2008/8/20

887:広大無辺  

 「ミューズケーブル?どんなケーブルだっけ、どこかで耳にしたことがあるようなないような・・・」と先日lmstさんとクッパさんの会話のなかにでてきたケーブルメーカーの名前を聞いて、どんなケーブルだっけと頭の中で自問自答していた。しかし、まったく思いつかないので、二人の会話を注意深く聞いていた。

 音場表現において相当な効果のあるケーブルのようでる。「音が薄くならずに広い音場がもたらされる」というlmstさんの評価は結構惹きつけられるものがある。相当数のケーブルを詳細に試聴され、さらに自分で改良や自作もされるlmstさんであるので、その評価は確実である。

 lmstさんが「ミューズケーブルはSugarさんのブログにもでていましたよ。」とおっしゃられていたので、早速チェックしてみた。

 すると、「そして音場の出し方がクラシックであろうがジャズであろうが広大無辺なのである」と記されていた。Sugarさんべたぼめである。「広大無辺か〜」と意味もなくうなづく。

 高さ、左右、奥行き、どれも素晴らしいものがあるようである。lmstさんによると価格も極めてリーズナブルとのこと。使うのであれば、サブシステムの駆動系として活躍しているHD-1とSD05の間のデジタルケーブルであろう。

 HD-1とSD05の間を繋いでいるデジタルケーブルは、k1xv1xさんから譲っていただいたTARA LABSのものを現在使用中である。コレクトチャック式のプラグのついたしっかりした感のあるケーブルである。k1xv1xさんによると「クラシック向き」とのことで、気に入って使っているのである。

 このHD-1 SD05ラインに「広大無辺音場」をもたらすミューズケーブルを使ってみると、なかなかGOODかもしれない。インターネットで調べてみると、1万円台で入手可能であった。この価格であれば、試してみるべきであろう。

 デジタルケーブルの交換はとても容易である。ユニバーサル型のアームが主流であった従来のアナログでは、シェルごとカートリッジを交換してその音色の差を楽しむのがマニアの流儀であったが、現在はストレートアームが主流。しかもカートリッジの価格がとても高い。気軽に交換というわけにはいかない。

 ならば、手軽に交換できるデジタルケーブルで従来のカートリッジ比べ的な楽しみを味わうのは良い手であろう。早く広大無辺体験をしたいところである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ