しているからか否かは定かではない。

 もう一つのテーマである「腹回り」であるが、真冬になってからはさすがにウォーキングの時間が減ってきた。週末の自転車も土曜日か日曜日どちらか一日のみという状況である。

 ゴルフの練習は、当初週に3〜4回を目論んでいたがそうそうはいけない。というわけで少しばかり従来のような運動不足気味の生活に戻りつつある。どうにかまた気を引き締めて、運動量を増やしたいところである。

 今週の金曜日はゴルフの予定が入っている。経営者の勉強会が主催するゴルフコンペである。今年1年のゴルフを占ううえでも大切なラウンドになるはず。昨年末は比較的良い状態で締めくくることができたが、今年初のラウンドはどうなるか気になるところである。

 普段の年よりも練習に少しばかり熱心に取り組んでいるが、その成果はスコアとなってあらわれるのか、それともこの程度ではまだまだ、といった結果となるのか。

 ゴルフ場でゴルフをした後は必ずお風呂に入る。特に冬のゴルフの後に入るお風呂は冷えた体には良いものである。お風呂に入れば必ずシャンプーをする。自然乾燥派の私は、お風呂を出て精算を終えると、まだ乾燥しきっていない頭で急いで車に乗り込む。そのとき心身ともに芯から冷えるよう心情でないことを祈ろう。

2009/1/25

1045:毛糸のパンツ  

 最近の子供はあまり道路や公園では遊ばない。少子化傾向で子供の数が減っているのも一因であろう。そして、コンピューターゲームの普及も一因であろう。さらに、幼い子供が被害者となる犯罪が増加したことも一因であろう。

 また、お稽古事や学習塾といったスケジュールが結構頻繁に入っていたりして、暇な時間が昔の子供ほどないこともそういった傾向を助長しているのかもしれない。

 私が小学生低学年であった頃は、外で数名で遊ぶことが多かった。「かんけり」「かくれんぼ」「めんこ」「ビー玉」といった遊びが多かったように記憶している。そして概ね同じ年代の子で遊ぶのであるが2〜3歳の歳の開きはあった。

 そういった「群れ遊び」が今は減少しているようである。これは、子供にとってあまり良いことではないような気がするのである。「群れ遊び」の中で子供はコミュニケーション能力や協調性といったものを育んでいたような気がするからである。

 これも時代の流れなのかもしれない。また、今の子は今の子なりに楽しんでいるのかもしれない。子供時代の自然発生的な「群れ遊び」の体験というものは、今でもたまに懐かしく思い出されるものである。

 昨日、lmstさんに連れられて行った「鳥恵」は、駅前の商店街の一角にあった。そして、その商店街がとても懐かしい匂いのする商店街であった。肉屋さん、八百屋さん、乾物屋さん、その他の商店が雑多に入り混じっているのであるが、とても活気があり、人通りも多い。

 そして、その個人商店独特の対面販売の暖かさがその通りに満ち溢れているのである。そして生活という匂い、とても人間臭く洗練されていない匂いがあちらこちらから発散されていた。

 その匂いはとても居心地の良いものである。嬉しくなるのである。気のせいかこの商店街に買い物に来ている人々は一様に陽気で幸福そうに見えた。今流行りの「セレブ」といった空虚な響きの言葉とは正反対の暖かいものがこの商店街には息づいていた。

 それは、何故かしら数十年前の「群れ遊び」の思い出のように、懐かしく感じるとともに、心満たされるものがあったのである。

 昨年から、オーディオの音に対する自分の深いところでの嗜好性といったものが少し分かってきたような気がしている。それは、生活感のある音なのかも知れない。舗装されていない道路の上を蹴られた缶が転がるような、八百屋さんのおじさんが断続的に発するだみ声のような、社宅のとなりの棟に住んでいた「ミキチャン」がはいていた紺色の毛糸のパンツのような音なのかもしれない。

2009/1/24

1044:「鳥恵」の刺身  

 刺身の盛り合わせが乗った大皿がテーブルに運ばれてきた。見るからに新鮮そうな刺身が並んでいる。活け造りの鯵など、まだえらのところがぴくぴくしている。

 5時の開店前に行列ができ、5時に来たのでは入れないという繁盛店である。その秘密はどうやらこの刺身にあるようなのであった。

 まずは鯵から、一切れ軽く醤油をつけて口に放り込む。歯ごたえがしっかりあってぷりぷりの食感である。かんでいくうちに魚の旨味が口に広がっていく。他の魚も同様、真鯛も鮪も絶品である。「これは美味である・・・開店前に行列ができるのも納得できる」

 ご一緒したlmstさんとハンコックさんも納得の表情である。店の名前は「鳥恵」看板には「活魚・焼き鳥」とある。焼き鳥も頼んだのであるが、魚の方が圧倒的に美味しかった。

 今日はOFF会。ハンコックさんと一緒にlmstさんのお宅を訪問したのである。lmstさんとは他の方のお宅でのOFF会で何度か御一緒したことがあり、一度我が家にも来て頂いた。

 「今日は最先端のオーディオ体験ができる・・・」と期待に胸を膨らませての訪問となった。それもそのはず、lmstさんはPCオーディオの先駆者的存在。斬新なアイディアと旺盛な探究心で、このあたらな分野の最先端を疾駆されているのである。

 リスニングルームは6畳の洋間。スピーカーはSYSTEM 5.1。パワーアンプはアイスパワーを活用したデジタルアンプ。プリアンプはAyreのK1X。DAコンバーターとDDコンバーターはDCSのプロ用のものである。

 PCオーディオもひと通り説明を受けたのであるが、残念ながらほとんど理解できなかった。PCに詳しいハンコックさんはほとんど理解されていたようである。

 ケーブルや電源はシールド等で厳重なノイズ対策が施されていて、その様子は水も漏らさないような完璧さである。「これは凄いことになっていそうな・・・」という予感がひたひたと押し寄せる感じであった。

 相当なニアフィールド、完璧なまでに厳重なノイズ対策、最先端のPCオーディオ・・・それらを目の当たりにして、指で触れると切れるようなシャープで先鋭的な音が飛び出してくるのかと身構えた。

 しかし、その音を聴いての第一印象は「オーディオ的に優れていると同時に音楽的にも優れている」というものであった。ボーカルやピアノの音の質感は高いリアリティを感じさせるとともに自然な暖かみも同時に感じさせてくれるのである。

 情報量や帯域の広さは十二分にある。当然SNも良好である。そういったオーディオ的な性能は超ハイレベルであるが、同時に音楽を鑑賞するにあたっての障壁を一切感じさせないのである。もしもの時のためにとポケットに忍ばせていた「心のバンドエイド」は必要無かったようである。

 「しっかりとした歯ごたえと魚の旨味が実に良くバランスしている。本当に新鮮な魚の味が感じられる」・・・OFF会の後に立ち寄った「鳥恵」の刺身の味とlmstさんのお宅の音は何故か不思議と重なるものがあった。

2009/1/23

1043:REFERENCE 3  

クリックすると元のサイズで表示します

 我が家のLP-12である。色はチェリー。LP-12の仕上げはチェリーのほかにメイプル、ブラック、ウォールナットがあるが、この明るめの茶色の色が気に入った。

 その姿かたちはシンプルそのもの。「素っ気無い」と評する方もいらっしゃるかもしれないが、私の目には魅力的に映る。「レコードプレーヤー」と抑揚なく発音した言葉が形になったかのような造形である。

 このLP-12に組み合わされているアームは同じLINNのEKOSである。SEバージョンではなくノーマルバージョンである。なので色は当然ブラック。この色の組み合わせは、視覚的に落ち着いた感じがする。派手さはないがしっくりくるのである。

 そのアームに取り付けられているはずのカートリッジはBENZ MICROのREFERENCE 3である。しかし、今はそのカートリッジは取り付けられていない。ぽかっと空いたように空間が広がっているだけである。

 一昨日からLP-12でレコードをかけると、右チャンネルから音が出なくなった。その原因が特定できなかったのであるが、実はカートリッジであった。REFERENCE 3は、約半年前に新品で購入した。

 まだ新しいのでその疑いはすぐにはかけられなかった。フォノケーブルかリード線、はたまたアームの中を通っている線が断線したのか、と思っていたのである。「もしや・・・」と思い、LP-12のカートリッジとXERXES 20のカートリッジを取り換えてみた。

 するとREFERENCE 3の場合だけ右チャンネルから音が出ないのであった。「カートリッジだったのか・・・」「カートリッジって故障するものだったのか・・・」といった思いであった。

 まあ、とりあえず原因が特定できたので一安心である。REFERENCE 3はまだ保証期間中であるので、ユキムで無償で直してくれるはずである。ということでREFERENCE 3は旅立っていったのである。なるべく早く元気になって戻ってきてくれることを願っていよう。

2009/1/22

1042:たこ焼き  

クリックすると元のサイズで表示します

 最近は外食を控える傾向にあるようである。景気の急激な悪化に伴う雇用不安により削れるところから支出を削るのであろう。そのあおりを受けて外食産業は昨年の末あたりから急激に数字を落としている。

 それとは逆に内食(うちしょく)関連の商品が売り上げを伸ばしているようである。「たこ焼き器」などが売れているようである。「たこ焼き器」を買って、家族でわいわい言いながらたこ焼きを食べるのなんて、微笑ましくていいものである。

 少し前、子供が同級生で妻が仲良くなった方の家に遊びに行った時、その家に「たこ焼き器」があった。そして、それで焼いたたこ焼きを食べさせてくれたのであるが、美味であった。その方は大阪出身。大阪の家庭では一家に一台は「たこ焼き器」があると話されていたのが印象的であった。

 QUAD 66CDが戻ってきた。240V仕様になり、リモコンも直った。当たり前のことなのであるが、リモコンのボタンを押したら、すっとそのとおりの作動を本体がしてくれるのが妙に嬉しい。

 風邪が治ったときのような気分である。2日ほど熱や咳に苦しみ、その末ようやく峠を越えて回復に向かっている時というのは、生命感というものを強く感じる。そして健康であるという当たり前のことが当たり前でなくすごく貴重なことのように感じられるのである。

 改めて、リモコンというものがありがたいと思ってしまった。さて、リモコンは音には直接関係がないが、240V仕様変更は当然音に影響があるはず。ということで早速TARGET AUDIOのラックに一番上にセッティングし、その音を聴いた。

 「たこが大きい・・・」「外はかりっと仕上がっていて、中はとろっとした焼き上がり・・・」「ソースは甘めで、マヨネーズとも良く合う・・・」といった食感であった。

 やはり100Vよりも240Vの方が、味わいに深みが出るようである。とても79,800円のCDプレーヤーとは思えない味である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ