2008/2/29

715:ヒラリー・クリントン  

 「えっ!それはないんじゃないの・・・!」今日の昼休み本屋でカー雑誌を立ち読みしながら、独りつぶやいてしまった。心の中でつぶやいたのではなく、実際に声に出してつぶやいてしまった。多くの人にとっては全くどうでもよいことなのであるが、私にとっては思わず声が出てしまうほどショックなことだったのである。

 そのカー雑誌には、ドイツで発表されたBMW M3セダンの写真が数枚載っていたのであるが、そのりアビューが写っている写真を見て、先程のつぶやきは放たれたのであった。

 M3セダンののフロントデザインはほぼクーペ・モデルのそれと同じ意匠であった。が、なんとリアビューはクーペ・モデルのそれとは違い、通常の3シリーズ・セダンと同じ意匠であったのである。それを目にして「これはいかんよ〜」と盛大に文句を言いたくなってしまった。

 通常の3シリーズ・セダンのリアビューは「梅干しを食べて、すっぱ〜!」といった顔をしているのである。中心に向かってくしゃっとしている。あくまでデザインのことなので個人的な好みは分かれると思うが、私は快く思っていない。その反対に3シリーズのクーペ・モデルのリアビューは大のお気に入り・・・M3クーペも当然同じデザイン。M3セダンもこの色気たっぷりのリアビューを持つものと期待していたのであるが・・・

 そう思うのも無理はない。何せM3セダンのフロントデザインはクーペ・モデルと同じであったからである。M3はセダンであってもスペシャル・モデル、当然リアもスペシャルであるべきである。

 さらに詳細に写真を見てみるとク−ぺ・モデルと違い、屋根がカーボン素材ではない。スピーカーにHRS-120 CARBONを使っているほどにカーボン・フェチである私にとって「これもいかん・・・」とためいきを漏らしてしまうほどに、悲しい事実である。

 BMW M3セダン・・・先日ディーラーでM3 クーペ・モデルの妖艶な姿を目にしてから、内心相当に期待していたのである。ゴルフバックが2個しか入らないトランクが「玉に瑕」、それ以外は完璧・・・と、次期マイカー候補の筆頭にあがっていたのであるが、リアビューが3シリーズ・セダンと同じデザイン、しかも屋根はカーボン素材ではない、という二つの大きな(私にとっては大きな)欠点を持っていることが分かってしまって、ヒラリー・クリントンのように筆頭候補から滑り落ちてしまった。

 となると、オバマ候補はやはりAUDI A4であろうか?ステーションワゴンであればゴルフバックも3個は呑み込んでくれるはず。技術的に非常に優れた直噴ターボエンジとDSG の組み合わせ・・・そしてコンピューターチューニングを施せば、加速度は急上昇・・・

 もうすぐ日本にもセダンがお目見えするはずである。ワゴンは1年遅れぐらいであろうか・・・早く実車を見て、試乗してみたいものである。

2008/2/28

714:手間ひま  

クリックすると元のサイズで表示します

 先日hades邸でのOFF会で目にしたセラミック・ミルとHARIO V60透過ドリッパークリアそしてV60コーヒーサーバーである。コーヒーに関しては全くの知識のない私なので、まずは人の真似から・・・ということで、インターネットで購入した。しかし、あいにく今はコーヒーをゆっくり楽しめる状況ではないので、まだ実際には使っていない。

 hadesさんはこのミルでコーヒー豆を非常にゆっくりと挽いていらした。それを見ていて「とても丁寧に挽かれているな〜」と感心したのである。せっかちな自分は、急いで挽きたくなってしまうだろうが、じっとこらえてゆっくり挽くことにしよう。

 またコーヒーをいれる際にはまず少量のお湯を入れて蒸らしてから、その後は結構勢い良くお湯をうず状に注がれていた。慎重さと大胆さが同居した見事な手さばきであった。「なるほど・・・こうやって入れるのか・・・」とまじまじと見ていた。この手さばきも真似たいところである。
 
 コーヒーの楽しみは、その味や香りを楽しむのが最大の目的である。しかし、コーヒーを実際に口にするまでにかける手間ひまも、コーヒーの楽しみの大きな一部のような気がする。

 オーディオもアナログなどは結構面倒くさいとところがある。まずはレコードをジャケットから出して、もし汚れていたらすぐさまクリーニングする。そしてSFC SK-EXにレコードを入れて静電気を除去。

 さらに針先をクリーニングしてからターンテーブルにセット。ゆっくりと針をレコードに降ろす。音が出るまでのそういった準備段階は最初のうちは結構面倒な感じであったが、慣れてくるとスムーズに手が動くようになり、それ自体が楽しみというか気持ちが落ち着く作業となってきた。

 コーヒーをいれる作業もきっと最初は面倒で上手くいかないと思うが、慣れてくるとスムーズになり、その作業自体が楽しみになってくるような予感がするのである。

2008/2/27

713:アナログ・サブシステム  

 丁度今は仕事上の忙しさのピーク。家に帰るのは日付が変わってからとなってしまうのでオーディオを聴くことはほとんど無い。無理して聴こうとしてもすぐさま熟睡モードに陥ってしまうので、無駄な抵抗はしないようにしている。

 そのせいではないと思うのであるが、先日頭に浮かん「アナログもサブシステム作戦」がどうしても頭から離れない。今のような鬱屈した欲求不満状態の生活が長く続けばそのはけ口を物欲の充足で求めたくなってしまうのは、自然の摂理といえる。

 しかも、この時期はがんがん請求書をクライアントに発行できる。その金額を目で追っていると「あれも買える。これも買えるんじゃないか・・・」などとその請求金額とオーディオ機器の購入金額を比較してしまう自分がいるのにあきれてしまう。

 この請求金額からはスタッフの給料や事務所の家賃を払わなければならないのであるが、ついつい「この請求書一枚であのトーンアームが買えるな〜」などとにやけてしまうのである。経営者失格といったところか・・・

 そんなわけで、昼休みやちょっとした休憩時間にはインターネットをのぞいてレコードプレーヤーの中古で良い物がないかなと物色している。今メインで使っているROKSANよりは安い価格で程度の良い物はないか・・・

 「WELL TEMPERED CLASSC 273,000円」を発見。全く知らないメーカーである。写真で見る限りとてもマニアックな外観である。なかなかそそるものがある。どんな音がするのであろうか?アームの構造が凄く変わっているようであるが、使いこなしは難しいのであろうか?

 続いて「AMAZON SYSTEM AMAZON 2 262,500円」を発見。AMAZONは確かドイツのメーカー。ユキムが取り扱っていたはず。ユキムのHPを見たら、私の勘違いであったのかAMAZONは取り扱っていないようであった。スキャンテック販売だったかな・・・?

 メルク社UP-4というアームが付いている。よく言えば繊細な感じ。悪く言えば頼りなげなアームである。これも使いこなしが難しそうな印象を受ける。

 全体はメタクリレートのプラッターがコンサバな印象を与えるかっこいいデザインである。出てくる音の温度感は見た目からだけ推測するとやや低め、音の厚みよりも繊細な描写で音楽を聴かせるような感じがする。

 これくらいの価格でターンテーブルとアームが手に入ればサブシステムとしては最適。あとはカートリッジとフォノイコライザーを選べば完成・・・なんてことを疲れた頭で考えるのもまた楽しいものである。

2008/2/26

712:四十九日  

 人生に虚構は必要か?その答えは人それぞれ・・・実質的な現実のみを見据えて生きていく方もいれば、現実の出来事にうっすらと化粧を加えて、心がかみ砕きやすくした状態が好みの方もいるであろう。

 私はどちらかというと「虚構」を必要とするタイプである。過去に起こった出来事は変えようはない。こればかりはどうしようもない現実である。しかし、その出来事に対する視点を意図的に変えることにより、その周りに派生する感情を自分に都合の良い方向に変えていく作業は、私の場合必要である。

 現実の出来事は時間の経過とともにその出来事という事実のみが残り、それに付随する感情は消えてなくなっていく。出来事のみが厳然たる事実として純化されていくという考え方もある。

 しかし、むしろ現実の出来事は、それを体験した方の心の中で、時間の経過とともに脚色なり、現実にはなかった要素が加えられて、その形が微妙に変えられてゆき、その人の心にとって居心地の良い形となって定着することの方が多いような気がするのである。

 そういった虚構を加える作業は無意識的であったり、意図的であったりする。いずれにしてもある出来事の周囲に形成される感情の膜が、その人にとって受け入れやすい傾向のものになることが多い。

 蔭山昌弘著「四十九日」を読み終えて、そんなとりとめもない考えが心に浮かんだ。この本は息子の突然の事故死を経験した父親が、息子の死から四十九日を迎えるまでの心情の変化を、フィクションとして克明に描いた本であったが、結構インパクトがあった。昼休みを利用して読み進んでいたのであるが、ようやく完読した。これは子供を持つ親にとっては涙なしでは読み進めないタイプの本である。

 虚構は簡単に言ってしまえば「うそ」である。しかし、その「うそ」が他者を騙したりする意図のものでないのであれば、人生の混沌とした出来事をある一定の方向に向けて整理整頓するするためには良い面も持っているような気がする。

 深夜残業が続くと、心身共に妙にナーバスになるところがあって、感情が無防備なる。こんな時によりによってこの本を読んでしまったのは、何かの巡り合わせであろうか・・・

 複雑な税金の計算ばかりに心身をすり減らしている今日このごろであるが、昼休みにこの本を読んでいた1時間弱は、なにかしら全く別のステージにいるような気にさせてくれた。そしていろんなことを考えさせてくれた。やはり読書は人生にとって欠かせない栄養素のようである。

2008/2/25

711:筋金無し  

 まだ事務所である。今日も日付が変わらないと帰れそうにないので休息がてらブログの更新をしよう。

 先日買ったオーディオアクセサリー誌には、付録のCDが付いていた。「これはお得な・・・高音質録音盤のサンプルであろうか?」と思って、カーオーディオでよく見ずに聴いてみたら、何か様子がおかしい。

 やたら短いフレーズがギターやベース、ボーカルなど単体パート毎に2回繰り返されるのである。それがと延々と続くので「何なの・・・?」と思ってよくよく見てみると、それはアコ−スティック・リバイブのアクセサリーを使って収録した場合と使わなくて収録した場合の音の差を聴き分けるためのものだったのである。

 最初に使わなかった場合が入っていて、それと同じフレーズが、使った場合で続くといった具合である。いろんなアクセサリーがあるので、そのアクセサリーごとに、さらに使用楽器ごとに細かく収録されているので、短いフレーズが2回づつ繰り返されるのである。

 そうと分かったら俄然興味がわいてきて、「どうなの・・・そんなに違うの・・・まさかやらせじゃないだろうな・・・」といった下世話な好奇心から聞き耳を立てて、それぞれ詳細に比べてみる。

 カーステレオでしかも運転しながらではあったが、結構差があることが分かった。「こうやって聴かされると納得してしまうな・・・やはり効果はあるようだ」と思わざる得ない。まんまと術中にはまってしまった感じである。

 我が家では、アコースティック・リバイブのアクセサリーはCDを消磁するものだけであるが、今後増えるかもしれない。価格設定も微妙である。決して安くはない。しかし、ばかばかしいほどに高くない、といった価格設定なのである。「なかなかうまい・・・」

 しばらくの間、聞き耳を立ててそれぞれ比べていたのであるが、ある程度になってくると少々飽きてきた。「なんだか、こういうことって最初は楽しいのであるが、時間の経過とともにむなしいというか心が渇いてくるな〜」「普通に音楽が聴きたい・・・」ということで、そのCDは最後まで聴くことなく、NHK FMに切り替えてしまった。

 丁度クラシックのすがすがしい曲がかかっていて、とても心が和んだ。そしてふと「私は筋金入りのオーディオマニアではないな〜」と思ってしまったのである。「中途半端なオーディオマニア」あるいは「マニアではないオーディオ愛好家」といったところであろうか。

 筋金が入っていれば、このCDを最後まで詳細に聴き、このアクセサリーを使うとこういう効果があるのかと、メモでもとるはずである。

2008/2/24

710:腹式深呼吸  

 人間は1日に何回くらい呼吸をするのであろうか?何回であれ、そのほとんどは無意識に行われる。普段意識することはない呼吸であるが、つねに周囲の環境や感情に影響され、変化している、といわれている。

 呼吸は、ストレスの影響を受けやすく、ストレスを受けると呼吸が浅く早くなるようである。なのでストレスがかかる場面では、意識的に数回深呼吸をするだけでもリラックスする効果がある。

 今日はピアノリサイタルに行って来た。ピアニストは及川浩治。エイベックス・クラシックスよりCDも発売されている、若手のピアニストである。

 プログラムは全てベートーベンであった。「激情のベートーベン」と題して「悲愴」や「熱情」など4曲のピアノソナタを演奏した。

 その演奏から受ける印象はまさにタイトルどおり、「激情のベートーベン」であった。緩急・強弱の波が強く、疾走感のある演奏であった。車にたとえるなら完全にスポーツカー。2シーターで車高が低く、足回りはがちっと固めている。決して実用的な4ドアセダンではない。

 低速域では足周りの堅さが気になるが、スピードが増してくるとフラット感が出てくる。高速カーブでもロールしないので、路面をがっしりつかまえて離さない安定感がある。乗り味は相当ソリッド。

 かなり個性的なピアニストである。フォルテシモでは髪を振り乱し、派手なアクションと鬼気迫る表情で、たたきつけるような感じでピアノを演奏する。やさしく優美な旋律を奏でている時でも、その旋律は決して弱々しくならずしっかりした音があふれ出てくる感じがする。

 エンジンが内部でものすごい勢いで燃焼を繰り返しているように、常に感情が爆発を繰り返し、それが音楽となってあふれ出てくるといった演奏であった。そのパワーからするとV8エンジンで高回転型といったところであろうか。

 その演奏を聴いていて、何故かしら深呼吸がしたくなった。腹式の深呼吸である。口をすぼめてお腹からすこしづつ息を吐き、吐ききったところで鼻から空気を吸い込む。吐きながらお腹をへこませてゆき、吸い込むにしたがってお腹をふくらませてゆく。これを3回くらい繰り返す。もちろん音はたてない。

 演奏者のエネルギーに圧されてしまったのか、深呼吸をすると音楽に入っていけるような気がしたのである。それほど感情の発露が明確で力強い演奏であった。

2008/2/23

709:サーフェスノイズ  

 吉田美奈子の「Twilight Zone」が届いた。レコードジャケットも比較的きれいで、盤の状態もまずまず。「サー」というサーフェスノイズは軽くするが、優れた音質である。1977年の発売であるから、30年も前のレコードである。多少のノイズはしょうがないところである。

 早速レコードをクリーニング。中古で買ったVPI HW-17が活躍。効果の程は手で洗っていたときと変わらないが、楽である。「楽」を 知ってしまうと、なかなかもとに戻れないものである。何せボタン一つでクリーニン液は出るは、反転はするは、バキュームでクリーニング液は吸い取るはで、全く手間いらずにレコードが綺麗になる。これは良い買い物だったような気がする。

 そしてA面の1曲目「Twilight Zone“Overture”」から聴き始めた・・・これが本当に最高!ハンコックさんもOFF会の時この1曲目をかけられていたが、この曲にはぐぐっと引き込まれる。圧倒的な存在感のある吉田美奈子のボーカルはまさに突き抜けてしまっている感じである。

 そしてバックの演奏も腰が据わっている感じで安心感がある。浮き足だった感じの全くない演奏で、しかりと地面を踏みしめている。地面を踏みしめているから、吉田美奈子の突き抜けていくボーカルが冴えるのであろう。

 レコードで聴くと、最初のうちは「サーフェスノイズが若干気になるかな〜」なんて余裕の感想を持ったりしたのであるが、すぐさま音楽に襟元を捕まれて引き込まれ、「後は野となれ山となれ」状態で、「そんなのかんけいねえ!」となってしまった。

 この時代のレコードってもしかして宝の山かもしれない・・・こんな良い物が2,000円で買えるなんて・・・「良い時代だな〜」と思ってしまった。

 アナログに結構傾倒してしまってはいるが、もちろんCDも聴く。特に2階のサブシステムはデジタルしかないので、当然CDを聴くのである。仕事が一段落したら、今使っていないラックにサブシステムを綺麗にセッティングし直そうかと考えているのであるが、そのラックはそれなりに大きいものなのである。

 現在のサブシステムは、CDP-MS1とSD05の二つしか駆動機器がないため、ラックの棚は結構空く。その空くであろう棚の数を数えていたら、良からぬ考えもわいてくる。「アナログもサブシステムが欲しい・・・」「いや、それは強欲というもの・・・」「アナログにはまった人はほぼ例外なく2台以上のレコードプレーヤーを持っている・・・」「まだ XERXES 20を使いこなしているとはいえないし・・・」などなど思いは揺れる。

2008/2/22

708:魑魅魍魎  

 頭が少しばかり煮詰まってきたので、息抜きが必要なようである。今日も仕事の手を休め息抜きのためにブログの更新をすることにしよう。ただし、目の前には片づけなければならない書類の山が積まれていて、無言のプレッシャーを与えているため、時間は15分程度ですまそう。

 魑魅魍魎(ちみもうりょう)・・・山の怪物や川の怪物をさす言葉のようである。その字体を見ただけで何かしら異様な雰囲気が漂う。「魑魅」は山の怪物、「魍魎」は川の怪物であり、それらを並べることにより山河に存在するすべての怪物の意味となっているのである。

 「ちみもうりょう」という音もどこかしら、怪しくうごめき、意味不明の言葉でささやきあっているような印象を与える。

 さて、今日は昼休みに事務所近くの本屋で、「オーディオアクセサリー」の最新号を買った。3ケ月に1回発行されるオーディオ雑誌である。そのタイトルどおり比較的オーディオアクセサリーを多く取り上げてくれる雑誌である。もちろん最新のオーディオ機器のレビューなども豊富に載っている。

 そのオーディオアクセサリーの最新号に紹介されている、様々な商品を眺めているうちに「オーディオアクセサリーの世界って魑魅魍魎の世界のようだ・・・」という感想を持ってしまったのである。

 実に様々なアクセサリーがあり、かなり怪しげなものも多い。いわゆる「オカルト系」とされるものも数多く載っている。そういったオカルト系のアクセサリーに対して強い拒絶反応を示すオーディオマニアは多い。私はというと、結構「許せる派」なのである。「拒絶派」ではなく、といって「推奨派」でもない、どっちつかずなポジションなのである。

 ぱっと見ていて、その手のもので眼に飛び込んできたのはシャクティ・ストーンを作っている会社が出したルームチューニング用のアクセサリーである。木製の比較的背の高いもので、その造形はまさに現代アート。オブジェである。

 スピーカーの背後のコーナーにセッティングすると、音の一次反射が自然なものになり、音場が澄んだ質感に変わる効果がある、とのこと。

 この形を見ていて、「まさに魑魅魍魎といった感があるが、何故か心惹かれるものがある・・・」と思ってしまった。しかし、価格は2本ペアで180,000円・・・・この半額であれば考えたいのであるが、この価格ではおいそれとは手が出せない。

 この製品、下の方はすらっとしたスタンド風で特に変わったところはない。問題は上の方である、一部黒檀を使い、波形にうねった細い板状のものが3本生えているのである。この造形が何とも「魑魅魍魎」的で心惹かれるのである。

 なんだか意味不明な造形ながら「もしかしたらものすごいノウハウが詰まっているのかしれない・・・」と思わせるものがあった。これを買ってスピーカーの背後のコーナーにおいたら、しばらくはその怪しげでありながらどことなく間が抜けている造形美に浸れることであろう。そのうえ音が良くなればこのうえない・・・ただし、OFF会で人を呼んだ場合その様を見て盛大に引かれてしまう危険性も相当に高い・・・

2008/2/21

707:ライトグレー  

 グレーという色、私は比較的好きである。あまりはっきりしない色ではあるが、落ち着いた感じがするのである。我が家のリスニングルルームは石井式にリフォームしたが、その際反射面にはスプルースを使い、吸音面にはライトグレーの色のジャージクロスを使用した。

 この色の組み合わせ、なかなか良いのではないかと我ながら思っているのである。スプルースは白木、淡い色合いである。完成後1年以上経過しその色合いも少しばかり深みが増してきた。その明るめの木の自然な色とライト・グレーはそれぞれの良さを引き立ててくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

 実は我が家にはライト・グレーのオーディオ関連のものがもう一つある。それはオーディオラックである。しかし、そのラックは現在オーディオラックとしては使われていない。メインシステムはメイプルのクワドラ・スパイアを使っている。なので今は待機状態である。

 そしてサブシステムはラックを使わずフィンランドバーチ合板のボードに乗せて床に直置きである。最近、このサブシステムに対する風当たりが強い。スピーカーのラインよりもリスニングポイント側に出したため、部屋を移動する際邪魔になるのである。

 家族が移動中当たってしまうのか、時々オーディオ機器がすこしばかり斜めになっていたりする。家族も利用する部屋なので、これはまずい。やはりラックに納めスピーカーのライン上に戻す方が部屋としての利用効率や見た目的な落ち着きはでるはずである。

 繁忙期である仕事が一段落したら、そのライトグレーのラックを使用して模様替えをしてみようかと思っている。そのラックは色合いも良い感じであるが、その全体のデザインも結構きれている。

 今はもう輸入されていないようで、中古でしか手に入らないようであるが、このデザインはクワドラ・スパイアと十二分に張り合えるセンスの良さを感じさせる。ライトグレーの棚板につや消しのシルバーのシャーシ、なかなかこの色の組み合わせも優れもの。

2008/2/20

706:70年代の空気  

 「いよいよ始まったか・・・」毎年のことながら確定申告が始まると多少気が重い。1年で一番忙しい時期が始まるからである。この時期は会計事務所にとってかきいれどき。忙しくなくては困るのであるが、膨大に積まれた資料を前にするとやはり気が滅入りがちになってしまう。

 ということで、そういうときは息抜きにブログの更新をするのが一番である。仕事の手を少しばかり休めて、事務所のパソコンで少しばかり記事でも書こう。しかし、これといって書くべきこともないのであるが・・・

 先日hadesさんのお宅でOFF会があったとき、ハンコックさんが持ってきていたCDが結構気になった。以前にも確かハンコックさんのお宅でも聴いたことのあるCDなのであるが、70年代の香りの強くする日本の女性アーチストのCDである。

 そのCDのタイトルは『トワイライト・ゾーン』でアーチストは吉田美奈子。1977年の作品である。なので発売当時は当然レコード。その後CDにリマスターされたものだと思われる。

 そこで昨日インターネットで検索したら中古レコードで在庫があったのですぐさま注文した。今日の昼休みに代金を振り込んだので数日中に自宅に届くはずである。代金は2,000円。インターネットなので盤の状態は確認できない。良い状態であることを願うばかりである。

 吉田美奈子というアーチスト、恥ずかしながら全く知らない。しかし、ハンコックさんがお持ちのCDを聴かせていただいているうちに、色濃く70年代の香りが漂ってきて、ものすごく気持ちが良かったのである。80年代以降の日本のポップスにはない、重厚さというか人の体温の暖かさが感じられる。人がいるという実態感がその音楽からにじみ出ているのである。

 そして、このCDを聴いていて、「これは絶対にレコードで聴いてみたい・・・この厚みのある実体感はレコードだともっと感じられるはずだ・・・」内心思ったのである。

 CDの音とレコードの音の両方を聴きながら、なぜかしらレコードの音により強く惹かれる理由は、もしかしたらその「人がいるという実体感」がより強く感じられるからかもしれないと、最近思うようになってきた。

 音的にはノイズがなくクリアでより解像度の高いのはCDである。扱いやすさの点でも圧倒的にCDの方が有利である。面倒でもレコードを聴きたくなるのは、そこから聴き取れる音には、より感情移入できるか何かしらの要素が含まれているからだろう。

 吉田美奈子の『トワイライト・ゾーン』が届いたら、そういったことを思いながらじっくり聴き込んでみたい。そして70年代の空気にどっぷりと浸ってみたい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ