2008/4/29

774:IKEMIとLP-12  

クリックすると元のサイズで表示します

 今日は「ガソリン渋滞」がところどころで見られた。5月からガソリンが再び高くなるので、かけ込みで今のうちにガソリンを入れておこうとする車がガソリンスタンドに入りきれず、道路に並んでしまい、その結果の渋滞である。こんなのは初めてである。

 そんなガソリン渋滞をところどころでやり過ごしながら、今日はishiiさんのお宅にお邪魔させていただいた。ALL LINN SYSTEMで統一された室内は極めて整然としている。まずはIKEMIでCDを聴かせていただいた。

 IKEMIは実に良いCDプレーヤーである。「アイケミ」と発音するようであるが、日本人の女性の名前「アケミ」からきているのであろうか?この下の機種はGENKI。これは明らかに日本語の「元気」からきているような気がする。LINNって相当な親日派のようである。

 IKEMIは音楽的なバランスを崩すことなく鮮度感高い音を奏でてくれる。その音を聴いていて「上手い!」と思わず心の中でつぶやく。「凄い!」ではなく「上手い!」である。音楽の美味しさを逃がすことなくギュッと密度感高く詰め込み、手際よく料理して盛り付けも自然な感覚でさっと出てくる。

 その手際の良さに思わず「上手い!」である。IKEMIで聴かせていただいたANNE QUEFFELECのBACHは良かった。1975年世田谷区民会館での録音。使用しているピアノはベーゼンドルファー、その独特の響きが耳に心地よい。これはすぐさまインターネットで発注しなければ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 IKEMIの後は本命のLP-12。Andante Largoのリジッドテーブルに設置されたLP-12はとてもしっくりくる。アームはEKOS、カートリッジはAKIVA。まさに純正組み合わせ。そしてその後は怒涛のオリジナル盤攻勢・・・これは凄い!こちらは「上手い!」ではなく「凄い!」そのコレクションも凄いが音の良さが「凄い!」・・・その詳細は明日にでも。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ