2008/3/13

728:シャンプー&リンス  

 最近街から消えてしまったもの、それは本屋さんである。東京の郊外に住んでいるが、10年ほど前までは市内に5,6件あった本屋さんがほとんどなくなったのである。規模の小さな個人経営では、今や本屋さんは経営的に全く成り立たなくなってしまったようである。

 活字離れがすすみ、大型の古書店の進出などもあり、経営環境が厳しいのであろうが、軒並みなくなってしまうとなんとなく寂しさというか、「これで良いのだろうか?」といった疑問もわいてくる。

 その反対に最近の数年で街に増えたものは、ドラッグストアである。しかもそこそこ品揃えのある大型店舗が市内に相当数できたのである。「こんなにできて共倒れしないのであろうか?」といった余計な心配までしてしまうほどの出店ペースである。

 このドラッグストアというもの、入ってみるとなかなか面白い。ついつい余計なものまで買ってしまう傾向がある。非常に豊富な品揃えであるのでついつい目がいってしまい、手を伸ばしていたりする。

 今日は仕事帰りに妻にたのまれものがあり、一軒のドラッグストアに寄った。頼まれたものはゴミ袋であったのであるが、何故かしら歯磨き粉、シャンプーとリンスのセットも買ってしまった。店に入ると「そういえば歯磨き粉とシャンプーが残り少なかったはず・・・」と思いつき、それらも購入したのである。

 わが家ではシャンプーとリンスは同時にはなくいならない。シャンプーのほうが早くなくなるのである。面倒くさい時はシャンプーのみでリンスはしないからである。少しばかり心に余裕があるときは、どちらも使う。

 そういえば、わが家で使っているCDを洗浄するクリーナーはシャンプーとリンスのようである。2本セットなのである。もうかれこれ1年半ぐらい使っていると思うが、残量が残り少なくなってきた。

 商品名はNANOTEC CLEAR NC-1とNC-2。NC-1がシャンプーにあたり、NC-2がリンスにあたる。この商品結構立派な箱に入っていて、なかなか効果もあるのでお気に入りである。この手のCD洗浄液は相当数販売されているが、どれもそれなりに効果があるようである。

 このNC-1とNC-2はボトルの大きさが違う。シャンプーにあたるNC-1のほうが大きいのである。やはりこれは面倒くさがってシャンプーしかしないで済ます人が結構いることを想定しているのであろうか?

 お風呂場では大概リンス無しで済ませてしまうわたしではあるが、CDのクリーニングに関しては必ず両方使う。NC-2でリンスすると音がしっとりするのである。髪の指どおりが良くなる感じであろうか・・・しかし、NC-2のほうが小さいので、両方必ず使うとNC-1に比べNC-2のほうが残量が当然少なくなってくる。我が家のシャンプー・リンスの関係とは反対なのである。

 まだ、この商品って販売されているのであろうか?NC-2がもう少しでなくなりそうなので、なくなった時には、同じものを買いたいと思っているのである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ