2007/12/11

635:たすき掛け  

 PSDのT3はバイワイヤリングである。HRS-120 CARBONはシングルワイヤリング。どちらが好きかというとシングルワイヤリングである。特に理由はないのであるが、なんとなく潔いような気がするのである。全然理論的な理由ではない。

 それと、バイワイヤリングだといろんな選択肢が出てくるので迷ってしまうのである。バイワイヤー接続にするのか、シングルワイヤー接続にするのか、シングルワイヤー接続にする時、高域側に接続するのか、低域側に接続するのか、さらにシングルワイヤー接続の際に使用するジャンバーはどうするのか・・・などなどいろんな悩みが噴出するのである。

 T3はとりあえず、STEREOVOXのHDJCをジャンバーケーブルに使用し、スープラのCLASSIC 6.0(切り売りケーブル1m 1,800円)を高域側に接続していた。来年になったらスピーカーケーブルをSTEREOVOXのFIREBIRDに換えてみようかな、などと思っていたのであるが、とある情報を入手した。

 バイワイア対応のスピーカーの場合、バイワイヤー接続するよりも、「高域に+」「低域に−」とそれぞれ接続するシングルワイヤー接続の方が「低域と中域と高域のバランスが驚くほど改善する」というのである。

 「本当であろうか?」「バイヤイワー接続は試していないが、2セットスピーカーケーブルがいるのでコスト的に負担がかかる。シングルのほうが音がいいのであれば、それにこしたことはない。」

 とりあえず、現在両方高域側に接続しているシングルワイヤ−接続を、「高域に+」「低域に−」タイプに変更してみた。誇張感や威圧感のない自然な感じはそのままに音の密度感があがったようである。中低域の音の厚みがより感じられるバランスに変化した。確かにこちらの方が良いような気がする。

 バイワイヤー接続対応のスピーカーの場合、どの接続方法が良いのかはおそらくケースバイケースで、一概には言えないと思うが、今日試した二つの方法では、新たに試した「たすき掛け方式」が良いようであった。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ