2008/3/31

746:M3 SEDAN  

クリックすると元のサイズで表示します

 BMW M3 SEDANが日本でも正式発表された。近くのディーラーにも展示車が置いてあったので、今日事務所からの帰り道、ついつい寄ってしまった。フロンからの眺めは、やはり精悍な顔つきである。

 クリス・バングルがチーフデザイナーになってから、BMWのデザインは大きく変わった。最初のうちは、アバンギャルドさが先行してしまって、いまひとつしっくりこないというか、こなしきれていないような感があったが、このM3及びその基となった3シリーズクーペはニューデザインの流れのなかで一つの到達点に達したような印象を受ける。アグレッシブさと従来からのBMW独特の洗練さが見事に融合している。

 しかし返す返す残念なのが、リアのデザインである。クーペのデザインとは違い、3シリーズ・セダンのデザインをM3 SEDANにも使ってしまったのである。フロントはクーペと同様のデザインなのにどうしてリアもその線でいってくれなかったのか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 まあ、悪くないといえば悪くないのである。しかし、前日同じディーラーに展示してあったM3 クーペのリアデザインと比べてしまうと、色気という点において相当差があるような気がしてしまう。先日目にした白のM3 クーペは実用性を無視すれば今一番美しいと思える車である。

クリックすると元のサイズで表示します

 M3は極めて魅力的である。しかし、ゴルフを趣味とする私にとって、M3はセダンであってもクーペであってもトランクの狭さが致命的である。今日もまじまじとトランクを開けて眺めていたが、これではキャディーバッグは、1つが関の山。2つはどうかしたら入るかもしれないが、3つは逆立ちしても無理。

 4バック・4名乗車で年数回ゴルフに行く機会がある私にとって、M3はやはり縁のない車なのかもしれない。しかし、そういった実用性を犠牲にしてでも一度乗ってみたいと思わせる魅力があるのは確かである。どうせ実用性を犠牲にするなら徹底的に・・・というわけでM3を買うならクーペというのが、今日の結論。

 しかし、1台しか車を持てる可能性のない私にとって、実用性を犠牲にできる可能性も極めて低いのが現実である。

2008/3/30

745:日本人の双子と3P  

 「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」は、おふざけ映画オースチン・パワーズ・シリーズの第3作。そのなかで、オースティンが日本人の双子フクミとフクユに言い寄られるシーンがある。この二人、見た目的には少々日本人でない気がするのであるが、Hぽくて、頭の中は相当軽めな感じ。
 
 その際、オースティンはメモを取り出し「死ぬまでにやりたい事リスト」をチェックする。そのリストにはちゃんと「日本人の双子の女の子と3Pする」という項目が記入されていた。

 私もそういう、「死ぬまでにやりたい事リスト」を持っているわけではないが、「日本人の双子の女の子と3Pする」ことは確かに魅力的ではある。この年齢になってしまうと、体力的少しきつそうであるが、機会があればトライしてみたい。

 しかし、今の私には、「日本人の双子の女の子と3Pする」こと以上に楽しみであり、かつ架空の「死ぬまでにやりたい事リスト」にきっと太字で明記されているはずなのが「ROKSAN XERXES20とLINN LP-12の両方を所有し聴き比べする」ことである。それが昨日から現実のものになった。これは嬉しい限りである。

クリックすると元のサイズで表示します

 この景色は私にとって「オーディオ桃源郷」そのものである。飽かずに、いつまでも眺めていられる風景である。しかし、眺めているだけではもったいないので、もちろん音も聴く。

 LINN LP-12は着いたばかりであるので微調整はこれからである。昨日の段階では、ごく普通の上品な音が出てくるだけであったが、今日になりアームの高さを昨日の状態よりほんの少しばかり上げたり、インサイドフォース・キャンセラーを弱めたりといった微調整をするとかなり良い感じになってきた。

 カートリッジは新品であるので、1ケ月以上たたないと本来の音は出てこないはず、それ以外の機器は中古品であるため、微調整が進めばかなり本領を発揮し始めるはず。これからの日々はまさに蜜月である。しかし、あまりにLP-12にばかり執心すると、XERXES2Oが嫉妬してしまうので、そちらもケアを怠ってはいけない。LP-12とXERXES20との3Pは目くるめく官能の世界を私にもたらしてくれそうである。

2008/3/29

744:忙しい一日  

 今日はあまりに盛り沢山な一日であった。午前中は自治会主催の餅つき大会に参加。気軽な気持ちで下の娘と妻とで参加したのであったが、これが結構大変であった。子供連れの母親達は結構人数がいたのであるが、父親は数名。当然もちをつくのは父親の仕事。これが重労働。思った以上にきつい仕事で、結構腰にきた。

 昼ご飯は、当然つきたての餅。あんこ、きな粉、大根おろし、そして磯辺巻き・・・つきたての餅はやはり美味しい。なので、ついつい食べすぎ。疲労感をずしっと腰にためこんだ状態で帰宅。このままでは体力的に今日一日を乗り切れそうにないと思い、1時間ほど昼寝した。夕方から始まるオーディオタイムに備えた。

 そして、そろそろfj_nvさんと待ち合わせた立川駅に出かけようかと支度を始めたら、松浦さんから携帯に連絡が入り、石井式リスニングルームを検討されている方と立川で打ち合わせがあり、その後自宅にその方を連れて寄ってもいいか、との打診があったので「もちろんOK!」という展開に。打ち合わせが終わり次第、その方と施工業者も連れてお越しになる予定となる。

 「今日は忙しくなりそうだ・・・」と内心思いながら、立川駅ででfj_nvさんと合流し、自宅へ。ついてすぐにはリスニングルームへはいかず、fj_nvさんがもってきてくれたコーヒー屋ポンポンのメモリアルブレンドを味わう。fj_nvさんからコーヒーの入れ方についていろいろ教わった。結構目から鱗的な入れ方でびっくり、その澄んだ味わいにまたびっくりであった。

 そして、2階のデジタルルームでCDP-MS1とEMM LABSの聴き比べをして、アナログルームでROKSAN XERXES 20を聴いていただいた。今晩には新たにLINN LP-12がXERXES 20のライバルとしてこの部屋にやってくる予定である。それを知ってか知らずか、XERXES 20はその持ち味を発揮していた。

 6時ごろ松浦さんが、新築予定の方とその施工予定業者の方々を連れて我が家を訪れてくれた。いつ聞いても、新築はうらやましい・・・私も新築時にリスニングルームを石井式にしておきたかった・・・スウェデンハウスで自宅を建設予定とのことで、スウェーデンハウスの担当者や施工する工務店の方など多数の方にひととおり部屋を見ていただき、音も少しばかり聴いていただいた。

 松浦さんは、しばらく残ってくれて、ROKSAN XERXES 20のアームの調整具合を見ていただいた。若干お尻が下がり気味とのことで微調整・・・調整後は弦楽器の音の雑味がとれて、なめらかな風合いがでてくる。スピーカー位置も見ていただいたが、ほんのトントンで調整完了。ほぼスウィートスポットであったようである。

 その他プリアンプの電源部の設置位置の調整で音の出方が随分変わることなども教わり、いつもながら適切な松浦さんのアドバイスに感心しきりであった。膨大な経験の蓄積により瞬時に調整ポイントがわかってしまわれるのか、全くよどみなく的確である。

 松浦さんを送りがてら立川で食事、すると携帯にサウンドクリエイトの花木さんから連絡が・・・「いよいよLP-12が到着する・・・」fj_nvさんと2人で自宅に引き返す。家に着いたら既に花木さんの車が到着していた。その後の顛末は明日にでも・・・

2008/3/28

743:思いつき  

 「思いつき」はどこから来るのであろう?何の脈絡もなく降りそそいでくるような感覚である。それが有効かどうかは、定かではない。役立つ時もあれば、単に混乱を誘発するだけのこともある。しかし、降りそそがれた「思いつき」はなるべく実践してみることにしている。

 今日はゴルフの練習場で1時間ほど打ち込んできた。先日のゴルフではティーショットでOBを3発出したので、ドライバーの練習が中心。残念ながら前半はショットがバラバラ、引っ掛けたり、スライスしたり、あちらこちらに散らばる。

 「これでは、良いスコアはでない・・・」と意気消沈していたところ、ふと何故かしら思い付きが・・・右腕とクラブを一直線になるようにアドレスし、テイクバックからトップそしてダウンスウィングに至るまで、このクラブと右腕の一体感を維持する感覚でスウィングすると方向性が良くなるのではないか・・・結局インパクト時にクラブヘッドがスクエアにボールを捉えれば方向性は良くなるはずである。インパクト時にクラブのライ角と右腕のひじから下の角度が一致すればスクエアになる可能性が高い。

 そして試してみると、「これはもしかしてかなり良い思いつきでは・・・」と思えてきた。これは継続して練習してみる価値があるようである。

 1時間ほどゴルフの練習をすると結構疲労する。疲れてはいたが、自宅に帰ってきて、すぐさまリスニングルームへ。明日に備えて、クワドラスパイアのラックにLINNのLINTOをセットしたのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 これはダイナで展示品処分を購入したもの。購入価格は税込み180,000円。コンパクトで落ち着いたデザインである。しかし、軽い。ROKSANのフォノイコに比べても半分くらいの重量なのではと思えるくらいである。「これで大丈夫?」といった感を受けるくらい軽く、頼りない躯体である。

 明日にはその上段の棚板にはチェリーのLP-12が、そして下段の棚板には同じシルバーのLINGOが収まる予定である。そして、トーンアームEKOSの先端にはZYXのカートリッジが・・・その詳細は明日にでも・・・

2008/3/27

742:ホログラムもどき  

クリックすると元のサイズで表示します

 「壷」である。これは霊感商法により購入したものではない。また、オーディオに関連したオカルト系アクセサリーでもない。単なる「壷」である。自宅の近くに陶器などの美術品を扱う店があり、そこで購入したものである。

 特に有名な陶芸家の作品でもないようである。作者の名前は書いてあったが、すっかり忘れてしまった。その人の個展のようなものをその店でやっていて、そのときにたまたま出かけていって、買った。「良い仕事してますね〜」といった感じで、さっと選んだだけである。特にこの手の美術品に関して目利きのセンスがあるというわけではけっしてない。

 上の写真はリスニングポイントから見て右側のコーナーの写真で、下の写真は左側のコーナーの写真である。

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらにも「壷」が・・・同じ店で購入したものであるが、作者は別である。こちらは淡い色合いの爽やかな風合い。

 しかし、「壷」はどうでもいいのである。実はその背後のわけの分からない格子状のものが今日の主役。実はこれ、本来はCDラックなのである。一つ一つのスペースにCDを差し込む構造である。以前はCDラックとして使っていたのであるが、現在は使わなくなっていた。廃棄しようと思っていたのであるが、オーディオアクセサリー誌を読んでいてあることを思いついた。

 それは、摩訶不思議なオーディオアクセサリー、シャクティの「ホログラフ」の写真を見ていて思いついたのである。この「ホログラム」実に魑魅魍魎的な容姿をしている。スピーカー背後の両コーナーに設置すると「背景ノイズが消えたのと同じような感触がある・・・おそらく反響が精密になるためと思われる」といった効果があるようである。

 その魑魅魍魎的な見かけにものすごく執心したのであるが、価格を見て断念。そこで廃棄する予定であったCDラックを思いつき、「だめもと・・・だめもと・・・」とつぶやきながら、両コーナーに配置してみたら、何故かしらいいのである。

 「反響が精密になる」ほどの効果はないと思われるが、「反響が細やかになる」くらいの効果はあるような気がするのである。「壷」はあくまで見た目的なおまけに過ぎない。この廃品利用的な即席アクセサリー、なかなかなのである。

2008/3/26

741:欲望との戦い  

 マズローの欲求段階説では、生理的欲求,安全の欲求、親和の欲求、自我の欲求、自己実現の欲求という順で人間の欲求は段階的に構成される。低いレベルの欲求が満たされると、人間は次のレベルの欲求を求めるそうである。ということは、人間の欲望にはきりがないかのようである。

 ゴルフは「欲望との戦い」でもある。前回1ケ月半ぶりのゴルフであったにもかかわらず、80台で回れたので内心「よ〜し、今日も・・・」と思っていたのは事実である。昨年は80台で回った次のゴルフは大概良くなかった。そのいやな流れを断ち切るべく、勇んで出かけたのであるが、見事に返り討ちにあった。

 残念ながら2回連続80台とはいかなかった。今日は出入りの激しいゴルフであった。バーディーを2回とったが、OBも3発。0B3発はやはり効く。みぞおちにボディーブローをくらったかのようにぐっとくるのである。

 この3発のOBがなければ80台なのに・・・と「たられば」を言いたくなってしまう。やはりゴルフにとって欲望は大敵。ティーグランドにたって「よーし、がつ〜んと飛ばして、ドラコンをとるぞ!」と思った瞬間、上半身に力が入り、引っ掛けてOBとなってしまった。

 しかし、「上手になりたい」という欲望がなければ練習もしないし、当然上手くもなれない。そのへんの心理的コントロールがなかなか難しいのである。練習の時は欲望を原動力として頑張り、ゴルフ場では欲望を抑えて淡々とプレーする、なんてことができれば良いのである。

 オーディオもある意味、欲望の塊ともいえる。「良い音で聴きたい」という欲望がその出発点であるから。機器をグレードアップしたり、セッティングをいじったり、ケーブルをとっかえひっかえしたり、その根底にはしっかりとした欲望がうごめいているのである。

 さらに、「良い音で聴きたい」という欲望以外に「このオーディオ機器を所有したい」という物欲も絡んでくるので、さらにオーディオ欲望地図は混乱してくる。我が家のオーディオ事情もそういった様々な欲望にまみれて増殖してきたが、今週末に予定されているLINN LP-12の導入で、私としては一区切りつくのではないかと期待しているのである。

2008/3/25

740:TARA LABS ZERO  

 我が家にはTARA LABSのケーブルが1セットある。スピーカーケーブルである。型番はPrism Omni2 Bi-Wire(BANANAS)8FT.、価格は26,000円。このケーブルを買うまで、実はTARA LABSというケーブルメーカー、全く見たことも聞いたこともなかった。

 実にいいかげんなのであるが、PSD T3のBi-Wire用にと、とりあえず切り売りケーブル並みに安いものを探していたら、ヤフオクで見つけたのである。価格の安さも手伝って購入に至ったわけであるが、思ったよりも良いのである。この価格でこの音であれば、万々歳である。

 そして、今日新たにTARA LABSのケーブルを聴くこととなった。そのケーブルは、TARA LABS THE ZERO DIGITAL 75CCI。TARA LABSのなかでZEROというのは最上位に位置づけされるシリーズ。一方私がスピーカーケーブルとして使っているPrismシリーズはエントリークラスである。

クリックすると元のサイズで表示します

 このZERO DEGITALは2階のデジタルル−ムに持っていって、CDP-MS1とSD05との間で試した。ZERO DIGITALはコレクトチャック式のプラグがついているのでしっかりと装着できる。見るからに高級感のあるいでたちである。現在使用中のサウンド・デザイン・ファン・クラブ特製のデジタルケーブルと比べると相当差がある。こちらは価格が1万円ポッキリであるからやむを得ないところ。

 さて、その音であるが一言で言うと「腰をぬかす・・・」。驚いてひっくり返る、というのとは違う。そういう意味での「腰をぬかす・・・」ではない。威圧的な要素はないのである。何故かしら耳が音楽にひきつけられて、椅子から立ち上がれない感じなのである。音が有機的で、音楽がうごめいている。繊毛運動をしている。

 その繊毛運動が気持ちよく、腰をぬかすのである。「このそわそわ感はなんだ・・・」今回k1xv1xさんからは、3種類のケーブルが刺客として送られてきたが、見かけ的には一番普通のこのTARA LABSが一番腕がたつ。このケーブルは、ぜひともTaoりたいところである。

2008/3/24

739:ウナギイヌ  

 ウナギイヌは、赤塚不二夫の漫画「天才バカボン」に登場するキャラクターである。イヌの父とウナギの母との間に生まれたとのことで、見るとなんとも間が抜けているというかほのぼのした不思議な雰囲気に満たされている。

 今は「キモカワイイ・・・」なんてふうに評価されるかもしれないが、その当時はおとぼけキャラのなかでも異色な存在であった。しかし、その容姿をじっくり眺めると「ウナギイヌ」としか命名できなかったことが、よく分かるのである。「ニャロメ」や「ケムンパス」といったキャラクターらしい名前でなく「ウナギイヌ」という直接的というか朴訥とした名前が「いかにも!」といった感を受けるキャラクターなのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 k1xv1xさんからお借りしているFusion AudioのIMPULSEという名の電源ケーブルをはじめて見た時、その巨大で真っ黒なきしめんのような姿形から、思わず「ウナギイヌ」のようだと、思っていしまった。この電源ケーブル、お世辞にも美しいとはいえない姿をしている。見た目よりも軽く容易に曲がりもするのであるが、ねじりに対しては極めて強固な抵抗をしめす。

 これをパワーアンプに使って音出ししてみて、結構驚いた。音楽の生命感がぐんとアップするのである。楽器が途端に気持ちよく歌いだす感じがする。弦楽器の音のたなびく感じやピアノの音の艶やかな響きがリスニングルーム一杯に広がる。

 音楽の表現がよりダイナミックになって、聴くものに迫ってくるといった感じである。冷静なリアルさとは違う、より情感に訴えかける。思わず「これは電源ケーブル界のソナスファベールや〜」と彦摩呂風に、唸りたくなった。聴いていて、とても気持ちが良いのである。

 我が家ではパワーアンプにはNBS BLACK LABEL IIを使用している。この両者比較してみると、BLACK LABEL II は理系出身の技術者、IMPULSEは芸大出身のデザイナーといったところであろうか。実に対照的な2人である。

 IMPULSEは、良い意味で個性的でとても魅力的な電源ケーブルである。「音楽を楽しく聴かせる」という点において、このケーブルは最右翼ともいえる。

2008/3/23

738:昭和記念公園  

 今日は、ほのぼのした春の一日であった。うららかな天気に誘われて、家族と愛犬を連れて、昭和記念公園へ行ってきた。この公園は国営で、広大な面積があり、自然の中でのびのびとできる。ここに来ると、せこせこした日頃の生活を忘れることができるようである。

 この公園の中には日本庭園があったり、ボートに乗れる池があったり、子供が喜びそうな大規模な遊具があったりと、家族連れで行くにはまさにピッタリである。できれば手作りの弁当を持参してゆったりと過したい公園である。

 子供も愛犬も、ここにくると目がキラキラしている。自然大人も笑顔となる。周りには同じような家族連れが多く来ていた。一様に大らかな笑顔に包まれていた。小さな子供達が遊具ではしゃいだり、芝生の広大な原っぱでボールを追いかけたりしている様を眺めていると、とても幸せな気分になる。

 しかし、この公園は広い。とても徒歩で廻りきれない。それでも休み休み半分くらい廻ったであろうか。普段車ばかりで移動している私にとってとても良い運動になった。愛犬のメリーも普段朝夕2回の短い散歩だけであるので、それほど運動していないせいか、帰り道の車の中ではグッタリしていた。

 家に家族を置いて、その後また立川へ。川井郁子のヴァイオリンコンサートに出かけたのである。場所は立川市民会館。

 昭和記念公園では、春爛漫のうららかな雰囲気に浸っていたのであるが、このコンサートでは一転して、艶かしい妖艶な世界が展開した。リベル・タンゴ、エル・チョクロ、ラ・クンパルシータ、チャルダッシュなどラテン系の曲がプログラム中に多く入っていたことが大きく影響していると思われるが、川井郁子のヴァイオリンの音色も艶やかで濡れた感じがよく出ていた。

 その音色からは、20代後半から30代前半の女性の肌のように、ぴんと張ったハリや弾力感は失われてしまったが、滑らかなしっとりとした妖艶さが感じられるようであった。川井郁子の一児の母とは思えぬ、美しいプロポーションとその体のラインを強調するかのような赤いドレスも相当効いていた。

 さて、そのコンサートも終り、家に帰りリスニングルームへ。その床には「ウナギイヌ」が横たわっていた。k1xv1xさんから「あおだいしょう」と一緒に送られてきた電源ケーブルである。見た目も取り回しも最悪・・・しかし、その音は・・・結構ビックリさせられた。その詳細は明日にでも・・・

2008/3/22

737:びーぐる邸再訪  

 びーぐるさんは多趣味でかつ猛烈な凝り性である。オーディオ以外にも熱帯魚、ダイビング、キャンプなどなど多くの趣味をお持ちで、そのいずれもとことん突き進んでしまわれるようである。

 そして、それらの趣味を全て奥様と一緒になされているところが、本当に素晴らしいというか、うらやましい限りである。特にオーディオは、家族からの賛同を得られにくい趣味である。経済的に大きな負担となったり、家族サービスの時間が削られる結果となったりすることが多いからである。我が家もほどほどにしておかないと、家庭不和一歩手前である。気をつけよう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はhadesさんとハンコックさんと連れ立って、びーぐるさんのお宅にお邪魔させていただいた。びーぐるさんのお宅は現在電源関連のリニューアル工事をされているとのことで、「まともな音が出る状態ではない・・・」とおっしゃられていらした。

 びーぐる邸の電源対策は半端ではない。凄まじいという表現をしたくなるほど徹底されていて、その大規模な電源を根本からバージョンアップ中とのことで、現状のオーディオ・システムの音には、ご本人は全く満足されていらっしゃらないようであった。

 しかし、そのような状況であっても、その豪華なリスニングルームで聴かせていただいた音は、やはり鮮烈であった。反応が恐ろしいくらいに早く、音を鮮明にストレートに描く。

 DAコンバーターはdCS エルガーとパシフィック モデル2(もしかしたら名前が違っているかも・・・私は全く知らなかった)を使われていらした。この両者、ある意味正反対ともいえる個性を有していた。エルガーは音楽的なまとまりが良く、迫力と繊細さの程よいバランスが好印象。一方モデル 2は、ソフトに入っている情報は全て出し切るといった感じで、厳しく峻烈・・・聴く側にも体力と集中力が要求される感じである。

クリックすると元のサイズで表示します

 電源関連が工事中で本調子ではなかったが、十二分に印象に残るOFF会であった。今後電源関連のリニューアル工事が完成し、システムが熟成したときには、凄いことになりそうである。なので、またその頃を見計らってお邪魔したい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ