2008/10/9

937:万田酵素  

 最近は朝バナナダイエットが流行っているようである。朝食はバナナと水のみ。昼食と夕食はいつもどおり。ただそれだけ・・・とても簡単で無理がないので、続けられるのがミソ。

 しかし、その効果のほどはまちまちのようで、とある女性は1週間で3kg痩せたと、満面の笑み。しかし、テニス仲間の中年男性は、1ケ月続けているが効果なし、とのことであった。そういわれて改めてその男性の腹回りを見てみるとかなり余分な肉がついている。

 カロリーを抑えるだけでなく、バナナに含まれている豊富な酵素の作用により、体内に溜め込んだ毒素を排出させるのが、朝バナナダイエットの効果が得られる理由のようである。

 しかし、相当流行ってしまったため、スーパーのバナナの売れ行きが急増、在庫がなくなる店も出てきたようである。気軽に出来るダイエットに対する人気はとても根強いようである。

 朝バナナダイエットは確かに気軽に無理なくできるダイエットであるが、効果があったと喜んでいた女性は「でも、11時前にお腹が鳴って困った・・・」と話していたので、昼食がとても待ち遠しく感じられるようである。

 酵素は健康に良い、ということはよく聞く。味噌や納豆に代表される発酵食品はとても健康に良い。日本人は昔から発酵食品を上手に活用してきたのである。健康食品にも酵素を活用したものは多い。

 そういった健康食品で最近食べ始めたのが「万田酵素」である。食べると言っても朝と晩にスプーンにほんの少しすくって舐めるだけ。ごく少量摂るのである。酵素は微量でも十分に効果があるものなのか、それほど大量に食べる必要はないようである。

 味はそれほど美味しいものではない。相当な種類の野菜や果物などを使って長い期間をかけて発酵させたもので、真っ黒なベースト状。見た目的に美しいものではない。しかし、ごく少量を舐めて水を飲むだけなので苦はない。

 まだはじめて1ケ月ほどしか経っていないのでこれといった効果を実感しているわけではなのであるが、疲れにくくなったような気がするのであるが、これは気のせいであろうか?

 中年真っ盛りの年齢になってくると、健康は重要なテーマである。これからますます子供の教育費に金がかかる。仕事の責任も重くなる。子育てを終えてからであれば、もしものことがあっても、まあ諦めがつくが、子供が大学を卒業し、経済的に自立するまでは、やはりその責任を果たす義務がある。なので、朝と晩あまり美味しいものではないが忘れずに酵素を摂るようにしている。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ