2007/12/28

652:Balance Sheet  

 貸借対照表のことを英語では「Balance Sheet」という。貸借すなわち左右で必ずバランスがとれるような構成になっているためである。

 左側には「資産」が計上され、右側には「負債」と「資本」が計上され、それぞれの合計額は同じ額になる。左側には資金の運用状況が表され、右側には資金の調達源泉が表される。シンプルであるがなかなか奥の深い世界である。

 銀行からお金を借り入れて車を買った場合、車の購入額が左側に、借入金額が右側に表示されるのである。複式簿記で仕訳を起こせば、左右のバランスは必ず取れる。

 こういったものを仕事で何十年も扱っていると、バランスといったものに対して結構鋭敏になる。人生全体に対してもバランスがとれているか、頻繁にチェックを入れたくなるのである。

 家庭・仕事・趣味、この三つは人生において重要なテーマである。この三つが上手い配置でバランスよく並んでいると良い感じなのである。私にとって最も重要なのは家庭であり、家族である。「週末にはOFF会だ、ゴルフだと出かけて、ちっとも家族を大事にしてるようには見えない。」という突っ込みはあるにしても、やはり家庭が人生のもっとも重要なベースである。

 そして経済的な支えとなってくれる仕事が次に重要である。経済的な支えがなければ家族を養うこともできないし、当然趣味どころの騒ぎではない。「男子たるもの家庭より仕事だ!」という価値観を否定するものではないが、私の人生と言うか幸福感に与える影響度合いからすると、やはり2番手である。

 そして趣味が3番手に来る。ゴルフや音楽、新参者のオーディオなど、時に退屈になりがちな人生に彩を添えてくれる良き仲間のようなものである。

 このバランス感覚は常に保っていきたい。この2年間結構オーディオにはまった。お金も時間も使った。しかし、私の中ではヤジロベイのように揺れて傾きながらも、バランスはかろうじて保たれてきたようである。そしてその揺れは振幅を狭めながら中心点に落ち着きかけているように感じられる。

 昨年のハチャメチャ振りに比較すると、今年はオーディオ2年生として少しばかり落ち着いた感じになりつつある。そうすると来年はオーディオ3年生、中学生なら最高学年である。ひとつの区切りの一年にしたいものである。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ