2007/11/30

624:PSD T3.5  

クリックすると元のサイズで表示します

 PSD T3が帰ってきた。しかし、以前のT3ではない。T3.5と呼びたい気分である。まずそのスピーカーベースであるが、とても気合が入っている。厚みがすごい。重さもすごい。しかもT3がすぽっとおさまるようにT3の形なりの窪みがつけてある。

 さらにスパイクが装着されていて、前後のスパイクの長さの違いによって仰角がつけてある。ほんの少しスラントしていて、見た目的な洗練度合いもアップ。このスピーカーベースを装着するとツィーターの位置がちょうど耳の高さと一致する。この効果は相当なものである。

 私のT3は最初期のもので、その後ネットワークに変更がくわえられた。戻ってきたT3は最新式のネットワークに変更されている。この新たなネットワークも音に相当な影響度合いがあった模様である。

クリックすると元のサイズで表示します

 新たなT3は1階のリスニングルームではなく2階の主寝室にセッティングされた。この部屋は当然普通の部屋である。広さは12畳。ベッドが二つと大きな箪笥が二つ置いてあり。部屋の中央部にアンティークのデンマーク製ソファがあり、その前にちょうどオーディオがセッティングできるスペースがあるのである。

 セッティングしてみると実にしっくりくる。佇まいが落ち着いている。駆動系は新たな意匠をまとって復活したフィンランドバーチ合板のボードにのせられ、床に置かれている。至極シンプルな構成である。無駄が全くない・・・

 そしてその音であるが、何曲が聴きながら・・・「大人の音である・・・」「オーディオ機器の介在をほとんど感じることなく音楽にすっとはいっていける。」「以前のT3は優等生的で多少それを鼻にかけているようなところがあったが、人格がワンランク上がったようだ・・・」心の中でぶつぶつとつぶやく。

 となりに座っているPSDの大山さんに感想を率直に述べると、大山さんもまったく同感といった感じで、「ひとつ突き抜けた感じがするでしょう・・・」「自然なホール感が出ますね・・」と述べられた。

 これはT3ではなくT3.5である。このスピーカーベースはオプションになるとのことであるが、はっきり言って「必需品」である。これなくしてはT3の真の実力は語れない。そういった印象を持ったのである。

2007/11/29

623:広い部屋  

 PSDのSWING CAPTUREの梱包を今終えたところである。思ったよりも簡単にできた。プラスドライバーのみで組み立ても、分解も短時間でできる。非常によく考えられた設計である。組み上がれば比較的コンパクトで場所はそれほどとらない。

 正面と背後から自分のスィングの映像が確認でき、プロの見本スィングと比較対照ができる優れものである。自分では自分のスィングはなかなかチェックできないもの。これはアマチュアの自宅練習に強い味方ができた喜んだのであるが、ひとつだけ欠点があった。

 機器やシステムの欠点ではない。機器はコンパクトで使いやすい。機器そのものの占有面積は小さい。しかし、スィングする人間が安全にスィングするために必要な空間がそれなりに必要なのである。

 普通の部屋ではドライバーは振れない。ロングアイアンでも無理である。ミドルアイアンでも天井が傷つく恐れがある。ウェッジを短めに持ってようやくスィングできる。我が家の場合、普通の部屋は天井高は標準の2m40cm。この高さではウェッジでもヒヤヒヤでフルスィングできない。

 我が家のリスニングルームは2m70cmと標準よりも30cm高い。なので使用できるのはこの部屋のみ。鍵がかけられるので子供が不意に入ってくることを防ぐこともできる。しかし、それほど広い部屋ではないので、SWIG CAPTUTREを使用するときはリスニングルームに置いてあるアームチェアは廊下に出す必要がある。そしてオーディオを聴くときはSWING CAPTUREを部屋の外に出し、アームチェアを元の位置に戻す。

 最初のうちは物珍しさもあり、SWIG CAPTUREを「よっこらしょ・・・」といった感じで部屋の外に出したり、中に入れたりしていたのであるが、ものぐさな私はだんだんその忙しない移動が面倒になってきたのである。

 専用に活用できる広い空間を有した部屋があればいいのであるが、我が家の現状では物理的に難しそうである。ということで残念ながらSWING CAPTUREの導入は見送ることとなった。地道に素振り専用練習器をもくもくと振るしかないようである。

 この素振り練習器、先端と中ほどにマグネット式の二つに割れるボールがついていて、良いスィング軌道で振れたときにはそのマグネットが二つとも離れて「カチ!カチ!」と音がする。その音がするか否かを確認しながら練習するものであるが、継続するにはそれなりの精神力が必要。その点、画面で確認できるSWING CAPTUREは楽しみながら継続できるという利点がある。広い部屋が欲しい・・・

2007/11/28

622:4ドアハードトップ  

 20年ほど前日本車の世界では、背の低い一見クーペかと見えるような流麗なスタイルのセダンが流行ったことがある。代表選手は、トヨタ カリーナEDである。クーペ並みの流線型のボディは見た目的にはカッコよく、若年層を中心によく売れたのである。

 カリーナEDが大成功したので当然他のメーカーも追随した。日産 プレセア、三菱 エメロード、マツダ ペリソナなどがこれに該当する。しかし、バブルがはじけた90年代に入ると、後席の居住性に難のあるこの手のタイプのセダンは売れ行きが激減し、やがて製造中止となってしまった。

 居住性を犠牲にしたスタイリング優先の姿勢が、実質的な価値を重視する時代の流れに完全に取り残されてしまった結果の自然な形での淘汰であった。

 電気系統のトラブルのため、愛車を修理に出すことになった。顧問先の自動車関連の会社に修理を依頼したのであるが、その会社の用意してくれた代車が、トヨタ スプリンターマリノであった。

 この車はカリーナEDに代表される4ドアハードトップのブームに乗って販売された車で15年ほど前の車である。乗り込んで気付くのは、天井の低さである。常に頭が天井につくかのようである。乗降性も当然悪い。そして後席の居住性もすこぶる悪い。

 離れてそのフォルムを見つめると、これはこれでスタイリッシュかつスポーティーで悪くはないのであるが、RV系の背の高い車が主流となってしまった現在の日本車に目が慣れてしまった現在では、かなり違和感がある。

 もう日本車ではこの手の車は出ないだろうなと思っていたが、ドイツ車で最近この手の車が出た。日本でも結構売れているようなのである。それはMercedes BenzのCLSである。確かに4ドアハードトップブーム時代の一連の日本車を思わせるフォルムである。グラスエリアが狭く屋根は流麗な曲線を優雅に描く。

 きっと居住性は良くないはず。サイズはそれなりにあるが、デザイン優先の当然の帰結として切り捨てられた実用性のため、後席に座った人は「広い!」という実感を持つことはけっしてないであろう。

 しかしこのCLS、売れ行きは好調なようで他のドイツメーカも追随する姿勢を見せている。もしかすると日本のメーカーも「夢をもう一度・・・」という感じで再度この手の車を出してくる可能性もあるのかもしれない。

 久し振りにバブルの香りのする昔なつかしい車に接して、「あ〜こんな時代もあったな〜」と、駆け出しのサラリーマンとしてすごしたその時代をなつかしく思い出した。

2007/11/27

621:ゴルフコンペ  

 明日はゴルフコンペに参加する。比較的大きなクライアントが主宰するコンペなので義理を欠くわけにはいかず、出席で返答したが、この時期は、仕事をこなしたいのが本音である。これも仕事といえば仕事なのでしょうがない。

 明日ラウンドとなれば、今晩は練習場で打ち込みをしたいところであるが、残念ながら事務所で仕事・・・結構遅くなりそうである。気休めにブログを更新しているところである。

 ここ数ヶ月左足体重スウィングに取り組んでいるところである。前回は後半のハーフが39と結構良いスコアが出て気をよくしたが、明日はどうであろうか?左足体重スウィングは、私のような技術的に未熟なものでも比較的再現可能性が高いという特徴がある。

 体重移動がないので頭がずれない。頭がずれないのでボールのミート率が上がる。ミート率が上がるからミスショットが減る。こう書くと良いことずくめのようである。確かにアイアンではほぼそのメリットを享受できるのであるが、ウッド系特にもっとも長いドライバーになるとどうしてもスウィング軌道がうまく一定しない。

 盛大に左に引っかけたりするのである。距離のないホールではティーショットでフェアウェイウッドを活用する必要がありそうである。

 ここ1週間ほど全く練習場に行っていない。しばらくボールを打っていないとやはり不安になるものである。明日はどうなることやら・・・・良い報告がブログでできるといいのであるが、明日の記事の話題がゴルフでなければ、その結果の程は察しがついてしまう。

 残念ながら、今年は2回連続で90切りというのは一回もないのである。今日はこれから遅くまで仕事の予定・・・体も疲れる・・・明日の好スコアは期待しないことにしよう。

 更新をはじめてから15分が経過したので今日はこのへんで・・・と思ったがもう一つだけ・・・今日はうれしい連絡が入った。PSDの大山さんから連絡があり、T3の修理・T3のベース作製及びフィンランドバーチ合板のボード加工が完了したので今週末にでもお持ちしますとのことであった。

 この知らせはうれしい。これらがどのような変化をもたらしてくれるのか今から検証が待ち遠しいところである。 

2007/11/26

620:月末  

 月末は多少気が重い。期日に追われることが多いためである。人間の心理というのは不思議なもので、概ね自分にとって都合のいい未来を想定する傾向があるような気がする。つまり、「まだ大丈夫・・・きっとどうにかなる・・・はず」とついつい思ってしまのである。

 しかし結局期日近くなってお尻に火がつきあわててしまう。税務上の期日というのは月末である。20日締めや25日締めということはなく、やはり月末締めであるので、月末には都合のいい心理状況からついつい甘やかしてしまった「つけ」をはらうこととなるのである。

 毎回のことであるのが、月末には日頃から粛々と仕事をこなすことの重要性を改めて思い知るのであるが、「喉もと過ぎれば・・・」でまた次の月の月末になってあわてるといたことをしまいがちである。

 私の場合多少そういったシチュエーションを楽しむという心理的傾向も散見される。つまり、わざと自分を多少追い込み、あせって動きまわりアドレナリンが出る状況をつくり、どうにかこうにかその状況を潜り抜けると、そのことに快感を感じるようなところもあるのである。

 あせるとへその下あたりが落ち付かないというか、すっと寒気のようなものを感じることがある。小学生の頃からたとえばテストでどうしても解けない問題を目の前にしたときなどそういった感覚に襲われるのであるが、仕事がたまり期日が迫ってきた時なども、すっと寒気をへその下辺りに感じるのである。

 オーディオの調整が上手くいかない時などもそういった感覚に襲われる時がある。たとえば明日は我が家でOFF会といったときで、よせばいいのについつい気になっていじってしまって、「どつぼ」にはまってしまった時など、「おいおい、明日なのに・・・しまった・・・」といった感じであせりまくるような時は、そういう冷や汗感覚の代表例かもしれない。気になるといじる・・・そしてあせる・・・このパターンから早く抜け出たいものである。

2007/11/25

619:音量設定  

 クラシックのコンサートに行くと、その音量にハッとさせられることがある。普段オーディオで聴いている音量よりも小さいのである。オーディオは聴いているうちに徐々に音量が大きくなりがちなのである。

 オーディオで音楽を聴く時、実際にコンサートホールでの生演奏で聴けるような音量に限定する必要はないのであるが、「そうか、普段は大きめだよな・・・」といささか反省モードになってしまう。

 オーディオを聴いているとある程度の音量があるほうが快感度が高まるのは事実である。そこでついつい大きめな音量設定となってしまうのであるが、コンサートを聴いた直後はわが家のリスニングルームの音量はしばらく下がる。しかし、時が経つとまた大き目の設定になっていたりする。

 今日は所沢市民文化センター小ホールで「イョラン・セルシェル ギーターコンサート」を聴きにいってきた。前半はダウランドやミランといった古い時代のリュート曲を11弦ギターで演奏。後半はビートルズの曲やブリテンなどの曲を6弦ギターで演奏。前半と後半で雰囲気のガラッと変わる構成であった。

 ここの小ホール、意匠というかホール内装のデザインははっきりいっていまひとつ。建物は新しいのであるが洗練度合いがかなり低め。かなり大味な感のするデザインである。しかし音響的には割と良いのではと思える。その証拠にイョラン・セルシェルの繊細なタッチや音色がよく聴き取れるのである。

 最近ASTREEレーベルのリュート曲のレコードを入手して毎日のように聴いていたので、リュートではなかったがギターの演奏会はとてもタイムリーであった。特に前半の16世紀、17世紀の時代の曲は興味深く聴いた。

 前半の古い時代の曲も素晴らしかったが、後半のブリテン「ダウランドによるノクターン」は繊細さとダイナミズムが大きなうねりを生み出し、切れ味鋭い緊張感すら感じさせる曲で息を呑む感じで聴き入ってしまった。

 自宅に帰って早速リュート曲のレコードを取り出す。PAUL O'DETTEのリュート演奏でADRIAN LE ROYの曲を聴いた。昨日聴いた音量よりも若干低めに設定。生演奏を聴いてきて耳の感度が若干上がったのか、この音量でも十二分に満足感が得られた。

2007/11/24

618:アナログ道  

クリックすると元のサイズで表示します

 このレコードプレーヤーはドイツ製。張り手をくらったら、気が遠くなりそうな感じのする重量級で高性能な外観である。アルミ製のどっしり感のあるプラッターは、そのプラッターの大きさとは対照的なほど細く、目を凝らさないと視認できないような頼りなげな糸で別躯体のモーターとつながっている。

 製品名はAcoustic Signature AnalogueOne。トーンアームはSME SERIESX、カートリッジはBENZ MICRO。いずれもつわものぞろいである。

 GRFの部屋さんのアナログ歴は長い。その酸いも甘いも知り尽くした方であるので、その調整のレベルも熟成の極みに達している。フォノイコライザーは真空管を使ったオーダーメイド品でプリアンプも兼ねている。

 この真空管式プリアンプからSD05にアナログ信号を送り込み、SD05はパワーアンプとして使ってらっしゃる。この両者のバランスが音色の決め手となっている。真空管プリアンプのボリューム位置とSD05のボリューム位置のバランスで音色が幅広く変化するのである。

 真空管プリアンプのボリュームをアップしてSD05のボリュームを絞ると当然のことではあるが真空管の暖かみのある音色が支配的となり、逆の場合にはSD05の沈着冷静な感じが支配的となる。そのさじ加減がオーナーの音の好みを反映するわけであるが、GRFの部屋さんはプリアンプのボリュームを高めに設定されていた。

 わたしもこのバランスが好みである。真空管のアナログプリアンプの音は、人生の悲喜こもごも感が起伏豊かに表現されるようである。音像に宿る生命感も暖かく感じさせる。その音の質感は陽光に透けて見える葉脈のように、生きていることを実感させるエネルギーがある。

 Acoustic Signature AnalogueOneという製品、見た目的には私の好みではない。私はXERXES20やLP-12のデザインに心揺さぶられるほうなので、まったくその質感を逆にするAnalogueOneには、見た目的には心ときめくものは感じないが、その音の質感には心ときめくものを感じる。

 私のアネログ歴はようやく1年。GRFの部屋さんとは比べることもおこがましいレベルではあるが、昨日はGRFの部屋さんのお宅のアナログの音を聴いて、アナログ道にますます邁進しようと心に誓った1日となった。

2007/11/23

617:風のような低音  

 「やっぱりすごい・・・」本格的な冬の到来を告げるような寒さの中、ハンコックさんとうなずき合いながら帰ってきた。GRFの部屋さんのお宅を訪問するのは今日で3回目である。ハンコックさん、ITSUNIREさん、チューバホーンさん、石田さんと私がGRFの部屋さんのお宅に集合し賑やかなOFF会であった。

 最初に訪問した際の驚きようは、その後我が家のシステム構成に大きな影響を与えて、CDP-MS1とSD05を急遽システムに追加することとなった。しかし、部屋の違いとスピーカーの違い、この二つの決定的な違いから当然の結果として、まったく異なったイメージの音しかでない状況が続いている。

 最初の時も、そして今日も一番初めに聴いたのは、ハイティンク指揮ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団の演奏でマーラー交響曲第4番の第1楽章。このCDはCDが出てまもなくの録音なのであるが本当に素晴らしい録音である。

 最初聴いた時、コントラバスの風のような低音、そして木管楽器の滑らかで生気あふれた音色に驚いた。TANNOY GRFというビンテージに分類されるスピーカーからこのような音を聴けると思っていなかった私は、固定観念を木っ端微塵に叩き割られた感じであった。

 今日もその自然な音色に感心したのであるが、「何かしらおとなしい・・・躍動感が以前よりも弱いような・・・」という印象を受けた。しばらくしてその原因は分かった。GRFの部屋さんのお宅にはSD05が2台あり、そのひとつは100Wタイプ、そしてもうひとつは50Wタイプである。見た目はまったく同じなので見分けは付かない。

 今日は50Wタイプのほうが接続されていたのである。GRFの部屋さんは途中でそれに気付き「相性の悪い方でつないでいた・・・失敗、失敗」とやや反省モードに。その後100Wに繋ぎ換えて、仕切り直し。

 やはりこちらの方が生気あふれる感じがする。コントラバスのしっかり出ているが重くない風のような低音もしっかりしている。木管の音の心染み入り具合もこちらが一枚上手である。

 オーディオにおける部屋の重要性は多くのマニアのかたが痛感していること。GRFの部屋さんのリスニングルームは、その広さ、構造、そして吸音のための工夫など、ほとんど理想に近いレベル。確かにこのようなリスニングルームを確保できることは誰でもできることではなく、極めてレアなケースではある。しかし、それだけの情熱を注ぎ込んだこの部屋はその情熱に十二分に応える素晴らしい音質をもたらしてくれている。

 そして、この部屋の主とも言えるTANNOY GRF。懐の深さ、音色の滋味溢れる感じ、響きの広がりなど本当に素晴らしいスピーカーである。先日聴かせていただいたモニターシルバーの入ったA氏のGRFも清澄で音楽の核心を突くような素晴らしい音であったが、今日聴かせていただいたGRFも「やはりすごい・・・」と言う言葉が自然に漏れ出る音を奏でてくれていた。

 今日はデジタルだけでなくアナログもたっぷり聴かせていただいた。その様子は明日にでも・・・

2007/11/22

616:手作業  

 今日はクライアントである食品スーパーを営む会社を訪問。企業再生協議会から派遣された中小企業診断士とともに社長と今後の経営立て直しについて約2時間ほど話合いを行ったのである。

 小規模な食品スーパーは、現在とても厳しい経営環境のもと、損益状況及び資金繰りが悪化の一途をたどっている。相当な数のそういった小売業が廃業に追い込まれているのである。今日うかがった会社もこのままの状況が続けば倒産・廃業しかないであろう。

 大手企業の収益状況は概ね良い。しかし、会計事務所に経理処理を依頼してくるような中小企業の収益状況はそれほど良い状況ではない。特に小規模な小売業は苦しい。さらに最近は耐震偽装の関係や建築基準法の改正などにより建築確認がおりるのに時間がたいそうかかってしまい、建築関連の企業も業績を落としている。

 サブプライムローン問題に端を発した株価の低迷、急速に進んだ円高、依然続く原油高など中小企業の景況を悪くしそうな要素も多い。今後の景気の動向は楽観を許さない状況になりつつあるようである。

 業績が悪化し資金繰りに窮してくると、その会社の経営者は当然表情が暗い。その状況が深刻なものになると顔色が悪くなり、目も虚ろになりがちである。

 外部的な経営環境の悪化が原因だとしても、中小企業の経営状況は、その99%がトップの資質によると言われている。確かにそういった感はするのである。多くの中小企業の経営者に接する機会があるので、その信憑性はかなり高いと思われる。結果にに対する原因について自らにあることを認めず、外部要因にのみあるように言い訳を続けていくようであれば、残念ながらその会社の行方はかなり厳しい。

 企業再生機構から派遣されてきた診断士のかたは、経営が行き詰った多くの会社を見てこられたかたである。そのかたが別れ際に「社長が腹をくくり、死に物狂いでやれば、あの会社は立ち直りますよ。」と言われていたのが印象的であった。

 ゴルフにしろオーディオにしろ趣味があってよかった、と時々思う。仕事はもちろん大事である。経済的な支えであるとともに社会との大きな繋がりであるからである。その仕事で精一杯動くためにも趣味というものは良い影響を与えてくれる。精神的なバランスをニュートラルにしてくれる作用があるように感じるのである。

 趣味に没頭している時は仕事のことは忘れ、時間の経過が早い。レコードプレーヤの微調整をして音を確認している時などあっという間に1時間経ったりしている。でもそういった手作業をしている時間と言うのは結構貴重なもののように感じるのである。 

2007/11/21

615:NUDITY  

 今日は水曜日。ちょうど週の半ばであるが、今週は金曜日が祝日であるため、明日一日仕事をこなせば3連休である。3連休は確かに嬉しいのであるが、やるべき仕事が減るわけではないので、喜んでばかりはいられない。

 moukutsuさんからレコードのクリーニング用に安いレコードプレーヤーをヤフオクで購入して活用するといいとアドバイスを受けたので、ヤフオクを覗いていたら結構な数の古いレコードプレーヤーが出品されていて、思いのほか楽しめた。

 TechnicsとDENONの製品が数的には多かったようである。なかにはトーレンス THORENS TD 126MKVの未使用品が出品されていて、目を引いた。昭和58年に新品を購入して未使用のまま保管されていたようである。興味がわくがそういったものは価格が高いので、「こんなのもあるんだ・・・」と詳細を確認するのみで次のものへ。

 また「官公庁オークション」と表示されているもののなかにマイクロのベルトドライブプレーヤーMR-422が出品されていた。詳細を見てみると仙台市が出品していた。ということは仙台市の市民税か固定資産税を滞納したために差し押されられたもののようである。「こういった税金の滞納のために差し押さえられた物件もヤフオクに出品されているのだ」と社会勉強にもなった。このMR-422の価格は4,500円、安いのか否かは分からないが、出品者が仙台市役所であれば、騙される心配もなく安心ではある。

 また、同じ仙台市役所の出品でMARANZのSC-6という古いプリアンプがあった。こちらの見積り金額は7,000円。これも安いのか高いのか分からないのであるが、写真で見るかぎり綺麗なウッドケースに入っていて、ビンテージぽい優雅なデザインであり、なかなかいいのでは、と思わせるものがあった。しかし、動作確認等はほとんどされていないようで買っても音が出ないなんてことがあるのかもしれない。

 こういったオークションの情報は見始めると結構面白い。当初は5,000円程度のレコードプレーヤーを物色しようと思っていたのであるが、次々にに脱線してしまい、終いには官公庁オークションのなかに、菅野美穂「NUDITY」写真集(未開封)が500円で出ているのを発見して、「これって500円じゃ安いんじゃない」と思ったり、「官公庁の差し押さえによる公売にヘアヌード写真集が出品されるのってどうなの?」と思ったりとまったく脈絡のない方向へ進んでいってしまった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ