2008/8/31

898:初転び  

 右斜め45度に傾いた瞬間、私は本当に間抜けであると感じた。そして、スローモーションを見ているかのような気がしながら、ごろんと転んだ。

 ビンディングペダルについては、ショップのスタッフの方から「信号が見えてきたら、まず左足のビンディングを外してかならず左足を着くように決めておくといいですよ。」と注意を受けていた。

 なるほど・・・止まりそうな状況が予測できたら事前に左足のビンディングを外しておけば、止まった瞬間慌てる必要がないのか・・・合理的である。そして、かななず左足のビンディングを先に外すようにした。

 今日はロードバイク初乗りである。約20kmほど走った。当初一番恐れていたのは、ビンディングペダルである。止まったときにスムーズに外せないと、ばったり倒れる。車道であると相当危険である。なので、スタッフの方からその点に関してしっかり説明を受けた。

 そしてビンディングを外す練習も何回かした。「これなら大丈夫そうだ・・・」と思っていたのである。最初は順調であった。止まりそうになると事前に左足のビンディングを外す。止まったら左足を着く。

 しかし、前半いい気になって飛ばしたのがたたったのか、後半は乳酸が足にたまりペースダウン。乳酸が脳にも達したのか、少しばかり思考能力も低下したようである。「左足から・・・」という一つ覚えで、信号の少し手前で左足のビンディングをはずした。ここまでは良かったのであるが、疲れからか、左に自転車を傾けるはずが、何故か自転車は右へ傾いた。

 「どうすることも出来なかった・・・」全くそのままの姿勢で右に転倒。右肘と右腰を思いっきり打った。痛いやら恥ずかしいやらで、とても惨めな気持ちになった。

 「初乗りにして、初転び」初づくしである。こんなお馬鹿な失態も演じたが、初乗りの感想は「これは良い・・・」。20kmほどであるから、そこそこでしかないのであるが、はじめはこのくらいから始めて、無理なく続けたい。

 右肘と右腰は赤くなって少しばかり傷む。お尻も結構痛みがある。しかし、楽しかった。これは続けられそうである。

2008/8/30

897:オーディオ行脚  

 ハードスケジュールである。HYさんは東京にいらっしゃった数日の間オーディオの猛者たちの巣窟を相当数廻られたのである。1日2件は当たり前の強行軍である。そのついでに私の家にも寄っていただいた。euroさんもご一緒であった。

 HYさんはご自身でリスニングルームを石井式に改装されるほどの器用さをお持ちで、Wilson Audioのスピーカーをお使いである。euroさんには、emm LabsのトランスポートとDAコンバーターを繋ぐ特製STケーブル入手のお世話をしていただいた。真空感のアンプをお使いで、お聞きした機器構成は相当にマニアック。

 まずは、1階でアナログを中心に聴いていただき、コーヒーブレイクの後2階に移動。2階では様々な実験を行った。その実験道具がこれ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 電源ケーブルが3本。そして電源コンディショナーFirst cry MYTHIQUE。まずはemm LabsのCDトランスポートの電源ケーブルを順次変えてみた。まずはHYさんがお持ちの銀色のぶっといものから。日本のガレージメーカー製とのことであるが、結構派手な衣装で存在感たっぷり。

 このケーブルに変えると色彩感が豊かに感じられる。華やかで色合いがカラフル。これはなかなか効果的。かなりの影響力がある。音楽が絵画的になり、空気感が明るくなる。HYさんのリスニングルームの反射面は白木である。その爽やかな色合いにマッチする感のある音色である。

 次はeuroさんがお持ちのアレグレット。これはしっかりものである。堅実にして正確、重くならない程度に密度感が高まる。「アレグロ」「アレグレット」「アレグレット プロ」という三兄弟の真ん中、次男坊である。次男坊らしい堅実派、色づけは少ない。

 そしてMYTHIQUEの登場。真っ黒で普通のオーディオ機器と同じ大きさである。これにemm Labsのペアの電源ケーブルを接続した。SNがぐっと良くなる。音の背景が静かになり、音がくっきりと浮かび上がる。音調を変えることなくSNが向上。見た目は地味であるが、その効果は上々。価格は少し高いが、この効果の程を考えるとなかなか魅力的な製品である。

 そして最後に登場の「SILENT SOURCE」の電源ケーブル。これはデジタルアンプSD05の電源ケーブルを交換して検証してみた。アコースティックギターのソフトで聴き比べを行ったのであるが、ギターの音にまろやかさやコクがでる。切れが悪くなるというということもなく、情報量が下がるということもない。

 音の色合いに暖かみが加わり、人肌感が感じられる。個人的な好みからすると好印象。高解像度系統ではないが、好きな方向性である。

 OFF会の時間というものはすばやく過ぎ去っていく。年齢も職業も様々な3名が集まり、オーディオという共通の趣味で話が自然と盛り上がる。実はHYさんもeuroさんも実際にお会いするのは初めてである。しかし、初めてお会いするとは思えないのである。我が家で数時間を過していただき、HYさんは東京駅へ向かわれた。ハードスケジュールなオーディオ行脚を完遂されたのである。

2008/8/29

896:80台  

クリックすると元のサイズで表示します

 関戸橋を車で渡っているときに下の多摩川に眼をやると、普段の様相とは大分変わっていた。茶色く濁った水がうねるように流れていて、その様相は多少凄みすら感じさせるものがあった。昨日の豪雨の影響が今日になってもはっきりと分かる形で提示されていたのであ る。

 昨夜は夜中まで雷と雨が続いていて、今日のゴルフは90%キャンセルであろうと思っていた。しかし、念のためにセットしていた目覚まし時計のアラームで朝早く起こされると、雨雲はまだ立ち込めていて、空はどんよりとしているのであるが、雨は止んでいた。

 「これは出来るかも・・・」と思い、携帯で連絡を取り合ってゴルフ場へ。ゴルフ場に着くころには、南の空の切れ間から青空が少しばかり顔を覗かせるまでになった。そして18ホールを廻る間、雨は全く降らなかった。「ついている・・・」と内心ほくそ笑んだ。

 ここ数回練習場での練習の時に注意していた「インパクト直後飛球方向に真っ直ぐヘッドを出す」ということに最大限の注意を払いながらのラウンドとなった。結果はIN 45 OUT42 TOTAL87であった。

 私としては、まずまずのスコアでる。バーディーも一つ取れた。ダブルボギーはいくつかでたもののトリプリボギー以上ルがなかったのが好スコアに繋がったようである。今日はパー4つ、バーディーが1つ、ダブルボギーが3つで、あとはすべてボギーであった。

 このまま、80台を継続してだせるようになりたいものである。しかし、「80台でまわった次のラウンドは大たたきする」というジンクスも健在で、今年は2回連続で80台がでたことはない。次回こそこのジンクスを打破してみたい。

 それにはインパクト直前・直後50CMを飛球方向に真っ直ぐにスムーズに振ることをしっかり身につけることが必要条件である。時間があれば、あくことなく練習場へ車を向かわせなければ・・・

 そして、今日はもう一つ大事な用事があった。その用事をはたすため、ゴルフ場からの帰り道、三井アウトレットパークヘよった。そのなかに入っているワイズロード入間店が目的地である。COLNAGO CLXを受け取りにいったのである。

 「美しい・・・」改めてその肢体をじっくり眺めてみると、実に魅力的なラインである。うっとりするような色気があるのである。

2008/8/28

895:土砂災害警報  

 いや降ること降ること、凄まじいまでに雨が降る。ここまで徹底的だと気持ち良いくらいである。雷もかなりな長時間とどろいている。一時的な雷雨ではない。少しばかり弱まったかと思ったら、また思い出したように勢いを盛り返すといった具合いであった。今日一日で降った雨量は相当な量になるはずである。

 明日はゴルフの予定が入っているのであるが、この様子ではキャンセルになる可能性が高い。なにせ東京都の多摩エリアでは、この豪雨で土砂災害警報すら出ているのである。明日も今日のような具合なら、ゴルフどころではないであろう。天気予報では明日も雨のようである。しかも、局所的に凄まじいばかりの豪雨に見舞われる可能性があるとのこと。潔くあきらめたほうがよさそうである。

 ゴルフが中止になっても、明日はもう一つ楽しみなことがある。ロードバイクが納車されるのである。ロードバイク選びは、結局COLNAGO CLXに落ち着いた。落ち着いたというよりも他に選択肢がなかったといったほうが適切である。

 初心者向けのロードバイクを探していたのであるが、時期が悪かったようで、今は人気のあるモデルはほぼ完売状況。しかも体型に合った大き目のサイズはほとんど在庫無し。ニューモデルが入る年明け以降まで待たなければならないかと思ったが、どうにかこうにか1台見つかった。それがCOLNAGO CLXである。

 ヘルメットやシューズ、そしてウェアも揃い、あとは自転車のみといったところであるが、明日はきっと雨であるから初乗りは、今週末になるであろう。どんなものか今から楽しみである。

 まあ、目的はエクササイズ。本格的にガンガン走るという予定ではない。しかし、意外とのめりこんだりして・・・オーディオも最初はこんなにのめり込む予定ではけしてなかった。冷静になって振り返ってみて「何故こうなったのであろう・・・」と頭を抱えることは一度や二度ではなかった。

 「ついつい、いつのまにか・・・気付いたらこうなった・・・」としか言えないのである。理性を失っていたのかもしれない。中年になって若い女の子に狂うようなものであろうか・・・若い女の子に狂うと家庭崩壊に直結するから、オーディオのほうがまだましなのかもしれない。

 今日の集中豪雨を思わせるここ2年ほどのオーディオへののめりこみ具合は、相当大規模な土砂災害をもたらしたようである。なにせ我が家の二つの部屋は、以前の様相とは全く異なったものに変貌したのであるから・・・

2008/8/27

894:インパクト前方50cm  

 まっすぐ引いて真っ直ぐ出す。それだけである。それだけなのであるが、なかなか上手くいかないのである。真っ直ぐ引くことは、ゆっくり慎重にやればどうにかできなくはないのであるが、インパクトからフィニッシュにかけてクラブヘッドを飛球方向に真っ直ぐ出すのが難しいのである。

 もちろんスィングは円運動であるのでインパクトからフィニッシュに向けてクラブヘッドは体の左側に向かう。しかしインパクトポイントを中心として前後50cm程度は飛球方向に対して真っ直ぐクラブヘッドが動けば、方向性が安定するし、ボールに伝わるパワーのロスも少ないので飛距離も伸びる。

 今日はその練習をした。その練習方法として、ボールの前方50cm程度のところに、練習場にあるゴムティーを置いて目印とした。その目印があるとないとでは大違い。当然ある場合のほうがナイスショットの確率は上がる。

 しかし、練習場では目印を置くことは可能であるが、実際のゴルフ場のティーグランドではそれはできない。何かしら傷や木の葉などの目印を見つけ、その真っ直ぐ後方50cm程度のところにティーを挿すしかない。ボールを見ながらその前方の目印も視野に入れて、インパクトの直後その上方をしっかりかすめるようにスウィングすることに集中するしかない。

 時間にするとコンマ何秒といった時間であるので、ほんとに一瞬なのであるが、そのほんの一瞬の出来事が、結果を大きく分ける。そのコンマ数秒が、キャディーさんの「ナイスショット!」か「ファー!!」かを選択するのである。

 もうすぐ8月が終わる。東京は既に夏が終り秋に入ったかのような涼しさがここ数日続いている。秋はゴルフにとって最高のシーズンである。9月、10月はコンペも多い。ドライバーショットが安定すれば80台連発なんてことも可能なはず。

 今週の金曜日に「納車」されるロードバイクで下半身を鍛え、「インパクト前後50cm一直線スィング」を練習場でしっかり叩き込んで、今年のアベレージを少しでも下げて、90に近づけたい。

 インターネットで買ったサイクルウェアが今日届いた。少し派手であるが、なかなかいいデザインである。色使いも爽やか・・・
クリックすると元のサイズで表示します

2008/8/26

893:全米テニス1回戦  

 今年最後のグランドスラムである全米オープンが始まった。日本選手は、女子はそこそこ活躍するのであるが、男子は松岡修三が引退して以降世界で戦える選手はほぼ皆無であった。

 しかし、ようやく世界でも通用する選手が出た。錦織圭である。まだ18歳、期待の新星である。今日はシード選手であるアルゼンチンのモナコと対戦した。そしてセットカウント3-1で見事に1回戦を突破した。全米オープンで日本の男性選手が勝利をおさめるのは1993年以来というから、相当久し振りの勝利である。

 私は、たまにテニスをする。大学生の時たまたまテニスサークルに入ったのが、テニスに接したきっかけであった。しかし、テニスボールを追いかけるより、サークルに参加してくる周囲の女子大の女の子のお尻を追いかけていたので、大して上達はしなかった。それでも、社会人になってからも引き続き、月に1度くらいのペースでテニスをしてきた。

 ゴルフを始めてからはテニスはすっかり日陰の存在となってしまった。しかし、グランドスラムの試合は必ずテレビで観戦する。全豪、全仏、ウィンブルドンときて、最後が全米。トッププロの試合も楽しみであるが、日本人選手が出ているとやはり応援したくなる。

 今日の錦織は、少しばかりヒヤッとするシーンもあったが、シード選手を相手に素晴らしい試合運びを見せてくれた。錦織の最大の課題はサーブ力であろう。威力も正確性もトップの選手と比べてしまうと相当見劣りがする。しかし、ストロークに関してはトッププロ並の実力をもっていると感じた。まだ18歳、これからが本当に楽しみな選手である。

 私がテニスをはじめたのは大学1年生のころであるから25年ほど前の話である。そのころはちょうどテニスラケットがレギュラーサイズからラージサイズと呼ばれた大きなサイズのものに変わり始めたときであった。

 またスィングも今のプロのスィングとは全く違うものであった。今は、ライジングを高い打点で打つのが主流である。また、マッケンローやサンプラスのようなサーブアンドネットの選手は影を薄め、ストロ−ク中心のテニスになっている。そういった点では錦織は、最新テニスの潮流にしっかり乗っている。

 テレビでプロの試合を観戦すると、久し振りにテニスをやってみたくなる。汗を思いっきりかいてテニスコートの上を走り回る・・・疲労困憊するであろうが、スポーツの疲労は精神的には心地よいものである。ゴルフも楽しいが、「スポーツをした・・・」という実感はテニスのほうがあるかもしれない。

2008/8/25

892:Audio Accsessory 130号  

 今日は本屋によって雑誌を一冊買った。その雑誌は「Audio Accessory 130号」。1,300円である。オーディオ雑誌は相変わらずよく買う。しかしながら、この頃は以前のようなワクワク感はいまひとつ感じなくなってしまった。

 だが、本屋に立ち寄ってオーディオ雑誌の最新号が陳列されているとやはり欲しくなる。真新しい雑誌をめくりながら、心の中で「へ〜」とか「ふんっ・・・」とかつぶやきながら、新たな製品などの紹介記事を読んでいるのは意外と楽しい。

 今は1階も2階もラックの棚板は満員御礼状態であるので、当面新たな製品が加わる可能性は低い。しかし、新たな製品の紹介記事を読みながら、妄想を膨らますのはいつもの癖である。

 このAudio Accessoryの最新号で目に付いた記事は二つあった。一つは「フェズテック試聴室訪問記」。フェーズテックはアナログ関連製品を中心としたラインナップを揃える国産ブランドである。

 私はフェーズテックの製品は持っていないし、使ったこともないのであるが、その試聴室の写真を見て、「一度行ってみたい・・・」と思った。石井式なのである。しかも広さは20畳、で「L対W対H=1対0.908対0.525」という黄金比にもかなったものとのこと。

 一般の家庭では極めて難しい贅沢な空間である。反射面はシナ合板を使っている。吸音比率は21%であるので、我が家の17%よりは多めである。おそらく音はしっかりとしているであろう。スピーカはJBL DD66000。素晴らしい音がしそうである。

 しかし、記事を読んでいても「試聴申込みは事前に電話かメールで予約を・・・」といった記載が見当たらない。ということは、一般には開放していないということか・・・残念。

 もう一つ気になったのは記事ではなく、広告である。emm Labsの新たなペアの広告写真がでていたのである。型番が変わった。トランスポートは「TSD1」にDAコンバーターは「DAC2」となった。
 
 トランスポートはあまり変わっていないが、DAコンバーターはプリアンプ機能が省かれシンプルな構成になった。輸入代理店も変わり取り扱いはハイエンドに・・・

 「良くなったのであろうか・・・」もちろん、様々な改良は行われたのであろうが、音の基本的な色調は変わっていないのでは、という気がした。そして、そのデザインも相変わらず「ダサイ」。

 パラパラとめくって目に付いた記事から目を通す。オーディオ雑誌は以前ほどきらめき感をもたらすことはなくなったが、それでもやはり魅力的な存在であり続けているのである。

2008/8/24

891:タイル細工  

 子供たちの夏休みも終りに近づいている。夏休みの宿題で最後まで残るのは大抵「自由研究」である。何かを工作したり、テーマを決めて研究や観察をしたりするものであるが、我が家の子供達は、一発ものの工作で済ませることが多い。

 その工作は、常に夏休みが終りになるころに慌ててなされるので、出来はそれほど良くないことが多い。そういった家庭が多いのか、この時期にはいろいろなイベントで「夏休み子供工作教室」的な催し物がある。

 市報や折り込み広告にそういったものがあると、とっておいて、日程が合えば連れて行くことが多い。今日はそういった催し物がちょうどあったので、下の子を連れて出かけてきた。

 しかし、それにしても涼しい。雨も降っていたので余計に体感温度は低いのかもしれないが、激的な変わりようである。半袖では寒いくらいなので、長袖で出かけたほどである。ついこの間までうだるような暑さが続いていたのが嘘のように思えるくらいである。

 今日行ったイベントでの工作教室のテーマは「タイル細工」、色や形が様々なタイルが無数にあり、それらを自由に組み合わせてコルク板の上に貼り付けて、最後は白セメントを間に入れて完成。壁掛けや鍋敷きなどを作る。

 見本の作品を見ながら、思い思いにタイルをまず並べる。デザインが決まったところでそれらのタイルをボンドで付けるのである。「親子で作ってください」ということなので、子供だけでなく、私も一つ作ることとなった。

 しかし、そのデザインが意外と難しい。単純な幾何学模様でもいいし、何かしら動物や花などをイメージして作ってもいい。色んな可能性があるので並べては戻し、また並べるといった繰り返し。どうにかこうにかタイルを並べ終わったが、「色使いや全体から受ける印象が地味かな・・・」といった印象を持った。

 子供と一緒に無心にタイルを並べていると、自分が一瞬小学生に戻ったような気になった。子供も少し頭を傾げたりしながら一心にタイルを並べている。所要時間は2時間ほどであったろうか、完成したタイル細工をビニール袋に入れてもらい帰路についた。

 タイルといえば昨日お邪魔させていただいた伊藤さんのリスニングルームを思い出す。小さなタイルに細かく切った両面テープを貼り、一つ一つくっつけていく作業は根気が必要なはずである。でも、意外とその作業は一心にやっていると楽しいものなのかもしれない、と今日のタイル工作を経験して思ったのである。

2008/8/23

890:学究肌  

クリックすると元のサイズで表示します

 私は「学究肌」ではない。あまり一つのことを突き詰めて考えたり、研究したりすることは稀である。しかし、伊藤さんは正真正銘の「学究肌」のように感じられた。とことん突き詰めるのである。今日はSTUDIO K'sのイベントで偶然知り合いになった伊藤さんのお宅にお邪魔した。

 伊藤さんのリスニングルームには、しっかりしたオーディオ機器がある。スピーカーはティール2.3、デジタル機器はソニーCDP-R1とDAS-R1のペア、プリアンプはエアーK-3、パワーアンプはヤマハMX-2000。新旧取り混ぜた実力派が揃っている。

 しかし、はるかにそれらのオーディオ機器よりも、大量のコンデンサー、無数のタイルやノイズフィルターのほうが存在感があるのである。その量は半端でない。ティール2.3などほとんど原型をとどめないまでにタイルで埋め尽くされている。

 タイルで不要振動を除去し、コンデンサーでエネルギー感をアップし、ノイズフィルターで音の滑らかさを引き出す。そのバランス感覚が絶妙なのか、見た目的には相当イレギュラーなイメージを受けるが、その音はまさに正統派なのである。

 様々なクラシックの名曲を聴かせていただいたが、音の質感はいたって良質である。良質な質感にしっかりと立脚した正確で自然な表現力である。それはピアノであっても、バイオリンであっても、ソプラノであっても、そう感じられる。それらの音色は、何かがデフォルメされることがなく妥当である。繊細な音の質感と力強い音の生命感がしっかりと両立されていて安心感がある。

クリックすると元のサイズで表示します

 タイルが貼り付けられたエアーK-3とヤマハMX-2000。少しばかり痛々しく感じるのであるが音を最優先した結果である。伊藤さんは中途半端では止まれない性格なのであろう。行き着くとこまで行く・・・その結果がこのオーディオ機器をも圧倒する大量のコンデンサーであり、芸術的とでも評したくなる無数のタイルである。

 見た目的には多少辛いものがあるが、目をつぶってその音に無心に耳を傾けるとその総合的なバランスはとても優れているものがある。表面的な見た目とその音には相当な乖離があるめずらしい経験であった。

2008/8/22

889:ブロックピース  

 テトリス・・・ブロックピースが丁度良い具合にはまると、2,3段たまっていたブロックがすっと消える。そんな感じで今日は気温がすとんと下がった。季節が完全に変わってしまったのかと思えるほどに涼しかった。

 そして夜にはすっかり秋の虫のコンサート状態。猛烈な暑さが去っていくことは嬉しいのであるが、夏が過ぎ去るこの時期はいつものことながら何気ない寂しさが漂うものである。小学生のころは夏休みの終りに近づいてくると憂鬱になったものであるが、その名残であろうか、夏の終りには心に少しばかりの間隙ができるようである。

 その心の間隙に上手い具合にはまるブロックピースが降りてきてくれればいいのであるが・・・そうすればたまってきたブロックが2,3段一瞬で消え去ってスッキリした心情になれるのであるが・・・

 今日は一つのブロックピースが降りてきた。その名前は「ミューズケーブル」。その色合いは「ミューズ」という名に恥じない華やかさである。「ミューズ」は「詩歌・音楽・舞踊・学問を司る女神」の意味であるが、その語感からは華やかでやわらいだ雰囲気が感じられる。そしてミューズケーブルの見た目もそういった印象なのである。

 しかし、このミューズケーブル、見た目は「女神」なのであるが相当な頑固者である。「入らない」のである。プラグの構造的な特徴なのか、買ってきてすぐさま機器に繋ごうとすると、まったく入らない。

 このBullet Plugは、暖めないといけないのである。同封されてきた説明書にもその旨が明記されていた。「Bullet Plugの赤・黒部分をヘアドライヤーでよく熱してから機器に差し込んでください。次回の差込がきつい場合は再度熱してから差し込んでください。」

 その指示通りにヘアドライヤーで熱してからゆっくり差し込むとどうにか入った。このプラグはこの構造が売りなのであろう。確かに密着感は素晴らしいものがありそうである。

 新品の繋ぎたてであるので、その音は時間の経過とともに相当変わるはずである。昨年導入したNBSの電源ケーブルなど数ケ月経過しないとその本来の音にはならないという気の長いケーブルであった。このミューズケーブルはどうであろうか?デジタルケーブルであるのでそれほどの時間の経過を待たないでも本領を発揮してくれるのかもしれない。

 エージングがまったくなされていない段階であるので、多少割り引いて評価しなければならないが、なかなか好印象であった。価格は13,000円であることを考慮に入れれば、相当なCP比であると思われる。エージングが進み落ち着いた段階の音が楽しみである。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ