2008/9/30

928:クールビズ  

 涼しいを通り越して肌寒いにまで行き着いてしまった。数日前から急に気温が下がった。さらに雨がふっているので、体感気温は低い。世間一般は9月まで「クールビズ」で、明日からはネクタイとスーツが復活するが、この気温であれば全く問題がないであろう。むしろ今日などワイシャツだけでは寒く、ジャケットなどの上着を着てちょうど良い感じであった。

 私のところも遅ればせながら今年から6〜9月までの4ケ月間を「クールビズ」期間とした。最初はネクタイをしないことになんとなく違和感があったが、慣れてしまうとなんということはなくなる。ネクタイをしないことに慣れてくると、こちらの方が自然で合理的と思えてくる。

 電車の中で、相変わらずネクタイにスーツで汗をかいている方などを夏場に見かけると、「時代遅れ」といった感を持ってしまうのであるから、慣れというものは恐ろしい。

 明日からは10月。スーツにネクタイに戻る。まあ、これはこれでシャキッとして良いのかもしれない。ここ数日の気候であれば、暑く感じることはなく、気が少しばかり引き締まって仕事に精が出るであろう。

 今年のインターナショナルオーディオショウは例年よりも早い。10月になったらすぐさまインターナショナルオーディオショウがある。3年ほど連続で参加しているが、今年はどうしたものか、と思案中である。なにせとても混むのである。特に土曜日と日曜日はかなりの混みよう。

 金曜日に行ければいいのであるが、仕事の都合もあり時間的に厳しい。今度の土曜日はゴルフの予定が入っており、行けるとしたら日曜日であるが、土曜日はゴルフ、日曜日はインターナショナルオーディオショウというスケジュールでは、家族サービスデイがとれない。

 えいや!と強行突破という手段もないではないが、やはり日曜日は家族サービスに充てたほうが良さそうな雲行きである。

 となると金曜日の仕事の予定をキャンセルして・・・とも思うのである。年に一回のお祭りであるから、やはり参加はしたいのである。いっそのこと家族を引き連れて日曜日に行くという手もあるか・・・いや、これは現実的ではなさそうである。

2008/9/29

927:高麗グリーン  

クリックすると元のサイズで表示します

 今日は雨をついてゴルフであった。顧問先の会社主催のゴルフコンペなので雨でもキャンセルというわけにはいかない。場所は飯能パークカントリークラブ。名門ではない。しかし、変化に富んでいてなかなか楽しいコースである。

 残念ながら80台は出なかった。OUT47 IN47 T0TAL94というスコア。あまりパッとしない。このぱっとしないスコアは、まあ雨のせいにしておこう。それとたまたま今日は高麗グリーンだったので、最新兵器のSPIDERの実力を十分に発揮できなかったというのも言い訳にしておきたい。やはりグリーンはベントが良い。

 ゴルフは3時ごろ終り、表彰式と簡単なパーティーが1時間ほどあった。4時ごろにはゴルフ場を出て、自宅には真っ直ぐ帰らずとある場所へ。ビンテージオーディオを取り扱っているウェスタンラボに寄ってみた。

 そのなかには、沢山の在庫が無造作に置かれていた。QUADの33や303もあったが、あまり綺麗ではなかった。さらに上の写真のLUXMAN SQ38FDも置いてあった。パネル面は比較的綺麗であったが、ウッドケースの方は傷が散見された。

 相当な年数を経過しているだけに、綺麗なものというのは望む方が無理というもの。しかし、やはり人間は欲深いもので、綺麗にこしたことはない。ウッドケースの大きな引っかき傷を指でなぞりながら、「これがなければな〜」などと心の中で独り言を言った。

 その他マッキントッシュ、マランツ、トーレンスなどなどビンテージが好きな人には「宝の山」といった風情である。しかし、ビンテージに興味のない人にとっては、単なるガラクタが積み上げられているのにすぎないのであろう。

 古いスピーカーも沢山置いてあったが、知識のない私にはよく分からなかった。郊外にあるお店なのでスペースはゆったりしている。自宅からも近くこれからもたまに寄ってみよう。滞在時間は1時間ほどであったが、店員さんは「いらっしゃい・・・」と言ったきり、奥で常連らしき人と話していて、ほっておいてくれる。これ幸いと、あれこれ見てまわった。いつのまにかスコアが悪かったことは忘れていた・・・

2008/9/28

926:PRIMO  

クリックすると元のサイズで表示します

 石井式である。我が家も石井式であるが、我が家と違って、「広い」そして「高い」。広さは15畳ほど、高さは4メートルはあるであろう。これだけの広さと高さがあると壮観である。

 今日は石田さんと竹内さんのお宅を訪問した。竹内さんは超ベテランのオーディオマニア。4年ほど前に自宅を新築される際、石井式でリスニングルームを造られた。反射面はシナ合板。非常に質の良いものを選ばれたのか、薄っすらと塗装されているとはいえ艶やかで上品な質感。吸音面もクロスの色は淡いベージュ。反射面の色合いと調和する色である。床面は濃い目で固めの木を使われている。ビジュアルもされるので、床面は濃い目の色合いが不可欠。高級感のある色合いである。

クリックすると元のサイズで表示します

 そのスピーカーは見た目は4ウェイであるが、一番上のトゥイーターは普段は使われていないので3ウェイである。マルチアンプで駆動されているこのスピーカーの胆はリボントゥイーターである。かなり広い帯域をカバーしているこのリボントゥイーターが音色の要。スコーカーとウーファーはこのリボントゥイーターに質感がマッチするものを選ばれている。

 そして竹内さんのシステムのもう一つの肝がチャンネルディバイダー兼グラフィックイコライザーのdbxである。このプロ用機器の微調整を繰り返し行われて、生理的に心地よいサウンドステージを構築されている。

 クラシックを中心に聴かせていただいたのであるが、ダイナミックで悠然とした押し出しの豊かさと、艶やかで繊細な表現とが見事に両立している。ウーファーは大口径でエンクロジャーの容積もたっぷりしているので、悠然とした低音がでる。スコーカーは比較的コンパクトなサイズでリボントゥイーターとの繋がり感もスムーズ。

 しかし、やはり決めてはリボントゥイーター。神尾真由子のCDデビュー盤である「PRIMO」からチャイコフスキーの「瞑想曲」とシマノフスキの「神話〜3つの詩」を聴かせていただいたが、絶妙な音色表現が素晴らしく、陶酔感をもたらしてくれる。

 バイオリンの音域はリボントゥイーターがその多くを受け持っている。このトゥイーターからは、神尾真由子の一音をもないがしろにせず、音楽の内奥に少しでも深く入り込もうとする姿勢がひしひしと感じられる。

 素晴らし部屋に素晴らしオーディオ機器、グラフィックイコライザーを活用して長い時間をかけて調整された絶妙なバランス。「ローマは一日にして成らず」を実感した一日となった。

2008/9/27

925:ビンテージ前夜  

 Yahooオークションで古い時代のターンテーブルをチェックすることが習慣になってから、LUXMANというメーカーのことが気になってきた。現在のLUXMANの製品はオーディオ雑誌でよく見かけるのであるが、興味の対象は新しい製品ではなく、かなり古い時代、30年以上前の製品に向けられている。

 まずターンテーブルのデザインの美しさに目を奪われた。47研の木村さんがデザインを担当されたというだけあって、十二分なオリジナリティを持ちながら、流麗な造形が素晴らしい。

 さらに興味を持って、アンプなども見てみると、古い時代のプリメインアンプに非常に美しい製品があることが分かった。国産の真空管式プリメインアンプとして一時代を築いた「SQ38FD」など、本当に良い造形である。ウッドキャビネットと本体との絶妙なバランス感覚や、スイッチ・ノブ類の配置の巧みさ、そしてその全体から醸し出されるオーラがとても心地よい。

 特に「黒」のポイント的な使い方が実に巧みである。この「黒」が全体をぐっと引き締めている。思わず「良い仕事してますね〜」という言葉が漏れる。

 LUXMAN SQ38FD・・・こういった古い真空管式のプリメインアンプに、同じ時代のLUXMANのレコードプレーヤーを合わせる。トーンアームはSME 3009。妄想は次々に広がっていく。

 何故か最近、新しい製品には全く目が向かなくなった。オーディオ雑誌は相変わらず買っている。買っているのであるが以前のように食い入るように読むことはなくなった。どうしても古いオーディオ製品にばかり目が向かう。

 そのきっかけは、やはりQUADであろう。偶然的なきっかけで手にれたQUAD44 405-2のペア。その音の質感は色んな点で現代のハイエンド機に劣るが、非常に好ましい質感を有していたのである。

 そんな体験を契機に、急に興味はビンテージに向かうことに。手元にあるオーディオ機器でビンテージといえるのは、今現在QUAD44 405-2のみであるが、もしかしたら増える可能性が・・・

 しかし、ビンテージに関してはほとんど全く知識がない。ビンテージは機器の程度の差が大きいうえ、修理等のメンテナンスも重要な要素。興味はあるが、今一歩踏み込めずにいる、といったところか。

2008/9/26

924:甘い泥  

 良い映画には引力がある。あるいは匂いがある。それはオープニングから嗅ぎ分けることが可能である。今日はたまたまBS放送で見かけたイルラエル映画「甘い泥」には、そういった匂いを感じた。

 もちろん映画は目で観て、耳で聴くものなので、匂いを感じるわけではないのであるが、写し出される景色の色合いや時折奏でられる音楽に、そういった良い映画の匂いが感じられたのである。

 この映画の色合いはとても素晴らしい。最新のアメリカ映画のような鮮明さは全くない。しかし、そこには深い陰影感があり、色のつなぎ目が柔らかである。

 そして、その味わい深い色合いを感じながら「これってアナログの音の質感だよな・・・」と、「甘い泥」の色彩感覚に対して全く関連性がないのであるが、アナログの音の質感との共通性を感じた。

 「甘い泥」では青色が全体の色調の基調をなしている。この色合いは悲しげである。その色合いが基調を占めているので、陰鬱な印象を受ける。しかし、この青の色合いが映画全体に一種の深みを感じさせてくれる。けっしてカラッとはしていない。かなりじとっとしているので、苦手な方にとってはかなり強い拒否反応を引き起こす映画かもしれない。

 「甘い泥」は、イスラエル独特の共同体組織である「キブツ」での、精神を病んでいく母と厳しい状況のもとで賢明に生きる男の子の生活を暗い色調ながら淡々と描いた映画である。内容的にもなかなか考えさせられるものがあった。

 イスラエルという極めて特殊な政治状況下にある国のなかの、特殊な共同体組織、その非人間性や非合理性を描いてはいるが、その底辺を流れるテーマは家族への愛である。なので暗い映画ではあるが、心に馴染むものがある。

 私は特別映画好きというわけではない。もちろん詳しくもないし、そんなに多くの映画を観るわけでもないが、たまにこういった映画に出会うと嬉しくなるのである。

2008/9/25

923:1970年代後半  

 先日euroさんのお宅にお邪魔したさいに印象的だったのは、アナログのターンテーブルであった。PIONEER製であったが、型番は失念した。おそらく1970年代に製造販売されたものではなかろうか。

 その見た目には、高級感はなかった。発売当時の価格はどれくらいであったのであろうか。おそらく3〜5万円くらいではなかったのかと推測された。PIONEERのなかでも、重量級の高級モデルとは一線を画した普及価格帯のモデルのようである。

 しかし、「MANLEY」のスピーカーや真空管アンプとの相性のせいか、emm Labsをも凌駕するような安定感のあるバランスで音楽を奏でていた。国産の普及価格帯のレコードプレーヤーも侮れないものであると認識をあらたにした。

 Yahooオークションを覗いてみると、アナログ全盛期の1970年代のターンテーブルが数多く出品されている。DENON、Technics、PIONEER、SONYなど各メーカーの古いターンテーブルを見ることができる。

 そのなかで数はあまり出ていないのであるが、気になったメーカーはLUXMANである。LUXMANはアンプメーカーとして有名であるが、1970年代にはターンテーブルも製造販売していたようである。

 気になったのは、そのデザインである。とても美しいのである。他の国産のメーカーのものがやけに野暮ったく感じられるほどにLUXMANのターンテーブルは洗練されたセンスを感じさせてくれる。

 現在のLUXMANのデザインセンスにはそういった要素を感じないだけに意外であった。かつてはかなりハイセンスなデザイン能力を有していたメーカーであったようである。

 1970年代のターンテーブルを安く落札し、まだCDが登場していない時代のプリメインアンプも同時に落札し、つないでみたらどんな音がするのであろうか?その時代のプリメインアンプでデザインが凄くいいと思うのはYAMAHAである。

 CA2000という型番のプリメインアンプをオークションで見かけたが、そそるデザインである。シャープな印象のメーターがついていて、ノブの造形もいかしている。爽やかさとシャープネスが同居しているアンプデザインだ。

 LUXMANのレコードプレーヤーにYAMAHAのプリメインアンプ、ともに1970年代の後半あたりCD前夜の製品の組み合わせなんて一度聴いてみたいものである。「あれれ・・」という感じなのか「おっと・・・」というかんじなのか・・・両方の落札価格を合計しても7万円前後、下手すると電源ケーブル1本よりも安い。

2008/9/24

922:BIKE HANGER 4  

 睡魔は襲うのある。訪れるのではない。猫じゃらしを襲う猫の足の爪のように、ギュッと爪がせり出してくる。そして首根っこを引っ掛けたかと思うと、すぐさま意識の混迷状態へ引き摺りこむ。

 中央線の下りには時々「武蔵小金井行き」の電車がある。中途半端である。せめて「立川行き」にして欲しいものである。それよりも先に目的地がある場合には、武蔵小金井駅で降りて次にくる電車に乗り換えなくいてはならない。

 なので「武蔵小金井行き」は普段より空いていたりする。多少空いているかと思い、あえて乗り込んだりする。たまたま今日は途中駅で前の席が空いていたので座れた。座ったと思ったらすぐさま意識の混迷状態に陥った。それも深く・・・

 武蔵小金井駅に停車したことなど全く意識の外にあった。「この電車は車庫に入ります」と見回りに来た車掌さんに起こされて、ハッと我に返った。周囲は誰一人乗っていない。おっと・・・という感じで電車の外に出た。どうもバツが悪いので、降りたところから少しばかり移動して次の電車を待つことにした。

 昨日のテニスは相当きいているようであった。やはり週に1回は、テニスなりロードバイクなリ結構ハードな運動をした方がよさそうである。人間、やはり体力は必要である。

 そんなお疲れ状態で家に戻ると、段ボール箱が一つ玄関に取り残されたように置いてあった。オーディオ機器が入っているのではない、中にはいっていた製品名は「BIKE HANGER 4」。「MADE IN CHINA」ではなく「MADE IN JAPAN」と明記されている。

 ロードバイクは屋外に置くわけにはいかない。玄関の中に置いてあるのであるが、かなり邪魔である。当然家族からブーイングがおこる。そこで、壁に掛けることにしたのである。そのための道具が「BIKE HANGER 4」である。

 最高20kgまでの自転車をかけることができる。取り付けは簡単。3本のネジで固定するだけである。早速取り付けて、COLNAGO CLXをかけてみる。宙に浮かんだように見える。これで多少家族からのブーイングをかわせるかも・・・

クリックすると元のサイズで表示します

2008/9/23

921:妙義山  

 妙義山は、ところどころに岩肌を覗かせていた。その姿は荒々しくふてぶてしささえ感じさせる。とても男性的な山容である。それも、現代の若者に多い中性的な男性ではなく、少しばかり古典的で時代遅れな感じのする荒くれものの男性である。

 碓氷川はその妙義山の麓を流れている。今日はそこそこの水量があった。昨日降った雨の影響であろうか。その碓氷川にかかる橋を渡ると、やや古びた市営のテニスコートが6面ある。市の財政状況の反映であろうか、テニスコートの整備はほとんどなされておらず、結構荒れていた。

 まあ、どうにか使えることは使えるが、お世辞にも良いコンディションとはいえない。ハードコートが2面クレーコートが4面あったが、比較的コンディションの良いクレーコートを3面とって今日はテニスサークルで一日テニス三昧であった。

 テニスは月に1度するかしないかといった状況なので、趣味ともいえないのであるが、時々ラケットを握る。先日ロードバイクで転倒したさいに出来たすり傷もかさぶた状態となり、強く触れない限り痛みはない。

 そこで、久々のテニスに参加したのである。普段は立川市のテニスコートを月に2回ほどとって練習するのであるが、今日は特別に遠出してのテニスである。碓氷川の側で、妙義山を仰ぎ見る感じなので、ロケーションはまずまずである。

 時々信越本線の電車が通る。グリーンとオレンジに塗り分けられた電車は結構な走行音をあたりに響かせながら横川駅に滑り込んでいく。その電車を含めたこのあたり一帯の風景からは「ふるさと」という言葉が自然に連想される。

 久し振りに天気も回復し、午前中は気分良くテニスできたのであるが、やはりたまにしかしないせいか、午後は足が疲れてきた。足にくるとテニスが雑になってしまう。月に2.3回のゴルフ程度では足腰の持久力は高まらず、年齢とともに衰えていくようである。

 それでも汗を大量にかき、妙義山から吹き降ろしてくる涼しげな風に吹かれて、心地よい疲労感に浸ることとができた。夕方には引き上げ途中の下里SAで夕食を食べたまでは順調であったが、関越道の花園インター付近で事故があったようで事故渋滞に巻き込まれ、予想以上に時間をかけて帰る破目となってしまった。

 今日は久し振りのテニスと長時間の運転でクタクタである。ベッドに倒れこんだら、すぐさま熟睡できそうである。良い夢を見ることができればいいのであるが・・・

2008/9/22

920:家具のオーディオ装置  

 センターラックによるセッティングは見た目的に好きである。しかし、音質を最優先するのであれば、センターラックによるセッティングは避けた方が良い、というのが一般的な見解のようである。

 特に両方のスピーカーのトゥイーターを結んだライン上にラックやオーディ機器、あるいはテレビなどがあると、音場に乱れが生じるとオーディオショップの方に教わった記憶がある。

 なので、止むを得ずセンターラックによるセッティングをする場合には、スピーカーを結んだラインよりもラックを後方にセットするか、高さのない2段ラックを2つ並べるなどの方法をとるのが音的には良いようである。

 スピーカーとほぼ同じ高さの4段ラックをスピーカーと全く平行位置にセットするのは避けた方がいいが、オーディオショップなどではそういったディスプレイをしていたりする。

 普通の部屋で、細かなことは気にせずゆったりと音楽に浸りたいという状況では、センターラックによるセッティングで、全ての機器を壁際にセットするのが一番である。スペース効率が抜群で、生活空間に対する張り出しも最小限で抑えられる。

 専用のリスニングルームではセッティングの自由度は大きいが、リビングなどの生活空間にオーディオ機器を設置する場合には、生活空間との折り合いから、スペース効率は避けては通れないテーマの一つである。

 オーディオ機器の数を最小限に抑え、さらにサイズもコンパクトなものにする。そういった小粋なオーディオ機器をスピーカーのセンターに据えたラックに見目良く納め、リビングのソファでリラックスしながら音楽をそれほど大きくない音量で聴く。

 そのラックには古いレコードプレーヤーと古いアンプがひっそリと佇んでいて、白熱灯の淡いオレンジの光に照らし出されている。壁際に据えられたスピーカーは長い時を経たもので、エンクロージャーの木はすっかり乾燥し、色合も穏やかである。

 そういうシチュエーションにもあこがれるのである。昔実家にあった4本足の一体型のステレオ装置のように、部屋の中に家具としてすっかり溶け込んでいるようなシステムなんて出来ないかな・・・エリック・サティの「家具の音楽」的な意味での「家具のオーディオ装置」・・・専用ルームでのオーディオとは真反対のものも良いと思ってしまう今日この頃である。疲れているのであろうか・・・

2008/9/21

919:まっくろくろすけ  

 まっくろくろすけ・・・「となりのトトロ」に出てくる、不思議な生き物である。真っ黒でいがぐりのような形をしていて、群れで行動する。人気のない古い家の日の当たらないところが生息場。しかし、日の光があたったり、人が出入りするような場所には住めないらしく、環境が変わると出て行ってしまう。

 まっくろくろすけは、田舎の家に引っ越してきたサツキとメイを最初に出迎えてくれた生き物でもある。しかし、「まっくろくろすけ、出ておいで、でないと目玉をほじくるぞ!」と二人に追い立てられたまっくろくろすけは、どこかへ集団で引っ越してしまう。とてもユーモラスで何故かしら懐かしく思える生き物である。自分も子供の頃には目にしていたのかもと思ってしまう。

 古い中古レコードを買ってきて、取り出すときには、古いレコード独特の匂いがある。またレコードが入っている袋も古いものは紙製で、ところどころに茶色い染みがついていたりして、その袋もまた長い時間の経過を思わせる匂いがする。

 その匂いを嗅ぐと、何故かしら「となりのトトロ」に出てきた「まっくろくろすけ」を思い出すのである。そこには妙に懐かしい感覚がある。目には見えないがレコードジャケットからレコードを取り出すとき、一緒に何匹かのまっくろくろすけがすべり落ちているような気がするのである。

 黒といえば、最近オーディオ機器の色で黒というのは、比較的少数に分類されるのであろうか?一番多いのはシルバーのような気がする。シルバーといってもいろいろなシルバーがあって、個々微妙に違うのであるが・・・また日本製のオーディオ機器はシャンペンゴールドが幅をきかせているようである。

 私は黒のオーディオ機器は好きである。好きであるが、何故だか手元にはない。今のところ縁がないのである。昨日お邪魔したpontaさんが御使用のプリアンプ、マークレビンソンのNo.326なんか全体は黒、ノブはつや消しのシルバーグレイ、LEDは赤となかなか渋い組み合わせ。こういう色の組み合わせは精悍さが増す。

 今のところオーディオ機器を買い換える予定はないので、黒いオーディオ機器がラックに並ぶ予定はないが、いつかそういった機会がきたら、今度は「黒」で決めたいものである。

 あるいは、あたらにさりげない「リビングオーディオ」をはじめるのであれば、機器は黒でまとめるなんてのも良いかも・・・CDプレーヤとプリメインアンプ、どちらも薄型のコンパクトなものにして色は黒なんて渋いな〜、国産ではそういった製品は少ないから、やはりイギリス製か。

 最近復活したNAIMなんて渋い。あるいは現行製品ではないが、MERIDIANの500番台の製品も真っ黒でコンパクトな躯体でまとめられていた。音のほうはあまり欲張っていないかもしれないが、そういった「分かった人」向けの製品って結構好きである。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ