2008/3/12

727:うろうろ日記  

 今日になって思い出した。すっかり忘れていたのである。今朝通勤途中でなにげに思い出したのである。一昨日が我が家の愛犬メリーの6回目の誕生日であることはしっかり憶えていたのであるが、迂闊であった。

 まあ、そんなたいしたことではないのである。愛犬の6回目の誕生日のほうが私にとって記憶すべき事柄であったという程度の重要性なのである。しかし、やはりこのブログでは報告すべきことのように思うので記事にすることにしよう。

 実は昨日3月11日は、私にとって「ブログ記念日」だったのである。このブログがはじまったのが、2006年3月11日。ということで昨日をもって2年間が経過した。ブログをはじめてから昨日までの間に更新した記事の数は726。

 726の記事は、概ねオーディオ関連のものが多いが、たまにゴルフものが出てきたり、その他「たわごと」とおぼしき訳の分からない記事が更新されたりといった具合で、首尾一貫したものなく、その日その日の気分に任せて書き連ねてきた。

 オーディオや音楽に関して書くことが多いのであるが、その分野に精通しているわけでは決してない。むしろかなりレベルの低いところでうろうろしているのである。その「うろうろ日記」をつづってきたのである。

 あくまでも「うろうろ日記」なのであって、第三者の指標となるようなものは全くなく、オーディオマニアの役には立たないブログではあるが、新聞の4コママンガのように気安く読んで、「つまんねっ・・・」とか「このオチまずまずじゃない・・・」とかの感想を持って頂ければ幸である。

 726個の足跡を振り返ってみると、一つ一つはとるに足らない足跡でしかない。そしてその足跡は一直線につながっているわけではなく、大きくうねっている。右に行ったかと思えば左にぶれてみたりと、推進力はあるが舵取りがうまくいっていない船の航跡のようでもある。

 しかし、数多くの足跡が途絶えることなく長くつながっている様は、改めて振り返ってみると感慨深いものがある。そこには内容はともあれ、2年間という決して短くはない時間がしっかりと反映されているからである。時間は音もなく落ち続ける砂時計の砂のように容赦がない。その容赦のない時間を、少しばかり自分なりに記録できたのでないかと思える。

 「継続は力なり」というが、ある一つのことを続けるということは、意外と難しい。人は飽きる動物である。一時熱中しても、その熱はいつしかさめてしまうもの。ブログはホームページと違いはじめるのはとても簡単である。しかし、継続するのは意外と難しい。このブログがいつまで続くのかは分からない。しかし、もう少しの間は思いのほか長く続いている足跡に、新たな、そしてとるに足らない足跡をつけ足してみたい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ