2007/12/31

655:年越し試聴  

 今、紅白歌合戦は白組の番で、徳永英明が「FALL IN LOVE」を歌っているところである。毎年恒例のそしてどこの家庭にもあるようなありふれた大晦日である。近くに住んでいる母親と家族で鍋をつつき、そして年越しそばを食べながら紅白歌合戦を見る。

 今日は一日家に居た。午前中は昨日さぼった掃除をもくもくとこなした。そして掃除が終わった午後からは、リスニングルームにしばらくこもって「聴き納め」。普通「聴き納め」であれば、じっくりと一年を振り返りながら、今年よく聴いたCDやレコードをしみじみ聴くものである。

 しかし、今日はそういった「聴き納め」ではなかった。しっかり梱包された段ボール箱をうやうやしく開けて、慎重になかに納めてあったオーディオ機器を取り出した。そのオーディオ機器は商品である。れっきとした棚卸資産なので、傷をつけたら大変である。ちゃんと指紋をつけないように手袋をして、ラックにセッティング。

クリックすると元のサイズで表示します

 年末年始の数日お借りしたのはメトロノーム・テクノロジーのCD3である。EMM LabsのCDSDが2回目の修理にでたので、ついつい浮気心が・・・と言うわけでもないのであるが、一体型のCDプレーヤーとしては個人的には最高点を付けたいと思っている製品である。自分のシステムに組み込んでじっくり聴いてみたかったのである。正妻が病気で入院している間に愛人を我が家に連れ込んだ気分であろうか?ついついウキウキしてしまう。

 やはりトップローディングは良い。蓋は手動であける。これも良い。まず故障してトレイが開かないということがないのが、とっても良い。CDSDの最初の故障は急にトレイが開かなくなったことである。

 そしてCDの上に乗せるクランパーが良い。しっかり感がある。円盤が水平に回るというのが分かる、その感覚が言いようのない好感を抱かせるのである。CDP-MS1も同じような構造であるがCDプレーヤはみんなこうであってほしい、と個人的には思っている。

 しかし、静かだ。回転音がしない。CDSDの盛大で壊れているじゃないかと思ってしまうような音とは違う。これが当たり前なのかもしれないが、CDSDのギュルギュル音に慣れてしまっている私にはちょっとした感動すら与えてくれる。

 さて最初に聴いたのはスメタナの「わが祖国」から1曲目「ヴィシェフラド(高い城)」Sir Colin Davis指揮LONDON SYMPHONY ORCHESTRA。その印象などは明日にでも・・・

2007/12/30

654:打ち納め  

 もの凄い風である。ティーグランドでアドレスしていても、風にあおられて真っ直ぐ立ってられないほどである。こんな強風のもとでゴルフをしたのは初めてである。グリーン上で追い風か向かい風か、気を使ってパッティングしたのも初めてである。

 今日は今年の「打ち納め」。千葉の御宿まではるばる行ってきた。年末なので暖かいところでゴルフをしようとの企画であったが、見事に裏目に出た。この強風では私の技量ではとてもゴルフにならない。しかも体温が凄まじい勢いで奪われて体が冷え切ってしまう。

 荒行による修行をしているのかと思えるような今日のゴルフであった。折角暖かいところで今年のゴルフの総決算をしようと目論んでいたのであるが、もんどりうって3回連続前回転をしたかのようであった。

 来年こそはゴルフを立て直したい。オーディオを趣味とし始めたためか否かは定かではないが、昨年・今年とゴルフは大スランプ。今日のように強風が吹かなくとも苦行のようなラウンドが結構続いた。歯軋りしながら帰ってくることが多く、気分転換のはずが、ストレスを溜め込んで帰ってくるという本末転倒状態であったのである。

 ゴルフは正直である。やはり練習時間が少なくなっているのは事実で、来年からは意識して練習時間を確保しよう。今年になってからは、ハチャメチャ状態であったオーディオは落ち着きつつある、それとは反比例状態にゴルフがハチャメチャ状態に陥ってしまった。

 と言うことは、ゴルフが来年立ち直ったらオーディオがミスショット連発なんてことになったりして・・・・

 今日はすっかり暗くなってから我が家にたどり着いた。肩をがっくり落として玄関ドアを開けると、上遠野さんに頼んで年末年始の数日お借りすることになっていたあるものが届いていた。すっかり光を失っていた目にかすかな希望の灯が瞬時にともった。

2007/12/29

653:一世代前のAUDI  

 「と、ここまで3台を観察してクールに判定するなら、総合力で文句なしにナンバーワンに上げられるのはアウディA4だ。スタイリングや各部のクオリティ、そしてドライブフィールに至るすべてに洗練という言葉が当てはまるからだ。」

 新型AUDI A4のドイツでの販売開始を受けて、恒例ともいえるBMW 3シリーズ、MERCEDES-BENZ Cクラスとの3強対決テストでの結論である。

 日本ではMERCEDES-BENZやBMWと比べるとブランドイメージの低いAUDIであるが、ドイツでは対等以上の支持を受けているようで、またその車の実力も十二分に対抗できるものがあるようである。

 日本ではその昔、ヤナセがMERCEDES-BENZとAUDIを併売していて、ご主人にはMERCEDES-BENZを勧め、その奥さんにAUDIを勧めるといった販売戦略をしたためか、女性的なおとなしめの車という印象がまだ拭いきれていないようである。

 その後もしばらくはVWとの併売が続いた時期があったため、ブランドイメージはあがらなかった。やっとAUDI単売体制が整ったのは最近のことであり、これからは日本でも徐々にブランドイメージがあがってくるのかもしれない。

 「シングルフレームになる前のAUDI A4は良かったな〜」と街ですれ違いざまにその時代のA4を見かけると思ってしまう。しかし、シングルフレームになってからのAUDIの売れ行きは好調なのですっかり定着してしまった。かなり目に馴染んできて、当初感じた違和感は薄れてきているとはいえ、もしかして次期A8からシングルフレームではないデザインにならないかな、と密かに期待しているのである。

 雑誌でこの3台のサイドからの写真を見ていて面白かったのが、サイドのキャラクターラインとドアノブの位置関係が3者3様だったことである。BMWはラインとドアノブが綺麗に重なっている。MERCEDES-BENZはラインの上にAUDIはラインの下にドアノブがある。

 ラインと一致する位置にドアノブがあるのが一番コンサバな感じで安心感があるが、上にずらすとややアグレッシブな印象に、下にずらすと落ち着き感が感じられる。そのドアノブのデザインであるが、意外にもMERCEDES-BENZが一番かっこよく、AUDIのドアノブが一番ダサイ。AUDIはハンドルタイプでなく、一世代前のフラップタイプのドアノブは良かった。

 と言うことで、何故か一世代前のAUDIのデザインのことが良く感じられるのは、今でもそのデザインの素晴らしさは輝いて感じられる先代のA6をしばらく乗っていたからであろうか?

2007/12/28

652:Balance Sheet  

 貸借対照表のことを英語では「Balance Sheet」という。貸借すなわち左右で必ずバランスがとれるような構成になっているためである。

 左側には「資産」が計上され、右側には「負債」と「資本」が計上され、それぞれの合計額は同じ額になる。左側には資金の運用状況が表され、右側には資金の調達源泉が表される。シンプルであるがなかなか奥の深い世界である。

 銀行からお金を借り入れて車を買った場合、車の購入額が左側に、借入金額が右側に表示されるのである。複式簿記で仕訳を起こせば、左右のバランスは必ず取れる。

 こういったものを仕事で何十年も扱っていると、バランスといったものに対して結構鋭敏になる。人生全体に対してもバランスがとれているか、頻繁にチェックを入れたくなるのである。

 家庭・仕事・趣味、この三つは人生において重要なテーマである。この三つが上手い配置でバランスよく並んでいると良い感じなのである。私にとって最も重要なのは家庭であり、家族である。「週末にはOFF会だ、ゴルフだと出かけて、ちっとも家族を大事にしてるようには見えない。」という突っ込みはあるにしても、やはり家庭が人生のもっとも重要なベースである。

 そして経済的な支えとなってくれる仕事が次に重要である。経済的な支えがなければ家族を養うこともできないし、当然趣味どころの騒ぎではない。「男子たるもの家庭より仕事だ!」という価値観を否定するものではないが、私の人生と言うか幸福感に与える影響度合いからすると、やはり2番手である。

 そして趣味が3番手に来る。ゴルフや音楽、新参者のオーディオなど、時に退屈になりがちな人生に彩を添えてくれる良き仲間のようなものである。

 このバランス感覚は常に保っていきたい。この2年間結構オーディオにはまった。お金も時間も使った。しかし、私の中ではヤジロベイのように揺れて傾きながらも、バランスはかろうじて保たれてきたようである。そしてその揺れは振幅を狭めながら中心点に落ち着きかけているように感じられる。

 昨年のハチャメチャ振りに比較すると、今年はオーディオ2年生として少しばかり落ち着いた感じになりつつある。そうすると来年はオーディオ3年生、中学生なら最高学年である。ひとつの区切りの一年にしたいものである。 

2007/12/27

651:パワーメーター  

 ヤマハのプリメインアンプの新製品A-S2000をオーディオ評論家の三浦孝仁氏が絶賛されていた。まずそのデザインは「懐かしさ」が大きなキーワードである。スイッチの形やトーンコントロールノブには往年のヤマハのプリメインアンプのデザインモチーフが取り入れられられている。

 確かにそのシルバーに輝くパネルはすっきりとしてながらどことなく気品のあるデザインである。私は国産のオーディオ機器に多く用いられるシャンパンゴールドの色がいまひとつ好きになれない。このヤマハの製品が成功してシルバーやブラックのパネルが復活してくれると良いのであるが・・・

 しかしこのA-S2000、願わくばパワーメータを付けて欲しかった。さりげない大きさでパネル左側上部あたりに左右のチャンネルごとにあると結構様になるというか、ぐっと引き締まった面構えになるような気がするのである。そのパワーメーターがあれば「懐かしかっこいい」度合いは一気に針が振り切れる。

 音質的にはほとんど意味のないパワーメーターであろうが、このパワーメータの針が音圧に応じて細やかに揺れる様は、きっとメカニカルビューティーの一形態に違いない。

 やみくもに大きなパワーメーターは今ひとつセンスがいいとは思わないのであるが、さりげなくしかも左右対称な感じにならないポジションにあると結構好みにはまる。

 A-S2000のパネル左側上部にはちょうどそのためのスペースが空いているのである。おもわず「ここ、ここ、ここにパワーメーターがあるといいのにな〜」とつぶやかずにいられなかった。

 パワーメーターがないがとにかく、シャンパンゴールドではない色で、しかも左右対称ではないデザインは歓迎したいところ。

 一方そのペアとなるCDプレーヤーのCD-S2000はスッキリしすぎの感がある。トレイやプッシュスイッチが細く小さいのである。アンプとの整合性を持たせるにはCDの操作ノブをアンプのトーンコントロールノブのように縦型の大きめなノブにして、それを左右に回すことによって操作するなんて思い切ったものにすると、メカニカルなカッコよさが倍増するのになあ〜というのが正直な感想である。

 親指と人差し指で挟んでカチカチと音をさせながら回し、操作する。これってとっても感触も良いし、しっかり感がでるような気がするのであるが、私だけであろうか?

2007/12/26

650:1年に1回の割合  

クリックすると元のサイズで表示します

 しばらく、メインシステムのデジタルは休止状態である。上の写真のようにインシュレーターを残してCDSDは修理のため旅に出た。EMM Labsの不具合は、音楽を聴くうえでは特に支障がないものではある。LEDの一部が点かなくなったのは、照明をOFFにすればまったく気にならない。照明をOFFにしたほうがSNが良くなるという話を聞いたことがあるので、これは不幸中の幸いといえなくもない。

 しかし、照明をONにしたときに一部が欠けていると、とても間抜けに見えてしまう。やはり直したいところである。

 また、SACD層が読み取れないのは、はじめからCDトランスポートを買ったのだと割り切れば、それはそれで良いのである。出てくる音も現状でそれほど不満がない。SACDのほうが決定的に良かったという記憶はあまりないのである。

 しかし、やはり気になる。SACDで聴けばもっと広い空間表現になるのではないかという気がするのである。壊れる以前、CDSDはハイブリッド盤を読み込ませるとSACDを優先的に選択した。それをあえてCDに切り替えることはほとんどしなかったので、厳密に同じ曲をSACD層とCD層で聴き比べてたことはなかったのである。今思うとじっくりと聴き比べをしておけばよかった。

 オーディオ雑誌の刷り込みかもしれないが、SACDのほうが空間表現が広く、音の質感も自然であるという思い込みがあったせいか、CDSDがSACD層を自動的に選択したらそのままにしていたのである。

 故障してからはCD層しか読めなくなったので、仕方なくと言うか選択権のない状態でCD層を聴いているのであるが、音のエネルギー感はCD層のほうがあるのではという気がしている。ジャンルによってはこちらの方が良いのではと思える。

 しかし、クラシックのオーケストラなどではもう少し広い空間表現が欲しいような気がする。特に奥行き方向の空間把握に関してはSACD層の方が良かったような記憶があるのである。

 この年末に修理に出せば当然戻ってくるのは来年。1月中に戻ってくればいいのであるが。しかし、2年で2回の故障・・・1年に1回の割合か・・・まあ、そういう機械と割り切って付き合うしかないのであろう・・・。

2007/12/25

649:あと6日  

 26日、27日、28日、29日、30日、31日・・・あと6日である。今年ももうすぐ終わる。先日買ったオーディオ雑誌にも今年を振り返って「今年は、コレが私の一番!」という記事が載っていた。

 14名のオーディオ評論家の方が今年発売されたオーディオ機器のなかでもっとも印象に残った製品を発表していたのである。それに倣ってというわけではにが、今年聴いたなかで印象に残った製品を少しばかり書いてみたい。

 と言っても、それほど聴いているわけではない。オーディオショップでのイベントやIASで少しばかり聴かせていただいた数種類の製品のなかから選ぶわけで、全く狭い範囲からでの話でしかない。

 一番印象的であったのはLINN LP-12SEであろう。価格も凄いことになっているが、その音の質感も「やはり・・・」と思わず唸ってしまうものがあった。見た目的なさりげない上質感は相変わらずであるが、音のしっかり度合いはかなり向上したようである。

 思わず、ROKSAN XERXES20とLINN LP-12SEとがクワドラ・スパイアのラックの左右に並んで置かれている様を夢想してうっとりしてしまった。

 もうひとつ印象に残った製品は、見た目的な第一印象はかなり悪かったのであるが、その音を聴いてみて「これって結構良いな〜。音を聴くと見た目的な違和感も気にならなくなる」と思わせられた製品である。

 それはB&W Signature Diamondである。どうしてもバスレフのポート部が口に見えてしまい、そうすると全体が一つ目の妖怪のように思えるのである。最初は「この形ってな〜何だか間が抜けているとしか思えない」というのが正直な感想であった。

 しかし、その音はB&Wの一連の製品とは違い、モニター的な厳しさではなく、自然でスムーズな質感である。音場の広さも特筆もので、音楽を心から楽しめる。

 この音を聴くと、このデザインも認めたくなってしまう。「あばたもえくぼ」と言ったところであろうか・・・

 この二つのオーディオ製品は手元に置いて使ってみたいと本気で思わせるものがあった。まあ当分無理であるが「いつかは・・・」という気にさせる。また来年も、そういった気持ちになるオーディオ製品に出会えることを期待したい。

2007/12/24

648:クリスマスイブ  

 今日はクリスマスイブで祝日。ということは「善き父親」に徹しなければならない一日である。午前中は家の片付けと掃除を手伝い、午後からは車で近くの大型ショッピングモールヘ出かけた。世の多くの家族も同様な行動パターンのようで、駐車場は満杯状態。ショッピングモールのなかも、家族連れでごった返していた。

 まあ、クリスマスイブで祝日の日に閑散としていたら、近く閉鎖間違いなしであろうから、これで正常な状態とも言える。そして夜は予約していたレストランへ連れて行ってディナーといった具合で、家族サービスに努めた一日であった。

 いや、まだもうひとつ仕事が残っている。2人の子供が寝静まった頃を見計らい、枕元にプレゼントを置かなければならない。上の娘は当然もう信じてはいないが、まだ下の娘はサンタをまだ信じている。数日前「○○ちゃんがサンタはいないよ、と言ってたけど本当?」と妻に聞いていた。

 妻は「そんなことないよ・・・」と言っていたが、サンタの効力が切れるのも時間の問題のようである。もう少し持ってくれればいいのであるが、時間の流れを止めることはできない。来年までもつかどうかといったところであろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 クリスマスイブということで我が家の庭にもささやかなイルミネーションを飾ってみた。近所には相当前から派手に飾っている家もあるが、こういったことにはいまひとつ興味を持てないので、今晩と明日の晩のみ飾ることした。ささやかであるが綺麗である。

 ブルーのイルミネーションで気になるのは、CDトランポートのCDSDである。一箇所光らなくなってしまったのである。音には影響ないがいまひとつの間が抜けて見える。なので今は照明をOFFにして聴いている。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日久し振りに照明をONにしてみた。残念ながら自然に直っているなんてことはおきなかった。そればかりかSACDを入れたはずなのにCDの表示になっている。「あれおかしいな?SACDが優先的に選択されるはずなのに・・・」と思って、リモコンのMODE切り替えボタンを押すが、まったく切り替わらない。

 一旦トレイをあけ、再度読み込ませるが、またまたCD表示に・・・SACDに切り替わらない。これではSACDプレーヤーとはいえない。これはいかん・・・

 修理に出すしかないようである。数ケ月前トレイが突然開かなくなるトラブルに見舞われたが、またまた新たなトラブル発生である。導入から2年間で2回目のトラブル・・・やはりEMM Labsは音は良いが、信頼性ではいまひとつなのかもしれない。

2007/12/23

647:バイワイヤ接続  

クリックすると元のサイズで表示します

 「すごく豪華な箱に入っている。とても2.4mペア26,000円とは思えない」昨日自宅に届いたTARA labsのスピーカーケーブルを開梱してみての第一印象である。商品名は「PRISM OMNI2 Bi-Wire 2.4m」ヤフオクで落札したのである。そして、その豪華な箱を開けてみると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 「新品である・・・」ケーブルの色は白でしっかり感のある質感である。両端末はバナナ端子で綺麗に処理されている。音を聴く前から、良い感じである。「これは期待できそう・・・」

 先日お借りしたバイワイヤ用スピーカーケーブルで、PSD T3のバイワイヤ接続を試したところ、音情報が一回り多くなったような印象を受けた。「これはバイワイヤ接続するっきゃない!」ということで、早速ヤフオクを当たってみたところ、TARA LABSのケーブルが手頃な価格で出品されていたので、見たことも聴いたこともないメーカーのケーブルであったが、勢いで落札した。

 早速接続して聴いてみたのであるが、「期待に違わない・・・」と自然と頬が緩む。ケーブル自体が良いのか、バイワイヤ接続が良いのかは不明であるが、SUPRA CLASSIC 6.0のシングル接続との比較上かなりレベルアップ。

 おそらくバイワイヤ接続になったことのほうが影響度が高いと思われる。ケーブル自体が変わったことよりも、T3がバイワイヤ接続になってその持てるポテンシャルがより発揮できる環境になったことが大きいような気がするのである。

 T3の使いこなしのコツの第一は専用ベースを使用することであるが、第二ポイントは、バイワイヤ接続することなのかもしれない。

2007/12/22

646:魅惑のLINN WORLD  

 統一感のある世界は美しい。特にその色彩やデザインなどのセンスが極めて高い場合、統一感の取れたその世界はまるで楽園のようにすら感じられる。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はLINN LP-12をはじめIKEMI、KAIRN、2250そしてESPEKというALL LINN SYSTEMをお使いのI氏のお宅にお邪魔させていただいた。そのリスニングルームは黒と茶色の色合いに統一された落ち着いた雰囲気に満たされており、リスニングポイントに腰を降ろすと気分が自然に音楽モードに入るようであった。

クリックすると元のサイズで表示します

 「美しい・・・」華美な美しさではけしてないが、見事な統一感である。LP-12はAndante Largoの専用のリジッド・テーブルにセッティングされ、その他のオーディオ機器は、クワドラ・スパイアのラックにしっかりと収まっている。

 音を聴く以前からその素晴らしさが伝わってくる。まずはIKEMIから・・・オペラのアリア集から数曲聴かせていただいた。「音楽への惹きこみ度合いが高い・・・」というのが第一印象。IKEMIは他のお宅でも聴かせていただいたことがあるが、オーディオの介在を強く感じることなく、音楽に浸れる音の質感である。

 「音楽への強力な誘いを感じさせる。その表情は上品で気品に満たされている。これがALL LINN SYSTEMの音か・・・」その音と音楽を聴きながらしばし沈思黙考状態に陥る。これ見よがしな凄みで攻めるのではなく、音楽の深みへ慎みをもって、しかしながら強力な魅力で引き込む力を持っている。

 そして送り手をLP-12に変更すると、その魅力度はさらにアップ。音の密度感が高まりギュッとした音の実体感がでてくる。Andante Largoのリジット・テーブルの効果もあるのか、楽器の存在感が増し、奥行き方向の空間把握や各楽器の旋律がより明瞭に耳に届く印象である。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はたっぷりと魅惑のLINN WORLDに浸らせていただいた。I氏邸のリスニングルームは、音楽の旨味成分が一杯詰まった整然とした楽園世界であった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ