2008/4/30

775:オリジナル盤  

クリックすると元のサイズで表示します

 レコードの価格はピンキリである。ディスクユニオンに行くと普通1,000円前後の価格で売っている。私などはそういった比較的安い価格のものを購入することが多い。先日もディスクユニオン新宿店で、TRIOが国内で販売したCharlinレコードを630円で購入。FRANCOIS COUPERINのオルガンミサ曲である。いわゆる国内盤なので非常に安価である。フランス盤のほうが音質的には優れているかもしれないが、そこそこ聴かせてくれる。この価格であれば大満足。

 一方、数万円の価格が付いてうやうやしく展示されているレコードもある。これらはオリジナル盤、しかも希少価値があり、さらに演奏者が人気者・・・となれば価格が一気に二桁違ってしまう。

 昨日はそういった店頭に並べばきっと数万円の価格が付くのではないかと思われる貴重なオリジナル盤を立て続けに聴かせていただいた。ishii邸のアナログの送り出しはLP-12、EKOS、AKIVA、LINTOという純正中の純正。そのなかで印象に残った3枚は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 チョン・キョンファのけれんみのないシャープな音がすっと胸に入り込んでくる素晴らしい演奏と音質である。DECCAのレベルの高さを窺い知ることができる一枚である。

クリックすると元のサイズで表示します

 EMIはDECCAと比べるとよりピラミッドバランスのどっしりとした構えの音である。デュプレの高い集中力で情感豊かに演奏されるチェロの音色が濃厚である。DECCAの艶やかで繊細感のある音質も魅力であるが、EMIも良い味出している。

クリックすると元のサイズで表示します

 Lola Bobescoのバイオリンで、レーベルはALPHA。ベルギーのレーベルである。ishiiさんによると、ご自身のコレクションのなかでも非常に希少価値の高いレコードとのこと。レコードコレクターではない私には、そのへんの貴重さは分かりかねるが、音を聴いてこれなら数万円でも惜しくないような気がした。

 昨日は良いコンサート聴いた後のような充実感を感じながら、ishii邸を後にした。今からオリジナル盤コレクションを形成しようというのは、かなりな経済的負担を強いられるので止めておいたほうがいいはずであるが、オリジナル盤の魅力はやはり大きい。

2008/4/29

774:IKEMIとLP-12  

クリックすると元のサイズで表示します

 今日は「ガソリン渋滞」がところどころで見られた。5月からガソリンが再び高くなるので、かけ込みで今のうちにガソリンを入れておこうとする車がガソリンスタンドに入りきれず、道路に並んでしまい、その結果の渋滞である。こんなのは初めてである。

 そんなガソリン渋滞をところどころでやり過ごしながら、今日はishiiさんのお宅にお邪魔させていただいた。ALL LINN SYSTEMで統一された室内は極めて整然としている。まずはIKEMIでCDを聴かせていただいた。

 IKEMIは実に良いCDプレーヤーである。「アイケミ」と発音するようであるが、日本人の女性の名前「アケミ」からきているのであろうか?この下の機種はGENKI。これは明らかに日本語の「元気」からきているような気がする。LINNって相当な親日派のようである。

 IKEMIは音楽的なバランスを崩すことなく鮮度感高い音を奏でてくれる。その音を聴いていて「上手い!」と思わず心の中でつぶやく。「凄い!」ではなく「上手い!」である。音楽の美味しさを逃がすことなくギュッと密度感高く詰め込み、手際よく料理して盛り付けも自然な感覚でさっと出てくる。

 その手際の良さに思わず「上手い!」である。IKEMIで聴かせていただいたANNE QUEFFELECのBACHは良かった。1975年世田谷区民会館での録音。使用しているピアノはベーゼンドルファー、その独特の響きが耳に心地よい。これはすぐさまインターネットで発注しなければ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 IKEMIの後は本命のLP-12。Andante Largoのリジッドテーブルに設置されたLP-12はとてもしっくりくる。アームはEKOS、カートリッジはAKIVA。まさに純正組み合わせ。そしてその後は怒涛のオリジナル盤攻勢・・・これは凄い!こちらは「上手い!」ではなく「凄い!」そのコレクションも凄いが音の良さが「凄い!」・・・その詳細は明日にでも。

2008/4/28

773:DELPHI W  

 リンクさせていただいているブログを今日はチェック。ずぼらな私は週に一回程度しかチェックしないのであるが、大きな収穫が一つあった。ハンコックさんのブログを見てみると、そこには見目麗しいオーディオ機器の写真が数枚掲載されていた。

 そして内心、「きたっ〜」と思った。以前からハンコックさんはアナログに興味を持っていらしたのであるが、とうとうその第一歩を踏み出されたようである。しかもそのターンテーブルは妖精が宿るかのような美しさ。

 それは、ORACLE DELPHI Wである。現行のXと違いベース部が透明ではなく、Wではブラックである。このブラックのほうが精悍な感じがする。写真を見ながら唸った・・・「う〜ん、美しい・・・」・・・ROKSAN XERXES20やLINN LP-12の美しさとは、また異なった質感の美しさである。「妖精美」とでも名付けたいところである。

 そして、DELPHI Wの美しさをさらに引き締め、一種ピンと張り詰めた緊張感をもたらしているのがSMEのアームである。これはSMEがORACLE専用に用意したもので、現行のシルバーとは色が違い、黒である。このSMEのアームの機能的で先鋭的なデザインとシックな黒がギュッと見た目を引き締めている。

 ハンコックさんは、早速アームの高さ調整や針圧等の調整をされていらした。しかもレーザー光線を使っての調整・・・本格的である。この調整過程が楽しいのである。そしてこの試行錯誤が上手くったらなおさらのこと、上手くいかなくても何故かしら楽しい。

 この美しいターンテーブルとアームを手に入れたハンコックさんは、きっと深くアナログの世界にはまり込みそうな気がする。なんとなく嬉しい・・・ 

 丸いものが回転する、それにアームが引っかかるようにのっかている。そして細い溝をカートリッジの針先がなぞるように触れながら、素晴らしい音楽を紡ぎだす。まさに紡ぎだされるかのようである。

 その様子を見ていると、「ふっ〜・・・」と息を吐きたくなる。あくせくするのではなく、余裕を持って音楽に接することができるような気がしてくるのは何故であろう・・・

2008/4/27

772:あの空をおぼえている  

 ゴールデンウィークである。昨日の土曜日は休日出勤となってしまったが、今日はしっかり家族サービス。家族を連れて映画館へ、観た映画は妻のリクエストで「あの空をおぼえている」。

 親子4人と愛犬の絵に描いたような幸せな暮らしが突然ふりかかった交通事故をきっかけに深い悲しみに沈んでしまう。重すぎる苦しみを背負わされた家族が時間の経過とともにゆっくりと再生へと向かい懸命に生きていく姿を描いた「感動作」である。

 この手の映画、実はあまり好きでない。いかにも的な演出が鼻につくことが多いのである。確かにこの映画もそういった要素はあった。竹野内 豊と水野美紀が夫婦役で出てくるのであるが、あまりにも現実離れした美男・美女夫婦。そしてその家や内装、そして出演者の服装にいたるまで、まさに「絵に描いたような」という表現をしたくなるような感じなのである。

 ディテイルに関しては、表層的な整いのよさのみに終始する都会的なセンスでまとめられていて多少げんなりしてしまうところがある。そういったところには、ついつい斜に構えてしまうのであるが、物語自体は引き込まれずにはいられないテーマである。

 子を持つ親にとっては、涙無しには見終わることができない映画であることは確かである。「子供と動物ものには勝てないな〜」といった感じでついつい涙腺全開といったところ。家族で観にいくと、観にいった後数時間は家族がもの凄く仲良くなる。

 家族がいるということ、そして出来が多少悪くても家族とともに生活できる幸せを、しみじみ感じることができる。

 映画として優れているか?と問われれば、「?」ではあるが、観てよかったか?と問われれば、大きくうなずかざる得ない。少なくともCGだらけのジェットコースター映画を観るよりは、観た後に何かしら残るという意味で良い映画であった。

 映画のエンディングを飾る平井堅の主題歌「いつか離れる日が来ても」は、最後まで聴きいってしまった。この曲は映画と同様、印象的な余韻を残す。良い詩である・・・

2008/4/26

771:ぶらり途中下車の旅  

 『ぶらり途中下車の旅』のナレーションを担当している滝口順平の声と喋り方は独特である。しかし、滝口順平のナレーションがなければこの番組が成り立たないほど、番組とナレーションがしっくりとしみこんでいる感じがする。

 もし、滝口順平が病気などで降板してしまい、他の方にナレーターが変わってしまったら、きっとがっかりするくらい雰囲気が変わってしまい、あの独特の飄々としたほのぼの感が失せてしまうような気がする。

 この番組で旅人役のタレントが立ち寄って紹介された店には、なんとなく行ってみたくなる。タレントが美味しそうに食べる画面に重ねて、滝口順平が「いや〜おいしそ〜う・・・」とあの独特の語り口で語ると、その気になってしまうのである。きっとこの番組で紹介されると、その後の反響は結構凄いのではないだろうか。

 30分のある意味地味な番組であるが、とても好きな番組の一つである。少しばかり旅へのあこがれをかき立ててくれるうえ、その画面から流れてくる景色を観ていると、自分の故郷でもないのに「郷愁」のようなものすら感じさせてくれる。

 今日はBS日テレで3月22日放送分の再放送を観た。そのなかで今週の旅人の舞の海が東武伊勢崎線の大田駅で下車した際に発見した、昔の車「スバル360」のシーンが面白かった。「全日本てんとう虫の会」という「スバル360」を愛好する方々が、仲間たちとのドライブを楽しんでいるところに舞の海も参加。小さい車体の「スバル360」に乗るのに悪戦苦闘している様が滑稽でもあった。

 しかし、この車「いいな〜」という気にさせてくれる。この番組の雰囲気ともピッタリ。この「スバル360」は、昭和の高度成長期の象徴のひとつでもある。「経済的には貧しいけれど、夢と希望に満ちている」・・・そんな空気がこの小さな車の中にはびっしりと詰まっている。

 この車を近所で見かけたのは、幼稚園か小学生の低学年の頃。40年近く昔の話である。「てんとう虫」の相性で親しまれたこの優しげな顔をした車を見かけると、とても親しみを感じたものである。この「スバル360」の面立ちと滝口順平の語り口にはとても共通したものを感じる。暖かみがあり親しみやすい。 

2008/4/25

770:音響人生是魔物的悦楽  

 今日は「STEREO 5月号」を買った。そのなかの「音響人生是魔物的悦楽」はいつも楽しみにしている。オーディオに嵌った方の紹介記事で、全ページがカラー。使用機器やリスニングルームの様子などが写真等で紹介されていて、それを見ているだけで音が聴こえるような気がする。

 今月号の「音響人是魔物的悦楽」は神奈川県逗子市にお住まいの今村信隆さんが紹介されていた。そのリスニングルームの数枚の写真にはヴァイタヴォックス CN-191コーナーホーンという素晴らしく威厳に溢れたスピーカーが映っている。

 そのスピーカーを中心として部屋は美しく整然としており、そのなかに設置された家具やオーディオ機器は厳選されたものがそこにあるべくしてあるといった感じで佇んでいる。床や壁そして天井には木が使われいて、スピーカーのエンクロージャーの色に合わせたかのような明るめの茶色で美しく彩られている。

 このスピーカーは通称「クリプシュホーン・リプロデューサー」と呼ばれている往年の銘機で、なかなか上手く鳴ってくれなかったが、新藤ラボラトリーのアンプによってようやく鳴り出したとのことである。

 「新藤ラボラトリーってどんなメーカーなんだろう?」と思い、早速インターネットで検索したら、HPが見つかった。いくつかのプリアンプやパワーアンプを今も製造されているようであった。

 その色は結構鮮やかなグリーンで彩られており、今村邸で使用されているアンプとは意匠がかなり違う。こちらはかなり以前のモデルであるようだ。小さな写真で見るだけであるが、こちらの古いモデルのほうがなんとなくオーラを放っているような気がする。

 アナログプレーヤーはガラードの301を新藤ラボラトリーでチューンナップしたものをお使いで、その積層材キャビネットの色合いも明るい茶色でスピーカーのキャビネットの色と重なる。

 部屋の風合いを見ているだけで、音や音楽が聴こえてきそうである。そしてそのオーディオに対するスタンスが素晴らしい。「音楽は好きだし、機械も大事に思っています。だけど毎日の生活や人生全体から見たら、ほんの一部でしょう。だから、あんまりおおげさに思想をこめるとか、特別なものだという意識はないんです。」・・・いいな〜この言葉・・・

 私もオーディオに対しては、あんまり大上段に構えたり、力んだりすることなく、人生に潤いと喜びをもたらす一要素として取り組み、肩に力を入れたり、眉間に皺を寄せることなく接していきたい。 

2008/4/24

769:別人化現象  

 午前と午後では全くの別人になる。「ジギルとハイド」を思わせるような変わりようである。その変化のパターンは一定ではない。午前は善人で午後は悪人、あるいは午前は悪人で午後は善人、その日によって変わる。

 前回のゴルフは午前は41。「これはいける!」と思った午後は52。グッタリと疲労感が残った。今日は久し振りのゴルフ。顧問先の会社が主催するゴルフコンペ。参加者は17名、5組のコンペであった。

 今日は午前中は悪人、午後は善人のパターン。午前はなんとOBが3発・・・これでノックアウト。ストレート、フック、アッパーといった具合で3連発。マットにのさばってしまった。

 しかし、午後はOBが出ず、43とまずまずのスコア。9ホール中4つがパーであった。このパターンの別人化のほうがまだ希望が持てる。しかし、安定感のなさは相変わらずである。歯車が一つ狂うと、がたがたと音をたてて崩れていく。これは何とかしなければ・・・特にドライバーショットのOB対策を急務とするべきであろう。

 ということで、今日はゴルフからの帰り道に練習場へ寄った。疲れた体に鞭打ってドライバーの練習。インパクトからフォローにかけて左腕でボールを飛ばすイメージで左腕をたたんでいく。

 左腕のひじを左脇にしっかり接しておいた状態で体の回転に合わせて振り切っていく練習を1時間ほど。今日は気温が比較的高く、湿度も高いので、顔から汗が滴り落ちるくらいになった。ティーショットの練習に今後は時間を割くようにして、どうにかOBの数を減らしたい。OBが一発も出なければ80台は必ず出るはず。

 そうして最近通例化してしまっているゴルフにおける「別人化現象」をSTOPさせたい。それはひとえにドライバーショットの安定性にかかっているのだ。

 そのため、今日はクタクタである。しかし、仕事の疲れとは違いゴルフの疲れは心地よい。スポーツで体を動かすのはやはり良いものである。ラウンドで疲れている体に鞭打ってドライバー練習をしたが、そのおかげでほんの少しではあるが光明が見えてきたような気がする。

2008/4/23

768:パワーアンプ聴き比べ  

 「SD05のアナログ入力は使える!」「しかもパワーアンプとして使う方が良いようだ・・・」これは完全に主観的・独断的・相当いい加減な判断であるが、その判断に従って、現在2階のサブシステムにおいて、SD05は完全に普通のパワーアンプとして使用している。

 EMM LabsのDCC2はDACコンバーターとプリアンプ両方の機能を有しているので、それをともに活用しているのである。SD05はとても優秀なパワーアンプである。価格は税抜き50万円であるので、パワーアンプとしてはミドルクラスということになる。

 ちょうど最新号のStereo Sound誌に「いまミドルクラス・セパレートアンプが面白い」という特集記事が載っていた。パワーアンプとしてはジェフ・ローランド Model 102Sの34万円からヘーゲル H4Aの90万円までの9種類の機種が紹介されていた。

 そのなかではPowariさんのお宅で見かけたプライマーA32が高い評価を受けていたのが印象的であった。ここで紹介されていたミドルクラスのパワーアンプは実に様々な個性を有している。Model 102Sは極めてコンパクト。「この大きさで大丈夫?」といった印象すら憶えるが、その見た目はお洒落で愛らしい。

 一方A32やヘーゲルのH4Aはいかにもパワーアンプ然とした堂々たる躯体。その見た目は肝っ玉母さん的な安心感がある。この9種類のなかでSD05とパワーアンプ比べをしてみたくなたのは、2機種。

 一つはゴールドムンド Telos 150L。まずサイズがSD05とほぼ同一。ゴールドムンドのオーディオ機器は使ったことがなく、またオーディオショップでの試聴でもあまり良い印象をもったことがなかった。しかし、このTelos 150Lには何故か惹かれるものがある。

 「香り高く、さざ波のような美しさ」「音色の官能性」といった表現が心をくすぐる。見た目的な清潔感もゴールドムンドならでは魅力である。

 もう一つはウエスギ U・BROS 33。真空管のアンプはいつかはチャレンジしてみたいと思っている。真空管のアンプは多くのお宅で聴かせていただいているが、いずれも心の琴線に触れる音を奏でていた。もちろん真空管ならどれでも良いというわけではないのであるが、やはり惹かれる。

 しかし、その世界の奥深さはこれまた底なしのはず。その点ウエスギなら信頼性があり、またメンテナンスも安心である。「濃厚な色彩と音離れのよさ」「真空管の音は速い」・・・ふむふむとうなずきながら、その評価を読んでいた。

 買わないまでも自宅試聴してみたいところである。U・BRUS 33とSD05を交互に繋ぎ換えて聴き比べなんて、オーディオ的に非常に興味惹かれるところである。

2008/4/22

767:リード線  

クリックすると元のサイズで表示します

 何故かDMMのレコードのみ針飛びを起こしていたLP-12であったが、その原因はカートリッジとアームを繋いでいるリード線であった。

 このリード線、細くそして柔らかいもののようであり、そのリード線が少しばかり下がっていたようである。そしてそのリード線がほんのわずかレコードの反った部分に接したことにより針飛びが起きたようなのである。

 DMM盤のみ針飛びが起きたのは、DMMは一般的なレコードよりも溝が細いためと思われる。しかし、リード線については全くノーケアであった。迂闊である。

 見に来てくれた、SOUND CREATEの花木さんは針飛びを起こすレコードを真横からじっと見ていて、すぐさまその原因を突き止めた。リード線をラジオペンチでクイクイっとすると、全く針飛びは起きなくなった。

 「とりあえず、これで一安心」DMM盤は数枚しか所持していないので、大勢に影響はなかったのであるが、あのままであったなら気持ちが落ち着かなかったはず。

 「なぞなぞ」の答えのように、分かってしまうとなんということのない今回の「DMM盤針飛び事件」であったが、これでとてもスッキリした。しかも、リード線を取り回ししなおしたら、音の抜け具合もスッキリしたような気がする。

 ラインケ−ブル、電源ケーブル、スピーカケーブルも絡み合いような雑な取り回しだと音も雑になり、スッキリと取り回すと音もスッキリする。リード線も全く同様なことのようである。これは良い経験をさせていただいた。

2008/4/21

766:甘楽町  

 「甘楽」・・・「かんらく」と読むのかと思ったら、「かんら」と読むそうである。昨日と今日は群馬県甘楽町というところでテニス合宿。町営の「甘楽ふるさと館」をいう立派な施設であった。町営と事前に聞いていたので、たいしたことないだろうと思っていたのであるが、予想よりも立派な施設であった。とても1泊6,500円とは思えない。

 合宿といってもサークルの合宿であるから、体育会系のノリではなく、緩めのノリである。しかし、普段定期的にスポーツをして体を鍛えているわけではないので、結構体にこたえた。

 テニスのコートには、ハードコート、クレーコート、オムニコートそして芝のコートと何種類かのコートがあるが、今回はハードコートであった。

 ハードコートは、足腰に一番負担がかかる。丸2日ハードコートでテニスをしたため、足には相当な負荷がかかったようで、膝周りやふくらはぎが痛い。これでは2,3日は筋肉痛に悩まされそうである。今回は休憩をこまめにとったので、おそらく昨年のように極度の疲労度による免疫力の低下からなってしまった帯状疱疹にはならず済みそうである。

 テニスは最近、我が家のオーディオ事情におけるデジタルのようにすっかり下火になってしまっていた。しかし、久し振りにやってみるとやはり良いものである。甘楽町のいかにも「日本の里山」といったのどかな風情のところで、テニスで汗をかく。そして疲れた体を温泉で癒す。「極楽〜」といった言葉が自然と漏れる。

 お風呂の窓からは、芝桜の薄紫がとても綺麗に見えた。そして新緑の緑が新たな生命感の息吹を感じさせてくれる。疲れきった足をお湯のなかでさすりながら、「やっぱりテニスも良いな〜」としみじみ思ったのである。

 テニスにも以前のように時間を割きたい。しかし、ゴルフに結構のめりこんでいるうえ、オーディオも最近大きな顔をしてのさばってきた。すっかり居場所がなくなっていたテニスであるが、少しばかり復活させたいところである。それと同様にどうしてもアナログに目がいきがちの我が家のオーディオ状況でもデジタル復活を図りたいと思っている。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ