2007/12/31

655:年越し試聴  

 今、紅白歌合戦は白組の番で、徳永英明が「FALL IN LOVE」を歌っているところである。毎年恒例のそしてどこの家庭にもあるようなありふれた大晦日である。近くに住んでいる母親と家族で鍋をつつき、そして年越しそばを食べながら紅白歌合戦を見る。

 今日は一日家に居た。午前中は昨日さぼった掃除をもくもくとこなした。そして掃除が終わった午後からは、リスニングルームにしばらくこもって「聴き納め」。普通「聴き納め」であれば、じっくりと一年を振り返りながら、今年よく聴いたCDやレコードをしみじみ聴くものである。

 しかし、今日はそういった「聴き納め」ではなかった。しっかり梱包された段ボール箱をうやうやしく開けて、慎重になかに納めてあったオーディオ機器を取り出した。そのオーディオ機器は商品である。れっきとした棚卸資産なので、傷をつけたら大変である。ちゃんと指紋をつけないように手袋をして、ラックにセッティング。

クリックすると元のサイズで表示します

 年末年始の数日お借りしたのはメトロノーム・テクノロジーのCD3である。EMM LabsのCDSDが2回目の修理にでたので、ついつい浮気心が・・・と言うわけでもないのであるが、一体型のCDプレーヤーとしては個人的には最高点を付けたいと思っている製品である。自分のシステムに組み込んでじっくり聴いてみたかったのである。正妻が病気で入院している間に愛人を我が家に連れ込んだ気分であろうか?ついついウキウキしてしまう。

 やはりトップローディングは良い。蓋は手動であける。これも良い。まず故障してトレイが開かないということがないのが、とっても良い。CDSDの最初の故障は急にトレイが開かなくなったことである。

 そしてCDの上に乗せるクランパーが良い。しっかり感がある。円盤が水平に回るというのが分かる、その感覚が言いようのない好感を抱かせるのである。CDP-MS1も同じような構造であるがCDプレーヤはみんなこうであってほしい、と個人的には思っている。

 しかし、静かだ。回転音がしない。CDSDの盛大で壊れているじゃないかと思ってしまうような音とは違う。これが当たり前なのかもしれないが、CDSDのギュルギュル音に慣れてしまっている私にはちょっとした感動すら与えてくれる。

 さて最初に聴いたのはスメタナの「わが祖国」から1曲目「ヴィシェフラド(高い城)」Sir Colin Davis指揮LONDON SYMPHONY ORCHESTRA。その印象などは明日にでも・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ